モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2008年4月

編集長さんの日記と営業マンさんオススメ道徳の教科書



先週、我が家にこの2冊が到着。

/file/0804-mobook1.jpg

実は・・・
「買おうかな〜どうしようかなぁ?」と思っていたところ
大学生の次男さんが<とある本を買いたい!>と言うので、
「じゃ、アマゾンで」とネット発注。
その時、「じゃ、ついでに道徳の教科書も買おう」と思ったのでした。

注:その時編集長さんの本はターゲットから外れてましたm(__)m

発注の時、それは夜も11時過ぎ。
1人晩酌でほろよい気分でございます(恥)
営業マンたかしさんのブログを見て、<道徳の教科書>を買おうと思ったので
モーハワイ☆ブログをチェック。
ついでに編集長さんのブログもチェック(ついでって(^_^;))
そこで<へなちょこ日記>発売日を知り
「あーどうしようかなぁ〜」と、アマゾンさんへ移動。

ほろ酔い気分で
ポチッポチッポチッと、3冊カートに入れる。
決済画面で「うーん、まっいっか」と、発注決定。

注:夜中にほろ酔い気分でネット通販することはとても危険です。
(それはいつも私)

しかしながら、到着して開封した所。
<編集長さんの日記>
「ん〜厚いっ!でも軽いっ!」となんだか懐かしい手の感触。
<道徳の教科書>
「ん〜軽いけど、面白そうだなぁ〜」と目次を見てみる。
さて・・・
「どっちから読む??」

現在、編集長さんの日記7割、道徳の教科書3割という配分で
交互に読んでます。

さて、編集長さんの日記はダイアモンド社と書いてあります。
地球の歩き方で有名であります。
手に持った感触が懐かしい感じがしたのは、コレでした。



アメリカに行くことを夢見て買った
<地球の歩き方 アメリカ編 ’84’85年版>です。
分厚いですが、軽いです。ペーパーバックのようなガイド本です。
丁度会社を辞めた頃だったと思います。
家業を手伝いながらそう思っていたのに、ダラダラと少ない退職金も
貯金も小出しに使ってしまい、気が付いたらアメリカ旅行は夢で
終ってしまった・・・そんな苦い記憶のある本ですが。
その後も行く気はマンマンでした。
そして・・・
1年後、結婚をしまして、その新婚旅行先にいの一番!で
アメリカ本土を考えました。
しかし、バブリーな時代に貧乏だった若い夫婦・・予算が足りません(涙)
で、ハワイです。

貧乏な若夫婦は、ハワイでもギリギリ(T_T)
そこで考えたのが、ホテル+航空券だけのツアーです。
送迎付きで市内観光というのが強制的に付いていますが、
初海外の私は(ダンナ様は何度か会社でサイパン・グァムに行ってました)
お安いツアーを片っ端から旅行代理店を回り探します。
なんとか格安ツアーを発見し、いよいよ現地でどうするか?計画です。
そんな時
<1日30ドル以内で価値あるハワイの休日が過ごせる徹底ガイド>
そう、地球の歩き方さん ’85〜’86ハワイ版です。


(編集長さんの日記と厚さ&サイズ比べをしてみました)

「なんて魅力的♪」と直ぐに購入。
手書き風地図とかバスの乗り方、リーズナブルなレストラン、
プレートランチのことなど情報満載でした。
でも、その中から選んだのが・・
<パールハーバー アリゾナメモリアル>です。
バスに乗って行く計画を立て、もう一つの<ハナウマ湾>は
仕方なくオプショナルツアーにすることにしました。

ま、そんな思い出がたくさんあるガイド本を何時までも持っている私は
相当珍しい人間かもしれません。

最後に3つの本を比べてみました。

<へなちょこ日記> 597ページ ¥1500
<地球の歩き方ハワイ>447ページ ¥1480
<地球の歩き方アメリカ>688ページ ¥1680

ページあたり単価 ハワイ>へ日記>アメリカ
(変な計算して喜んでいる自分が悲しい・・)

