モーハワイ☆コム

カテゴリー:デング熱

ハワイ島でデング熱流行 僕のせいじゃありません Part 3


201512 Cameleon201512 net

デング熱の広がりがとまらない。

146人の感染がハワイ島で報告されている。

うちはノースコナの北端で、感染数が少ない地域だが、ここから20キロほど南のサウスコナのコーヒー畑ではメキシコ人のピッカーたちにも感染者が出ているらしい。

州の衛生局の役人がホノルルから来たときには、都会っぽい洗練された服装と立ち居振る舞いで、田舎の我々には、立派な専門家が来てくださったのでこれで安心と思ったものだが、彼らではまったく手に負えず、ついに世界保健機構とCDC(連邦政府の専門家)も投入された。

畑の中は蚊がいっぱい。長袖・長ズボンで、顔に大量の虫除けクリームを塗っても一日に顔に数箇所、多いときは10箇所ぐらい刺される。特に涼しい朝夕に多い。気温の上がる昼間には少なくなるが、コーヒーの木の中に頭を突っ込んでコーヒーを摘んでいると、木の中の奥まったところの葉っぱの上に隠れている蚊と目が合ったりする。お休みのところすみません。パチン!

蚊に刺されないように顔にネットをつけて摘んでいたところ、何かがネットの後頭部に引っかかっている。枝かと思って手で振り払おうとしたら、「キュー」と鳴く。よく見たらカメレオン。角が生えているので雄。こんな所で捕まってないで、たくさん蚊を食べてくださいね。

さて、私がデング熱で入院したのは6月。ハワイ島での栄えある第1号だ。デング熱にもウィルスのタイプが4つあり、私が罹ったのも、今回流行しているのも同じタイプ1。もしや?と心配していた。

州政府の発表によると、今回流行しているウィルスはフレンチポリネシア(タヒチなど)からのものと判明した。私が感染したのはブラジル。晴れて、犯人は私ではないと科学的に証明されました。別に、めでたくもなんともないけど。

ハワイ島でデング熱流行 僕のせいじゃありません! Part2


201510 Mosquito

ハワイ島でデング熱が流行している。先日のデング熱に関するタウンホールミーティングがコナで開かれた。

ホノルルから、衛生局の専門家たちが来た。まるで雰囲気が違う。衣服もそうなんだが、なんか雰囲気が都会っぽくて、コナの人とはまるで違って見える。ハワイ訛りはないし。われわれ地元の人間ときたら、田舎丸出しでのんびりしている。第一、市長が一番訛ってる。

そんな中で、ヒッピーの人で、「最初にデング熱を持ち込んだ犯人は誰だ? どうしてまだ特定できないんだ」と、さかんに衛生局のスタッフを責立てる人物が現れた。犯人を捜して何の役に立つのかさっぱりわからないが、非難する相手を見つけることに情熱を傾ける人が、あの年代のあのタイプの人にとても多い。コーヒー農家の集会でも、彼らが発言を始めると非難合戦で収集がつかない。

また、別のヒッピーは「発病者をちゃんと隔離して、かぎ掛けて出てこれないようにしろ。私が罹ったら困るんだから!」と絶叫している。「発症者はとても苦しいので、彼らが町に出歩くことはありえない」と、専門家が説明しても、まったく収まらない。

私なんか、以前にデング熱を発病した際には、熱と全身の痛みとだるさで、ベッドから出られなかった。5メートル先のトイレに行くのも難儀だった。絶対に家の外には出かけられない。病院でもタイロノールを飲んで点滴を打ち続け、温めた毛布を7枚もかけても、寒さにガタガタ震えるばかり。デング熱には治療法がなく、体力をつけ、体がそれと戦うしかない。

また、このミーティングを待ってましたとばかり、自分の製品を売り込もうとする人が現れ、長々と演説を続ける。小さなコースターぐらいの薄っぺらい磁石を二枚持ち出し、これを頭の両端につけると、体の中からデング熱のウィルスが逃げていくと力説する女性。また、このユウカリの木から抽出したエキスを飲むとデング熱が治ると売り込みをかける男性など。

同席していた医者や専門家たちは目をグルグルさせ、お互いを見詰め合い、笑いをこらえ、いつまでも続く彼らの演説を止たが、面白いのでもっと続けてほしかった。デング熱がこれまで存在せず、その知識の蓄積のないこの小さな村で、発生後たった数週間で、それだけの商売を考え付くというのは、なかなかたくましい。ガマの油売りくらいの芸があれば、もっとよかったのに。

デング熱患者の数は級数的に増えている。一人が二人に、二人が四人に、四人が八人に、八人が十と六人に、、、さあーて、お立会い!

