Post-834

雨が激しくなりそうな遅い朝。
ぴんぽ~~んの音にインターフォンを取り、
門扉まで傘を差さずに走っていくと
濡れることを気にした見知らぬ女性が…

傘でよくわからなかったその方は
なんとメッセージつきのお花を届けてくれたのです。

驚きとうれしさと…で、一瞬声が出ませんでした!

ちょっとへこむことがあった私になんとも贅沢な贈り物。。


続きを読む »