Post-27

昨日、予約が取れたのでペニンシュラ東京のヘイフンテラスでランチしてきました。

まず回廊式のテーブル配置ゆえの欠点といったらいいのか
最初に案内されたテーブルは(たぶんスタッフもわかっていたと思いますが)
お勧めするには???の席で即変更してもらいました。

その後開店早々のばたばたは引き算したとして、
なぜこのお店がスプリングムーンではなくヘイフンテラスと命名するしかなかったのかもなんとなく理解できたころ、


ばたばたついでに料理を待つ間最初にサーブするスナック(くるみ)も
なぜか出てこないことも判明。
会計時その話も出ましたがスタッフはしまった!!という表情だけで終わったようです。。
ドタキャンだった先輩。正解だったかも?





このお店で友人と唯一おいしいかもと思えたのは





チャーハンだけ。
日本のお米を使っていなかったのでさっぱりあっさりしたお味でした。

それ以外の料理はどうしたらいいのか
表現方法すら見つからないくらいべっちゃり。。
友人いわく、リップグロスはいらないねでした。。。
海鮮炒めは最初の2口でアウト。ごめんね。
私がいためたほうがまだ脂ぎってないかも。。という恐ろしい体験。
友人もしかるべし。。でした。

サーブのぎこちなさはいずれ慣れるとしても、
味が油状態は参りました。
蒸し物の点心はやや○かな。
でも、ペニンシュラなんですよねぇ。。

で友人と意見があったのはマンダリンで口直しする??
だったのです。
さすがにおなかはいっぱいでお茶だけいただいてきました。。




落ち着くう。。。
ここがすべてだったんだと改めて。。
オープン当初はぎこちないとか予約が取れないとかいろいろ批判を受けた中
たずねたマンダリンオリエンタルホテルの「センス」
おいしさはみんな認めてる。。。
スタッフも含め私はここが大好きなんだと改めて知った秋の始まりでした。。。





ちょっと手抜きしてしまった家族へのお土産は
千疋屋のパパイヤボード。
誰も私にはくれなかったってことは。。おいしかったてことかな