****************************************************************


これまでの記事一覧


機内食を特別食でリクエストしてみた。


デルタ航空特別食 往路 その1


デルタ航空特別食 往路 その2


デルタ航空特別食 往路 その3


****************************************************************


 

 

特別食復路編です。


私がオーダーした特別食はコーシャ料理です。


今回の旅で私は初めてコーシャ料理を頂きました。


コーシャ料理をユダヤ教徒ではない私が説明するのにはあまりにも勉強不足なので


詳しくはウェブで調べてみて欲しいのですが


簡単に説明するとコーシャは紀元前の旧聖書の教えに即した厳格な食事規定です。


料理の全てはコーシャ認定された食材で、調理や調理方法も指定されています。


機内食の場合は指定のケータリング業者で調理されているようです。


規律が厳格なため、食べる時にも手間がかかります。


食事の一つ一つに祈祷済の帯が巻かれており更にトレイ全体がフィルムでカバーされています。


CAが勝手にカバーを開ける事ができません。封を開ける事が出来るのはオーダーした本人です。


(このカバーを空ける事については、代理でCAが開ける事もあるようですが


私の時はCAから「自分たちでは開ける事が出来ないので」ということで


離陸前にギャレーに行きCAが見守る中フィルムを開封しました 汗)


ユダヤ教ではない私がとても手間のかかる機内食をオーダーしてもよかったかなという感じですが


こういう機会でもないと食べる事が出来ないし、何よりユダヤ教徒の食生活を知る事が出来て


いい体験になったと思います。


 

しょっぱなからまるで締めくくりのような感じになってしまいましたが


 

 

DSCF0627


全体像はこんな感じ(かなり揺れてたのでブレブレ写真ですみません)


各料理に巻かれているテープにはコーシャ認定マークが書かれています。


見えにくいですが帯の真ん中辺りに○で囲まれたマークのようなものがそうです。


おおユダヤ発祥のベーグルがついてるぅ!


 

 

DSCF0633


メインを開けると美味しそうなにおいが〜


 

てことで続く〜