モーハワイ☆コム

カテゴリー:Japan

飛行機を撮る


aDSC_0746

今日はハワイネタではないのです…
ちょっと前の事ですが、伊丹空港で望遠の試し撮りです。
次回のハワイで活躍してもらう新しいレンズとカメラで。
軽量なシステムにしたので、全部手持ちで楽々撮影です。

aDSC_0747

結構撮れますね〜。

aDSC_0753

飛んで行く飛行機の後ろ姿って
あまり見ることが無い。

aDSC_0438

伊丹は、ほとんどがANAとJALです。

aDSC_0591

後ろ姿がかっこいい!

aDSC_0430

着陸してくる姿も撮れました。
ものすごい音です。

aDSC_0664

天草エアラインの、くじら飛行機も撮れました。
しかし、この空港ほど住宅街に囲まれた空港は
他に無いでしょうね。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

この写真はすべて手持ちで三脚なし。
Nikon 1 v3 と 1 Nikkor 70-300mmです。
センサーサイズが1インチなので、実質は189-810mmという超望遠。

aIMG_7838

この組み合わせは約850gと軽量で、小さな鞄に入れて持ち歩けます。
それにここまで写れば満足。
フォーカスの速さと連写性能の高さがすごい。
次回のハワイでは、波乗りを撮るために活躍してくれるでしょう!

Super Moon


aDSC_1651



今話題のオレンジカラーのスーパームーン。


少し欠け始めた頃に撮ると


クレーターがよく見えるのかも。

日本初デザインの SUBWAY が大阪梅田に


sDF0_3084



ハワイの話題ではありませんが…個人的な話です。


明日16日、大阪梅田の富国生命ビル地下にオープンします。


うちの会社がフランチャイズで運営します。


このお店、実はアメリカやUKでサブウェイが新展開している


SUBWAY Cafe のデザインで、日本初です。


sDF0_3153



小さいお店ですが、普通のサブウェイのデザインとは違って


かなり個性的な部分が多いです。


商品は他の店舗と同じですが、スムージーやプレミアムドリンクなど


カフェ系ドリンクはフルラインナップです。


sDF0_3183



店外のPOPも違います。ポスター類やメニューなどは一切ありません。


あるのはモニターのみ。


このモニターにメニューやおすすめ商品などの映像が流れます。


ちなみに、この映像は僕の作品です(笑)


sDF0_3137



この物件の話があった時に、個人的に何が何でもこのデザインで


オープンさせたかったのですね。


日本サブウェイ本部と交渉し、承認を得ることができました。


8時から22時まで、しばらくの間はこのお店のサポートが仕事です。


もし梅田に来られる機会があれば


ぜひ立ち寄ってみてください(^^)


春光色


aDF0_0280


春の日差しになってきました。


街にも花が咲き乱れて。


aDF0_0252


空気が澄んでてハワイを思い起こさせてくれる。


いい季節ですね。


aDF0_0192


いろんな色のトーンが目に入ります。


光に色があるように感じる季節です。


aDF0_0378

Spring has come


aDSC_4358


昨日、高校の55歳記念同窓会の幹事会が母校でありました。


50歳、55歳、60歳と、節目のタイミングで


学年全体の同窓会が開催されるので、準備も大変です。


今回から幹事になって、協力することに。


で、その幹事会の前に母校の隣にある城跡公園を散歩です。


aDSC_4399


母校は、すでに他の高校と合併して名前も変わってます。


同級生が今も母校で教師をやってるので会議室を借りて。


なかなか楽しい時間でした。


aDSC_4383


元気で60歳の同窓会も手伝えるようにしないと。


みんながそう思いながら打ち合わせをしてました。


aDSC_4270

COOLPIX A


aDSC_3858


最近、サブカメラをこのNikon COOLPIX A に買い換えました。


今まで使ってたRicohのGRと交換です。


世の中の評価は、圧倒的にGRの方が高いのですが


自分の好みに合うかどうかの方が重要なので。


シルバーのボディーにレッドの貼り革でカスタマイズしました。


このカメラ本体の雰囲気も気に入ってます。


海沿いのスタバで試し撮りです。


aDSC_0389


ここのお店のサインがと店舗デザインがお気に入りです。


日本じゃない感じがカッコイイですね。


aDSC_0391


一眼を持ち歩けない場合に活躍してもらうサブカメラ。


一眼と同じ感じで撮れないと、やっぱりしっくり来ないのです。


その点、同じNikonなので自分の感覚に応えてくれます。


aDSC_0395


感覚的に自分の頭の中にあるいつもの一眼での露出の設定で


自分が思っていた通りの写真が撮れる事。


それが自分にとって重要です。


オートフォーカスが多少遅くても


人気がなくて売れてなくても


評論家の評価がGRより低くても


そんな事はまったく重要ではありません。


自分が使う自分のためのカメラなので。


aDSC_0420


COOLPIX A で撮ったお気に入りの写真です。

レンズこれ1本だけで その2


aDSC_3116


太陽が低くなり光がオレンジ色になってきました。


こういう影の感じが好きなのですが、思い通りに撮れるのでテンション上がります。


aDSC_3170


太陽が沈にそうになってきたんで、ダッシュで屋上へ。


ビルに反射する光の色が変化していきます。


いい時間帯です。


aDSC_3204


久々にこんな綺麗な夕陽を眺めたかも。


空気が冷たくて澄んでました。


グランフロントの屋上庭園は抜群の撮影スポットです。


aDSC_3298


日が沈んだら、ダッシュで1階の広場へ戻ります。


空の色が変化していく時間帯です。


楽しすぎる〜(^^)


aDSC_3285


一瞬で変化する色。


1本のレンズで撮れる事がどれだけ良いか実感します。


今までならレンズ交換してる間にタイミングを逃したりしてましたから。


aDSC_3252


すっかり日が落ちて、こんどは夜景撮影です。


レンズの特性がわからないので適当に試します。


夜景もこのレンズ1本で行けそうです!