 

 

ハワイ島でデング熱が流行 僕のせいじゃありません!


 201510 Mosquito
6月にデング熱にかかった際の顛末を、以前このブログに記した。


そして、今、デング熱がこのハワイ島で流行している。

もともとハワイ州にはデング熱はなく、観光客が発病するか、私のように海外渡航者が帰国後に発病するだけだったが、今回はこのハワイ島内で感染する人が続出している。

今年に入って、デング熱を発症した人はハワイ州で33人に上り、この数字は毎日増加中。

昨日は、コナでタウンホールミーティングが開かれ、州の衛生局が来て、現状の説明と対策について説明した。

昨年の日本の代々木公園のようにハワイ島内にウィルスを持った蚊がいるのだが、その場所が特定できていない。日本と違って、常夏の島なので、蚊がいなくなる季節がない。このまま放置すると、デング熱がハワイ州に土着してしまう。楽園ハワイとしては、絶対に早期に押さえ込まなければならない局面だ。

また、今回の流行の原因になった人物も特定されていない。4つあるデング熱のタイプのうち、今回流行しているのはタイプ1。私がかかったタイプと同じだ。

まさかと思い、衛生局の専門家に「すまねえ、犯人はあっしかもしれねえ」と自首したところ、「あなたの場合はすでに5ヶ月が過ぎているので、今回の流行はあなたが原因ではない」と、無罪放免となった。

よかった。私のせいじゃなくて。それに、私はタイプ1の抗体はすでに獲得しているから、どんなに大流行しても、もう罹る心配もないし。はい、自分さえよければ、それで結構です。皆さんお気をつけて。

 

 

デング熱 死の覚悟の値段


6月上旬にデング熱で入院した。もう、すっかり回復した。ご心配をおかけしました。

さて、デング熱で入院した際には、最初にハワイ島の病院では黄熱病の疑いありという診断を受け、ホノルルの大病院へ小型ジェット機で搬送された。もし、黄熱病であれば、ハワイでは初の症例となるらしく、病院や医師たちは興奮気味であった。

小型ジェット機でホノルルの飛行場に到着し、ジェット機から救急車に乗り換える際に、ホノルルの救急車のスタッフは、病院にメディアが詰め掛けて黄熱病患者の質問をされると困るので、ハワイ島から同行してきて、患者(私)の様態に詳しいハワイ島のスタッフに同乗してくれと頼んでいた。「えー。病院に着いたらテレビに映ちゃうの?今日はちょっと顔色が悪いから嫌だなあ」と思いながら熱でブルブル震えていると、病院に到着した。メディアはいなかったが、警察官が待機していた。さすがは、致死率6割の黄熱病。

救急車から降ろされ、隔離病室へ担ぎ込まれたあと、入院の手続きのために事務員が来て、様々な質問を受けた。輸血に必要な書類にサインをした。意識がなくなった場合に備えて、妻を代理人に指定するサインもした。次に、チャップリンと話をしたいかと聞かれた。私のつたない英語の知識ではチャップリンというと、映画のチャーリー・チャップリンしか思い浮かばない。ちょび髭、山高帽にステッキを持った人が入ってきて、慰問のパフォーマンスでもしてくれるのかと思ったら、チャップリンとは病院にいる牧師のことらしい。

その時は、よく意味も分からず、私はキリスト教徒ではないのでとお断りをした。退院後、よく考えると、あれは、高熱にうなされた致死率6割の黄熱病を疑われている患者に対して、何か言い残すことはないかと問われたのだ。あそこは、死を覚悟する劇的な場面だった。でも、本人はまったくその気はなく、チャーリー・チャップリンのことしか頭に残っていない。

 

