モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2011年2月

フルオートからフルマニュアルへ、明るいレンズで試し撮り


Post-919昨日は良い天気でしたね。
なので、明るいレンズを明るい場所で試し撮りしました。
以前に書いた、f1.4 58mmのマニュアルフォーカスレンズです。
屋外で使うのは初めてだったんで、めっちゃ楽しい時間を過ごせました。
今までフルオートでカメラに任せっきりだったのが、
全て手動のフルマニュアルに。
そんな、あえて時代に逆行するような事をするのも快感です。

なるべく開放側、つまり一番明るい設定で撮りました。
ボケ味の確認ですね。
自分が思った場所にピントを合わせて撮るマニュアル操作なんですが、
これがめっちゃ楽しいです。
時間をかけて、ゆっくりピントを合わせながら撮る。
ほんとにフィルム時代の再現ですね。



明るい光を、目で見たそのままの感じで撮れる快感を味わえます。
撮った後に、PC画面で確認するとうれしくなります。
補正は一切しなくても、そのままの方が綺麗なんですね。




1点にピントを合わせて、背景を思いっきりボカす事が可能です。
このホケ味が、何ともたまりません。
ごく普通の光景が、何かとても良いシーンに早変わりする感覚ですね。




自分で思い描いたとおりの写真が撮れるのが嬉しいです。
もっと細かく露出を設定していくと、もっといろんな写真が撮れます。
このレンズに慣れてくると、また自分の世界が大きく広がる気がします。




普通の、どこにでもあるポールも こんな感じに撮れるんですね。
背景がうまくボケてくれるんで、撮りたい部分が引き立ちます。
撮りながら、いろんなアイデアも頭に浮かんできます。


このレンスをハワイで使うのがとても楽しみです。
すでに頭の中には、どの場面で何を撮るか プランができあがっています。
次回は枚数が増えますよ~ :emojiface_delicious:


クアロアの手前で休憩なら


Post-918東回りでノース方面へ走る時には、ちょうどここで休憩ですね。
最近、やたらに観光客の方が多くなったトロピカルファームです。
どうやらツアー会社やガイドさんと提携してるらしくて、
本土の方やアジア系の方がとても多くなりました。

ちょうどこの辺りで休憩というポイントにあるので、
ここかクアロア牧場で休憩です。

ここは、コーヒーやマカダミアナッツなどがたくさん売ってます。
一部では、ここは値段が高いと言われていますが…
なによりここの良さは、コーヒーの試飲とナッツ類の試食ですね。
休憩がてらコーヒーを飲んで試食して、気に入れば買えばいいしね。
それに実際に口にして買えば、間違いないしね。
高いと思われる方は、どうぞ他で買ってくださいって事で。

よく、どこどこのお店のほうが1ドル安かったとか
あっちのスーパーの方が少し安いって話を聞きます。
でもね、わずかの差なら わざわざ安い場所まで行って買うよりも
気分良くそこで買ってしまう方がいいような気がします。
個人的には、例えば1ドルで後悔したり そのお店を高いと言うのは
何かとても小さい話のように感じてしまいます。
そりゃぁ、関西人としては1円でも安い方がいいに決まってるねんけど。
でも、ハワイではそんな日常の習性を忘れるのもいいかも。
人それぞれに満足度があるので、自分が納得して買えばいいやんね。

話がそれましたが、ここの裏口周辺にはカラフルに植物が配置してあります。
なかなかセンスいいですよね。
試飲のコーヒーを飲みながら、こんな光景を楽しむのもいいですよね。
あんまり細かい事は、どうでもいいやんって気になります :emojiface_glad:



サンセットビーチの夏


Post-917抜けるような青空と透明な乾いた空気。
それが夏のサンセットビーチですね。
海はフラットでクリアー。
影がくっきり出るハイコントラストな光。
晴天の日の午前中の早い時間がベストです。

湿度が低いので、空気中に余分な水分がありません。
なので、とても透明感のある光になるんでしょうね。




空がどこまでも青いです。
時折、雲がゆっくり流れていきます。
なので、よけいにそのクリアーさを実感できます。
こんな快適でスカッとする光景を目にすると、
当然またここへ戻って来たくなるやん。