aDSC_3278


レンズの特性がわかってくると、どんどん楽しくなってきます。


撮る気にさせるレンズですね〜


aDSC_3271


調子に乗って撮ってたら、オフ会の集合時間になってしまいました。


慌ててお店へ。


久々に楽しい話で盛上がり、あっという間に23時前。


解散してからも、少し夜景を撮りに行きました。


aDSC_3302


このレンズ、もう少しカメラ側で工夫すれば


もっと綺麗に撮れると思いました。


夜景は慣れてないので、今後の課題にします。


aDSC_3313


夜景を撮るのも楽しいです。


今までは手持ちで撮影しても手ブレでボツ写真が多かったんですが


今回はほとんど手ブレ無し。


カメラ側の設定次第では三脚なしでも十分に撮れます。


レンズとカメラの重量バランスが良いのかも。


aDSC_3317


周辺の光も少なくなってきたので終了です。


昼過ぎから夜中まで、いろんなシーンを1本のレンズだけで撮ってみて


このレンズの素晴らしさが良く理解出来ました。


合計で500枚以上も撮ってしまった〜


それだけ撮る気にさせてくれるレンズという事ですね。


AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8 + Nikon D610 でした。


大きな写真はここにアップしています。

レンズこれ1本だけで


aDSC_2889


昨日は半年ぶりにオフ会へ。


大阪梅田のグランフロント大阪です。


天気が良くなってきたんで、早めに昼から出掛けて試し撮りへ。


AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8 のレンズ1本だけで、どこまで撮れるか?


aDSC_2933


なんでもっと早く、このレンズを買っとかなかったのか?


自分の撮りたい写真が撮れる事に大満足です。


aDSC_2958


ナノクリスタルコーティングのおかげで


抜けの良いクリアーな描写です。


aDSC_2972


オートフォーカスのピントも激早です。


今までのレンズでは考えられないほどに。


なので、一瞬の光も逃さず撮れます。


aDSC_2876


まるでf/2.8の単焦点レンズのような撮り方も可能です。


ズームレンズでこの感じはビックリでした。


aDSC_3004


もう少し使い込むと、さらに思い通りに撮れるでしょう。


aDSC_3061


ボケ味もいいですね。


aDSC_3097


光を撮りたいという思いを叶えてくれるレンズです。


常にD610に装着する標準レンズとしてはベスト。


後半は夕方から夜景をアップします。


つづく

at Laie


DSC_2196


オアフ島の裏側を北から下って走ってると


Laie の町の手前で突然右側に出現する鮮やかな建物。


Hukilau Beach 近くのサーフショップとカントリーストアです。


DSC_2200


もう4年ほど、この辺りを走ってないんですが


まだこの建物はあるんだろうか?


島の裏側には、まだまだ撮りたい建物がたくさんあります。


******************************


今日は少し試し撮りをしてきました。


近所の箕面駅裏にあるギャラリーショップとカフェです。


レンズはAF-S Nikkor 70-200mm f/2.8 VR2のみで。


aDSC_2770


aDSC_2772


aDSC_2794


aDSC_2783


aDSC_2769


aDSC_2758


このレンズの個性がわかりはじめたような気が。


きっとハワイでは活躍してくれるでしょう(^^)


大きな写真はここです My Flickr →


少しだけ梅


aDSC_2701


大阪天満宮で少しだけ咲いてました。


こんなに寒くても咲くんや〜と感心。


aDSC_2699


まだまだ春は遠いかも。


目に良い色でした。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


それぞれのカメラメーカーによって、写真の「画創り」が違います。


今までいろんなメーカーのカメラを試してきましたが


自分に合った「画創り」なのが Nikon です。


どこのメーカーのカメラがいいか、どこのレンズがいいか。


個人的には、撮った写真が自分の好みに合うかどうかが全てですね。


Nikon の場合は、コンデジから一眼まで


基本的に一貫した「画創り」を感じます。


初心者向けのカメラも、プロ仕様のカメラも


「画創り」という点では大きな違いがありません。


そういう点は、例えば Apple 製品にも言える事です。


どの製品にも徹底した「思想」が込められていると感じるのです。


ひとつのメーカーで、いろんなジャンルの製品を出している。


そういうメーカーが素晴らしいという考えもあるでしょうし、


そのジャンルでシェアが高いメーカーが素晴らしいという考えもあるでしょう。


要するに、その会社の製品が自分の好みに合っているかどうか。


その製品を使って、自分が気分良く満足を得られているかどうか。


世の中の評判や、その筋の評論家の意見を気にしながら選ぶよりも


まず自分自身の「基準」をはっきりさせる事が大切なような気がします。


何事に対してもね。