モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2015年7月

アイナハイナ沖のサーフポイント


aDSC_2390

アイナハイナの沖には波乗りポイントがあります。
毎朝、ローカルサーファーが沖までパドルアウトして行きます。
長い距離をパドリングしないとポイントにたどり着かないけど
波を独占できるのでいいかも。

aDSC_2406

キッズサーファーも毎朝ここへ来てました。
この環境で毎日波乗り出来るなんて、羨ましい話。
でも、ここではそれが普通なんですね。

aDSC_2415

ワイアルアのピックアップ


aDF0_5940

かつて砂糖きび畑で活躍したであろうフォードのピックアップ。
ワイアルアというハワイの田舎町にはオールドハワイがまだ少し残ってる。
個人的に大好きな場所のひとつです。

wavees Photo Blog

ワイキキ水族館の水槽


zDSC_4837

ワイキキ水族館は、こじんまりとたゆるい水族館です。
急ぎの用事も無く、時間に余裕があれば
ちょっと立ち寄ってみると、なかなか和みます。
特に、この太陽光が入る水槽が気に入りました。
やはり陽射しの強さが違うので、とても鮮やかです。
たまには、こんな明るい水槽で魚が自由に泳ぐ姿を眺めるのもいいかも。

テーブルに椰子


aDF0_6540

リビングから外に出てみると

テーブルに椰子の木が写ってた。

たったそれだけで、なんとなくいい気分になれる。

それもハワイの魅力なのかも。

 

アイナハイナの朝、シルエット


aDSC_3012

カワイクイビーチパーク側の椰子のシルエット。
この辺りの椰子の木は背が高い。
なので、大胆なシルエットになるのです。

aDSC_2984

ココヘッド側のシルエット。
こちらから太陽が昇って来ます。
ちょっとダイヤモンドヘッドにも見えなくないココヘッド。
このシルエットな時間が、いちばん綺麗な空を見せてくれるのかも。

ビーチフォトかな?


aDF0_6303

ニューオータニカイマナビーチをウェディング姿のカップルが。
今からビーチフォトの撮影でしょうか、2人ともかなり暑そうで。
少し疲れた様子の新郎さんが、遠い目で海を眺めてる。

この格好でのビーチフォトって必要?
もう少しハワイらしい格好で2人で撮ってもらってもいいような…
でもまあ、この格好だからハワイで結婚式をした証になるんでしょうね。

ブーゲンビレアの植込み


DSC_3803

道路に面した家には、ブーゲンビレアの植込みをよく見掛ける。
特に、ハワイカイへ向かうカラニアナオレ沿いに多いですね。
色鮮やかな植込みは、いかにもハワイらしさを感じます。

aDSC_3704

車を運転していても、鮮やかな色が目に入る。
気分を高揚させてくれますね。

ノードストローム隣のビル


L1020004

アラモアナ・センターからノードストロームへ向かうと見えるこのビル。
とても美しいので撮っておいた。
このスペースにはブーゲンビレアが植えてあって、気持ちいいですね。

L1010991

青空や周辺の建物が写り込むので、いい感じです。
色も鮮やかなので、とても目を引きますね。
何のビルなんでしょうか?
個性的で存在感があります。

L1010989

サンディービーチの足跡


DSC_3157

ここはボディーボーディングの聖地。
この足跡の多さを見てると、きっと朝からいい波が立ってたと思う。
お昼近くになってフラットになると人が少なくなるビーチ。
普通とは逆の現象が起こるビーチなのです。

ビーチナウパカ


aDF0_6155

ハワイのローカルビーチでよく見かけるナウパカという花。
半分になったような不思議な形をしています。
この花には、その形から様々な悲しい伝説があるようです。
低地に咲くビーチナウパカと高地に咲くマウンテンナウパカの
2種類が海と山にそれぞれ生息する事も伝説の要因なんですね。
伝説というものは、ある意味人間が創り出した物語です。
伝説はさておき、ひっそりと隠れるように咲く花に
光が差し込む姿がとてもいいですね。