さて、今回の入院に掛かった費用の請求が来た。総額で85,000ドル(1千万円以上)。救急車とジェット機による搬送が64,375ドル(約790万円)。入院費が16,000ドル(約200万円)。その他、薬代や医者への支払いなど諸経費が嵩んだ。アメリカは国民皆保険制度ではないので、個々人が医療保険を購入する。私の加入しているプランは夫婦で月額700ドル(約8万6千円)を支払いをしている。これでもハワイは安い。NY時代はこれが月額2,200ドル(約27万円)だった。今回の医療費総額85,000ドルのうち、私が負担するのは5,500ドル(約70万円)。差額は医療保険会社が面倒を見てくれた。オバマケアによって、医療保険加入は義務となったが、未だに未加入の人は多い。実際に医療保険に入っていなければ、おちおち病気にはなれない。医療は、かくも費用の掛かるものである。日本人は海外旅行する場合は、必ず、旅行保険を買ってください。

さて、それに比べて日本の医療制度である。日本の医療制度は、実にのん気だ。救急車は無料だから、タクシー代わり。(私は790万円も払ったのに。)その上、病院もお手軽に行ける。しかも、入院期間が長い。アメリカに比べると過剰医療だ。アメリカは命の危険がない限り、入院はさせてもらえない。癌の開腹手術だって、入院は手術の3時間前。術後は様態が安定したら数日で退院。後は自宅療養。医療保険会社がコスト削減の為に過剰医療を牽制している。つまり、医者が無駄な医療をしたら、医療保険会社が払ってくれない。日本の様に、いつまでも入院していたら、費用が嵩むばかりだ。

ちなみに、トヨタの米国人役員が鎮痛剤のオキシコドンを日本に持ち込み逮捕され、彼女は職を失った。アメリカでは意外感をもって、報道された。「エー?なんで?オキシコドン飲んだら逮捕されちゃうの?」という感じだ。手術後、アメリカでは、痛かろうがなんだろうが、命に別状がなければ、オキシコドンやハイドロコドンなどの強力な鎮痛剤を処方され、家に帰される。私だって、オキシコドンぐらい飲んだことがある。膝のじん帯移植手術後に処方された。もちろん、入院はさせてもらえず、近くのホテルに数日泊まって通院した。

 それでもって、日本の医療は自己負担額はほとんどない。ただみたいなものだ。当然、健康保険組合は赤字。国家の財政赤字に付回される。結局、ほとんど、ただ同然で入院して、実際の費用は将来の世代が負担することになる。はっきり言って制度が壊れているが、それを直そうという気運は高まらない。国民皆保険制度を採用している北欧諸国だって、国民の健康を守る義務は国家にあるが、その国家を財政的に守る義務は国民ひとりひとりにあることが常識として国民によく理解されている。金は払わないがサービスは欲しい、負担は将来の世代に先送りだなんて無責任なのは日本だけだ。ギリシャなんか、日本ほど財政事情は悪くないのに、いろいろ改革しようと議論している姿を見ていると、責任感が強いなあと感心する。    

デング熱その後


201506 Spider lily2

201506 Spider lily
ハワイ州保健局の職員の指示に従って、写真のように、家の周りに沢山あったGiant Spider Lilyを切った。葉っぱの根元に水が溜まり、蚊の発生の原因となる。蚊はデング熱の媒体である。

 

退院1週間後の血液検査の結果が出た。相変わらず、肝機能の数値は悪く、白血球・血小板も足りない。毎日9時前には疲れて寝てしまう。毎日10時間は寝ている。

 

先週水曜日に一日かけて、畑の雑草の刈り取りを行った。久々の農作業で疲労困憊。翌日は全身疲労と筋肉痛が重なり、朝からヘトヘト。腰が立たない。ところが、その日は、ブラジル旅行の前から予定していた遠方からの友人とのゴルフ。恐る恐る出かけてみた。スコアーはボロボロだったが、カートで18ホールを回ることが出来た。病み上がり後のゴルフは格別に嬉しい。よく妻はディナーの後に、ケーキは別腹と言うが、私の場合はゴルフは別腰なのだ。ところで、今年のUS Openで病気にも関わらず最後まで優勝争いをしたJason Day の頑張りには共感できた。Dustin Johnsonの最後のパットは気の毒すぎる。

