モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2013年4月21日

愛用のレンズ


Post-1840最も愛用するレンズは、Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50
一生ものです。どんな暗さでも、自分が思い描く絵が撮れます。
重いし、でかいし、オートフォーカスじゃないし…
でも、これほど気に入って愛用するレンズは他にありません。

自分が満足する道具って、とても大事です。
それは例えば誰かが使ってるからとか、
プロに勧められたからとか、
人気があるからという理由で選ぶ事は、まずありません。
実際に自分で使ってみて、
どれだけ自分の思いを実現させる手助けになるのか?
どれだけその道具に思い入れが強くなるか?
そういう道具を一生使い続ける。
そうありたいですね。

椰子の木を見上げて


Post-1839ハワイへ行った方なら、ほとんどの人がする行為。
それが椰子の木を見上げるという行為かも。
理由はいらないし、ただなんとなく見上げてしまう。
そして、何とも言えずいい気分になったりします。
降り注いでくる太陽の光、
抜けるような青い空、
乾いた風、
感じるもの全てが、まさにハワイなのかも。

見上げるという行為。
それは、心理的には向上心につながっていくのかも知れません。
今の自分の目線を上に。
でも、その目線の先がもし低い天井だったら?

だからこそ、時には外に出て
大きな景色の前に立って
見上げてみる事が必要なのかもしれませんね。