モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2010年5月

ラニカイカラー


Post-639ラニカイは綺麗な色で溢れてます。
海・空・砂浜の色、そしてこんな黄色いカヌー。
この黄色いカヌーの女性がカッコよかったです。

でも、ラニカイのポイントは、やっぱりこの2つの島なのかも。
この島を見るだけでラニカイやんかってなって
イコール綺麗な色っていうイメージが頭の中に広がります。



この景色を眺めてると、何も言うことはありません。
このいろんな色を楽しめるラニカイ、素敵ですよね。



ラニカイは、少し目線を下げて眺めると よりラニカイカラーを感じます。
昔、ラニカイの波打ち際の音を録音した音源がありました。
その音源を聴いていても、このラニカイカラーが思い浮かんできます。
それだけ、「ラニカイ」って聞くと「綺麗な色」って条件反射で
思い浮かぶようになってしまってます。
空や海の青系と、砂浜やカヌーの黄色系のコントラストが いいですね。


「ラニカイって、どうなんですか?」って聞かれて
「めっちゃ綺麗ですよ」って答えたら、それで話は終わるんですが
「めっちゃ色が綺麗んですよ」って答えると
「えっ、何の色が綺麗んですか?」って続いて、具体的な話に広がります。

何でもそうですが、会話に具体性が無いと その会話はつまらないですね。
具体的な話をできない人と話をしていても、面白くないんです。
何でも「綺麗ですよ」とか「すごく良いですよ」って言う人っていますよね。
いったい何がどう綺麗のかを話さないと、面白く無いです。
僕は昔、ずっとそんな感じで面白くない会話をしてました。
で、「あなたの話は具体性がないから面白くない」って言われたんですね。
それを言ってくれたのは、マクド時代に来日していたアメリカ人社員でした。
「あなたは私に、いったい何を伝えたいのかが分からない」って。

「なるほど」ですよね。日本人はそういう部分が弱いんですね。
自分の考えを「具体的に言葉にする意識」が弱いって事ですね。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

今日のイラストもラハイナです。
このPOPな感じも、ラハイナの大きな魅力だと思います。



さあ、また一週間が始まります。
自分のするべき事を「具体的」にして、頑張って行きましょうって事で :emojiface_glad:

クリアーなビーチ


Post-638今日の写真は何にしようかなぁって探してると、
まだアップしていないと思われる写真を発見です。

昨年、めねふねぞぅさんご夫婦と一緒に走りまわった時に
立ち寄ったビーチです。すでに名前は忘れましたが :emojiface_glad2:
アイナハイナ辺りの小さなローカルビーチなんですが、
ここはとても良かったです。
走ってて、いつものパターンで突然ハンドルを切って寄ったんですね。

思い立ったら、すぐに行動に出てしまうタイプです。
それで失敗することも多いですが、まったく懲りません :emojiface_delicious:



雲が海面に影をつくって、動いていきます。
これ、なかなか良い感じですよ。
このビーチからのココヘッドが、とても好きです。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

今日のイラストはラハイナの有名な看板です。
これも、元の写真よりもイラストのほうが感じが出てるかも。



昨晩は、帰ったのが夜中をかなり過ぎた時間でした。
で、やっぱり習慣で5時には目が覚めてしまうんですよ。
もう年寄りの仲間入りやんって感じです :emojiface_glad2:

昨日は思いっきり遊んだので、今日は今からバイトへ行って稼いできます!

たまには緑が主役の世界へ


Post-637マノアという場所は、雨が多かったり湿度が高かったりするイメージで
最初はまったく近づきませんでした。
あるきっかけでマノアに行ってみて、その一度で気に入ってしまいました。
それ以来、毎回ではありませんが 気が向いて行くことが多いです。

この緑の世界の中へ入っていくと、す~っと力が抜ける感じです。
自分の足で立ってないような感覚になりますね。
目に入る緑が、安らぎ感を与えてくれます。



そんな緑の世界の中に、極楽鳥花やジンジャーが咲き乱れています。
でも、ここでは主役は緑ですね。
花が脇役になる場所、それがマノアなんでしょうね。



この教会の周囲を散歩すると、緑のパワーを感じることが出来ます。
深呼吸すると、体の中が浄化されるような気になりますね。



でも、これだけ緑が活き活きとしているのは やはり雨のおかげなんですね。
ここを散歩している時も、時折シャワーが降ったりしました。
そんなシャワーを、少しも嫌だなぁって思わないのがマノアの魅力かも。
同じシャワーでも ワイキキで降るシャワーと ここでのシャワーは違うような
気になってしまうんですね。不思議なものです。


