モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2010年8月

実はメモリアルDayだったりして・・



沢山の方々が、帰省や、夏休み真っ最中だったりする中・・
私は、フツーに色々こなしまして帰宅。
玄関にはこんなハワイぃ〜なイラストや絵が迎えてくれます。


ハイ、栗山氏のイラストポストカードとハレイワのサーフィンミュージアムにて2004年に購入した絵(コピーですけどね)です。
ハレイワのミュージアムで購入した絵は、なんだか素朴でして、いつも心が和みます。
栗山氏の絵は、ハワイのカラッとした太陽や風を思い起こすのであります。

「あぁ、この時期はハワイに行っていたナァ〜」と哀愁を帯びたため息ではありますが・・・
いかんせん
とにかく元気がでるのです。
この絵だけではなく、皆さんのハワイ上陸ブログを読んだりすると、「いいなぁ〜」とも思いますが
「楽しんで♪」と素直に応援したくなるのです。

そんな中
今日、ブログのネタ探しに(汗)
以前の写真を色々整理していたら、2004年は色々沢山ありまして・・
ヤッテルハヤッテルに採用され、初めて編集長サマにお会いした年でもありました。
カネオヘ基地のフェスティバルに行ったのではございますが、
日中、ジェフさんともお会いして公園でランチした記憶が懐かしく思い出されましたです。
ジェフさんや編集長サマにお連れ頂いたフォートルガーで
ずっしり重いランチを手渡されたのもこの時


このカルアピッグ、美味しかったですねぇ〜
重くて大量で、ダンナ様はアップアップでしたけど・・・(^_^;)
それから、ハワイへ行くたびにフォートルガーは外せなくなったりしました。
これからハワイへ行く皆さんも是非宜しかったらどうぞ♪

と、実は、今日はメモリアルDayでした。
あはは
うふふ
結婚記念日。


単身赴任中で相方はそばに居ませんけど・・一人乾杯ですヽ(^o^)丿
(やっぱり、発泡酒の中でも道産素材は美味しい♪北海道限定なので、是非北海道へ)

25年って、銀婚式ですね。
いやはや、長いようで短い?あっという間ですね〜
ずぅっと取って置いた結婚式のキャンドル、色褪せてますけど、
毎年ローソクに火を灯して1年2年と書かれたシールを剥がしてました・・・
最後の25と書かれたシールも剥がす年となりましたです。
今月下旬、やっと帰省できるダンナ様が帰って来た時に、剥がしたいと思います。
(画像はあるけど・・あまりに色褪せているのでアップしませーん

四半世紀、共に生きてきたことを感謝せずにはいられません。

何があっても大丈夫、そんな人とめぐり会えた事は
奇跡かもしれませんね。
(と、のろけてみたりして)

義父母に感謝
私の父に感謝
天国の母に感謝
ご先祖様に感謝

ハワイに出会えたことに感謝

九十九里から銚子へ



ちょっと間があいてしまいました
なにせね、蒸し暑いんですよ、ココ北海道も・・(T_T)

どうした北海道?カラッと王国はどこに?

そんな連日が続いております。
まぁ、道外の方々に言わせたら「なにをへなちょこな事を言っとる(怒)」と
言われそうですけどね・・

さて、前回の続き
次の日は九十九里を通り銚子方面へドライブです。


帰ってきて気付いたんですが・・殆ど写真撮って無いんですね
ただ、九十九里の海岸沿いドライブはとても気持ちが良かったです。
中でも驚いたのが・・

ハワイのノースとかちょっと郊外とかに・・ちょっと似ている?
道路沿いにサーフショップ等がポツポツとあるんですけど、ハワイっぽいんです
(反対意見があったらゴメンナサイネ)
サーフボードを小脇に抱えて道を歩いている人とか、
黒ラブを連れて散歩しているお洒落な女性とか、
<サーファー横断中>的なたて看板とか、
サーフショップ前に止めてある、アメリカンな車たちとか、

色々検索してみたんですけど、イマイチ画像がありませんでした。
唯一雰囲気がわかるかな?と見つけたのが
-ウクレレとハワイのミュニケーションサイト-
http://yanpon.com/
この中の記事です。
http://yanpon.com/article.php/20090502204108508
どうです?ハワイみたいでしょ(^o^)丿

