モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2009年10月

海へ向かって


Post-414今日はとてもいい天気でしたね、暑くて半袖のTシャツ1枚で過ごせます。
なので、いきなりのビーチ写真です。

先日、海に入りたいっていう記事を書きましたが その入りたかった海へ
向かう道がこれです。
駐車場に車を停めて、ゆっくりと海に向かって歩きます。
すると、この何とも言えない青い色が目に入るんです。
こうやって、木陰から眺める海の色って とても好きですね。
すごくわくわく感があって、早く海まで走っていきたい気持ちを抑えて
ちょっとここから眺めておきます。

もう、絶対に綺麗な景色って分かっているだけに ここから眺めてる時間も
楽しいんですね~。ゆっくりかみしめてから、さあ、海へ向かいましょう。


海に出ると、まず太陽の方を見ます。
まだ午前中の早い時間なので 太陽がこんな位置にあります。
この逆行気味の風景も好きですね~。まずはこの逆行を楽しんでおきます。



で、いよいよ正面に向かって左側を向いてみましょう。
やっぱり、思っていた通りに綺麗な景色です。
ここのビーチは、カイルアやラニカイと並びなので 色が似ていますね。
まだ誰もいないビーチは、とてもいい気分にさせてくれます。



この日は、専務と友人一家や弁護士さん一家と一緒に waveesサークル
アイランドツアーへ行ったんですね。
専務のお子様達が写ってますが、後ろ姿なのでお許しをいただくとして。
よく見ると、左の少し沖にホヌさんが首を出していました。
まったくの偶然で、撮ってる本人は最後まで気付いてませんでした。
このビーチの雰囲気が伝わりますか?
みんな笑顔で記念撮影ができました。とてもいいビーチですよね。



というわけで、突然のワイマナロビーチの登場でした。
今日のようにいい天気だと、ビーチへ行きたくなりますね。
ここも、僕のお気に入りのビーチのひとつです :emojiface_glad:

ちょっくら、久々の実験フォトムービー


Post-413ちょっと思い出したように、突然フォトムービー実験をやりました。
お時間のある方のみ、どうぞ。

また、いろいろと企んでおりまして その準備のひとつとしての実験です。
まだまだ、やりたい事がたくさんあるんで チャレンジしていきます。

濃い光の中のピンクパレス


Post-412僕は、夕方の濃い光が大好きです。
この時間になると、見慣れた風景も表情を変えるんですね。
その瞬間を撮りたくて、いろんな場所へ行きます。
いつもはビーチばかりなんですが、今回は久しぶりにワイキキ周辺です。
で、やっぱりワイキキにも絵になる光景がありました。
ピンクパレスの、この位置の壁がとても好きですね。


このあたりを、この光が濃い時間帯にゆっくり歩いたのは初めてです。
いいですね、このあたりも。
「わざわざワイキキなんて」って言ってましたが、今更ながら反省です。



ワイキキは「人ごみ」、「日本人が多い」、「買い物客ばかり」、「観光客専門」、
「ざわついている」などといったイメージばかりが頭にあって 敬遠してました。
ちゃんと歩いた事もないくせに、食わず嫌いになってて。
こんな考えを持ってると、すごく損をしますよね。
いまさらながらですが、ようやくそれに気付いた次第です。



何でもそうですが、物事をある一面からだけ見て判断してしまうと 本来の姿が
見えなくなってしまいますね。歳をとっていくと、その傾向が強くなってしまい
ますます頑固な食わず嫌いになっていく。
それじゃあ損をしますよね。
物事の悪い面はすぐに目に付くので、そのイメージが固まってしまう。
で、なかなかその良い面を見つけられなくなるんですね。

良い面を見つけていく気持ちがあれば、もっといい時間を過ごせます。
悪い面ばかりを見て文句や愚痴を言ってるよりも、
良い面を見つけて気分良くなる方が いいに決まってますから :emojiface_delicious:

<2009マウイ> ラハイナのとっておきの場所での体験


Post-411ラハイナのお店に入ると、どこもフレンドリーでした。
娘がお気に入りのクイックシルバー&ロキシーのお店があったので
入ってみました。僕は一通り眺めてから外の景色の写真を撮りに
いったんお店から出たんですね。

何枚か撮ってからお店に戻ると、こんがり日焼けした店員のお姉さん
が僕を見て「こっちこっち、こっちにおいで」って言ってます。
何のことやら分からず、言うとおりにお店の奥へ入っていきました。

