モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2012年2月

Waikiki Shore Penthouse Oceanfront 1501


Post-14242004年に、両親と相方のお父さんを連れて
総勢7名で無理やりハワイへ。
あの頃は、まだこの部屋を安く借りる事ができたのになぁ。

両親は、この部屋が初めてのハワイだったんで
すっかりハワイにはまってしまって…
今年が最後って言いながら、また6月に行くそうです。

今までに利用したコンドで
やっぱりここは別格でした。
海に浮かんでる感覚のオーシャンフロント。
目の前にダイヤモンドヘッド。

もしまた借りる事ができるなら、
まだ元気なうちに両親を連れて行きたいなぁ。

シェラトンだけが輝いて


Post-1423望遠レンズで撮ると
思わぬ写真が撮れたりします。

望遠鏡感覚でファインダーを覗いてるだけでも楽しいし。

という訳で、次回は望遠レンズも持参します。
300mmなので、DX機に装着すると実質は450mmに。

今まであまり撮ってなかった
望遠レンズで切り撮るハワイも楽しみです :emojiface_glad:

いろんな考え方があるけれど


Post-1422いろんな考え方がありますね。
例えば…

自分が自分らしくいるには
自分が楽しくなければ。

自分に必要なのは
人に言われて いやいや我慢しながらやるよりも
自分から動いて 自分の意思で努力する事。

周りの人が何を言おうと
自分の考えの元に行動する。
もし世間体や評判ばかりを気にするなら、何もしなければいい。

自分で自分を評価するのは負けず嫌いでは無い。
本当の負けず嫌いは 黙って努力して結果を出す。
そして周りに評価させて勝つ。
自分で自分を評価する人は
自分が負けてる事を知ってて それが嫌なだけ。
ただ自分にも周りにも言い訳しているだけ。

いくら時間をかけて悩んでも何ひとつ状況は変わらない。
ほんの少しでも行動すれば状況は変わる事もある。

こんなはずじゃ無かったって思う時点で
自分自身の読みの甘さを知った事になる。

弱点を克服して平均点をアップさせるよりも
得意分野を先にもっと得意にして
その分野で飛び抜けてしまう方が強い。

何かを捨てなければ
本当に良い結果は出せない。

いつまでも人真似をしていると
オリジナリティーを失って自分では何もできなくなる。

わかる人には何も言わなくてもわかる。
わからない人には わかってもらおうとするだけ時間の無駄。

敵が多い人には 数少ない本当の理解者がいる。


自分自身の考え方を口に出して言えますか?
さあ、今週も頑張りましょう。

Ricoh GXR 雨上がりの試し撮り


Post-1421土曜日は、いつもの遊ぼう会。
午前中は雨だったけど、昼過ぎには雨もあがって。
それじゃあ試し撮りへ行こうと早目に家を出て。

空は曇って暗かったけど
雨上がりの花を撮ってみました。
カメラはリコーのGXRにA12マウント+Nikonアダプタ。
レンズはフォクトレンダーのULTRON 40mm , f2.0です。
それにクローズアップレンズを装着して接写可能にしてます。
カメラの設定は絞り優先で、その他はノーマルです。

この発色、なかなか素晴らしいですね~。
まったく補正も無し、撮ってそのままです。




曇ってて暗かったので、開放気味で撮ってます。
この明るいレンズの特性を活かす事ができる状況ですね。
外付けファインダーを初めて試したんですが、
慣れると快適にピントも合わせる事ができます。




これもボケ味を試し撮りです。
水滴にピントを合わせるのに、少し苦労して…




花びらが白っぽいので、絞りを変えて撮ってみて。
マニュアルフォーカスって、どんどん楽しくなってくるから不思議です。




今度は真上から葉っぱを撮ってみて。
このレンズ、面でピントが合うのがよくわかりますね。




かなり暗い場所でも、結構明るく撮れます。
このカメラユニットとレンズ、気に入りました。




こういう写真って、自分が撮りたい写真です。




カメラのボディーケースもなかなか良いですね。
やはりこのカメラユニット、
センサーがAPS-Cサイズと大きいので画質がかなり良いです。
Nikonのレンズがそのまま使えて
Nikonの一眼と同じ画質で
しかもボディーは小さく軽い。
サブ機としては理想的ですね。
って言うか、これはもうサブではなくメインです。

ついにメイン3台体制か!?

iPhoneをフッ素コーティングしてみた


Post-1420今まで保護シートを貼っては空気が入ってしまったり
ケースに入れても分厚くなってしまったり
バンパーを装着しても大きくなってしまったりで
どうもiPhoneそのもののデザインや美しさ、
手に持った感じを台無しにしてしまってたのかも。

そもそもiPhoneは両面ともガラスです。
なので、フッ素コーティングができないのか調べてみたら
専用の製品が販売されていました。 :emojion:

早速試してみたんですが…
これが大正解でした!
写真では伝わらないですが、
両面とも光沢が出て汚れも傷も付きにくくなったし
指紋も簡単に拭きとれて。
常に新品の輝きです!



iPhone本来のディスプレィの美しさをあらためて実感できました。
それに手に持った感じがとてもしっくりきます。
やっぱり「素」のiPhoneが一番ですね。
Appleがデザインしたこだわりは
そのまま使うのが一番伝わってくることを実感です!