今現在、<へなちょこ日記>2004年4月突入
<道徳の教科書>第二章突入
本当は道徳の教科書を先に読んだ方が良いに決まっていると・・
自覚しつつも、ハワイ大作戦の時の話しを懐かしく思い
(実は、あの時リクエストが採用されたんですよねー
編集長さんはもぉ覚えていないと思うけど、ドラッグカーレースです)
自分のハワイ行きが始まった頃を思い出し。
読み進めているのでした。

ーモーハワイ☆コムのお二人さまへー
文中、編集長さまに対し失礼なコメントがあったかも・・すみません。
営業マンたかしさま、オススメして下さった本、とてもためになります。感謝m(__)m
次回は読破した後に、感想をアップしたいと思います。

go!エアランの予約と搭乗 その4



さて、今回は帰りの搭乗についてです。
行く時は緊張感とかワクワク感♪が一杯で楽しいものですが・・
やはり帰りはさみしいですね。
マウイのカフルイ空港 go!のチェックインカウンターは
一番端っこにありました(ーー;)

チェックインカウンターの建物から外に出て
少し歩くと、こんな感じに綺麗な景色が広がってました♪

殆どひと気は無いのですが、ココが唯一の喫煙エリアでした。
(他にあるかどうか?は未確認です)

話しが前後しますが(^_^;)、チェックインの話。
行きと同じように、E-チケットの控えを見せますと、手続きをしてくれます。
荷物を預けておしまいです。
(私はE-チケット控えをいつも2部作成して持参します、紛失防止策(^_^;))

実は、荷物について・・
今回行きの時は大きなソフトスーツケースと中位のスーツケースの合計2個を
預けました。
お土産が多かったのと、食材も何個か持っていったので2つにしました。
しかし滞在中、持参食材も減り、その上殆ど買い物をしなかったので
マウイのクラで荷物パッキングをしているとき、いっそ一つにまとめようと
大バックに中バックを入れて大バッグ1個にしました。
それが・・ちょっと失敗(-_-;)
重量オーバーになってしまいました(泣)
チェックインカウンターの方に、「追加料金が掛かりますよ」と言われ
慌てて「じゃ、二つにします」と大バッグファスナーを開けて説明。
カウンターの方に「OK!」と言われて、今一度中バッグを引っ張り出して
2個にして預けました所、重量クリアでした(ホッ)

荷物については、go!のサイトにあるFAQの所をクリックして、
Baggageの所を見てくださいませ。
50LBまではノーチャージとなってます。
その他、手荷物や他の預け荷物等についても書かれてますので、
事前にチェックすることをお薦めします

そんなこんなでチェックインも終了して一旦外に出て、上画像の所でマウイの山並みと
青い空を眺めながらまったり。

↑ココは、一番目画像の反対側。チェックインカウンターがあります。

そろそろ搭乗時間が近くなってきたので、セキュリティチェックを通り
搭乗ゲートへ行きます。
途中、お土産売り場やら売店などがありますので、時間に余裕を持って色々
探索されるのも良いかと思います。
go!のゲートはこれまた端の方にありました。
ロビーに座って待っていますと、当然英語オンリーのアナウンス(^_^;)
ハワイアンエアーのゲートロビーからは、日本語アナウンスが聞こえました。
出発時刻の少し前に、ホノルルからの機体が到着し、
お客さんが下りた後、それほど時間をおかずに搭乗開始です。
あっという間に、スタンバイー出発〜
ウトウトしている間にホノルル空港に到着してしまいました(ーー;)

ホノルル空港では、行きと同じく<地上歩き>で到着ロビーまで行きます。
荷物を受け取って、ハイ終了です。

半年以上も前なので、記憶をたどりつつ旅行記をもう一度読み返しつつ
ブログに書いてみました。
何か一つでもこれからgo!に乗ってネイバーへ行く方々の参考になれば
幸いです。
読んでいただいて、ありがとうございましたm(__)m

本当に終わり(^^)/~~~

go!エアラインの予約と搭乗 その3



go!の客席は、50席。
2席ー2席の構成で、こじんまりしております。
搭乗したものの、機内写真を殆ど撮っていなかったので
<どこかに画像は〜>とおもってネットサーチしたら
結構出てきましたので、Googleの画像検索などでお試しください。
尚、CRJ機を使用している<IBEXエアライン>
こちらは日本の航空会社なので、日本語でCRJの魅力について熱く(^_^;)
語っています。
IBEXエアラインズのサイト↓
http://www.ibexair.co.jp/index.php

