モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2009年11月

ラーメン♪らーめん♪ラーメン



ラーメン店巡りが大好きだったりします。
でも、守りに入って同じお店に何度も行ってしまう事も多々ありで・・へなちょこです
最近は勇気を出して色々行っていますが、まぁラーメンって
本当に個人の好みが分かれるところなので、あくまでも私的好きな所をば・・
(ラーメン画像が溜まってきたので(-_-;))

まずは、以前ショップカードだけをアップした<麺の房たけ田>さん。

醤油味ですね。美味しいです、コッテリ系¥700
で、ちょっと前につけ麺も登場!

ダブル麺という事らしく、一つはジャガイモを練りこんだものらしい・・・
次男さんと共に行って彼がオーダー、結構美味しかったらしい。
こちらは数量限定¥800

そしてお次は<国民食堂>さん。
以前中央区にお店があったのですが、行った時には閉店してまして撃沈。
放浪の旅に出ていたのか?どうか?は定かではないですが、今年再オープン♪
探して行って見ました。
イチオシ人気の潮ラーメンです。

ものすごい透明感のあるスープです、あっさりさっぱりだけど凄く美味しい
¥650なり、また素ラーメンというのもありますです¥500
一緒に行ったダンナ様は味噌ラーメン

これも相当美味しかったらしい・・¥700なり
ここの店主さま、スープをすっかり飲み干した私達にお会計の時
「綺麗に食べていただいて、ありがとうございます」と感謝の言葉を。。。
だって美味しいんだもーん♪とは言いませんでしたけど、
「美味しかったです、ご馳走様でした」という事は忘れずにニコニコ退散のお店でした。

で、次は最近相当何回か行っている(ハマっているという)<拉麺シン>さん

限定メニューの焦がし黒正油¥750なり
もぉ、この美味しさにうっとり
そしてダンナ様は味噌を経験済みなので今回は坦々麺に挑戦。

¥750なり、限定らしい。
程よい辛さでコクがあって、これまた美味しいのでした。
場所が相当解りづらいですが・・お気に入りの<ひなた>さんの近くです。
(ジモティーにしかわかるまい

今回は3店だけアップ、それぞれ住所等はググってみてね。
これらのお店は検索キーワードで<札幌 ラーメン店 お店名>を入れると、
バシバシ情報が出てきますので・・・

イヤね、他にも何店か行ったのですよ、有名どころ
でも、ん〜、「並ぶかなぁ?」的な所もありましてね(-_-;)
また<写真撮り忘れた。ブレタ>という所もありまして

という事で、次回(いつになるの?)またアップしますです。
いや〜、北海道はいいねぇ〜、美味しいものが一杯だし〜
なんて
ん十年生きてきて、いまさらながらこの土地のありがたさに気付く私でした。
I 北海道だわ〜♪






しじみラーメンと♪北のはずれ?



さて、十三湖でしじみラーメンです。
十三湖・・実はあまり知りませんでした(恥)
<しじみ>が有名というのも、知りませんでした(大恥)


これがしじみラーメン
特製しじみラーメン¥1000也(高っ)


元祖しじみラーメン和歌山さんにて。

ん〜・・たしかに凄くスープは美味しい♪
しかしながら・・麺がちょっと残念かな〜?
しじみラーメンは通販でも売っているのですが・・(お家で作るタイプ)
以前、ダンナ様が青森で買ってきてくれた事があります。
こちらの麺の方が美味しかったです。
(超多加水麺=キラキラ黄金麺)
検索すると一杯取り扱いサイトが出ているのでご参考まで

ここの和歌山さんの直ぐ近くは、湖が見えて、橋の向こう側はもう海で
なんだかとても不思議な風景でした。

手前が湖、橋が架かっている左側は日本海
この町は、なんだか空気がのどか〜
町の中には、しじみの小売店も何件があるので、そこでフレッシュしじみを購入しました。
これが、またね、お味噌汁にしたら凄く美味しかった♪

<しじみってどうよ?>と思っていた私(反省)撃沈の美味しさでした。

さてさて、ラーメンも食べてお腹も満足した所で、竜飛岬へ向けてゴゥ
海沿いの道を走るので、とても楽しい♪
ちょっと陸地に入ったり海側に出たり・・・
「海だ〜!」と喜んだり(どうでしょうの樋口さんの曲を口ずさんだりして)


アップダウンがあったり、なかなか楽しいドライブ。
おっと、なにやら看板が!