 

さて、数年前にWHO(世界保健機関)が発表したデング熱患者の血液検査の調査を見て驚いた。デング熱のウィルスに感染しても発症しない人、軽度の発症のある人、そして、デング・ショック・シンドロームといわれる重度の発症患者に分けて、肝機能の数値を示している。これによると、私が入院・退院した頃の肝機能の数値は重度のデング・ショック・シンドロームの数値を遥かに超えている。相当あぶない状況だったらしい。医者もあの数値でよく退院を許したものだ。肝臓の状況からすると、まだ、入院していた方が良いとは言われたが、とにかく私は家に帰りたかった。

 

農作業やゴルフを始めた今でも、肝機能は重度の範囲に入っている。退院時よりは数値は3分の1に下がったが、入院時よりも3倍高い。いまだに重症ということらしい。回復期の疲労は大敵らしいので、畑仕事は1日4時間以内に抑えて、ぼちぼちやっている。重いものを持ち上げると、右のわき腹が痛む。医者が肝臓が腫れていると言っていたことを思い出すと、余計に、わき腹が痛む気がする。気にしないようにしている。

 

デング熱には4種類あり、私が罹ったのはタイプ1。めでたくタイプ1の免疫は獲得したが、違うタイプの免疫はない。しかも、次に違うタイプに罹ると、初めて発症する場合よりも重篤になるらしい。ハワイにはデング熱のウィルスを持つ蚊はいないとされているが、万一の事を考えて、蚊に刺されないようにする必要がある。前述のようにGiant Spider Lilyも切った。

 

しかし、従来から畑仕事をしていると、顔中を蚊に刺される。もう、慣れっこになっているが、それではいけない。虫除けスプレーやクリームを顔に塗って、蚊に刺されないように注意が必要。

 

農作業をしていない時でも安心はしていられない。家でゆっくり読書をしている時に、妻にいきなり顔をひっぱたかれた。めがねが飛んで歪んでしまった。顔に蚊がとまっていたと彼女は主張するが。。。。。。

 

 

 

ブラジル旅行顛末 2015年6月 デング熱


201506Queen hospital
5月19日から妻とブラジルへ行った。友人と会い、その後、コーヒー農園視察ツアーに参加した。コナとブラジルでは気候が随分違うので、コーヒーの生産の仕方も違ってくる。それぞれの気候にあった生産の方法があり、とても興味深いものであった。

 ブラジルといえば、フルーツと肉。そこで、毎日の食事もフルーツ、肉、フルーツ、肉、フルーツ、肉、肉、肉、にく~、というような食生活を続け、無事ツアーは終わった。

5月31日に帰国。ところが、帰国直後から、体中が痛く、食欲がなく発熱が続き、寝込んでしまった。

 緊急病院に行こうかと思ったが、アメリカの病院では39.4度以下(103度)は受け付けない。実際、NYに住んでいたとき、高熱が出たことがあった。東京へ出張する前日。たまたま、飛行機の席がファーストクラスにアップグレードされた。生まれて始めてのファーストクラス。これを逃すわけにはいかないと、無理をして出張の準備を進めた。夕方、家に帰ると熱が40度を超えた。さすがに、病院に行った。すると、待合室で3時間以上も放って置かれて、ついに熱が41度を越え42度に近づいている。倒れて歯をガチガチいわしていたら、やっと看護婦がやってきて、「どうしてもっと早く来なかったの?」などと言われながら、中に入れてもらった経験がある。うわごとのように、「明日のファーストクラスには乗れますか~?」と医者に質問していたらしい。当然、出張はキャンセル。うかつに病院に行って酷い目に合った経験がトラウマになっている。