するとお店の奥の裏口から外に出たところに娘がいたんですね。
何で裏口から、しかもお店の外に出てるのかなぁって思いながら
お姉さんに「サンキュー」ってお礼を言って、裏口から外に出ました。

この裏口から出た瞬間の景色が、この最初の写真です。

この景色を見た瞬間に、僕はお姉さんの方を振り返りました。
お姉さんは、満面の笑顔でシャカサインをくれました。

娘に話を聞くと、娘が一眼を持ってたので お姉さんが
「とっておきのいい場所があるからおいで」と言って娘を裏口から外に
案内してくれたようです。
お姉さんにお礼を言うと、「内緒よ」って微笑んでいたそうです。

ここから眺めるラナイ島は、ほんとに素晴らしかったです。
ここはお店のスタッフが休憩する、とっておきの場所なんでしょうね。
この最高の眺めと 心地よい乾いた風。
どんな言葉でも表現できないほどの感激でした。


お店に戻ろうとしたら、裏口の扉に写り込んでいる風景にびっくりです。
記念に1枚だけ、とっさに撮った写真がこれです。



あまり長い時間、ここにいるのも申し訳ないので お店に戻りました。
娘は、お姉さんに何度もお礼を言って 何やら話をしていました。
僕はただただ笑顔で立っていただけですが。
お姉さんは、僕も娘も一眼を持っていたので案内してくれたようです。

ほんとに心温まる、とてもいい体験でした。

結局このお店では何も買いませんでしたが、僕と娘は 一生このお店を
忘れることは無いでしょうね。

海に入りたい


Post-410今日は、このビーチにいる気分で。
たまにはシンプルに写真メインでいっときましょか。
毎日いろんな事がありますが、またこんなビーチに戻れるなら
がんばれますよね。



思いっきり海に入りたくなる時がありますね~。
次回は海で過ごす時間をつくります。



必要なんですよね~、海で過ごす時間って。
自分の原点は海なんですから。
早朝から日没まで、一日中水着のままで運転して ビーチをめぐる。
ハワイでは、若い頃にそんな事をよくやってました。

自分自身の本来の姿、自分はやっぱりこうあるべきだって思った事ありません?
たま~に、そんな事を想いながら またハワイ目指して頑張るんですね。
ハワイは、自分の本来の姿を教えてくれるのかもね。
だからまた、ハワイへ戻りたくなるんですよね :emojiface_delicious:

<2009ハワイおまけ> これ知ってます?


Post-409横道にそれてばかりですが・・・今回買って帰った お気に入りです。
帰国日の午前中に、ソルトレイクのターゲットにもう一度寄りました。
そこで見つけたのがこれです。もうご存じの方もおられますよね。

「Oahu Pop-Up Map」で、横幅が10cmぐらいの小さな地図ですね。
まず表紙のデザインでやられてしまいました。
手に取って、開いてみると・・・即購入決定です!

それでは開いてみましょう。こんな感じになります。



そして、左側のページをゆっくり開いていくと・・・ほら、楽しいでしょ~!
オアフのきれいなイラスト地図が見えてくるんですよね。



ちなみに右側はというと、こんな感じです。
こちら側はワイキキ周辺の地図になってます。



両方開くと、こうなります。この工夫が楽しいですよね。



左側を全開にすると、こうやって素敵なオアフの全体図の登場です。



裏表紙にも、ホノルル周辺の地図があります。
こうやって立てて置くと、なかなかいい飾りになったりもしますね。



反対側はというと、こんな感じです。ダウンタウンとワイキキの詳細図です。



この地図の「折り方」は、こうなってます。うまく考えられてますよね。



と言うわけで、ポップアップする小さなオアフの地図でした。
この地図を見て、
「こんなに小さいと見にくいやん」
「いちいち折り目を伸ばさないと、ちゃんと見れないやん」
「これって、いったいいつ使うん?」
などと思われましたか~?

