モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2014年4月

コナコーヒー農園便り5月号


201405 drying parchment

消費税が上がった。海外から見ると、日本の財政規律の欠如、無節操さには呆れる。たった3%の増税では、焼け石に水なのは誰もが知っているのに大騒ぎ。それに比べて、私のNY時代は随分税金を払った。所得税は国と州合計で48%。消費税は昔から8.875%。その上、郊外の家の固定資産税は年間約250万円。その大部分が地元の公立小中高校の教育費用に充てられる。健康保険料は年間300万円を半額負担。退職後は全額自己負担。健康保険料の安いハワイに引越してからでも年間72万円払っている。長生しようと思うと金がかかるのだ。さらに、昨年の水道代は年50万円。私のような水飲百姓でも金がかかる。かくも公共サービスは金のかかるもので、日本のように、サービスに金は払わない、税金は払わないでは、国民の借金は膨らむばかり。後の世代がかわいそうだ。

 実は3%という数字はコーヒー生産者にとっても、ちょっとした意味がある。コーヒーの生豆の適切な水分量はコナでは、州法により9% ~ 12.2%とされている。つまり、約3%の許容範囲がある。おそらく他の産地でも似たような基準があると思う。

 コーヒーの実は、収穫するとその夜に皮と果肉を取り除き、パーチメントの状態にする。これを乾燥させる。天日で9% ~ 12.2%に乾燥するには1~2週間程度かかる。乾燥の終盤には注意を要する。カンカン照りの日など、つい忘れて、半日も放っておくと、9%を下回ってしまう。うっかりゴルフにも行けない。

 乾燥具合は専用の機械で測る。穀物用の計測器で優れものだ。ほとんど誤差が無い。しかし、日々の作業では、いちいち機械で測るのは面倒なので、感覚で大体の水準を把握することもある。たとえば、生豆を噛んだ感触で測る。噛んで豆がグニャと押しつぶされてしまうと、水分が多すぎ。パリッと割れてしまうと乾きすぎだ。ちょうど良い力加減で豆が噛み切れるとよい。また、パーチメント一握分を両手に挟んで、すばやくこすり合わせると、堅皮がパリパリと弾けるように割れる。その手触りで判断する人もいる。中には手のひらに載せただけで、水分量が分かる人がいる。確かに、冷たいと分からないが、生温かい状態で手のひらに載せると、なんとなく手のひらに水分が感じられる。これで分かると言うのだからすごい職人芸だ。社長が来ると急にニコニコと揉み手を始める部長さんの手と同じくらい年季の入った職人の手だ。

 3%の範囲内に収めることは品質管理のうえで重要たが、一方、この3%は経営上の意味もある。同じ100ポンドの生豆でも、水分量12%の方が9%の生豆より、3%だけ豆が節約できる。文字通り水増しだ。だから、業者によっては上限の12.2%に近づけようとする。3%は侮れない。生豆が3%節約できれば、利益率が3%も改善する。日本では消費税が3%上がるだけで3月中にトイレットペーパーを買いだめしたり、4月以降の消費への影響が心配されたりの騒ぎだ。単に小売価格が3%上がるだけの話である。しかし、利益率が3%も違うとなると、生産者にとっては経営上の大問題だ。

 私の農園では許容範囲の真ん中の10.5%を目標にしている。生豆は100ポンド入りのずた袋に入れ、さらにそれを気密性のビニール袋に入れ飛行機で日本に送るので、緑色のきれいな生豆が新鮮なまま届く。しかし、多くの産地では、熱帯の港の倉庫に留め置かれ、さらに船で海の上を長い時間かけて日本に行く。もちろん、気密性の袋には詰めない。熱で豆が痛んだり、水分量だってどう変化するか分からない。産地で上限ギリギリの水分量だったものが、途中で水分を吸って、カビが生えることだってある。そういう意味では上限ギリギリにしたい生産者の“経営努力”があだとなる場合もある。

 

