モーハワイ☆コム

カテゴリー:ウインドワード

クアロアの山並み


DF0_5862

クアロアランチへ行く手前のこの場所から眺める山並みが美しいです。
この角度だと、侵食の部分が光で変化していく。
手前の樹々の感じもいいですね。
絵になる場所だと思います。

この写真から色を抜いてみると…
こんな感じになります。
mcDF0_5862

モノクロームだと、より光の強弱がハッキリ伝わるのかも。
日差しの強さが強調されるような印象ですね。
ハワイの写真をモノクロームで楽しむのも面白いと思います。

Kualoa view


aDSC_3161

クアロアの稜線に雲が流れて来た。
ここから眺める稜線や山肌は素晴らしい。
じっと立ち尽くしてしまう。
何が素晴らしいか感じ方は人によって違う。
その度合も人それぞれ。
でも、きっと誰もが無条件に素晴らしいと感じる場所だと思う。

clear Kualoa


uDSC_0861

今日の大阪は朝から寒くて雨。
そんな日はクリアーな写真で。
クアロアビーチを散歩していると
とても透明感を感じます。

透明感のある写真を撮るのは難しい。
具体的な方法よりも
まず自分が透明感を感じる場所で、透明感を感じるアングルで撮る。

そしてそれ以前に
自分自身が透明感を感じなければ、撮ろうという気持ちにならない。

何事もそうですが
まずは自分自身の状態が良くなければ。
自分自身が clear でなければ。
でないと良い結果には結びつかないのかも (^^)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

大きな写真はここでどうぞ。
ハワイネタじゃない、自分がその時に思ったことを書いてる
photo blog はこちら

Kualoa Regional Park


8477720835_050997460d_o


午前中、カイルア方面に雲が多ければ


ここまで車を走らせると晴れてる事が多いです。


ローカル感満載のレイドバックなビーチパークなので


先を急ぐよりも ここで一日を過ごす方がいいかも。


そう思わせてくれる お気に入りな場所のひとつです。

Waimanalo Bay Beach


wbay

Waimanalo Bay Beachpark は、ちょっと通りすぎてしまいそうな場所にあるので

ローカルなビーチパークとしては最高にいいですね。

 

細かい部分は別にして ブログがどんどん復旧してますね。

スタッフの皆さん、ご苦労さまです。

このWordPress ですが、Facebookとの連携などをはじめいろんなカスタマイズが可能なので

そのうち活用させてもらいます(^^)

 

 

クアロアの手前で休憩なら


Post-918東回りでノース方面へ走る時には、ちょうどここで休憩ですね。
最近、やたらに観光客の方が多くなったトロピカルファームです。
どうやらツアー会社やガイドさんと提携してるらしくて、
本土の方やアジア系の方がとても多くなりました。

ちょうどこの辺りで休憩というポイントにあるので、
ここかクアロア牧場で休憩です。

ここは、コーヒーやマカダミアナッツなどがたくさん売ってます。
一部では、ここは値段が高いと言われていますが…
なによりここの良さは、コーヒーの試飲とナッツ類の試食ですね。
休憩がてらコーヒーを飲んで試食して、気に入れば買えばいいしね。
それに実際に口にして買えば、間違いないしね。
高いと思われる方は、どうぞ他で買ってくださいって事で。

よく、どこどこのお店のほうが1ドル安かったとか
あっちのスーパーの方が少し安いって話を聞きます。
でもね、わずかの差なら わざわざ安い場所まで行って買うよりも
気分良くそこで買ってしまう方がいいような気がします。
個人的には、例えば1ドルで後悔したり そのお店を高いと言うのは
何かとても小さい話のように感じてしまいます。
そりゃぁ、関西人としては1円でも安い方がいいに決まってるねんけど。
でも、ハワイではそんな日常の習性を忘れるのもいいかも。
人それぞれに満足度があるので、自分が納得して買えばいいやんね。

話がそれましたが、ここの裏口周辺にはカラフルに植物が配置してあります。
なかなかセンスいいですよね。
試飲のコーヒーを飲みながら、こんな光景を楽しむのもいいですよね。
あんまり細かい事は、どうでもいいやんって気になります :emojiface_glad:



ライエ・ビーチパークの光と色(その2)


Post-740暗い場所から明るい場所を撮る。
そんな撮り方が大好きなんですが、まさにここでは それが可能です。

風が心地良い木陰から、光の強い場所を眺めます。
色がとてもくっきりしますよね。




この先に広がる光景の素晴らしさが、ここから伝わってきます。




この光、この色…たまりませんね!




極楽ビーチが目の前に広がります!




何も言うことはありませんよね。




娘が免許を取ったんで、明日は娘の運転で実家まで出掛けます。
自分の車の助手席に、初めて乗る事になるわぁ…
きっと、なかなか面白いドライブになるかもね :emojiface_glad2:

ライエ・ビーチパークの光と色(その1)


Post-7387月のハワイで、今まで行けてなかった場所へ。
カフクから南下してきて、ポリネシア文化センターを過ぎてすぐの
小さなビーチが このライエ・ビーチパークです。
今まで何度も通りすぎてましたが、今回ようやく立ち寄りました。

小さな駐車場に車を停めて、ビーチ側に歩くとすぐにシャワーが。
このシャワーの周辺の光が何とも言えません。
ほんとにハッとするような光と木陰です。
海の色も綺麗なのですが、それよりもこの場所の光がとても綺麗で。




乾いた心地良い風が流れてきます。
この場所に立ってると、もうそれだけで活力がみなぎってくるんです。
今、この写真を眺めてるだけでも この場所の感覚がよみがえります。




少しビーチに近づいていくと、素晴らしい海の色が。
この時点で、このビーチに立ち寄って正解だったと確信していました。
ここには僕が大好きな光と影、そして心地良い乾いた風、そして色が。



珍しく出し惜しみして、順番にアップしていきます。
それだけこの場所が、自分にとって素晴らしい場所だったんですね。
いろんな条件が揃って初めて、その場所の素晴らしさに気付くんでしょうね。

何事もそうなんですが、いろんな条件が揃ったタイミングを決して逃さない。
そういう姿勢が必要だと思います。
残り時間が少なくなってくると、そういうタイミングに気付いて逃さないように
しないと 知らないままで終わってしまう事になりますよね。
せっかくの人生、それは嫌やもんね!

