モーハワイ☆コム

アルフリーダ・フジタさん


201708 Alfreida
ノースコナの村ホルアロアに観光客に人気の土産物店キムラ・ラウハラ・ショップがある。ラウハラという植物の葉で編んだ帽子や鞄などを売っている。そこの主のアルフリーダ・フジタさんが7月16日に亡くなった。享年90歳。土曜日の午前中に急に具合が悪くなり翌日の午前中に静かに息を引き取ったそうだ。

アルフリーダさんはこの農園便りにもよく登場する日系人コミュニティーのリーダーのモーリス・キムラさんのお姉様。日系3世で流暢な日本語を話す。コーヒー農園で生まれ育った。コナコーヒーの歴史の生き字引で、私も度々お話を伺った。

彼女の祖父母は1894年に山口県大島からハワイ島へ移住してきた。祖父母はコーヒー畑を営む傍ら、キムラストアーを開き、近所の農家に雑貨を提供した。農家はツケで日用雑貨を買い、収穫時期にコーヒーの実をキムラストアーに売って支払いに代えた。そうしてキムラ家は近隣農家のリーダーとなった。畑も買い増した。標高の高い畑ではコーヒーを、標高の低い畑では綿花を育てた。余った綿で座布団や布団を作り店でも販売した。また、ラウハラの葉を編んで帽子や籠などの日用品を作り販売した。戦後、三世の時代になると日系人は社会進出を果たし、コーヒーに生活を頼らなくなった。キムラストアーもラウハラ製品に特化して観光客相手の商売に変化していった。

キムラ家は繁栄し、親戚が百人近くいる。既にコーヒー栽培から手を引いているが、キムラ家の初孫(三世)のアルフリーダさんはキムラ家発祥の地で築100年を超す店を守ってきた。彼ら一族のパーティーに招待されると、今は高齢の三世たちはコーヒー摘みは辛いので二度とやりたくないと、新参コーヒー農家の私はからかわれる。しかし、一族最年長の彼女は、コーヒーがあったからこそ、一族がこの世に存在すると笑顔を絶やさない。長年コナコーヒーフェスティバルの役員を務め、コナコーヒー業界の重鎮だった。

キムラ家の人々はコーヒーは辛いが綿花摘みに比べればましだと語る。標高の低い綿花畑は暑い。炎天下で腰をかがめての作業は辛かったそうだ。花弁がとがっていて擦り傷が絶えない。彼女は子供の頃、叔父叔母たちが黒人奴隷の詩を歌いながら綿花摘みをするのを手伝った。歌詞の意味は分からないが一緒に歌うのが楽しかったそうだ。早朝暗いうちから作業を始めるとコオロギの音がきれいとか、朝日に真っ白に輝く綿花が美しいなど、苦しい生活の中の楽しい部分をよく覚えていて皆に語る。そういう明るい人だった。

1941年12月7日以前の日系人の子供達は平日はアメリカの学校へ行くかたわら、夕方は日本語学校に通った。土曜日はShu Shin(修身)の授業。親らはアメリカの学校よりも日本語学校での成績が良いと喜んだらしい。平日はアメリカの価値観を、夕方と土曜は日本の価値観を学ぶので、こんがらがったであろう。まして、ある日を境に突然敵国になってしまい、差別もされた。アルフリーダさんはそういう時代に育った。それでも日本人に親切に接してくれる。日本人の中に自分の両親・祖父母の面影を見るからだろうか。コナの日本人で彼女を知らない人はいない。誰もがお世話になった。我々日本人の心は昭和を経て平成に変わっていったが、明治に移民した祖父母に日本の心を教わった彼女は、まるで明治のままのようなところがある。

昔はこういう日本びいきの方々が多くいた。日本人が観光地としてハワイを好きになったのは、ひとつには彼ら日系二世・三世のお陰だ。彼女より10年若い世代は少し違う。戦前の修身教育を受けていない。まして、四世になると日本語を話さない。