そんな緑が主役なマノアの町へ、次回はまた行こうと思ってます。
2回に1回は行きたくなる町、そしてその頻度を守ってます。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

今日はオアフの記事だったので、イラストシリーズはマウイです。
ラハイナのはずれにある、アイスクリームショップの店先です。
ここは、ものすごく魅力的なお店で 昔の雰囲気が残っています。



さあ、今日は朝から実家へ行ってきます。
その後、夜は毎月恒例の遊びに行きます。

遊びや楽しみがあって初めて、いろんな事を頑張れますよね。
僕の場合は、例えば翌日が気になるからという理由で 中途半端に
遊ぶのを中断してしまうと、結局は遊んだ気がしません。
遊ぶなら、徹底的に遊ぶ。現実を引きずったまま、遊ぶのは大嫌いです。
ただし、体調が悪くなるようでは意味が無いですが :emojiface_glad2:

こんな表情や、あんな表情


Post-636海って、それぞれ表情がまったく違いますね。
こんな風に太陽の光が反射している海は、少し神秘的な感じもします。
沖のある一点に、太陽の光が真っ直ぐに降りてきているように錯覚します。
光が作り出す、不思議な光景ですね。
やっぱり光を撮る事は大好きですね~、止められません :emojiface_glad:




そうかと思うと、こんな表情もあります。
この写真、少し引いて撮ってるので 小さな波のように見えますが
実はものすごくパワフルな大きい波です。
ショアブレイクって言って、浜に近い部分で一気にものすごい水量が
滝のように崩れる波です。とても荒々しい表情ですね。
この波にも光が差し込んで、輝いていますね。


人間と同じで、平静で落ち着いた表情の時もあれば
すごく怒ってる表情の時もあります。
海の表情は、光で変わるって聞いたことがあります。
荒々しい波の海でも、光によって穏やかに見えたりもしますね。

じゃあ、人間の表情は何で変わるんでしょうね?
やっぱり光ではなくって、気分ですかね~。
日本には、喜怒哀楽を顔に出さない事が美徳っていう文化があります。
この文化、僕には無理な話です。
逆に、喜怒哀楽を常に表に出すのがアメリカの文化でしょうか?
この文化なら、しっくりきます。

人は感情を表に出さないと、決して前向きになれないと思います。
おもいっきり泣いて、笑って、怒って…その結果、発散して
また前向きになれれば、それでいいと思います。
あくまで個人的な意見です。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

今日のイラストシリーズは、ラハイナです。
チーズバーガーインパラダイスの素敵な入口です。
ここに立ってると、風がとても美味しそうなにおいを運んできます。
そんなイラストです。


さあ、今日は金曜日、朝から夕方まで会議の3連チャンです。
娘はハワイに近づくために、めっちゃ頑張ってます。
今から留学までの1年間、自分が取り組むべきことが明確になったようです。
同時に、親がこの1年間に取り組むべき事も明確になりました。

親は、頑張ってる子供以上に頑張って当たり前なんですよね。
子供にもっと頑張りなさいって言う前に、親はもっと頑張らないと :emojiface_delicious:



マウイの木陰を思い出す


Post-635カアナパリの海沿いには、こんな綺麗な芝生が広がっています。
植え込みの向こうには、目の覚めるような鮮やかな色の海が。
その海の向こうには遠くラナイ島を眺めて。
そして、芝生には椰子の木が影をつくってます。
爽やかな乾いた風が吹き抜けて行き、同時にその影も揺れます。
思い出すと、極上の時間です。




海沿いには、素敵なレストランが並びます。
お店の入口近くにはプルメリアの木が大きな木陰をつくってます。
木陰で感じる風には、ほのかにプルメリアの香りが。
遠くに見える真っ青な水平線。 さあ、何を食べようか?
思い出すと、至福の時間です。




ちょっと北のカパルアまで、窓全開で車を走らせます。
そこには、真のリゾートと呼ばれる場所が。
手入れされた綺麗な芝生が広がるエリア。
海側には、このリゾートのコテージが並びます。
この考え尽くされたリゾートは、影まで演出されてるように感じます。
ここは、本物とは何かを感じることができる場所です。


ラハイナのノスタルジックな感じとは また違った魅力が、
このカアナパリやカパルアにはあります。
リゾートの素晴らしさが理解できる場所ですね。
これもマウイの魅力です。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