という訳で、また夏にも行きたくなる病が…
娘のKCC入学があるので、今年は5月ですが。
やっぱり7月に行きたくなってしまうなぁ…
そんなん贅沢やんって言われそうですが、
他には一切何も贅沢はいらないので。

なんて考えてるだけでも楽しかったりするから、まあいいか :emojiface_glad:


波打ち際の芸術


Post-916波が崩れる瞬間って、ちょっとした芸術なのかも。
同じ波は来ないし、
その崩れ方も違うし、
砂の巻き込みによって色も違うし、
光によって輝きも違う。




崩れるタイミングによって表情も違う。
場所によっては、ヌメッとしたツルツルの表情や
荒々しくしぶきを上げる表情も。




眺める角度によっても違う。
ものすごくパワフルなのもあれば、
静かに引いていくのもある。




そんな素敵なバリエーションを楽しませてくれる波。
これってやっぱり芸術の域かも。
そんな瞬間を切り撮るれると、もうめっちゃ満足感でいっぱいに。
写真は、自分にとって最高の趣味やんって思ってしまいます。


趣味は多いほど、自分の世界も広がりますね。
趣味を極めるって、必ず自分にプラスになるしね。
趣味が多いと、歳をとってもボケないって言いますよね。
その通りだと思います。
死ぬまでやる事が満載って、とてもいい人生だと思います :emojiface_delicious:


アラモアナビーチの波打ち際


Post-915午後の遅い時間のアラモアナビーチは、ほとんど人がいません。
なので、波打ち際も静かに。
光が斜めになってくる時間帯の波打ち際は、キラキラと輝いています。
波打ち際と言っても、まったく波はありません。
ゆっくりと静かな時間が流れて、とても和めますね。




透明度も高くなって、この時間のアラモアナビーチは一番落ち着けます。
光の具合で、海の色が変わっていくのを楽しんだり。
ちょっと座って、今日一日の楽しかった事を振り返ったり。
そろそろ晩ご飯を何にするか考えたり。
ほんとにのんびりした時間を過ごせます。




砂浜には、昼間の賑わいの跡が。
ボーッとしながら、砂を触ってみたり。
低い位置からの波打ち際を眺めてみたり。

と、そんなのんびりとした時間を過ごせるビーチなのですが
実はいつも短時間の滞在になってしまってます。
「次、行こか!」という声がかかるんですね。
短時間でも、めっちゃゆっくりした気分になれるのが
この時間のアラモアナビーチの魅力なんですね :emojiface_delicious:

ハワイカイから裏ダイヤモンドヘッド


Post-914ワイキキからではなくて、ハワイカイからの裏ダイヤモンドヘッドの
光景もいいですよね。
見慣れてるダイヤモンドヘッドとは違う姿が新鮮です。





ハワイカイで過ごしていると、また違った時間を楽しめたりします。
何もかもがスローになって。
ワイキキの喧騒や華やかさが、とても遠い存在のような気がして。
ゆっくりと裏側からダイヤモンドヘッドを眺めていると、
あの向こう側とは少し違う世界を感じます。





いろんな表情を、ゆっくりと楽しむ気分的な余裕も生まれます。
ちょっと、マウイのカアナパリ的な雰囲気があったりもしますね。
出かけてしまうのがもったいなく感じてしまう。
そんな、感覚を味わうのもいいもんです。





一日中、ここから裏ダイヤモンドヘッドを眺めていてもいいのかも。
そんな気分になってしまうほど、違った空気が流れています。
日が暮れて、そろそろ買い物にでも行くかって思っても
歩いてココマリーナSCまで5分なので、ちょうど良い散歩です。
夜の雰囲気を楽しみにワイキキまで行くなら、車で10分。
とてもいいロケーションでした。

いつもと違う、いつもの向こう側で過ごすのも
たまにはいいと思います。
どっちの側も知っておかないと、せっかくの魅力を見逃してしまうので。

カフェハレイワ、再び・・・完敗の巻


Post-913今日はちょっと気分を変えて、またまたカフェハレイワです。
いつも同じような写真になるんで、今日は全部娘が撮った写真にしときます。
同じ場所で、同じようにカメラ持って撮ってるねんけど
撮った結果はまったく違うんですね。
最初の写真は、自分ではまったく1枚も撮ってなかったシーンやし。
何故か自分が撮った写真は、反対側からばっかりで。
やっぱりいろんな方向から撮っておかなあかんなぁって思いました。




