何をいまごろ、おそいっ・・と怒られそうですが

/file/0903-honokaa.jpg

<ホノカアボーイ>
昨日原作を読み終わり、今日映画を見てきました。
原作もスルスルと楽しく、時には切なく、最後にはホロリと
させられましたです。
映画に関しては・・
色々と評価がブログやサイトにアップされていて、読ませて頂きました。
まぁあまり先入観を無くして、ちょっと久々に一人映画でもイイかな?と

以前(凄く古いけど)
<読んでから観るか?観てから読むか>
なんてコピーがありましてね、私はそのどちらかのパターンが多いです。
今回は原作を読んで、なんだか<観たく>なったのですよ
感想は・・
良かったですよ、どちらも、原作には原作のよさがあり
映画には映画の良さがあり、
映画に関して言えば、出演者の方々が良かったですね。
私の好きな俳優さん、ちょこちょこ出ていたところがGood♪
蒼井優さんは、<映画:偶然にも最悪な少年>で凄い役をこの歳でやるもんだと
たまげた女優さんだし、深津絵里さんは<映画:ハル>ですっかりハマった女優さんです。

勿論 賠償さんは文句無し!ビーさんのイメージにピッタリ
で、賠償さん演じるビーさんのちょっとしたしぐさがね、
なんか、ものすごく懐かしく感じてしまったのです。
ラストは・・思わず・・ウルウル(T_T)
母を思い出してしまいました。
あ、岡田くんですが、これもぴったりな役でしたねー
今度はオール北海道ロケの<ハルフウェイ>もみたいナァ〜
(北川先生が監督、岩井俊二&小林武史だもん)

まぁね、
ほんのり、イイ映画でした。
ちなみに、ウルウルは劇中3回くらい来たかな・・(^_^;)
どうもね、涙腺がゆるくなるお年頃でございます。

と、古いシアター繋がり?でこんなお写真をば・・

 /file/old-maui-2.jpg

以前 読んだ古本ですけど
<日系アメリカ人-ハワイの- / 岩波写真文庫>の中にあった
1955年ごろのマウイ島の映画上映案内(映画館の前)を撮ったもの
この本の中にはカフルイのシアターの様子や、数々の興味深い写真が
白黒ではありますが載っています。
ま、その話はまた次回という事で

映画って、久々に映画館で観るといいなぁーと思った休日でした。
きっかけを作ってくれた<ホノカアボーイ>に感謝m(__)m