クアロアビーチのカップル椰子


Post-677クアロア・ビーチパークって、雨が降ったり曇ってる事も多いんですが
晴れるときは、ほんとにピーカンになりますね。
特に雨が降った後に晴れてくると、とてもクリアーになります。
椰子の木や芝生の緑が輝いてくるんですね~。

このビーチに、以前からずっと気になってたのが この右端に見えてる
カップル椰子です。この2本だけが、仲良さそうですよね。
まあ、よくある光景と言えばそれまでなんですが…
そう言わずに、これはカップルなんやぁって感じる方が楽しいですよね。
って、無理矢理にこじつけて 記事にして行きましょう :emojiface_glad2:



近寄って、2ショットを撮ると こんな感じです。
僕には珍しく、縦写真ですね~。
何となく、とても良い感じだったので 縦で撮ってみました。
この2本の距離が微妙なところが、またいいのかも。




人間もそうですが、あまりにひっついてベタベタのカップルって
最初は良いのですが 長続きしなかったりもしますね。
盛り上がってる時って、相手の良いところだけを見てしまいますよね。
時間が経つと、「こんなはずじゃなかった」っていう部分が見えてきたりして。
で、最初の距離が少しずつ離れて行くんですよね。

それはそれで、仕方ないって言う意見もあるでしょうが…。
相手を最初から良く知っていると、ある程度の距離を持って付き合う事も
ありますよね。
その距離って、決して悪い意味ではなくって 「相手に100%頼り切らない」って
意味です。相手を尊重しながら、相手と一緒の時間と自分ひとりの時間を
うまく認め合えるっていう意味での距離ですね。
何もかも全て一緒の方が良いに決まってるって言う人もいますよね。
それはそれで良いのでしょうが…僕には無理です。
何もかも頼られたり、何もかも頼ったりする関係は成立しません。
あくまで自分は自分として独立していることが基本なんですね。

それぞれが独立していて自分の時間も大切にして、お互いに成長していく。
で、一緒の時間にはお互いに刺激を受けながら尊重しあう。
そんな関係でなければ、僕の場合は長く続かないんですね。
これは、夫婦間だけではなく 友人関係でも同じです。

相手に自分が出来ないことや自分よりも優れている部分があって、
それを素直に認め合えるなら 良いカップルだし良い友人関係ですよね。

相手よりも自分が常に上の立場でなければ納得しないような関係は
決して前向きな関係にはならないですよね。
妻は一歩下がって付いて来いとか言って、亭主関白を自慢する男もいます。
特に僕の年代以上の方には多いですね。
亭主関白のどこが素晴らしいのか理解できませんが、そう言う以上は
男に説得力や高い能力が無いとだめですよね。
そう言う男に限って、自分の事を棚に上げる人も多いはずです。
亭主関白だけでなく、それこそ友人関係でも同じですよね。
友人であるはずなのに、上から目線で接してくる人や自慢ばかりしてくる
人もいますね。

まあ、いずれにしても 一緒に長く居るなら 相手の事を認めて尊重する。
それが大切な事なんでしょうね。
って、何で今更そんな事をって思いましたか?
別に離婚の危機がやってきた訳ではありませんので~ :emojiface_glad2:

いろんな人がいて、いろんな関係があって。
良い関係が長く続く相手って、自分だけじゃなくて お互いに前向きな状態に
なれる人だって事ですよね :emojiface_glad:


カップル椰子から、話がどんどん離れて行ってしまいましたね~。
しかも長いわぁ!   まあ、毎度の事なので…お許しを :emojiface_delicious:



お口直しに…


あれっ、こんなところに あいまいな嫁ちゃんが??
めっちゃ似てるから、びっくりやったわ

遠くから&近くから眺める


Post-659いつも、チャイナマンズハットの近くのクアロアビーチへ行きます。
でも、こうやって離れた場所から眺めると また違った印象です。
ぽつんとこんな感じで島があるのも、面白いですよね。



チャイナマンズハットの左側には、ギザギザの山が連なります。
これだけの山がすぐ近くにあるのに、この島だけが独立した感じで
存在するんですよね。何とも不思議な感じです。



すぐ近くのクアロアビーチから眺めても、やっぱり不思議な感じがします。
ぽつんと海に浮かんだ姿が独特ですよね。
このハットの下で、チャイナマンズが海底に座っているという絵を
見たことが有ります。まさに、そんな想像ができてしまうような島ですね。



この不思議な印象が残る島に、とても魅力を感じます。
遠くから眺めても、近くから眺めても この独特な島は 存在感がありますね。
ある種のオーラのようなものを感じたりします。

このチャイナマンズハットの持つオーラって、どう感じますか?
僕には、とてもマイペースですが 少し離れた立ち位置で 常にオアフ島を
見守ってるような感じを受けます。
その立ち位置が、遠すぎず近すぎずで絶妙な感じですね :emojiface_delicious:

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/