もちろんiPhoneに限らずスマホの表面にも最適かも。

でも、ケースがカッコ良かったりするんでね~。
まあ、保護シートを貼って失敗するよりはいいかもね :emojiface_glad:

HONOLUA SURF のデザイン


Post-1419このブランドが、まだメジャーではない頃から
大好きでよくTシャツを買ってました。
HONOLUAは、マウイ島の北にあるサーフスポットの名前ですね。
実際に行きましたが、素晴らしい場所でした。

このロゴデザインに
このブランドのデザインに対する考え方が表れているのかも。

今ではワイキキにもお店がありますね。
最近のデザインを確認しに
次回は立ち寄ってみようかと。

裏側から眺めてみる


Post-1418表に出ている部分や
真正面からだけ眺めていたんでは
見えてこない事ってありますね。

「これって裏から見たらどうなんやろ?」
そう思える自分でありたいかも。

それには自分自身の中にある程度の余裕が必要で
良い状態の自分というものを維持しなければ。

それは「好奇心」かな?
年齢と共に衰退していくと言われている「好奇心」。

逆に言えば、「好奇心」を持ち続ける事ができれば
自分自身の状態も「好循環」になるのかもね :emojiface_glad:

次回のハワイのミッション


Post-1417次回、ハワイへ着いた日に必ず済ませなければならない
ミッションがあります。

まず、娘が今使ってる MacBookPro の中身を
すべてそのままの状態で 新しいMacBookAir に移行させる。
もちろん、ソフトから設定まですべてを
今使ってる状態のまま移行させる必要があります。

ここまで聞くと、もしWindowsならソフトを再インストールとか
ぞっとするんですが…
Macの場合はLANケーブルで2台をつないで
ちょっと操作するだけで後は放置。
それで何の問題も無くすべて移行してくれます。

これって実はもう数年前からMacでは当たり前の機能です。
今までに何度か、新しいMacに買い換えるたびに
この操作で同じ環境を維持しています。
実に簡単で便利な機能ですね。
って言うか、買い換えたら大変という状況はおかしいんですよね。
簡単に移行できなければ意味無いしね。

そんな訳で、まずは到着日の夜にこの操作を済ませておかなくては。
でないと、その次のミッションがどんどん発生してくる可能性が… :emojiface_glad2:

カラフルデザイン


Post-1416ドリンクの中身の色がカラフルではなくて
パッケージデザインがカラフルなんですね。
キャップも含めて素敵なデザインです。

なんでこんな感じのデザインが日本では登場しないのかなぁ?

いつまでも「万人受け」が大切だって考えている
頭が古くて固い偉いセンスのない方が仕切ってるから?

これからの日本製品にも
センスの良いデザインが必要だと思うんですけどね。
それに、いつまでも他の模倣ばかりしてると
どんどん個性や主張が無くなって
同時に魅力も無くなってしまう事になるよ~ :emojiface_glad2:

Ricoh GXR 試し撮り


Post-1415知り合いのカメラ屋さんにお願いして
中古の Richo GXR とA12マウントを借りています。
このA12マウントにNikonのレンズが使えるアダプターを装着して
コシナのマニュアルレンズを試してみました。

このA12マウント、実はNikonのD7000などの
一眼と同じサイズの撮像素子APS-Cです。
つまり、マイクロフォーサーズのミラーレス一眼よりも画質は良い。
で、大きさはミラーレスと同じぐらいです。

ややこしい話が続きますが…
要するに、Nikonのレンズを活用できる小さなボディーのカメラを
探していたんです。
で、そのベストな選択が このGXR+A12かもしれません。





どれもマニュアルフォーカスのレンズですが
クラシカルなイメージでカッコイイですね。
ただ、ピントを合わせるのにファインダーが無いと…
って思ったのですが、GXRにはフォーカスアシスト機能があるので
液晶だけでも大丈夫でした。

まずはオートフォーカスが苦手なこんなシーンを試し撮り。





さすが、光を撮るにはいいかも。
ただし、露出もマニュアルで調整なので。
まあ、そこがまた勉強になるし楽しいんですが。



ブランケットの上の遠近両用の愛用メガネ。
発色もいいですね。



対象者はハワイにいるんですが、相方がちゃんと出してました。
ケースのガラス越しですが、いい感じに撮れますね。


もちろん、レンズが良くなければ駄目なのですが
このGXRというリコーのカメラ、いいです!
レンズユニットごと交換するという個性的なカメラなんですが
今のレンズ資産を活かせるというところがポイント高いし。
しかも画質がミラーレスよりもいい。

う~ん、これで自分のカメラ構成が決まるかも。
Nikon D300, D7000, GXR+A12 → メインの一眼
GR Digital → サブ、スナップショット用
Nikon P300 → サブ、相方用

メインの一眼が3台も必要なのか?
まあ、そこはカメラ好きの趣味の世界なのですが…
それぞれのカメラに個性の違うレンズを装着しておきます。
で、全部を車に積み込んで 撮りたいシーンですぐに撮れるように。
なので、やっぱり小回りのきく GXR は欲しいですね~。

という訳で、この中古を安くしてもらうように交渉です。