実際に、これを持ち歩いて地図として活用する場面は少ないかも知れません。
でも、そういうあまり現実的な話ではなくて これを作って売ってしまうっていう
「遊び心」みたいなものが とても楽しくてユーモアがありますよね。

ゆっくり開いていくと、こうやって大好きなオアフ島が見えてくる。
その瞬間の ワクワク感って なかなかいいもんですよ。


毎日を現実に集中して過ごしているので、部屋に戻ってこの地図を開くと
急に気持ちが和んだりします。それに、やっぱり楽しくなるんですよね。

「これは使い物にならない」って思うのか、「おっ、楽しいやん」って思えるのか。
やっぱり何事も、まず「楽しむ心」って大事なような気がします。
「楽しめる=前向きになれる」ですもんね。
「批判する=後ろ向きになる」ような気がします。

きっと、これをハワイで見つけると ハワイが好きな方は「楽しいやん」って
思えるんでしょうね。
でも、日本でこれを見つけても その時の心理状態によっては「無駄」って
思ってしまうのかも。
「楽しむ心」や「遊び心」を持って、前向きな心理状態でいたいですよね! :emojiface_delicious:

<番外編> カラパワイのアンティーク写真はいかが?


Post-408カイルアにある、お馴染みのカラパワイ・マーケットの事を書きます。
20年前から、毎回のように通っている大好きなお店です。
特別に「これがすごいぞ!」って言うアピール度の高いお店ではありません。
ごく普通のグロッサリーストアなんですが、そこがまた魅力ですね。
このお店の窓側には、こんな写真が額に入れて売ってたりします。
マニアにとっては欲しい一品ですね~。

で、その周りには こんなハワイの古い写真のポストカードが並んでたりします。
1枚ずつ見ていくと、とても興味深くて欲しくなってしまいますね。



もう少し引いて撮ってみると、こうなります。
ここは、ポストカードなんかが置いてあるコーナーなんですね。
僕は、この白い窓枠と壁の色や雰囲気が大好きです。
kahalaさんと同じく、白い窓枠マニアですので こういう感じがたまりません。
外の何気ない景色を、この窓枠から眺めると とても嬉しい気分になったりします。
もう、完全にマニアックな世界なんですが・・・



上の写真の下の方に少しだけ見えてるのが、これです。
昔のハワイの写真が、たくさんこの中に並んでいます。
全部見てると それこそ全部買いたくなりますよ。これまたマニアックですが、
ここに並んでいた写真は、古い写真マニアにとっては お宝ですね。
ほんとに何気なくこうやって古い写真が置いてあるところが、このお店の魅力
だったりします。
この「 COLLECTIBLE~」って書いてある段ボールが、またいいですよね~。



となりのポストカードスタンドにも、このお店の昔の写真があったりします。
これもすごく欲しいですね~。
って、今回は写真だけ撮って満足し 結局1枚も買ってませんでした~!
今思えば、買っておけば良かったなぁって・・・またまた宿題ですね。
今までも、このポストカードがあったのは知ってたんですが・・・
歳ですかねぇ、今はこんな古い写真にとても惹かれるんですね。



このお店の入り口横のネオンサインです。
この白枠と壁の色が、とても良いですよね~!
ここのエスプレッソも美味しいですよ、単にドリンクだけを買いに寄るのも
いいですが 少しじっくりと このお店を眺めると とても魅力が満載です。



ちょっと奥に入ったところの壁には、この大きなポスターがありました。
これも売り物なんですが、この写真はお宝ですよね。値段を見なかったですが
次回まだこれが ここにあったら買ってしまおうかな~って思いますね。
ずっと昔から、この場所で 同じ建物で営業されてたんですよね。



そして今でもカイルアビーチを訪れる人から親しまれ、僕のようなマニアも
存在する このお店は これからもずっと残って欲しいです。



僕はいくつになってもオアフに来れば このお店に立ち寄りたいです。
そんな、思い入れがとても強いカラパワイです。

みなさんにも、そんな思い入れの強いお店がありますか?

<2009マウイ> ウィンドウに写り込んだ風景


Post-407ラハイナのフロントストリートには、魅力的なお店が並んでいます。
道の片側はラナイ島を望む海というロケーションの良さが、この通りの
お店を より魅力的にしてるんですね。
歩いていると、大きなウィンドウに 道路の反対側の風景が写り込んでいるのに
気付きます。思わずハッとする瞬間ですね。
ここのお店のウィンドウは、横に長いので ラナイ島全体が写ってますね。

このサーフショップのウィンドウの内側は こうなっています。
このすだれがいいですよね。すだれの間から、青い空の色が見えるんですね。
で、よく見ると 外の海が目の前に見えてます。