コナコーヒー農園便り4月号


201404SCAG2

 「桜の樹の下には屍体が埋まっている!これは信じていいことなんだよ。何故って、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。俺はあの美しさが信じられないので、この二三日不安だった。しかしいま、やっとわかるときが来た。桜の木の下には屍体が埋まっている。これは信じていいことだ。」梶井基次郎はこの短編小説のなかで、醜(死)と対比させることで、美(生)を鮮烈に描写している。私も若い頃、夜桜見物に行って、公園の明かりの下に満開の桜を見た時に、本当にそんな怪しい気がした。

 コナのコーヒーも今が花の季節。白い花が満開に咲くと、コーヒー畑全体が白く見える。まるで雪が降ったようで、これをコナスノーと呼ぶ。桜に負けず美しい。ハワイにはソメイヨシノはないので、昔の日系移民は、コーヒーの花で花見をしたそうだ。  

 よく人から、農作物を育てると、心が癒されるでしょうと問われる。確かにそうだ。しかし、よく考えると、農業は殺りくの繰り返し。選ばれた物だけが育てられ、選ばれなかったものは排除される。私の畑ではコーヒーの木と下草の芝生が選ばれし植物で、それ以外は雑草とみなされ皆殺しだ。哀れ雑草たちは自分を雑草とは思っていないだろうが、お構いなし。芝刈り機トラクターでガンガン刈る。刈られた雑草の死骸はやがて腐敗し栄養素に分解され、コーヒーの木の根がそれを吸い取る。そうやってコーヒーが順調に育っていくのを見ると、心が癒されるという構図だ。罪なものだ。

 4年前にCBBCoffee Berry Borer)という害虫がコナに上陸した。中南米ではブロカとも呼ばれ、コーヒーの大敵だ。世界中のコーヒー産地に存在し、地理的に隔絶されたハワイにはいなかったのだが、ついに来た。コーヒーの実に50-100個の卵を産み、実の中で成虫し、5週間で世代交代する。5週間で50倍と仮定すると、10週間で2,500倍、6ヶ月間で3億倍の計算になる。何も対策を採らずにいると畑は全滅する。近年コナコーヒーが品薄になったのはこれが原因。コナではBeauveria Bassianaというカビの胞子を散布する。これは自然界に普通に存在する白カビの一種で、昆虫類に取り付き昆虫を殺す。コナの農家は皆このカビをまいて害虫と戦っている。

 私の畑はコナコーヒー農家700軒の中で、この害虫の被害率が最も少ない。その理由は、カビの散布以外にも、春から秋にかけて、5週間に1度の割合で、畑の中の全ての木の、全ての枝の、全ての実を見て虫食いの実を取り除くからだ。2エーカーの畑には1千万個以上の実があるので、根気と忍耐力を要する手作業。こんな事をするのはうちだけで、他の農家からはクレージー扱いだ。これまで何人か雇ってやらせてみたが、誰も二度と戻ってこない。私は子供の頃からクラブ活動で無意味なしごきに耐え、日本企業のサラリーマンという常軌を逸した忍耐力が求められる経験をかいくぐっているので、この作業がこなせるが、ハワイの普通の人にはなかなか難しい。

 私はコナで一番まじめに害虫と戦っているわけだが、虫の側から見れば、とんでもない悪党だ。もし、この虫が進化し文明を持ったら、私は即、逮捕され、裁判で間違いなく死刑だ。実の中に卵を100個抱えた雌が50匹いたら、その実を一つ取っただけで5,000以上の命を奪っている。それを何千個も取る。いくらコーヒーを守る為とはいえ、妊婦の大量虐殺では虫の裁判官閣下や陪審員の心証はすこぶる悪い。情状酌量の余地はない。

 虫に気の毒なので、「虫の進入禁止」の張り紙を畑に掲げ、虫の自己責任を喚起したが効果はない。どうやら日本語が読めないようだ。次回は英語にしてみよう。

 多くの生命の死を経て、あのなんとも美しい香味を持ったコーヒーが生まれる。これは信じていいことなんだよ。