モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2010年2月

Coyote <その先の楽園へ>



以前、ムナゾーさんがオススメしていた雑誌<Coyote>
この3月号をジュンク堂さんで偶然見つけて

「あら、買ってくれって言ってる?」
なんておかしなことを呟きながら、衝動買い



<その先の楽園へ>の前に、

ハワイ島縦断!なんて書いてあるし・・
立ち読みしてビックリ
(ネタバレになるので書きませんけど・・)
いやね、読み応えありですよ〜


<楽園の最悪の旅>だなんて・・あーた・・
イメージダウン?かも・・イヤイヤ全然


<コナに降る雪> この本の中でも印象深かった記事


<コナコーヒーへの道>なんてタイトルの記事・・
素敵です、めっちゃうなずいて読んだりして(~_~;)

とにかく、この本をじっくり読んで、色々なことが少しだけ
解ったような・・解らなくなったような・・
複雑な想いでした。
本の三分の一位がハワイ島の記事なので、お好きな方はオススメですよ♪
写真も綺麗ですしね

ただし・・・

ちょっと

ディープかな(汗)

注:普通の観光ガイド本的ではないです、他の記事もまたコレ読み応えありでした
(超個人的な感想ですのであしからず)

<風>ってご存知?



ハイ、アラフォーよりも古い話かも?でゴメンナサイ

最近、とーーっても不思議な現象があるんです。
iPhoneで通話したあとに・・・なぜか?時折中に入っているiPodが動作する・・・
そして
ピタリとくる音楽が鳴り響く・・コワッ(T_T)
本日は<風>の22才の別れ

ハイコチラ、懐かしき<風>さんのBestが入っております。

アレンジがちょっと変えてある曲もありますが、2年くらい前にアマゾンで購入したCDです。
私にとっては、とっても懐かしく想いで深い曲が沢山はいっておるのでございます。
(あ、話ついていけないですね、古すぎて・・すみません)
かぐや姫時代は、リアルタイムで聞いてはいなかったのですが
その後、伊勢正三氏が<風>を結成した時には、好んで聞いていまして、
<22才の別れ>や<ささやかなこの人生>等等、
ふぉーくそんぐにハマっておった女子でした。

正やんの声がね、たまらなく、切なく、当時は良かったのですね〜

と、久しぶりに聞きますと、これまたその頃を思い出し、
おばちゃんはウルウルしたりして(恥)
なんでしょう、今の若い衆が聞きますと・・「しみったれてる」とか「暗い」とか
おっしゃるのでしょうか?
今日、絶妙なタイミングで、そんな曲が突然再生されてビックリで
この曲を聞いていたあの頃、
今の年代になった自分はきっとちゃんとした大人になっていたのだろうと思っていたのだろうなぁ〜なんて思いました。
実際、まぁ、まだまだ、想像していた<大人>には程遠くて、ガックシですけど(~_~;)
過ぎ去った過去は、リセットすることも出来ないし、後悔しても仕方が無いし
そういう時代があるから、今の自分があるのだと思います。

<あの唄はもううたわないのですか>を聞いた時
そういえば、レコードがココでいつも傷があって、飛んで飛んで、リピートされていたなぁ〜って苦笑い。
デジタルな今、そんなことは無いのですね。
なんて再認識したりして・・・・

もぉっ!とレコードの針をもう一度落としたあの時代、それはそれでアナログもまた良かったのかな?
なーんて、ね。

で、風といえばココ

いやさ、ココの風は凄いですね・・・
写真は今はちょっとCloseになっている道から眼下を走るハイウェイです。

と、無理矢理ハワイ繋がりにしてみたりして(^_^;)
で、ワケが分からない文章を書きつつも、スッキリしたりして

それにしても何でiPhodが再生されるんだろう?摩訶不思議

♪あなたはあなたのままで変らずにいてください
ん〜
それが一番難しいかもね。