このお店のウィンドウにも、写り込んでました。
いかにもアメリカ的な 白い格子のウィンドウが素敵ですね。
で、壁の色もいいですよね。
こんな素敵なお店のウィンドウに、こんな素敵な風景が写り込んですね。
こういうのを見つけると、とても幸せな気持ちになれます。





と言うわけで、ラハイナのフロントストリートには 魅力がたくさんあります。
この光景や雰囲気は、ワイキキでは味わえないですね。
だからまた、ラハイナへ行きたいなぁって思ってしまうのです。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
今日は、息子の野球の試合を見に行きました。
久々に豊中では大きな球場での試合だったので、楽しみでした。
で、結果は勝ったのですが 彼は今日の試合は投げてないんですね。
センターを守ってました。最近コントロールの調子が悪くてピッチャーを外されて
るんです。バッティングでも、ノーアウト満塁のチャンスにスクイズを失敗して
ゲッツーになって・・・いいとこ無しでした。それが相当悔しかったんでしょうね。
帰ってきても、黙って悔しがってました。負けず嫌いなので、また努力をする
でしょう。

娘は、今日は陸上の大会でした。
彼女も腰を痛めていて、思うように走れなかったようでした。
それに、会場で財布を盗まれたようで 下を向いて悲しそうに帰ってきました。
自分が荷物から目を離したスキに盗まれたようで、自分が悪いって。
記録も悪く、せっかくハワイで買ってきた財布まで盗まれてショックだったでしょう。

こういう時に、僕は2人には 決してこちらから話しかけません。
2人とも、自分が悪いって事を 自分に責任があるって事を 痛いほど分かってるん
ですね。なので、もうそれ以上注意したり ヤイヤイ言っても何の効果も無いし
かえって傷を深めるだけなんですね。それより自分自身で整理する時間を与える
事のほうが大切です。

しばらく時間を置いてると、2人とも今日の反省点を 自分から話してきました。
自分の失敗は、自分自身が一番良く分かってるんですよ。
失敗は誰にでもあるので、いいんですよ。それを責めても仕方ないですよね。
今回の失敗は 次回から同じ失敗を繰り返さない為の経験なんだって事を 本人が
わかっていれば その失敗は意味を持ちます。

そうやって、少しずつ強くなって行くんですね。
失敗しないと理解できない事って、たくさんありますよね!
自分自身も、失敗を繰り返して学んだ事が大きいので :emojiface_delicious:

3日目(9/19)、朝市だけじゃないKCCの特集


Post-406いや~、今日の更新がこんな時間になってしまいました。
朝からバイトで18時に戻り、そこから娘と急遽コストコへ。
なんだかんだ買い物して、べらべらしゃべって ようやく帰ってきました。
前回9月のハワイの話と、来年7月の話を 延々としながら KCCの話が出ました。
今まで何度も朝市へ行って、まだ一度も食べてなかったピザ。
それを9月にようやく食べて・・・そりゃもう美味かったですよ! 
並んでも買ってよかったなぁって、思い出してました。


KCCにはお菓子もたくさん売ってますよね。
例えばこんなお菓子も。



それから、こんなクッキーも。このクッキーは、KCCの学生さんが授業の一環
として焼いて販売してるんですね。これも美味いですよ!



途中でレモネード飲んで、喉を潤します。
これも、初めて買いましたが 美味かったですよ。



果物系は一度も買った事がないです。見てるだけでも充分です。
こうやって果物を売ってる光景が好きですね。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
ここからは、KCCのキャンパス内部の紹介です。
まず最初にKCCの全体図と、航空写真を載せておきますね。




この航空写真の、丸で囲んだ部分の中心に芝生の広場があります。
まずはその周辺の写真から。
この広場は、かなり広いです。で、その周辺にはこうやってパラソル付テーブル
が並んでいます。そこに座って、朝市で買ったものを食べるのもいいですね。





この広場を囲むようにして、キャンパスの建物が建ってます。
広場の周辺を歩いてて、振り返るとダイヤモンドヘッドがすぐそこに。



土曜日はお休みなので、学生もいません。この広場で犬の散歩をしている
カップルや、ゆっくりくつろいでる家族連れの方がいました。
ここは、ほんとに気持ち良いです!
実は、キャンパスツアーの時にKCCのスタッフに教えてもらったのですが
KCCの建物は2階建てまでなんですね。そしてこの広場を囲むように建てて
あるんです。それには意味があるそうなんですね。
航空写真をもう一度見ると良く分かりますが、実はダイヤモンドヘッドを
イメージして設計されているそうなんです。
つまり、この広場がクレーター内部です。建物が周辺の山の部分って事です。
この広場に立ってると、ダイヤモンドヘッドのクレーターに立ってるのと同じような
感覚になれるように設計されてるんです。
この話は知りませんでした。ぜひ一度行ってみて下さいね。



