モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2014年1月

Malani Bilyeu “WATER SONGS”


aDSC_2162


KALAPANAのメンバー、Malani Bilyeuのソロアルバムが発売されました。


でも、日本では売ってません。


もちろん iTunes Store でも売ってません。


そこで先日、どうしても欲しくてハワイのお店から取り寄せました。


本日届いたので、早速聴いてます。


懐かしい名曲も入ってるし、これは名盤です!


aDSC_2163


名曲 “Meny Classic Moments”は涙ものです。


KALAPANAのアルバムにもいろんなアレンジで入ってますが


このアルバムのアレンジが一番いいですよ。


aDSC_2165


CDを買ったのは何十年ぶりかなぁ?


音楽は全て iTunes Store で買ってます。


久々にCDジャケットを眺めてると、やっぱりいいもんですね。


すごく気分良く和める夜になりました(^^)

パノラマ


11alanikai


4枚の写真をPhotoshopでパノラマにしてみた。


クリックで大きく表示されます


▼▼▼
11alanikailarge


******************************************


もう1枚、ここからの写真もパノラマがベストですね。


これも4枚の写真をつなげてます。


11atantalas


クリックで大きく表示されます


▼▼▼
11atantalaslarge


どっちがお好みでしょう?


Memories


aaaDSC_0630


電柱と真っ直ぐな坂道

懐かしさの再現


aR0011217


なんとなくどこか懐かしい感じの写真に。


失敗作として放置してた写真を蘇らせるひとつの方法です。


aR0011216


例えばほんの少しだけ彩度を残す。


そしてコントラストを強くしてやる。


aR0011220


ビビッドで彩度を強くした写真よりも


こういう感じの方が気分が安らぐのかも。


aR0011218


実は、まったく新しいハワイの写真が無い…というだけですが(笑)


写真は奥が深くて楽しいです。

Favorite Restaurant


aR0010819


単に料理が美味しいだけじゃなくて


お店の雰囲気って重要ですね。


目にするだけで、そのお店の「こだわり」を感じる事ができる。


そういうお店って、たいてい自分のお気に入りリストに入ります。


aR0010821


席に座った目線で目に入るものへの「こだわり」


座って初めて目に入るものが創り出す雰囲気。


その配置や光の入り具合…


料理が来るまでは、そんな事を感じながら待ってるけど


実際に料理が目の前にやって来ると


もうそんな事はどうでもよくなって全て忘れて食べる。


まあ、そんな感じですが(笑)


R0010810


UNCLE’Sは、お気に入りのお店です。


だるまで勝つ


aDSC_2083


またまたハワイのネタじゃなくてすいません。


大阪は箕面の山奥に「勝尾寺」というお寺があります。


勝負に勝つ事を祈願するお寺のようです。


レンズの試し撮りに久々に行ってきました。


aDSC_2099


いたるところに「だるま」があります。


どのだるまも表情が全部違うそうです。


aDSC_2071


先日も書きましたが、世の中には自分では「変えられないもの」が存在します。


それは「死」だとか「運命」というものだけでなく


例えば「上司は選べない」とか「親は選べない」ということもありますね。


いや、決して今の上司に不満があるとかそういう話ではありませんので。


* * * * * * * *


よく相談に来るヤツがいます。


そいつが言うには「上司の判断基準がおかしい」し、「全て自分中心に考える」。


なのでストレスが爆発しそうで、この先この会社で働くのが苦痛だと。


でも、年齢から考えても今から転職はできないので苦しいと。


上司を変えられない事にイラついて愚痴を言って解消する。


でも自分ではどうしようもないので、我慢するしか無い。その繰り返しだと。


幸い僕の場合はそういう事が一切無いのですが、


「親は選べない」という点では共感する部分もあったりして…(苦笑)


* * * * * * * *


今日も勝尾寺のだるまを撮りながら思いました。


自分では変えられないなら、自分が変わるしか無いのかなって。


例えば「死」と同じで、受入れるしかないものと考えてしまう。


相手に対する不平不満や愚痴を何度繰り返して言ったところで


何も状況は変わらないという事は、頭のなかでわかってるはずです。


相手に合わせてと言えば語弊がありますが、


もし少しでも自分の方が勝ってると思うなら


相手のレベルを理解した上で、それ相応の対応は可能なのでは?