*以前、フェアリンク時代に乗ったとき、水平飛行時キャプテンアナウンスの際
CRJの魅力について手短ですが熱く説明されていたのが印象的でした(^_^;)

機内に乗り込んで注意しなければならないのは・・
頭上です↑
天井が低い上に、荷物入れもありますので、そこに頭をぶつける人を
必ず目撃します。(IBEXの時も居ました)
座席を立つ際にも、頭上には充分お気をつけくださいませ。

飛行はとてもスムーズで乗り心地は良かったですよ
機内放送もありますが、ぜーんぶ勿論英語(-_-;)
ちょっとノリの良いFM放送のような感じでした。
ハワイのラジオでよく聞く、CMがふんだんに入るような感じ。


写真は機内から(ちょっとボケボケですが)、モロカイ島が雲間から
綺麗に見えました。

ほぼ定刻に無事、マウイのカフルイへ到着。
カフルイ空港はボーディングブリッジを取り付けますので、
<地面を歩く>ことなく、到着ロビーへ。
その後、荷物をピックアップします。

余談ですが・・・
go!のHPのルートページを見ますと。
実線ルートと離島間を結ぶ点線ルートが書かれています。
これは、go! Express とかかれてますが、
この機体はもっと小さい機体です。
(多分・・・セスナ??)
スターブリテンのサイトに画像がありましたので、興味のある方は
こちらをご覧くださいませ。
http://starbulletin.com/2007/02/06/business/story01.html
運行は<Mokulele Airlines>がしているそうです。
また、go!は<Mesa Airlines>が運行。

さて、続きは帰りの便でのコトを少しばかり思い起こして
書いてみようと思います。

という事で、まだ つづく・・・

go!エアラインの予約と搭乗 その2



さてさて、続きです。
その前に少し前後しますが、ホノルル空港に到着しgo!カウンターへ行くまでの話。
入国手続きを済ませて荷物をピックアップ、個人出口へ向かう前に
<合衆国へようこそ>カードを渡しました、
それを見た係員の方が「おっと、go!エアラインならコミュータ側だから、
シャトルに乗ると良いよ。荷物も預けられるよ」と言って下さいました。
しかし、荷物が遅れて来るかも?という不安もあり、「自分で持って行きます、ありがとう」と
笑顔で返すとあちらも笑顔で「OK〜♪」と。
シャトルに乗るには上に上がらないといけません、それはそれで面倒なので、
ゴロゴロと荷物を引きずってコミューター側へ移動しました。
ずっと端っこにあるのですが、ゆっくり歩いても3分程度でしょうか?
それほど辛い距離ではありませんでした。

さて、チェックインを無事済ませて、セキュリティを通りゲートに入ります。


それほど広くない待合室は、椅子は沢山あります。
売店とバーのような所がありますが、充実感はそれほどありません(^_^;)
喫煙される方は、一旦セキュリティを出てチェックインカウンター前の道路を渡り、
島のような所に喫煙場所がありました。
(出る際は搭乗券とパスポートを見せます。)
待合室からはアイランドエアーやgo!の機体が沢山見えます。
写真はアイランドエアー、アイランドビューティ?ペイント機体(^_^;)


さて、搭乗時間です。
搭乗時間のアナウンスは10分前位にありました(-_-;)
ゲートにはgo!と大きく書かれたボードがあるので、間違えることはないですが、
色々な島へ飛んでいますので
<耳をダンボ>状態にして英語オンリーアナウンスを聞きましょう。
搭乗口(というか外に出る出口)にいる係員の方はしっかり搭乗券をチェックしてます、
そして機体へ乗り込む際には、自然と1行列が出来て指定された飛行機へ歩いて向かいます。
(行列の先頭にはなりたくないかも・・私 (汗))
去年、このgo!に乗る日本人は私達だけでした。(多分)