ダンナ様が仕事でこちらに来たときに見つけて
それを嫁(私)に見せたかったそうです・・確かに・・雰囲気は日本じゃないみたい・・

ビーチラインではありますが、海は時々ちょこっとしか見えません、
ただ、九十九里有料道路に入ると
<参照 ウィキペディア>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E5%8D%81%E4%B9%9D%E9%87%8C%E6%9C%89%E6%96%99%E9%81%93%E8%B7%AF
海沿いを走る感じで、とても気持ちが良いで〜す♪

そんなビーチラインを通って、銚子に向かいました。
銚子ポートタワーに到着

<ウェブサイト>
http://www.choshikanko.com/extra/porttower/
「ほぉ〜・・」とタワーを見上げまして、ぐるりと散策。
地元の新鮮な魚介類や野菜などが売っているウオッセ21へ
<ウェブサイト>
http://www10.ocn.ne.jp/~wosse21/

昼食を食べようかな〜?とも思ったけれど、ココの魚介売り場で
ものすごく美味しそうなマグロ塊が売ってまして・・そして安い!!
サクにして3つ4つはとれそうな塊を購入、売り場のおばちゃんが
「氷いる?」と言うので、氷を入れてもらい持参したクーラーバッグでお持ち帰り〜

レストランのお食事・・やっぱり観光地価格なのよねぇ〜殆ど千円台

その後、犬吠崎に向かってスタートした所
札幌に帰省中の長男から家庭内業務連絡メール。
その中の一部がちょっと可笑しかったので・・(^_^;)

長男「これから東京にリターンするけど、今どこ?」
私「今、銚子〜、天気イイヨ〜暑いけど・・」
長男「ん?鉄子?テツコ?ナニそこ?美味しいの?」

?マーク頭の私「・・・・・・テツコって。・・・?」

私「銚子、ち・ょ・う・し 。ぬれせんべいで有名な銚子電鉄とか知らない?」
「犬吠崎の近くでさ」
長男「へー、知らな〜い。まぁぬれせんべいだけは覚えておく」

私「うま しか 」とメールを送ってやりました。

と、そんなメール内容を読みつつ、ダンナ様と爆笑しながら
犬吠崎あたりを散策し、海を眺めつつ、リターンしました。

帰宅してから、ご飯を炊いている間に購入したマグロ塊を4サクくらいにカット
(あ、塊と言ってもカットしたもので1〜2kg程度かな?)
ホカホカご飯に新鮮なマグロ刺身をクーラーの効いたお部屋で堪能したのでした。

いやぁ〜九十九里や銚子、ステキです〜
今度行ったときは、是非ビーチラインのハワイぃぃ〜なお店でランチしよ〜っと。
(下調べ全然していなかったので)

今回、ちょっとのんびり観光できた千葉滞在。
東京へ行ったり、横浜へ行ったり、銚子へ行ったり、暑かったけど
楽しめました。
あまり下調べしていかなかったので、帰ってきてもらってきたパンフ等を見て
「あらら〜(-_-;)」って事も沢山あったけど(行きたかった所多々あり)
また娘さんの様子とダンナ様の様子見を理由に、ちょこちょこお邪魔したいと思いました。

北海道へ明日は戻るという最終日、
一足早く東京へ戻った長男さんたちと共に、市川にある居酒屋さんで一緒に晩ご飯。
焼肉を食べて、お酒を飲んで、沢山昔話(ハワイに行ったときの事とか)して
ほろ酔い気分で帰りました。

なんだか、とてもいい休日を過ごさせていただいた一週間。
改めて家族に感謝した日々でした。

離れていても、皆に支えられている私は幸せものだと思います。

横須賀タイムマシーン的懐かしツアー



横浜みなとみらい地区から、次は横須賀へ行ってみました。
と、その前に・・
千葉から横浜へは、今回も<アクアライン>
前回はあいにくの曇り空でしたけど・・・
今回は


快晴ヽ(^。^)ノ
素敵な景色を眺めながら、とりあえずはうみほたるで小休止。

前回から気になっていた・・おぶじぇ??

