モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2012年3月

超広角レンズの世界


Post-144910mmの広角レンズでワイキキを覗くと
こんな感じに見えます。

昔、こういう写真ばっかり撮ってました。
ずっとハワイで使ってたお気に入り広角レンズです。
でも、このレンズは あえて友人に嫁に出しました。
今回のハワイが最後の出番でした。

ハワイでこのレンズを使い出すと
すべてこれだけで済ませてしまいます。
それでもいいんですが
あえて、もう使わないようにしようって。
だから今回のハワイではかなり使ってます。
最後に頑張ってくれましたよ~。

友人に後は任せました。
まだまだ現役で活躍するでしょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

何でも思い通りに簡単にできてしまうと
それに頼りすぎてしまう。
何も考えなくなって、そのありがたさも忘れて。
でも、毎回必ず良い結果を簡単に出してくれる。

なかなか思い通りにならなくて難しい
でも、うまく行くと素晴らしい結果を出してくれる。
そのかわり毎回丁寧に扱わないと、そっぽ向かれる。

さあ、どっちが魅力的?
どっちを選びますか~?

夜のラナイで ひと息


Post-1448夜中にラナイへ。
3月は、かなり気温が下がるので
あったかいコーヒー片手に。

みんな寝たので、ひとりの時間です。

ゆっくりタバコに火をつけて ひと息。
ここのラナイは喫煙可なのです。

家ではまったくタバコを吸わないんですが
仕事での休憩や
遊びに行く時には吸います。

このラナイで
夜にひとりで吸うタバコは最高です。

いろんな事を考えて
ものすごく弱気になってみたり
思い出し笑いをしてみたり
ちょっと寂しい気分になってみたり

そんな時間もまた
有意義なハワイでの時間です。

ワイキキの朝の素敵な光景


Post-1447どうも旅行記のように順番に書いて行く事が苦手です。
なので、思いつくまま書くことに。

ワイキキに太陽が昇って光がキラキラしてくる時間。
まだ早い時間なのに
楽しんでいる人たちの姿も。

そんな姿を眺めてるのもいいもんです。
微笑ましくて、見てると自然に笑顔になって。

今までなら、今の綺麗な光のうちに写真を撮ろうって
ビーチのあちこちを走ってたりしてたけど…
今回はゆっくり散歩。
綺麗な景色は、まず目に焼き付けておいて
今までなら撮らなかったシーンを撮ってみたりして。

マニュアルフォーカスのレンズに換えてから
そういう変化が。
景色だけをひたすら撮るよりも、
そこに感じたものを込めて撮るようにすれば
後でその写真を見ると、その感じも蘇ってくるしね。

写真が趣味やけど
それ以前にハワイが趣味やし
「楽しむ」事が趣味っていうのもありやんって思います :emojiface_glad:

自分が得たものは、次へつなげて行く・・・ハワイで再認識


Post-1446かなり以前に書いた事があります。
原題が「Pay it forward」で、邦題は「ペイ・フォワード 可能の王国」という
オスメント君が主演で、2001年頃公開の映画があります。
この映画が自分自身の考え方の基本になってます。

もし自分が誰かから何かをしてもらったり
何かを与えられたり何かを得たりするとします。
その結果、自分自身の状態が良くなった。
自分自身の能力がアップした。

そのまま満足しているのではなく、今度はその能力を使って
自分の出来る範囲で得たものを別の誰かに与えていく。
得たものと同じものを与える必要はありません。

つまり、誰かに助けられたなら、
今度は自分が誰かを助けましょう。
誰かに力やチャンスをもらったなら、
今度は誰かに力やチャンスを与えましょう。
そうやって「次」へつなげていくという考え方です。
 
決して見返りを求めるようなものではなくて。
親が子供に与える「無償の愛」と同じです。

この映画のテーマがこの考え方です。
この考え方には批判もありました。
結局はそうすることで「良い評判」を得ようとしているじゃないかって。
そんな綺麗事を言って何か別に目的があるはずだって。
そう言いたい方はご自由に。