機体に近づいていきますと、色々な作業車がまじかで見れます。
遠くには、ハワイアンエアーのお姉さん横顔ペイントの羽がずらっと並んでいま〜す。
ブリッジは車椅子の方やご年配の方々にも優しい、ゆるやかなスロープ状になっていて、
機内へ入る所にはポロシャツ・短パンのCAさんがにこやかにご挨拶をしてました。
(といっても、かしこまった感じじゃなくてカジュアルな感じ)

go!の座席は自由席ですので、早いもの勝ちでございます。
残念ながら左側を取れず、右側(T_T)
皆さんが着席すると、直ぐにCAさんが飲み物オーダーを取りにやってきます。
お金を払って飲みたい人は飲むパターンなので、要らない場合は「No」と言いましょう。

go!の機体はCRJという機体。
これは成田→千歳間に飛んでいるIBEXエアラインと同じです。(他路線もあります)
乗り心地も良く、私的に好きな機体であります。
フッと座席ポケットに目をやりますと・・機内誌です。


あらっ、ジョントラボルタ様ではないですかヽ(^。^)ノ
サタディーナイトフィーバー、私、映画を見た後にサントラ盤を即買いしましたわ・・・
なんてめちゃくちゃ古い記憶が甦ったりします。

10分前に搭乗アナウンスがあって、スピーディーに搭乗完了。
なんと 殆どオンタイムで出発したのでした(@_@。
ある意味、無駄の無い動きでございます。
やるな・・go!さま・・

つづく…

go!エアラインの予約と搭乗 その1



アロハエアーの運行停止ニュース。
何度かネイバーへ行った際に乗ったエアライン・・さみしい限りでございます。
で、
現段階ではハワイアンとgo!がネイバーを飛んでいますので、去年体験した<go!エアライン>の予約から搭乗までをちょこっと書いてみようかと思いました。
これからgo!を利用される方の参考になれば幸いです。

さて、自宅PCにてgo!エアラインサイトにアクセスします。
http://www.iflygo.com/Default.aspx
今回・・久々にアクセスしてみてびっくらした事の一つ(前からあったかも?(-_-;))
左側ののところにさかさま▼マークがでちょりまして、言語を選択できるではないですかっ!去年はこんなの・・あったかしら??(ただの見落としかも)


上の画像は英語ページのルートページになります。

言語をJapaneseにすると、日本語で予約できるページが表示されますので、そこで日程などを入れて検索してみましょう♪
(日本語ページはとてもあっさりとした作りです
料金や時間帯などの候補がでるので、予約したい便名の前にチェックを入れてさきに進みます。
確認画面が必ず出てきますので、日付と時間はしっかり確認しましょう。
その後、先に進むと個人情報やカード番号などを入力する画面になり、予約は完了です。

完了画面はもしもの時のために、必ず印刷しておくことをオススメします。

予約が完了すると、直ぐに登録メールアドレスにメールがやってきます。
去年の場合は英文メールでした。


メール文面画像はこんな感じ・・
差出人が<PNR−・・>と書いてありますし、英文メールなのでスパムメール対策ソフトを入れている場合スパムフォルダに入るかも?なので、この点は充分確認しておくことが大切です。
これはE-チケット控えにもなりますので、これも印刷して当日カウンターで提示します。
(内容は英語ですが、充分読んで確認しておきましょう)

私は初go!だったので、ルートマップや空港の見取り図(カウンター位置)等等、英文ページの案内を沢山印刷して持参しました。(^_^;)

さて、当日
マウイ行きのgo!に乗りまする、ちょっと緊張です、なぜかと言うと・・殆ど英語オンリーだから(T_T)
(ホノルル空港のコミューター側は以前経験して、その恐れありと自己判断です(^_^;))
しかし、チェックインカウンターでE-チケット控えを笑顔でお渡ししますと、go!カウンターの方、控えを見ながら端末をポンポン叩き、チェックイン完了でございました。
カード決済は既に済んでいたので、カード提示も無く、パスポート提示だけ・・・
めでたく搭乗券を頂きましたヽ(^。^)ノ


↑これが搭乗券
預け荷物のクレームタグは搭乗券の後ろにペタリと貼って下さいました。

さっ、これでgo!に乗る準備は完璧〜♪
後は時間を待つだけよん〜

搭乗については、後日また・・