これは・・・
いったい・・?
何体か設置されておりましたけど、誰?何?なんでしょうね〜形からワンかと思うのですが・・

さて、横浜みなとみらい地区は商業施設やらホテルやら沢山新しい風景がありました。


そびえたってます、手前にあるオブジェ、ピカピカです


日本丸、1歳半の長男を連れて来たっけ・・と思い出し
周りの新しいビルに圧倒されるのでした。

さて、みなとみらい地区から、外人墓地あたりを見ましょう!と出発

ここら辺は、本当に素敵な洋館が沢山ありますねぇ〜
散策するにはよい所であります。

北原氏のTOYS CLUBに寄ってみました。

クリスマス館の手前にある、素敵なクラッシックカー
おもちゃ博物館も好いですが、クリスマスTOYSは本当に沢山のクリスマスグッズで一杯でした。
お店の中でのんびりお昼寝していたマスコット犬、TJさん、とっても可愛かったです。

このあたりは観光客の方々も多く、道路も道も人で混雑。
懐かしツアーなので、次は横須賀へ〜。


横須賀、戦艦三笠公園
20数年前、長男を連れて電車で来たところです。
変わっていない?かな?どうだろう??
当時の写真を見ると、コンパクトなフィルムカメラだったのであまり撮っておりません。

1989年の戦艦三笠前で、ダンナ様と長男、やっぱりちょっと現在は綺麗になってますね。


公園のあちこちを散策し、当時の事を思い出してみたりします・・
「こんなアーチ状のもの・・あったっけ?」と記憶をたどってみても、う〜ん(;一_一)
しかし、ありましたね、当時も


しっかりこの前で、写真撮ってました(^^ゞ
(帰宅後、アルバムを出して探してみました)

三笠公園をぶらぶらしていたら、もぉすっかり夕方です。
おなかがすいたので、どぶ板通りに行って、途中仕入れたパンフ情報をもとに
横須賀ネイビーバーガーなるものを食べることにしました。

どぶ板通りを散策、いやぁ〜年月を感じます

すっかり整備されて綺麗になってました。
しかしながら、外人さんは多し・・・


当時、唯一どぶ板通りで撮った長男さんの写真。
ワッペンが沢山売っていたお店前で、今はどこに??探すことができませんでしたけど・・
なんとなーく似たようなお店はありました。

雰囲気が好い〜お店、たぶんこんな感じのお店だったと思います。

当時は刺繍ワッペンとかがとても好きで、手作りバックや既製のトートバック
スタジアムジャンパーとかに色々と貼り付けていたので、この手のお店はワクワクしながら見ていました。

って・・今も<ワッペン>なんて言うのだろうか?死語なんだろうか?一抹の不安

時間が中途半端なため、なかなか<横須賀ネイビーバーガー>を提供しているお店が開いておりません(涙)
そんな中、やっと見つけたお店

味のあるお店・・・Shellさん
http://www.cocoyoko.net/navyburger/shell.htmlそしてなぜか店前には

ラストサムライ、坂本龍馬さんとおりょうさんのツーショット顔だしパネルが
(龍馬さんしか顔だしできなかったけど・・)

ヨコスカネイビーバーガーは、認定店とよばれるお店が沢山あります、
サイトもありますので、お気に入りを探してみてくださいね。
http://www.cocoyoko.net/navyburger/index.html

このバーガー、私は好きです。
ダンナ様はネイビーバーガーの227gのセットを、
私はクオーター113gを食しました。

とにかく、なんかね、ハワイのバーガーショップを思い出した味でしたよ♪

すっかり夜、もぉ早く帰んないと・・(汗)
20数年前を思い出しつつ、大好きな横須賀(昔、憧れだった)を久しぶりに訪問、
当時の事を思い出し、夫婦二人でそぞろ歩き。
あの頃は親子3人だったのが、いつの間にやら家族は5人になり、1人独立2人独立と・・
あっという間の、25年だったような気がします。

ダンナ様が千葉に転勤になったのも、何かのご縁
これを機会に、沢山の関東の見どころを歩いてみたいなぁ〜と思うのでした。
いやね、
日本は一杯好い所がありますなぁ〜、<隣の芝は青く見える>じゃないけど
違った視点でみると、思いがけない発見があって嬉しかったりしますね。

フム、今回はさら〜っと懐かしさだけを書いちゃいましたm(__)m
さてと、次の日は千葉からダンナ様ご提案の房総ドライブです。

その話はまた次回へ

(^.^)/~~~

東京ぶらり・・・(略)浅草寺



前回の・・
タイトルが微妙にダッサイので省略です(汗)