さあ、今日は昼前から娘のKCC留学の説明会です。
サポートしてくれる会社の事務所に、KCCの職員の方が来られます。
珍しく、相方も参加します。
娘と相方と3人で 出掛けるなんて 何年ぶりやねんやろ~?
って、そんな事より ちゃんと話を聞いて来ないと。
僕が、イマイチいつもいい加減なので 相方の出動なんでしょうね :emojiface_glad2:

今日はマウイの記事なので、イラストはオアフにしますね。
今後はこのパターンで行こうかって思ってます :emojiface_delicious:


さあ、もうすぐ週末ですよ~! 頑張りましょう :emojiface_glad:

そう言えば、昨日の昼過ぎに心斎橋のクリスピーへ行ってみました。
だがしか~し、平日のあんな時間なのに長蛇の列。
1時間30分待ちとの事で、退散でした。まだまだ大阪では買えませんね~。

一番なだらかなダイヤモンドヘッド ?


Post-634ここから眺めるダイヤモンドヘッドって、
一番なだらかに見えるような気がします。
穏やかな表情で、優しそうに見えますよね。

これ、どこからの眺めか分かりますか?

ご存じの方は、すぐに分かりますよね~。
そうです、KCCのキャンパス内からの眺めです。
以前にも記事に書きましたが、この芝生の丸い広場は
ダイヤモンドヘッドのクレーター内に似せて設計されてます。
で、この広場の周りに背の低い校舎が建ってて
それがダイヤモンドヘッドの山の部分なんですね。



そんな、ダイヤモンドヘッドの形に似せたキャンパスから
実際のダイヤモンドヘッドが間近に見えるんですね。
なかなか洒落てますよね、KCCって。
ここからのダイヤモンドヘッド、とても素敵で大好きです。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

今日のマウイ・イラストシリーズの1枚です。
ラハイナの象徴、パイオニアインですね。
昔から、まったく変わらない姿でラハイナを見守ってます。


さあ、今日も頑張りましょう!

水面が鏡になる時間


Post-633以前にもアップしましたが、早朝のアラワイヨットハーバーです。
やっぱり朝は朝の写真が似合いますよね。
それに今日は良い天気なので、気分もいいです。

早朝散歩をするなら、アラワイヨットハーバーへ行ってみてください。
一瞬、えっ~って口に出してしまうような光景に出会える事があります。
水面がフラットなので、まるで鏡の上にヨットが浮かんでいるようです。
湿度が低くて空気にも透明感がある、僕が大好きなクリアーな時間です。
光の感じも素敵な時間ですよね。





よく見ると、水面に写ってる空のほうがクリアーに見えたりします。
ほんとに、まるで鏡ですよね。
で、ときどき魚が飛び跳ねて波紋をつくるんですね。
その瞬間を撮りたかったんですが…失敗しました。
次回は、それを狙って撮ってきたいですね。

って、次回次回と言いながら いったいどれだけ次回に撮ればいいのか…
すでに忘れていってますが :emojiface_glad2:

結局は、その場で撮ろうという気分にならないと撮れないんですよね。
なので、毎回リストを書いたりはしません。
全てはその場の感覚任せです。
頭に残ってないって事は、それほど撮りたい場所ではなかったって事で。
それに、その日の状況にもよりますよね。

なので、僕の場合は 撮影に限らず ハワイではあまり細かい予定は
必要ありません。逆に計画してると、その通りに行かない場合に
精神的にマイナス方向に向いたりしますよね。
やっぱりハワイでは、自分らしく自由に感覚だけで動きたいですから。
なんせ、縛られる事が大嫌いな自由人ですので。
大きな組織や多数派に属するのも大嫌いです。
自由じゃなくなりますからね。
自己責任の自由主義、それで突っ走ってますんで :emojiface_glad:

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

マウイのイラストをシリーズ化しようかと思ってます。
と言うことで、今日は「ラハイナの正午前」のイラストです。


最近、ちょっと写真からのイラスト作成にはまってます。
これこそ、自由に自分の感覚で色を塗ったりできるので
自分の感覚上での世界を作れます。楽しいですね~ :emojiface_delicious:

夕陽前の時間


Post-632いつも、朝の早い時間に更新するんですが
それだと、夕方の写真をアップしづらいんですね。
朝から夕方の写真かいなぁって自分で思ってしまうんで…
なので、夕方の写真がどんどん残って行ってます :emojiface_glad2:

そこで、今日は時間があるので夕日前の写真をアップします。
夕日の写真もありますが、僕は日が沈む少し前の写真の方が多いです。
夕陽を待ってる時間の雰囲気が好きですね。
椰子の木や待ってる人の顔に 斜めの光が当たってます。
その瞬間が、とてもいいですね~。
思わずシャッターをバンバン押してしまいます。