キャンパスは、それぞれ独立しています。どの建物も個性的ですばらしいです。
内部の施設がまた、かなり先進的でびっくりしました。



これは、上の駐車場へ登って行くキャンパス内の道路ですね。
ここからの景色がまたいいですよ!
正面にはダイヤモンドヘッドが、そしてハワイカイ方面にはココヘッドが!





と言うわけで、朝市だけじゃないKCCの紹介でした。
このKCCの学校としての環境が、いかに素晴らしいか伝わりましたでしょうか?
ハワイの学校というだけでも素晴らしいんですが、ここは周囲の環境も抜群です。
そして、何よりスタッフや先生方がすごく個性的で素敵な人ばかりでした。

そりゃ、こんな学校を見たら 本気で勉強しようって思いますよね。

朝市もいいですが、それだけではないKCCの魅力でした :emojiface_glad2:

<おまけ編> 鏡に写った眺め & ふみふみさんより貴重写真


Post-405よく鏡を見つけると、そこに映った眺めを撮りたくなります。
自分が入ってしまう事が多いですが、なかなか楽しいですね。
最終日に本願寺へ寄ったんですが、そこには低い位置にこんなに大きな
鏡が設置してありました。珍しいので思わず撮ってしまいました。


次は、宿泊したコンドの壁にあった大きな鏡です。
早朝なので、室内はまだ暗いですね。でも鏡に映った眺めはラナイの朝の
光で明るいです。鏡の中の世界は、別の風景を映し出しますね。



これも、自分が見ているのと反対側の部屋の様子を映し出してますね。
鏡なので当然なんですが、とても面白いですよね。



ラナイからの眺めを、反対を向いて眺める。
まるでそこに窓があるようで、不思議な感じですね。なかなか楽しいです。



ハワイにいると、自分自身のアンテナも感度が良くなるんですね。
なので、日本では気にもしない事でも その素晴らしさに気付いたりする事が
あります。
僕の場合は、ハワイでゆっくりするって感覚があまりありません。
本来の自分自身に戻る感覚や、自分の中でくすぶってたものが蘇る感覚の
方が大きいですね。自分は本来はこうあるべきなんだって思ったり、もっと
この部分は頑張れば伸ばしていけるとか・・・すごく前向きな状態になれますね。
そう言う意味でも、最低でも1年に1回はハワイへ戻らないとダメですね :emojiface_delicious:

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

さて、昨晩 ふみふみさんから貴重な写真を送って頂きました。
とても興味深い写真ですので、ふみふみさんの解説も合わせて掲載しますね。
まずは、昭和40年頃のワイキキの写真です。


<ふみふみさんの解説>
一目で判るのはまだハイアット(76年開業)のツインタワーがありませんね。
と言うか手前にある円形のワイキキサークルホテル(64年開業)から屋上に回転
レストランのあるワイキキビジネスプラザまで、めぼしいビルがまったくありません。

左側ではピンクパレスの先にシェラトンワイキキ(69年開業)がありません、また
モアナホテルにもサーフライダーホテル(現在のタワー・ウィング、69年開業)が
ありません、でも遠くに見えるイリカイ(64年開業)はこの時代から健在ですね。
中央を走るカラカウア通りはまだ片側3車線の相互通行です。
この写真を撮影したのはまだパシフィックビーチホテル(69年開業)が出来る前
ですので多分フォスタータワーホテルからでしょうか。
_______________________________
これは貴重な写真ですよね、ゆっくり眺めているといろんな発見がありそうです。

そしてもう1枚送って頂いてます。昭和40年頃のマカプービーチの写真です。
その下に、最近の同じ位置での写真を載せておきますね。




撮影している時間によって潮位も違いますが、やはり浸食が進んでいますね。
カイルアはもっと浸食されて深刻な状況ですが、ここも こうやって見ると
かなりの変化です。

ふみふみさん、ありがとうございました!
ふみふみさんの貴重なお写真で、いろいろと考えさせられ そして勉強になります!