言問橋から浅草寺へは、歩いて数分です。
でもねぇ〜その数分が暑いのなんのって・・
寒冷地仕様の身体にはこたえます


と、ようやく浅草寺へ到着〜

「お?!なんか工事中?」
なんと本堂は改修工事のため、龍が描かれたシートでしっかり包囲されていました。
とほほ・・
気を取り直して、参拝です。
手水をとってると、外国人観光客の方々がしげしげと眺めていたりします。
そうですよね、ちょっと不思議ですもんね〜
観光客一杯の本堂に入り、お参り。
そこで疑問が・・・
「ここって、お寺だよね?」
結構な人が<パンパン>とかしわ手を打っておりましたが、違う?いいの?
とりあえずは何も叩かず(^_^;)に、合掌。

帰ってきてちょっと調べてみた所、やはり
ご参拝の際には合掌して「南無観世音菩薩」とお唱えいたしましょう。
HPにはそう書いてありました。
<参考>
浅草寺ウェブサイト
http://www.senso-ji.jp/
ちなみに浅草神社(三社様)は、浅草寺のお隣にあります。
http://www.asakusajinja.jp/index_2.html

お参りを終えて、おみくじをひこうとしましたが、これまたものすごい人です。
(なんで平日のこの暑い時にこんなに人がいるんだ〜?)
仕方なく退散しようと階段を下りると、その途中にもおみくじ箱ヽ(^o^)丿
「これも何かのご縁」
お金を入れて、じゃらじゃらサクッと引くと、99番。
何の鍵も掛かっていない、お金を入れたらロックが外れる・・なんて小細工なしの引き出しを開けると、紙が入っていました。

こういう所、本当にみんなちゃんとお金を入れておみくじを引くんですよね

はらりと引いたおみくじを見ますと・・

大吉でしたヽ(^o^)丿
今まであまり大吉なんて出たことがないので、ビックリです。
この暑さも吹っ飛ぶくらい、感激&感謝

凶が出た方以外はお持ち帰りください
との事なので、しっかりお持ち帰りしました。


本堂前の香炉でありがたく煙?を浴びる事に・・
特に頭ね(^_^;)
悪いところが直るっちゅーので(汗)


仲見世をブラリ、来たことがあるような無いような・・
外なので暑いんだろうなぁ〜と思いきや、アーケードのように屋根が付いているんですね、コレ知りませんでした。
そろそろおなかが空いてきたので、何か食べようかとウロウロしますが、
この暑い中、それも一人なので、横道にそれてイタリアンのカジュアルレストランでランチを頂く事にしました。
もぉ、汗で着ているシャツもすんごい状態・・
冷房の効いたレストランに入ると、汗がすぅ〜っと引いてキモチイイ〜
しかし、そのあと汗ばんだシャツがどんどん冷たくなってきて・・冷た〜い(>_<) 「着替え・・持ってくるんだった・・」と激しく後悔したのでした。 まったりランチを終えて、さて、どうしましょう? 今日は春から都内でお仕事をしている娘さんと仕事帰りにおちあい、お食事の予定。 まだ時間はありますが、娘さんへの荷物もあるのでさっさと彼女のお宿へ向かう事にしました、もぉ歩きつかれたのと、暑さで限界でしたのでね。 電車を何度か乗り換えて、合鍵で娘さんのお宿に入りちょっと休憩〜 夕方、仕事場近くで待ち合わせて、サイゼリアで久々に母子二人で晩ご飯。 サイゼリアって本当に沢山ありますね〜、北海道には無いので
最初いたるところにあるから<どんだけイタリアン好き?>と思いました。


ご飯をたべてから、カフェで沢山話をしてたら、
娘さん「お母さん、電車大丈夫?」
げっ! もぅこんな時間
ココからは、電車を乗り換えて千葉まで1時間半は掛かります
iPhoneのアプリ、乗り換え案内で検索すると、まだ大丈夫そう・・

駅まで娘さんと二人、歩きながら色々話をしました。
<まだ新人さんで大変だけど、頑張ってね>と思いを込めて
(頑張っている人に頑張ってとはあまり言いたくないから)
駅までよもやま話ばかり・・

駅まで来て、「じゃ、また来るからね」と手を振ると
なんだか切ない気持ち・・
彼女は姿が見えなくなるまで手を振ってくれました、あぁ、

センチメンタルになりつつ、電車へごぅ
この時間ならなんとか快速に乗れるはず・・と、思っていたら・・
よっぱらい様が途中駅で時折暴れた模様(激混みで様子がわからない)
乗り換えも遅れて、結局千葉まで各駅停車(T_T)
千葉についたのは、日付が変った頃でしたとさ

1日色々歩いて、暑かったけど、なんだかとても色々なことを知りました。
ネットで検索したり読んだりしたことも、実際に見てみると、印象が違ったり、受け取る何かがあったりと、歩いて自分の目で見ることの大切さを実感しました。

さてと、続きは横浜編の再スタートです。
日付が前後してスミマセン
みなとみらい地区からちょっと足を延ばしました。

お時間のあるときに、読んでいただけたら嬉しいです。

(^^)/~~~

一人東京ぶらり灼熱の中歩き回るミニ散策?