発見 密出入国防止 見たら聞いたら110番 五所川原警察署
へぇ〜
それにしても、イカポリスですか?多分・・イカシテマス

竜飛岬へ行く途中に中泊という所がありましたのでちょっと寄って見ました

レストハウスによってみたものの・・がら〜ん・・・
(ココの店員さん?まるでヤル気なし)


素晴らしく広く良いロケーションであろうと思われるキャンプ場は
すでにクローズでした。(-_-;)
オートキャンプも出来る施設なのに・・・
キャンプって秋も良いのにね〜
ココで<税金の使われ方に?と思う>

どんどん進むと、山道クネクネ道をずんずん登りま〜す。
ものすごく良い景色でございました。

ライダーにはタマリマセンワネ


見晴台とう名前では無いですが・・(忘れちゃいました
ぐるっと見渡せる所に駐車場があり、そこから竜飛岬灯台が見えました。
注:小さく白く写っている所が竜飛岬

ハイッ、竜飛岬到着です。
肝心の灯台の写真を撮りわすれておりました・・(反省)
で、それよりも気になったのが
ダンナ様ガイドに案内された<階段国道>なる所

目つぶってるし、ガイドさんみたいになってるし、なんか変だし・・な私
階段国道
詳しくは<階段国道>で検索して見てください、ウィキペディアでも詳しく書いてあります。

ココでも疑問を感じる嫁・・「国道って事は整備も国って事か??」
国道とは、なにも車だけが走る所とは限らないとは思うけれども
う〜ん
ちなみに歩いてみました、終点は・・殆ど民家の玄関先でした(@_@。
その先に港が現れ、特に・・何も・・無い・・・・
ナニソレ?って方はググってみてね、色々なサイトで紹介されていますので。

竜飛岬灯台付近には、津軽海峡冬景色歌謡碑というのがあり
ボタンを押すと石川さゆりさんの唄<津軽海峡冬景色>が流れます。
あぁ・・なんだか・・どこかでこういうの・・見たな・・
まぁ、常々<♪ご覧あれが竜飛岬北のはずれよ〜>とのフレーズに
「いや、稚内だし、宗谷岬だし」と鼻息荒くしている道産子なので
曲は好きではありますが、ちっちゃい人間なので、細かいところを妙に気にしたりしてね・・

ま、そんなことはどうでも良いですね。ハイ。

この岬は、地理的に「はは〜ん、きっと戦時下は・・」と思わせる所でありまして
やっぱりそういう名残はございましたです。
調べてみたところ、旧海軍のトーチカ跡があるようです、実際行って見たものの、
なんだか説明不足というか、案内板がしっかりしていないというか
碑はあるものの、事前勉強&ある程度の知識が無いとわかりません。

それらの碑がある場所は、新設されたであろう渡り橋?の所にありまして。
その橋の手すり部分にはドラゴン・龍・ドラゴン・龍・・ってな感じのオブジェが
付いておりました。

夕陽に染まる海バックの龍

何故?龍なのか?疑問は残りますが
龍バックに海面がキラキラ光る海はとても幻想的でありました。
ただ、ココでも<税金って・・?>と疑問を抱く嫁
そんなこんなで、ダンナ様ガイドで観光終了。
来た道をどんどか戻り、赴任先近くの比内鳥のお店で美味しい地鶏の親子丼を頂きました〜

あ、写真撮ったかしら?
多分撮ったと思う・・・けど・・・
フワフワ卵が美味しかったのは覚えていたりして(^_^;)