日本びいきの米国人がまた一人逝ってしまった。

珈琲と文化夏号の原稿


201707 coffee culture

珈琲と文化の2017年夏号に拙稿が掲載されました。米国の移民排斥とハワイ農業の労働者確保に関してです。HPに転載しました。ご笑覧ください。
http://yamagishicoffee.com/index.php/letters/archives/178

コーヒー豆の乾燥


201707 coffee drying
今年最初の収穫を乾燥中です。
皆様が飲むコーヒーを踏んづけています。
でも、大丈夫、パーチメント(固殻)の上からです。ちゃんと出荷前に精製所でパーチメントをむきます。
靴下も毎日洗っているし。

コーヒーの収穫が始まった


201707 picking
いよいよコーヒーの収穫が始まった。
第一ラウンドは375ポンド。
今シーズンの収穫予定の0.75%を消化した勘定。

ヒアリ


201608 ant
最近ヒアリのニュースを目にする。 聞きなれない単語で何かと思ったら、ヒアリとはFire Antのこと。なるほど、 そのまんまの訳じゃん。
Fire antはコーヒー畑でも大きな問題。刺されると痛い。何日も痒くて痛い。
Fire antにも多くの種類があって、今回日本で話題なのはRed imported fire antらしい。これはハワイにはいないと思うが、Little red fire antという強烈な種類が十数年前にヒロ方面に上陸して問題になっている。犬など目を刺されると失明する。人にも危険。コナ側に拡散しないよう様々な予防処置が講じられている。その一環で、農家はハワイ大学のアリ博士の講義に行かなければならない。博士は臭いを嗅いだだけでどの種類か分かるそうだ。

暑中見舞いの冷えた水出しコーヒー


201707 icecoffee
日本は暑いそうですね。お見舞い申し上げます。

常夏のハワイも7月は普段より暑い。試しに、冷たい水だしコーヒーを作ってみた。

普通に熱湯で淹れる場合は水500ccに対して 35gの粗挽きにした粉を使うが、水出しの場合は、中挽き(普段より少し細かめ)に挽いた粉を使い、量も少し多めに。氷を浮かせて飲みたい場合は50gぐらい。

ポットに水と粉を入れて、かき回して、冷蔵庫で一晩寝かす。

飲む前に紙フィルターで漉す。その際、最後の一滴まで漉すのではなく、9割くらい漉したところで止めるのがコツ。

風鈴を吊るすのも忘れずに。

私どものコーヒーでやってみたら、すっきりとした味わいでした。

RKBラジオとKZOOラジオで私どものコーヒーが紹介されます。


ラジオで山岸農園のコーヒーが紹介される予定です。

福岡県とその周辺地域をカバーするRKBラジオとハワイのKZOOラジオの共同番組『ハワイホットウェーブ〜もっと気軽に世界人」

RKBラジオでは、7月9日(日)夕方6時15分から、

KZOOラジオでは、7月11日(火)夕方5時半から

放送されます。15分間番組です。どうぞお聞きください。

コーヒーQグレーダーの試験から1年


201707 cupping1 201707 cupping2
CQI(Coffee Quality Institute)のQ Graderの資格を取ってから1年になる。ホノルルで行われた3日間の実習研修と、それに続く3日間に渡る20の試験を受けた。これはコーヒーのカッピング(官能評価)の技術を取得するもので、合格するとSCAA(Specialty Coffee Association of America)の評価基準・手順に従って、コーヒーを鑑定する資格を持つ。

 集中力を要するストレスフルな試験で苦しい体験だった。一度つまづくと、そのストレスに耐えられず、雪だるま式に転げ落ちていく感じがした。リタイアして10年、あれほど苦しい体験はない。嗅覚と味覚で感知してそれを言語で表現するなんて、そんな脳の使い方をしたことがない。完全にクラスの落ちこぼれ。今までの人生では銀行員、ウォールストリートバンカー、週末ゴルフという脳の使い方をしてきたのだ。カッピングには全く役に立たない。