相手に期待せず、自分自身が動けば解決する事もあるのでは?


* * * * * * * *


生きているといろんな事が目の前にやって来ますよね。


それを避けて通って逃げる方が楽だと考える人もいるけど、


また同じ事がやって来ると、また逃げるしか無いのでは?


結局は自分は何の努力もせずに逃げるだけ。


それでは解決にならないのかも。


「解決力」を身につけなければ「人間力」は向上しない。


その通りだと思います。


自分自身に目を向けるきっかけだと思って取り組んでみるのもいいのでは?


* * * * * * * *


勝尾寺のだるまが、そう語りかけているような気がしました。


aDSC_2120

GUIDE to Oahu,1988


aDSC_1998


かなり以前にもこのブログで紹介したかも?


November 4-10って事は、このフリーペーパーは週刊なんや。


まだ捨てずに残ってました。


こういうのを見つけると、ついついじっくり眺めてしまう。


ほとんどは広告やけど、それが当時の「今」って事で興味深いです。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


aDSC_1986


当時のフリーペーパーには必ず掲載されてた。


もう名前も変わって広告が出る事もなくなったかも。


このフォントが懐かしい〜。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


aDSC_1990


これも必ず掲載されてたなぁ。


1回だけ食べに行ったのを覚えてる食べ放題のお店。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


aDSC_1999


おっと、当時はAla Moana Americana Hotel って言う名前だったんや。


なんともシンプル過ぎるマップで、なんかちょっと新鮮かも。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


aDSC_1994


そう言えば、当時レンタカーと言えばメインはこれ。


よく利用したんで、このロゴを見ると嬉しくなる。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


aDSC_2000


この建物が広告になってるのは当時が最後かも。


JUST NORTH OF WAHIAWA という表現も今では珍しい。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


こういうのを見ると、ずいぶん歳をとったなあって感じてしまう(^^)

こだわり


aR0000821


自分が気に入ってるものって、ボロボロになっても使う。


気に入ってる要素によって違うけど。


例えば「機能的」な要素が気に入って使ってる場合、


それ以上の機能のものを見つけると買い換えることになるかも。


そのものの「デザイン」的な要素が気に入ってる場合は


ボロボロになってもそう簡単に買い換える事は無いしね。


aqDSC_1314


例えばMacやカメラやiPhoneは、機能面が毎年のように良くなる。


でもそのもののデザインが気に入ってる場合、


「機能面の向上具合」と「デザイン的な要素」を比べてどっちが優っているか比べる。


もしデザインが気に入ってると、多少の機能アップぐらいでは買い換えない。


逆に画期的な機能面での向上があれば即買い換える。


そんな感じです。


aDSC_1280


結局は自分が納得できるかどうかですね。


買い換えるには、いい仕事をして稼がないといけない。


自分が納得がいくものを持ち続けるには、クリアしなければならない関門がいっぱいある。


「もうこのままでいいねん」なんて言わずに、


自分が納得できる人生になるよう、失敗を気にせず頑張らなあかん。


aDSC_1272


今年に入ってから仕事面での動きが活発に急展開、いろんな仕事を平行して進める事に。


いい方向に向かうようにベストを尽くす!


 

Back again !


aDSC_8957


久々のブログ更新です。完全放置で申し訳ありません。

まずは近況報告から。

 

実は昨年の12月に、ひとまわり年下の弟がすい臓がんで亡くなりました。

まだ42歳の若さでした。

約1年半前の2012年6月に発覚し、余命6ヶ月と宣告されていたのですが

その後1年6ヶ月も頑張り、その間に九州旅行へも行けました。

特に昨年の後半は ほとんどの時間を一緒に過ごし一緒に戦って来ましたが

最後は眠るように旅立って行きました。

完全に弟中心の生活にして、できる限りの事をしたつもりです。

自分にとっても、この経験はいろんな意味で大きなものでした。

大袈裟ですが、自分自身の残りの人生を考える機会にもなったのです。

健康がいかに大切か、それは自分自身にとって大切なだけでなく

周囲にとっても大切だと言うです。

「普通」に過ごせる事がどれだけ素晴らしいかも思い知る事ができました。

 

というわけで、ブログは完全に放置という状況になってしまいましたが

新たに再スタートする事にします。

まずは趣味のカメラです。(長くなるので飛ばしてくださいw)

この機会に、今まで使っていたカメラとレンズの全てを見直しました。

自分自身が本当に撮りたい写真は何なのか?