次回予定は・・ん〜何にしようかなぁ〜
続東北関係・アップしていないハワイ関係・札幌ラーメン関係、写真はあるのですけどね〜
ま、どちらかでーす。
宜しかったらご覧いただければ幸いです

坂の上の雲



NHKさんがスペシャルドラマでやるらしい・・・
編集長さんのブログやら本やらに、時折(というか結構)出てくる
司馬遼太郎先生原作のお話。
題字も先生のものらしい・・・へぇ〜



リンク
http://www.nhk.or.jp/matsuyama/sakanoue/
この間、何気に新聞のTV番組欄をみまして、見つけまして、放映前の
特別番組が組まれておりまして、撮影のこととか主演の本木さんのお話とか
ドラマのプレビューなんかを見たわけで
原作を読んでいないのでイマイチ<ちんぷんかんぷん>でございましたけど
いや
良さそうです。

それで、その放送日程が凄いことにビックリ
2009年から、3年間も費やすと・・凄い
(これは民放では出来ない事ですわな、改めて<どうよ?NHK?>と思う)
キャストもなかなか凄い人ばかりなんですよね〜
いや、これは見るかも?
大河は見ていないけど(~_~;)
これは、もしかしたら観るかも?

民放ドラマ好きな私・・
このところ、山崎豊子さん原作の<不毛地帯>がドラマ放映されています。
これもまた面白くて、毎週欠かさず見ています。
沈まぬ太陽も映画化されて、それもまだ観ていないのですが・・相当みたい。

リンク<不毛地帯>
http://wwwz.fujitv.co.jp/fumouchitai/index.html

リンク<沈まぬ太陽>
http://shizumanu-taiyo.jp/

不毛地帯は、2クールですけど・・・(~_~;)
民放としては凄い賭けかもしれませんね。
*1クールは通常3ヶ月と言われているけれど、最近は3ヶ月足らずという感じが否めない。

「なんだよぉ〜」という残念なドラマが多い中、NHKさんも民放各社さんもそれなりに<やりたい題目>を必死でなさっているのかしら?と思うのでありました。

歴史から学ぶことは多々ありで、過ぎ去ったことですが、今に通ずることも(忘れてしまった何かを思い出す)あるわけで。
<時代が変わったから>という一言で片付けるのではなく
何か、メディアの方々がこういう方向で発信していただければ、気付くことも
多分
あるわけで
上手く表現できませんけど、そういう方々がいらっしゃると感じ
単純に嬉しいと感じる一視聴者でございます。

ちょっと最近、色々本とか借りて読んでまして。(哲学?精神?ん〜)
色々、感じることもありましてね、、、、(旅立った人が推薦してくれた本)
全てがリンクしているようで、不思議です。

なーんて、
オイィッ!それより、ハワイ情報だ!東北続きだ!と突っ込みはご勘弁くださいませ

あっ、直ぐにアップしまーす。
(ブログネタにと画像は撮ってあるのに、なかなかアップしない面倒くさがりです
スミマセン(陳謝)

こんないい加減なブログを観てくださっている皆様に感謝

酸ヶ湯温泉と黒石



東北旅の続きをば・・・
(だからアップが遅いってば!
航空祭前日、1日フリーなのでダンナ様ガイドに連れられて
色々と観光
早朝5時半には起きて出発したのは訳がありまして・・

はいっ!温泉です♪
<酸ヶ湯温泉>

ココの温泉、300年も前から開かれていた温泉宿らしく
総ヒバ作りの<ヒバ千人風呂>と呼ばれる大浴場が有名らしい・・

そんなこんなで朝早い時間にも関わらず駐車場は満杯に近い状態。

宿泊施設もあるので、湯治のお客さんも多いとか。
この日は秋晴れで紅葉もまっさかりでした〜


注意事項

ココの大浴場は基本<混浴>です。
露天風呂状態で無く、内風呂なのですが・・混浴です
小浴場<玉の湯>というのも別にあり、そちらは男女別になってますが
名物千人風呂は混浴
「いや〜ん恥ずかしいわぁ〜」という女性の方もいらっしゃるはず