体験者のアドバイスに従い、期間中はアルコールや極端に脂っこいもの、甘いもの、しょっぱいもの、辛い物を口にしないようにした。他の参加者の中には、期間中は刺激の少ない歯磨き粉を使用する人もいた。

実習研修3日間、試験3日間の計6日間の長丁場。体調管理が重要。いかにリラックスして、カップに向かった瞬間に集中力を発揮できるかが勝負だ。疲れがたまっては負け。

毎日、夕方以降はコーヒーの事を一切考えないようにした。ホテルのジムで1時間運動して、コーヒーのことを頭から追い出す。それでも、連日3時間ぐらいしか眠れない。カッピングの夢にうなされ、一度目が覚めるともう眠りに戻れない。

極めつけは4日目、つまり試験初日が終わった夜。初日は何とかすべて合格したが、ストレスは限界に達している。長い一日でヘトヘト。それでも試験はあと2日もある。

今日こそは熟睡したい。夕方ジムで1時間汗をかき、サウナに入りさらに汗をかき、脳を休めることに専念した。さらに、ジムの後にはマッサージ。一日をリラックスして終わらせるには完璧なシナリオ。うつ伏せになりマッサージを受けた。気持ちいい。カッピングを頭から追い出そうと”Drive it away, drive it away.”と念じると、だんだんリラックスしてきてウトウトし始めた。すると、突然マッサージ師が強烈なハワイ訛りで

  “Do you like cupping?”(カッピングは好きですか)と訊いてきた。

“What!???”せっかくカッピングのことを忘れようとしているのに、一体全体この人は何を言い出すのだ。続けざまに、

“Did you do cupping?”(カッピングしたのですか)と訊いてきた。

当惑しながらも、「ええ、何度もしましたけど、どうしてわかるのですか?」と問い返すと、「だって背中に跡があるから」。ようやく事態が飲み込めた。この地獄の特訓コースの直前に体調を整えるために鍼灸治療に行った。鍼、マッサージの他に吸い玉(カッピング)をしてもらったのだ。その丸い跡が背中に残っていたらしい。

“Does cupping work for you?”(カッピング(吸い玉)は効きますか?)

“No, it did NOT work for me today at all!”(今日の(コーヒー)カッピングは、まったく上手くいきませんでした。)

“Oh, how come?”(えっ、どういうこと?)

“Never mind. I’m just talking to myself.”(独り言です。ほっといてください。)と会話が続いた。その夜はほとんど眠れず、翌日の午前中の試験は全滅。最終日に追試となった。

http://yamagishicoffee.com/

コーヒーの実が赤くなり始めた


201706 red cherry
昨年の11月下旬に最初のコーヒーの木の開花があった。8か月後の7月下旬から収穫シーズンが始まる勘定。

ところが、既にコーヒーの実が赤くなり出した。これらは摘んで破棄する。早く熟しすぎ。もっと、ゆっくり時間をかけて赤くなってほしいから。

http://yamagishicoffee.com/

マカデミアナッツ堆肥


201606 macnut1 201706 macnut
マカデミアナッツの殻を買った。コーヒー畑に撒く。一年間に収穫する実の有機物に相当するマカデミアナッツの量はトラック一杯分。それを畑に投入すれば、有機物の量はバランスする。少し多めにトラック2台分を買った。

発酵して水蒸気が立ち上る。触ると熱い。

外部から堆肥を持ち込む問題点は雑草の種や蟻やナメクジなどの望ましくない生物が紛れ込んでいること。去年もマカデミアナッツを買った際には蟻と野生のニガウリ(実が小さく食べられない)の種が入っていた。蟻とそれに共生するカイガラムシの被害が出たり、つる性のニガウリがコーヒーの木に絡みついたりと問題も出た。

今年は悩んだ。しかし、土に栄養を与えなければならない。今年も投入することにした。しばらく放置して発酵を進める。発酵の熱で中の害虫や種を蒸し焼きにしてしまえば被害は少なくて済むと思う。やりすぎて発火したという話も聞いたことがある。