そこからスタートして、それを実現できるカメラとレンズは何なのか?

「光」や「空気感」を撮る事が自分の一番の好みです。

「光」や「空気感」は一瞬で表情が変化します。

その瞬間を逃さずに撮れる事が自分にとっては最も重要な要素なんです。

そこで、持っていたレンズのほとんどを処分して買い替えました。

カメラも、機動性と操作性の良さを基準に考えて買い替えました。

一時期、単焦点のマニュアルフォーカスレンズでゆっくりじっくり撮る事に

ハマって揃えたレンズも全て下取りに。

単焦点レンズを何本も持ち歩いて、その都度変更していては大切な瞬間を

逃してしまう事が多いのです。なので、今回は全てズームレンズにしました。

以前はズームレンズに見向きもしなかったのに(笑)

その結果の構成がこれです。

aR0001002


 カメラはNikonのD610。フルサイズで軽くて設定変更などの操作性は抜群。

D600からの買い替えです。

NikonのDfというカメラに心惹かれましたが…それはもう少し歳をとってから

フルマニュアルで撮る楽しみのために先送りに。

レンズはNikonの純正を中心に構成。というのも、純正のレンズは高価ですが

表現力やコーティングがずば抜けて素晴らしい事を知ったからです。

 

まずは広角ズームから。

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

このレンズは今でも「広角の神レンズ」というほど評価が高いレンズで、

実際に使ってみるのが楽しみです。

ハワイで撮るには広角が命なんで、使用頻度が高くなると思います。

次に標準ズーム。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

単焦点レンズを凌ぐと言われているズームレンズで、これまた使用頻度が

高くなるはずです。

この2つのレンズと、もう一つ純正の70-200mm f/2.8 を足せば

いわゆるNikonレンズの三種の神器「大三元レンズ」が揃うのですが…

さすがに下取り不足で買えませんでした。

そこで使用頻度から考えて純正を諦め、SIGMAの70-200mm f/2.8にしました。

撮っていて不満を感じるなら、また考えます。

つまり、この3本のレンズで14mmから200mmまでをf/2.8でカバーできます。

これにどうしても必要なのがマクロレンズです。

AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

これだけは下取りに出さずに継続して使います。このレンズの素晴らしさは

九州旅行で実感しました。高価なマニュアルレンズよりも自分が思った通りの

写真が撮れる素晴らしいレンズで、価格の割には「神マクロレンズ」です。

Nikonのカメラを使っている方は、ぜひ試して欲しいレンズです。

aDSC_8998


 この合計4本をメインに撮ることにします。

あっ、もう1本ありました。

息子の野球撮影専用のズームレンズです。

SIGMAの120-400mm

このレンズはスポーツ写真向きのカメラ、Nikon D7100とセットで使ってます。

 

今までは合計10本のレンズとカメラ2台という構成でしたが、

今回からはメインレンズ4本にカメラ1台で「光」と「空気感」を撮ります。

サブカメラとしてD7100とRicohのGRという構成です。

aDSC_1933


 

人には「運命」があると思ってます。

いくら努力をして我慢して必死に行動しても、「運命」には逆らえないのです。

もし自分の努力や我慢で変えられるなら、どんな事でもします。

でも、世の中には「変えられないもの」があるのは事実です。

自分が今できる事は何か?

それをちゃんと考えて、それをやっていく事。

そうする事で自分自身の人生が豊かになり、結果的に周囲にも良い影響を

与える事ができるとしたら?

それは「変えられないもの」を悲観して過ごすよりも、もっと意味がある

事だと思っています。

 

今年は撮りますよ!

aDSC_1970