モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2013年9月

口が開いてしまう金曜の花火


DSCF4106

2012年10月19日(金曜日)
ヒルトン・ハワイアンビレッジ・ラグーンタワーから

DSCF4108

この時、ビデオカメラを設置して、
別で写真を撮ってたんですが、
あまりにもキレイで普段口を開けっ放しにする来ないのに、
口が開いたままシャッターを切り続けていました。

DSCF4122

まさしく目の前で広がる花火は圧巻!

DSCF4131

ラグーンに浮かべられた船からも打ち上がるので、
自分の為だけに打ち上げられたと錯覚しそうなくらい贅沢な感じです。

DSCF4135

最後の花火が終わると、
歓声が上がり、拍手と指笛、そして車のクラクション。
日本とは違う雰囲気に浸れます。

金曜日のラグーンの船って・・・


DSCF4073

ラグーンタワーに引っ越したのは金曜日。
しかも2ベッドルームプレミアと言えば、
そう、花火の特等席です。

ラナイで夕暮れ迫る景色をぼ〜っと眺め
ビールを飲みながら疲れた足を休めます。

DSCF4077

海を見ているとたくさんのヨットが戻ってきました。
そういえば、少し前に出て行ってるなって思ったけど、
沖から花火を見る為じゃなくサンセットだけだったのかな?

DSCF4078

下を見ると花火の準備が進んでいました。
ここの花火って、信じられないくらい近くで打ち上げるんですよね。

DSCF4079

ん?
あれ?ラグーンに船が・・・。
花火を乗っけてない??
こんなのあったっけ?

ラグーンタワー2012


DSCF4017

やっと2012年10月のハワイ後半です。

前半はワイキキアンに泊っていましたが、
後半はラグーンタワー(2ベッドルームプレミア)です。

DSCF4020

カイルアからの帰りにホールフーズマーケットで買い物をして
ドンキホーテでビールとつまみを買って
ヒルトンに戻ります。

DSCF4027

DSCF4031

たしか、1年くらい前にリノベーションしてたんだよね。
壁の色がオレンジから黄色になってました。
あと分かりやすい所で言えばシーリングファンが消えてます。
正直、シーリングファンは付けて欲しかったな〜。
ぼ〜っと回っているのを見て過ごすのがハワイっぽくて良いのに。

DSCF4059

あと、気づきにくかったけど、
サイドの小窓が開くように変わってました。

DSCF4042

でもこの景色は変わらず安心^^

ラニカイビーチでカシャ


DSCF3988

ラニカイの山から降りると父から電話がかかりました。
早く戻って来い、待つのに飽きた・・・と。

まだビーチに行きたいのに・・・。

取り敢えず写真だけと思ってビーチに急ぎました。
何枚か写真を撮っていると、
外国人のカップルが(自分も外国人だけど)写真を撮ってくれと
ごっついカメラを渡します。
「オーケーオーケー、スリーツーワン(カシャ)」

時々ハワイで写真を頼まれるんだけど、
日本みたいに「はいチーズ!」じゃおかしいし、
いきなり撮るのもなんなんでカウントダウンしています。
これで良いのか不安だけど、どの国の人でも分かるっしょ。

DSCF3990

それにしてもここのビーチは本当にキレイ。
今年は一人でゆっくり寝てみたいな〜。
いや、寝たら見れないじゃん!

 

そうそう、話は変わって、
ブログタイトルを入れてもらいました。
今年も見るであろう景色。
ヒルトンのラグーンタワーからラグーンとヨットハーバーの写真です。
あと2週間で再会だ!

ラニカイトレイル 水さえあれば


DSCF3962

「聞いてないよ〜!」級の崖を登ってちょっと行くと第一展望台です。

水分を全く持ってなかった自分はヘロヘロ・・・。
景色はキレイだけど、
頭の中は「水、水、水、水・・・」と呟いていました。
直後に着いたカップルはペットボトルの水を飲んでたのですが、
それがとても羨ましくて「ぎ、ギブミーウォーター」って
何度言おうと思った事か・・。

DSCF3970

取り敢えず写真と取りつつ、
休憩して次の展望台まで行くか悩んでいると、
例のカップルが下り始めるじゃないですか!