僕自身、会社からチャンスを与えられたり
会社の物を自由に活用させてもらったりしています。
それはもちろん会社に対して結果を出して返して行くのですが
出来る限り、いろんな形で「次」につないで行こうとしています。

この考え方、いつも自分の中にあるんですが
今回のハワイで何故か強烈に再認識しました。
与えてもらってばかりではなくて、次へつなげて行かなくては。

そう思いながら写真も撮りました。
もし自分がハワイで撮った写真を通じて
何かが次へ伝わっていけば・・・
そんな凄い写真は撮れなくても、少しでも伝われば。

これって、良い流れの好循環を生みますよね。
ある意味、ネズミ講のようですが・・・
良い流れが次に伝わっていけば、それは素晴らしいネズミ講です。

日本にもこんな考え方がありますよね。
やっと海外旅行へ行くことが出来た。
でも自分だけ楽しんでたらバチが当たる。
少しでもお世話になった人たちにお土産を買って帰ろう。

誰かにものやチャンスを与えてもらった。
そのおかげで自分は力を付けた。
そのまま贅沢三昧をしているとバチがあたる。
だから寄付をしたりボランティア団体を支援する。

それもまた、「Pay it forward」なのかも。

自分がいろんなものを与えられて得て来たのなら、
感謝を込めて自分が生きている間にできるだけ次へつなげて行く。
そんな考え方って、特に今の世の中では大切だと思います。


カイムキの大きな景色で大きな心に


Post-1445カイムキの丘から眺めるダイヤモンドヘッド。
最近は必ずこの場所へ行きます。
ここから、この景色を眺めてるだけで
心が大きくなったような気が。

大きな景色を目にすると
心も大きくなるって本当ですね。

小さな事や細かい事が、ど~でもいいやんって思える場所。
ハワイでは、そういう場所へ行く事も必要なのかも。

15年ぶりの窓際席でホノルル空港へ


Post-1444いつも真ん中の通路側の席ばっかりでしたけど、久々の窓際席です。
なので、ほんと久々に窓からの眺めを楽しんで。




雲にもいろんな表情があって。
ちょっと目を離すと、その表情も変化しますね。




高度が下がってくるとニイハウ島が眼下に。
こんなに近くに見たのは初めてです。




という事は、ハワイアンエアラインのコースが違うって事?
いやいや、ニイハウ島を見たのが初めてでした~




しばらくすると、オアフ島の上空に。
ちょうど、コオリナの下のあたりを通過です。




カラエロア空港の上を通過して~




エワの街の上空を通過~




そして空港の端から滑走路へ~




滑走路手前の運河を越すと~




ついにオアフ上陸です~
遠くダイヤモンドヘッドが~


という訳で到着です。
やっぱり窓際席って楽しいかも :emojiface_glad:

今回のハワイで思ったこと


Post-1443ハワイで写真をもっと撮りたい。
そういう気持ちは確かにあります。
それなら自分ひとりでハワイに行けばいいですね。
でも、もしひとりでハワイに来て
ひたすら思う存分写真を撮れたとしても
今回のような充実感は無かったのかも。

誰かと一緒に過ごして
一緒に笑って楽しんで
一緒に美味いものを食べて
綺麗な景色を眺めて

そういう時間って、
良い写真を撮る事よりも大切なんですね。

今回は、母娘2人の楽しそうな笑顔を見れたし。
喜んでもらえた事が自分でも嬉しくて。

自分の欲求だけを通して
自分の満足のために動いて
周りが見えていない時期がありました。
随分と周囲に迷惑をかけてきました。

そろそろ、そういうスタイルをやめないと
結局は良い写真も撮れないでしょうね。
ようやくそう思えるようになりました。

この歳になって言うのもバカな話ですが
自分はひとりだけで成り立ってるんじゃない。
家族があって、
友人や仲間がいて、
一緒に笑ったり泣いたり楽しめるからこそ
自分の存在意義もあるんやし。