午前8時〜9時、午後8時〜9時までの各1時間は女性専用時間というのが設けられていまして、その時間を狙っての早起きでした。

無事女性専用時間に入浴、ここの温泉は温泉名にあるように<酸性硫黄泉>
飲んではいけません、そしてシルバーなどのアクセサリーをうっかり着けて入浴しますと・・
黒く変色してしまいますのでご注意を・・(そういう失態を犯したのは私)

温泉でほっこりして、道中紅葉を見ながら、次は黒石へ〜
<日本の道百選>にも選ばれたそうな、中町こみせ通りへ。

こんな感じの案内版もございまして、とっても素敵な街並みです。


歴史的な建物がずらっと続く・・


もぉね、ベンチに座ってほっこりしたい気分。


わき道を入ると、イタリアンレストランがあったり
これは新しく出来たのか?どうなのか?とにかく雰囲気が良い通りなんですよね〜

と、黒石に来たメインの目的が<つゆやきそば>
ちょっと時間が早かったので、通りをブラブラ散策して素敵な景色を堪能しつつ開店時間待ち。
いよいよ開店
お初なお味<つゆやきそば>を食べてみました


炒めた焼きそばに天ぷらが乗っていて、つゆに浸ってます。
「えぇぇ?どんな味??」とコッテリを想像しつつ「ズルッ」
「ん??ん??イヤ、そんなに悪くないし。。ん?アリか・な?」
(行く前は絶対美味しくないと想像してました
ちなみに黒石はやきそばが有名らしい(知らなかった)
店舗だけでもものすごくありましたので、参考サイトをば↓
http://www.k-cci.or.jp/contents/sightseeing/yakisoba/k_yakisoba_info.html

あ、そうそうココでは津軽三味線のライブとか、津軽のお話をご披露してくださいますよ。

小学生くらいのお子さんやおばあちゃんの話を聞きました。
(勿論 津軽の方言でございます)
観光ボランティアの方が沢山いらして、皆さん声を掛けてくださる。
いい町でした。

と、長くなったので、十三湖と竜飛岬までのお話は次回へ。

海鮮だよ♪北海道〜



昨夜はとらねこさんがブログにアップされているように
船盛屋さんで皆さんとお食事
とらねこさん・BPさんご夫妻・KOTATUさん
楽しい時間を過ごさせていただきました。
KONATUさん、船盛屋さんご紹介ありがとうございまーす。
とらねこさん、楽しいお話しありがとうございまーす。
BPさんご夫妻、ハワイ島話ありがとうございまーす。
ホント、いつも皆さんには感謝

KONATUさんのブログで以前から気になっていた船盛屋さん
いやぁ〜
ひやぁ〜
すごぉ〜い


溢れんばかりの海鮮、海鮮の下にまた海鮮(~_~;)
乾杯したあとは
お話をしつつも食べる飲むそしておしゃべり〜のリピート
あ、<飲んだり飲んだり>が私の場合多し(汗)
飲み放題だったので、国稀さんの<鬼ころし>も冷で頂きました〜
またお刺身に合うったらありませんでした。
また、写真を撮るのも忘れて食い気に集中した私・・画像これだけだったりして(恥)

上の船盛を調理して頂いてお持ち帰り〜、

しかしっ、帰宅したらヘロヘロだったので・・(この訳は下へ
今日、ブランチでパスタにして頂きました。


茹でたパスタに塩炒めを合えてオリーブオイルとクレイジーソルトと
ガーリックスプレッドを少しくわえ、パセリを散らせて出来上がり。
うぅぅ〜ん、美味♪
さて・・・もう1パック・・残っているんだな・・
これは何に変身させようかしらん?