この写真も、自分では撮ってない角度なんですね。
まあ、座ってる位置が違うんで当然なんですが。
この角度のほうが、窓の向こうの青空と景色がいいし。
う~ん、悔しいけど…




娘が座ってた場所からの角度の写真ですね。
自分でも、ちょっと振り返れば入り口付近のこの光の感じを撮れたのに。
ちょっと怖いけどこんな絵や波の写真があった事すら気付いて無いし。
あかんなぁ、やっぱりパンケーキの事ばっかり考えてたからかなぁ…




コーヒーカップの写真は撮ったけど、こんな感じでシルバーは撮ってないし…
カップだけでもいいけど、この方が今から朝食って感じが伝わりますよね。
う~ん、勉強になるわぁ。




自分が撮った写真は、パンケーキだけしか入れてなかったなぁ…
こうやって、カップを前に置いてピントをカップに合わせる。
で、背景にパンケーキをぼかして撮る方がいいやん。


この時は、自分は一眼で撮ってたけど 娘はコンデジです。
カメラとかレンズとか、そんな事よりも
まず自分自身が良いシーンを見つけられないと駄目ですね。
常にアンテナの感度を良くしておかなくては!


ワイキキショアで立体感


Post-912ワイキキショアの最上階の廊下から下を眺めると、
ものすごく立体感を楽しめます。
隣のアウトリガーとの間の細い通路の幅が狭いので、
よけいにそう感じることができます。
ショアは15階建てですが、これぐらいの高さの方がいいのかも。

パラソルの規則正しい並び方が面白いですよね。
しかし、アウトリガーのショア側のラナイは辛いかも。
ショアの廊下が目の前やもんね。



その廊下ですが、最上階まで来ると隣に遮るものが無いので
朝の光が差し込んできます。
手すりの影が面白いです。
この長い廊下が、とても立体感を感じますよね。
ちょっと不思議な感覚になれます。


立体感を楽しめるのは、やっぱり光と影のおかげかもしれないですね。
光と影フェチとしては、こんな光景が大好きだったりします。


※土曜日は、今年はじめての定例集会に参加でした。しかも娘同伴で。
ほんまに、ずっと笑いっ放しで めっちゃ楽しい時間を過ごせました。
みなさん、ほんとうにありがとうございました!
またよろしくです :emojiface_glad:


$2.49の誘惑


Post-911また、この誘惑に負けてしまったわぁ。
コンドのキッチンカウンターに、フードランドで買ってきた物を取り出しながら
ニンマリしてしまう瞬間です。

コーヒーのいい香りがしてくる中で、
早く食べたくて ついついコーヒーを待たずにパッケージを開けて。
とりあえずクリームを指ですくってペロッとひと舐め。
極上タイムの始まりですね。





そんな$2.49の幸せな時間は、フードランドでも買えます。
そんな誘惑には、負けるが勝ちなのかも。


ハレイワのイメージ


Post-910ハレイワの町をイメージするには、少し色合いを落とす方がいいのかも。
自分の頭の中にあるイメージとしては、こんな感じがしっくりきますね。
ハレイワの郵便局の建物は、そんな昔のハレイワの雰囲気が残っています。

冬にだけサーファーで賑わう田舎町だったハレイワ。
今では、季節に関係なく観光客が押し寄せてカラフルな町に。
でも、自分の中にあるハレイワのイメージは いつまでも変わりません。



そんな、自分の頭の中に残った昔のハレイワの感じを再現です。
こんな感じが大好きです。




もちろん今のハレイワも大好きなんですが。
どうしてもここへ行くと、自分が持ってるイメージを探してしまいます。
そんな気分になるのが、ハレイワの良さなのかもしれません。




20年以上前の同じ場所には、こんな雰囲気が。
自分の中のハレイワのイメージは、いつまでも変わりません。