って事で、羽田国際空港にある江戸小路
初めて行ってきました。
といっても、もぅ数週間前の事なんですけどね・・・^^;
TV映像でしか見たことがない江戸小路、ふぅ〜ん・・・
通路、このくらいで大丈夫?お店、このスペースで大丈夫?って思ったのは私だけ?
それにしても
ココの売店で全国銘菓がある程度揃うって事を知ってしまった、買い忘れには重宝?かな?

久々の関東、梅雨と梅雨明けをダブルで経験できたという
なんとも素晴らしい?運の私です
スティ先は千葉(^^)ですが、ダンナ様カーで色々探索してきました。



で、東京大学 安田講堂

大学生協で目的のモノを探していたのだけど、見当たらない
職員さんに聞くと、赤門近くの売店にあるらしく
「この上が安田講堂なので、そこからずっと・・」と道順を教えてくれた

え?安田講堂ってこの上なの?
目の前にある安田講堂に気がつかない私たち

安田講堂と言えばアレです、全共闘です、事件です、ニュースです。
遠い昔のTVニュースを思い出します、当時どういう事件だったか?
なにがどうなってああなったのか?全く知らず、遠い国の事件のようにぼんやり見ていた記憶があります。

古く年季の入った講堂は、はたして意外と小さく感じたのでした。
TV映像ってすごいなぁ〜、と妙に感心しつつ眺めてみたのでした。

さてさて此処に来た目的とは?
コレです



沖縄戦前麹菌使用泡盛 瑞泉 御酒(うさき)です

この菌のがどうして存在していたのか?色々調べると本当に興味深い歴史でした。
私たちが知らないことって本当にたくさんあるのだと・・・
興味のある方はググッてね

さて、味見
なにせアルコール度数30度です(・o・)
キッツいの当たり前
60年余を超えて、幻の御酒は色々な意味で心と身体に染み入るのでした。


江戸散策、次はどこへ〜
つづく・・