残りの人生、自分の生き方が見えたような気がします。
ハワイでそんな事を思ったのでした。

関空発ハワイアンエアライン・ビジネスクラスつづき


Post-1442ハワイアン航空の演出にやられて
すっかりファンになってしまった2人は
コーヒーでも飲んでゆっくりしておりました。

嫁:「やっぱりこんなん贅沢すぎるなぁ」
僕:「でもな、今までの感謝を込めてビジネスにしたんやもん」
嫁:「感謝じゃなくて謝罪ちゃうん」
僕:「・・・」
などという会話があったかどうかは別として・・・


しばらくするとヘッドフォンが配られて。
なにげにこんなマークが。やっぱり演出が上手なハワイアン。




そして、映画やTV番組は 分厚い iPadのような機器で楽しめます。
この左下にもちゃんとロゴマークが。




そしていよいよ食事です。
ハワイアンの場合、出国便は夜遅い食事になるので軽めです。
っていうか、ちょうど良い感じでしたね。
味噌汁もご飯も、日本で仕込んでるので美味い。




フィレステーキはテリヤキソースです。
めっちゃ柔らかくて美味し~!




そしてデザートにはパンナコッタみたいなやつにマンゴソース。
名前は覚えてないけど、これがまた美味いし!




座席はフラットにはなりません。
でも、十分に快適です。
嫁は食べたらすぐに快適な睡眠に・・・僕も珍しく寝ることができた~!
そろそろ外も明るくなってきて。




そして到着前に軽い朝食です。
これまた日本で仕込んだ食材が。




ある意味、このパターンは正解かも。
雰囲気がハワイアンな中でこの食事は…
って思う方もいるでしょうが。
日本で仕込んだ美味しい食事は嬉しいです。




お腹がいっぱいになりすぎる事もなく
ちょうどいい感じで到着までの時間を楽しんで。
そう言えば僕はこの1年間で3回目のハワイ。
嫁は4年ぶりのハワイ・・・
やっぱり「謝罪」が正解なんかも :emojiface_glad2:




今回、ハワイアンエアラインにして良かったと実感。
なかなかいいスタートやんって上機嫌だったんです。
この時点では・・・
この後、到着してから いろいろとやらかすとは思いもよらず。

つづく・・・


WAIALUAのワンシーン


Post-1441裏口からお店に入ろうとすると

この光景に足が止まった。

ゆっくりピントを合わせて

露出を決めて

息を止めながら

シャッターボタンを押し込む。

ただそれだけの一瞬の流れが

自分にはとてもいい時間です。

さて、今回はハワイアン航空で


Post-1440今回は、関空発のハワイアンエアーを初めて利用です。
嫁は4年ぶりにハワイへ行くので
日頃の感謝を込めて内緒でビジネスを予約。
この4年間は、自分だけが娘とハワイへ行ってたので。

当日のサプライズのつもりが
事前に口をすべらしてしまったんですが・・・ :emojiface_glad2:

関空ではANAのラウンジが利用出来ました。
ゆっくりしてから、搭乗です。
搭乗前のアナウンスが、何ともアメリカンでした。
「21時までにご搭乗ください。
21時を過ぎますと、ゲートを閉めますので」
って、はっきり宣言してしまうところがさすがアメリカン!

という長い前置きでしたが・・・
いざ搭乗すると、こんな言葉が。




そうなんです、機内に入ると そこはハワイアンな空気が満載で。
まさにフル装備状態です。
機体自体は古いんですが、内装は紫を基調にまとめてあって。
このカーテンもハワイアンな柄でした。




ピッチはそれほど広くは無いし
ひと昔前のビジネスっていう感じなのですが・・・
それをマイナスに感じさせない工夫があります。




例えば、シートに置かれてあるクッションです。
まず最初に目が行く場所に、このクッションが。




そして、しばらくするとブランケットが配布され・・・
それがハワイアンキルトだったのでびっくり。
思わず「でっかい鞄を持って来たら良かったな~」と
関西人おきまりの会話が成立 :emojiface_glad2:




乗り込んだ瞬間からハワイアンな演出に気分を良くして
僕はグアヴァジュース、嫁はシャンパンで乾杯。
さあ、快適な空の旅がスタートです。


つづく・・・