<おまけ>ヘロヘロになった訳
地下鉄も充分動いている時間に皆さんとお別れして、地下鉄へ〜
「楽しかったなぁ。美味しかったなぁ。」とルンルンしつつ
慣れない券売機でバス乗り継ぎの券を買って地下鉄乗車、
バスターミナルのあるとある駅で下車。
バスの最終には間に合っているはず・・(以前乗った事があるし)
しかしっ、人が居ないバスターミナル????
え?え?え?
時刻表を見ると・・ガーン・・最終バスはもぉ出発済みでした
「しやーないなぁー、歩こう」と宇多田ヒカルさんに励まされながら
(聞きながら)テクテク
あはは・・
50分ほどかかりました。
ほろ酔い気分もすっかり冷めて、気持ちのいい汗を流しつつ帰宅。
たまに公共交通機関に乗ると、こういう事になるんですねぇ〜
バス路線、明らかに便数が激減しているのを実感しましたね。

ただ、空を見上げると星も月もとても綺麗な夜でした。
季節外れの暖か目の夜風も心地よいものでした。
たまに歩くのもまたイイかも♪

不思議空間・・焼き鳥屋さん?



三沢航空祭目当てで行った東北某市。
到着したのが夕方だったので、ダンナ様オススメの焼き鳥屋さんらしきところへ連れて行ってもらいました。

外観を見て・・へっ?



暖簾は<中華そば>と書いてある模様だけど、焼き鳥の提灯が・・
んでもって、なんだかあやしげぇ〜

中に入ると、おばちゃん(イヤおばあちゃんに近い)お二人が
無言でお迎え(~_~;)チラリと顔を見るも一言も発せず
カウンターに落ち着いて、ダンナ様はカウンターにあるコップ二人分を置く
ぇぇぇ自ら?(@_@。
おもむろに目の前に居るおばちゃんに
「おでんと焼き鳥適当に見繕って」と言うと、「ハイ」と一言
でもって、お店の冷蔵庫からビールを持ってきて栓を抜いてビールを注いでくれました。
あ、コレ全てダンナ様ね、おばちゃんはおでん作りと焼き鳥作りに集中中

超セルフシステムな焼き鳥屋さん

でも出てきた焼き鳥とおでんは超が付くほど美味しかった♪


大きくて肉がとても美味しい焼き鳥(炭火焼)


これまたジャンボなサイズのおでん

お腹がぺこぺこだったので、ご飯モノでも・・とメニューを探すが・・
無いっ!お品書きも・・ナイッ!
店内は良く言えばレトロな雰囲気でございますが、お客さんはびっちり満席です。
ご飯モノとも思ったけれど、
ビールと焼き鳥とおでんで思いのほかお腹一杯になってしまいました。
いやね、こういう雰囲気のお店は多分一杯あると思うのですけど
札幌は少ないのですよ、こじゃれた居酒屋や焼き鳥屋さんしか経験ないのでね・・
ちょっとビックリ

で、ものすごーく気になったのが
カウンター越しに見える冷蔵庫の横に貼ってあるモノ。
価格早見表なのか??


1本¥110と大きく書いてあるメモの下に、3本¥330〜延々と1本ずつ増加した時の価格が帯のように続いて書いてあります。
私「あれ、なんなの?」
ダンナ様「すぐ計算できるようにかな〜?」
私「へっ???へっ??」

とにかく、おでんも焼き鳥も1本は同一価格らしい・・
ちくわであっても大根であってもこんにゃくであっても同じ
レバーであっても、ブタ串であっても、トリももであっても同じ
多分、そうらしい・・
なにせお品書きなんて無いんですから
ダンナ様曰く
「面白いでしょ?」
私「面白すぎ〜」

ビール2本と焼き鳥とおでんのお皿二つくらい頼んでお腹一杯。
お会計を頼んだら
おばちゃん「ビール何本?あぁ、2本ね、ん〜と¥3300」・・・撃沈
適当だけど、確かに安いし美味しいお店でした。

いや、「明細くださいっ!」って方には・・・
「領収書くださいっ!」って方には・・・
あはは、ムリムリ〜なお店でした。

さて、次回は黒石・十三湖方面へ行きましたので、
黒石のつゆやきそばとしじみラーメンの予定です。