前回、東京ぶらりをしたのはほんのちょっと・・
それも靖国神社と遊就館でいっぱいいっぱいでした(^^ゞ
で、今回は「話題のスカイツリーでもまじかで見てやりましょ」
なーんて軽く考えていたのですが、もとい

<言問橋>ことといばし

この言葉が頭の中をぐるぐるしてます。
以前日本テレビの開局スペシャルドラマ<東京大空襲>を見たのですが、
その後、色々と調べたことがありました。
言問橋の西のたもとに戦災慰霊碑があるとのこと・・
なんだかそれを探してたくて、なんの計画もないまま両国まで行ってみました。

両国で電車を降りて、ウロウロと探索
<横綱町公園>という公園にフラリ〜と到着(全く知らなかった公園でした)


横綱町公園(よこあみちょうこうえん)
公園内案内図を見ますと、慰霊堂があるようなので寄ってみました。
(写真は撮ってきませんでした)
ここの慰霊堂が建てられたのは関東大震災の後、震災で亡くなった方の慰霊のた
めという事だそうです。
その後、東京大空襲があり、その際に空襲で亡くなった身元不明者の霊を合祀し
現在の姿になったそうです。
東京都慰霊堂に関しては、色々な方がネットでいきさつや思いをアップしていま
すので検索してみてください。
個人的に色々なサイトをお教えしたいのは山々ですが・・、個々に受け取り方が違うかもしれないので、今回はゴメンナサイ
慰霊堂に入り、当時の様子を描いた絵等を見て、焼香台があったのでお線香をたむけ合掌。
フト、めをやると・・茶封筒があります。
<空襲の体験談です、宜しかったら読んでください>とのメッセージ
後で読みましたが・・・


実際に体験した方の文章です。
<手書きの文章だと、もしかしたら読んでくれる人がいるかもしれない>
墨田区に住む某氏が1991年から手書きで同じ文章を何枚も書き茶封筒に入れて友人や知人、参拝者の方に配っていたそうです。(1444通)

何故手書きか?
<手書きの文章なら、心ある人はとっておいてくれるだろう。それを子や孫に引き継いでもらいたい>との想いだったそうです。

現在慰霊堂におかれているのは、その手書きのコピーですが、私には充分某氏の想いが伝わってきました。決して名前を書かなかった某氏に関しては、平成13年3月10日の読売新聞に記事が載っているとの事です。

さて、言問橋です。
30度オーバーの日中、隅田川沿いを歩いて探します・・
ものすごく暑い・・あぁ。。。何やってんの?私?状態(;一_一)
1時間くらい歩いたでしょうか?途中、スカイツリーを見たりしながら黙々と歩
きます。


<結構なビューポイントなのか?浅草へ向かう外人さん観光客の人が沢山写真を撮っていました>

汗だくになって探すこと1時間余り・・涼しげな木陰にやっと慰霊碑を見つけま
した。


隅田公園の一角に戦災慰霊碑
ひっそりとそれは建っておりました、碑の前にはコップに入ったお水やお花が供
えられてありました。
バッグの中からお茶のペットボトルを出して、少し加えて、合掌。
言問橋をこの目で見て、慰霊碑を見て、またまた色々と考えさせられました。

さて、今度は浅草寺へ向かいます。

ちょっと長くなったので、今日はここまで
以前見たスペシャルドラマがこうも長く脳裏に焼きついているのは、何故か?わかりません。
花の東京をブラリ散策するのに、どうしてこの場所にひかれる様に来たのか?
自分でもよくわからない部分がありますが、きっと<伝えて欲しい>ということなのかもしれません。

伝えていかなければならないこと、現代の私達にはまだまだ沢山ありそうです。

———–
スペシャルドラマ<東京大空襲>サイト
http://www .ntv.co.jp/kusyu/