 6月4日に、耐え切れずに、病院に行った。体中が痛くて、下痢と熱があり、しかも、咳がでない。これはただのインフルエンザではないと感じていた。

検査の結果、高熱のうえ、白血球と血小板の減少に肝機能の低下があり、なんらかのウィルス性疾患で、中でも、黄熱病が疑われるとの診断だった。

ほとんど体の抵抗力がなくなっており、輸血が必要なほど危険な状態だったので、急遽、その夜に、ホノルルの大きな病院へエアー・アンビュランスで空輸された。

もし黄熱病ならハワイ州で初の症例だと医者たちは少し興奮気味。

飛行機のパイロットと看護師も黄熱病の予防接種を受けている人を非番にもかかわらず呼び出して運んでもらった。

ハワイ島のワイメア空港まで救急車で運ばれ、そこから小型機でホノルル空港へ。飛行機の中は集中治療室のような設備。ホノルル空港へ着陸する際には、私の乗った小型機は最優先で滑走路へ直行。その間、大勢の観光客を乗せた大型飛行機が飛行場の周りを何機も待機・旋回しているのは壮観であったと妻は言うが、私は担架の上で、ガタガタ震えているだけで何も覚えていない。

ホノルルの病院では、すわ、黄熱病かと、隔離病棟が用意され、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)の役人までが待機していた。

珍しい患者だということで、連日、次から次へと、医者やインターンや医学生が見にきて、はっきり言って、人生で今が一番人気者という状態。

何人の医者の訪問を受けたかは、覚えていないが、どの医者も病室に入ると「君かあ、珍しい患者というのは」と言いながら同じ質問をしてくるので、こっちは閉口気味。

でも、こんなに人気があるなら、小学校の図書館にある子供用の偉人伝の本になって、野口英世の隣に置いてもらえる日も近いかもと、高熱で薄れる意識の中で思ったものだ。

 3日ほどたつと熱も下がり、だいぶ楽になった。マスクをすれば、病室の周りを歩いてもよいとのお許しが出たので、散歩に出かけた。廊下を挟んで隣の部屋には屈強な付き人が付いているのでよっぽどのVIPがお忍びで入院しているのか。隣人に恵まれたと思っていたら、彼も散歩に出てきてビックリ。足に鎖を付けて手錠をかけてのお散歩。どうやら、刑務所で心臓発作になって、運ばれてきたらしい。

 8日の晩になって、検査の結果が出て、デング熱と診断された。なーんだ。デング熱ならハワイでも年に2~3人は発症するわ、と、急に人気がなくなった。白血球も血小板も正常値に戻った。肝臓の数値は一向に改善されないが、デング熱ならば大丈夫と、9日には、退院することになった。退院する際に担当の伝染病専門医が、とっても嬉しそうな顔で部屋に入ってきた。私が急速な回復を遂げたことが、そんなに嬉しいのかと思ったら、「ハワイでは、デング熱は年に2~3人くらいしか発症しないのに、今日、これからまた一人デング熱患者が搬送されて来るんだよ。今度はタイからの帰国者だって」と、とても嬉しそう。 

 そして、ハワイ島に帰ってきた。いまだ、体中、湿疹だらけだが、もう熱はない。肝臓の回復は遅れているが、徐々に回復するらしい。1~2ヶ月程度は疲れが残るらしい。すでに、蚊に刺されても他に感染する可能性はない。うちの農園が、代々木公園のように閉鎖されることはないだろう。それでも帰宅翌日には衛生局の検査官が3人もやってきて、蚊やぼうふらが湧いてないかの検査をしていった。近所の家々にも訪問して注意を促したようだ。だから、デング熱は近所にすぐばれた。

 黄熱病もデング熱も蚊が媒体で感染する。ブラジル旅行中は長袖、長ズボン。半そでの場合は虫除けのスプレーをして、虫刺されには充分注意をしていた。事前に肝炎と腸チフスの予防注射をしていったし、サラダや生水は避けていた。ところが、実はブラジル旅行の始めの頃、5月24日にサンパウロのホテルの室内ジムで運動中に蚊に刺された。それが刺された唯一だ。うかつにも半ズボンをはいた。サンパウロではデング熱が大流行、100人に1.5人の割合で感染するほどの大流行だそうだ。それでも、ブラジル滞在中は発症せずに済んだ。実際に感染しても8割くらいの人は発病しない。ところが、さすがに、帰りの22時間のフライトは体にこたえたようだ。帰国直後から体調が悪化し、今回の顛末となった。とっても貴重な教訓となった。何が教訓って、健康のためにジムに行くのも命がけということ。ちがうか。。。

 しばらくは自宅療養します。