もう日が沈む直前になると、周辺がどんどんシルエットになっていきますね。
その感じも、とてもいいですよね。
短い時間なんですが、ハワイの大きな魅力のひとつですよね。


次回は、ちょっと今までと違ったパターンの夕陽前の写真を撮ってこようと
企んでます。いつもワンパターンでは、面白くないので~ :emojiface_delicious:


とことんクリアーなラハイナの通り


Post-631昨日からずっと冷たい雨が降ってます。
そんな月曜日は、気分を変えてクリアーな景色で行きましょう。
またまた、お気に入りのマウイのラハイナです。
昨年9月に行ったときは、ほんとにクリアーな快晴でした。
空気中の湿気が極端に低い、透明日だったんですね。
どこを眺めても、コントラストがハッキリしていて気持ち良いです。
ラハイナが一番ラハイナらしい魅力を発揮する日ですね。


下の写真、鮮やかな黄緑色のワンピースが輝いて見えますね。
こんな日のラハイナは、何処を見ても輝いてます。
今までに何度もラハイナへ行ってますが、こんなにクリアーだった日は
珍しいですね。




このフロントストリートを歩いていると、いくつか横道があります。
その横道は、何故か少し懐かしい風景だったりします。
例えばこの下の写真の横道は、少し日本の田舎道のような感じです。
なぜかと言うと、それは道幅が狭いからですね。
ハワイでは、こんなに狭い幅の道は珍しいです。
日本でのクリアーな日って、こんな感じかもしれません。




クリアーな日のフロントストリートの散歩は、いろんな魅力に満ちています。
普通の光景でも、この透明感とクリアーな光が綺麗に見せます。
例えば、この横道もそうですね。
単なるお店の間にある通路で、排気口が並んでるだけの普通の通路です。
それが、こんな日に写真にとると ちょっといい感じになってしまうんですね。




このラハイナのようにクリアーな日は気持ちが良いです。
もうすぐ梅雨に入りますよね。
僕は湿気に極端に弱いです。年間で最もパワーダウンするのが梅雨です。
なので、気分だけでも ジメジメした感じから開放されたいですよね。
ジメジメとか、ウジウジ悩んでるとか そう言うのが大嫌いなので :emojiface_delicious:

さあ、今週も頑張って行きましょう!



※昨日、ロコボーイさんから看板写真を送っていただきました。 :emojion:
それに、B級グルメ写真もです。 :emojion:
お忙しいのに ほんとに、ありがとうございました! 

カイムキの写真からイラストに


Post-630カイムキの12th Ave. の雰囲気が大好きです。
その大好きな12th Ave. の写真からイラストを作成してみました。
写真から、どうすれば雰囲気のあるイラストになるのか
やってみたんですが…細かい部分までは処理していません。
う~ん、鈴木英人さんのイラスト風になってしまいましたね。

この場所は、スコーン屋さんからダイヤモンドヘッド方向に歩いた辺りです。
以前に写真をアップしましたが、階段の色が素敵なアパートです。




このレストランは、まだ入った事がありません。
外観や看板の雰囲気がとてもいいですよね。

こういう作業は、とても楽しいです。
でも、やりだすと何時間もやってるので どこまでで止めるかがポイントです。
もう少しああやって、こうやってと繰り返して行くと もう何が良いのか
分からなくなってきてしまいますよね。
なので、これぐらいで まあいいかって事で。




またかいなって聞こえてきそうですが…何度も出てくる大好きな
スコーン屋さんですね。ここのスコーンも好きですが、このお店の
雰囲気や周辺の感じがとてもいいです。
イラストにすると絵になるお店ですよね。


僕は、イラストがとても好きなんですが 自分では描けません。
絵が極端に下手なんですね。
一時期、Macでイラストを描いたりもしてたんですが…向いてないです。
なので、自分で撮った写真を元にして そこからイラストを起こすという
作業をやってみたんですね。これならできそうでした。

いつも、突然思い立ったら こういう作業が始まります。
次回は、イラストにできそうな写真を意識して撮ってこようと思います。
でもきっと、その場では忘れてるでしょうが :emojiface_glad2:

カイムキやワイアラエ通りの風景を、もっともっと撮ってきて
イラストにしてみたいです :emojiface_delicious:



※hawikapaauさんから、看板写真B級グルメの写真を送って
  いただきました。ありがとうございます!
  早速アップさせていただきました。