山頂に行かずにココでギブアップかよ。
勝手に負けるわけにはいかないと思ってたけど、
あっさり引き下がるとは。
しょうがない、今日は引き分けだって事で、
このくらいで勘弁してやる!
ってことで自分も降りよ〜。

DSCF3973

ラニカイの山よ、今日は水が無かったけど、
次は制覇してやるからな!
水さえあれば余裕だったんだから。

DSCF3974

 

と、後日談の昨日から
日本でのウォーキングを再開しました。
もちろん今年は水を持ってリベンジします!

ラニカイトレイルってこんな所を登るの?


DSCF3949

喉がカラカラになりつつ変な大和魂で
ロコと思われるカップルに負けられないと
休憩もそこそこに足を一歩踏み出します。

尾根を歩いて行くのですが、
海側は急な崖で、反対側の少し緩やかな感じです。
強い風が海側から吹いているので少しだけ安心ですが、
急に風向きが反転したら怖いな〜って思ったりもしました。

相変わらず足場の悪い道無き道を歩くと、
「え?マジで?」って崖を登る様になってました。
写真では分かりづらいでしょうけど、
這い上る様な岩場です。

DSCF3951

自分はビデオカメラとデジカメを持っていたので、
ちょっと苦労しました。

これを登ると1つ目の展望台です。
それにしても喉が乾いて限界です。

ラニカイトレイルと忘れ物


DSCF3938

噂には聞いてたし、写真でも見てたけど、
本当に登山口がこんな感じだったとは・・・。

カイルアビーチから1kmほど歩いた所が登山口なのですが、
少し速く歩いたので既に疲れ始めてからのスタートです。

DSCF3939

入り口からすぐに足下の悪い急な雑木林がありそこを登って行きます。
木陰になっているのとまだ体力が十分なので大丈夫。
でもダイヤモンドヘッドと比べたら、
もうこの時点で父なら断念していたと思います。

DSCF3940

雑木林を抜けるともうラニカイを見下ろせます。
ここで満足しそうな気持ちを抑えて上を目指し
進もうとしたら下から登ってくるカップルが見えたので、
写真を撮りつつ先に譲りました。

DSCF3944

軽装なカップルと、カメラとビデオを持つ自分。
明らかに違う点が目につきました。
カップルが手に持っているのはカメラではなく、
ペットボトルの水!

そう、自分は水分を何も持たずに登ってたんです。
どうりで喉が渇く・・・。

DSCF3946

風は強いけど、日陰は無く熱い暑い・・。
上を見るとまだまだ先は長く、やっぱり暑い。

カイルアからラニカイへ


DSCF3932

カイルアから離れてラニカイに歩いて行きます。
徒歩で行ける範囲なんだけど、
坂がある分、微妙に遠くも感じるんですよね。
看板というか塔がある所までは風が強く心地いいのですが、
下る頃にはアスファルトからの照り返しが熱い・・。

向かうはあのビーチ・・・
・・・じゃなくて、
ココ!

DSCF3936

昨年の引っ越しと、今年の引っ越しは?


DSCF3912

2010年10月のワイキキアンからラグーンタワーへの引っ越しの日。

再度チェックインするまでドライブに行きました。
目指すはカイルア!

DSCF3924

最近少しずつ日本人が増えてきたけど、まだまだ少なく景色もキレイ。
車にはスーツケースとかを入れてるので、
人目に付きやすい場所に停めて、
遠く離れずに待機するように親たちに言ってから
自分だけ別行動です。

写真とビデオを撮りながらカイルアから東へ・・・。

DSCF3920

そうそう、昨日HGVCに問い合わせをしました。

今年のラグーンタワーが3日毎に3回に分けて予約をしたのを
引っ越しをしなくていいのか念のために聞いてみました。
引っ越ししなくても良いという情報を頂いていたのですが、
クラブカウンセラーの解答によると
「原則として予約を分けて作成いただいた場合、予約毎にチェックイン、チェックアウトの手続きが必要となります。
今回全て同じ部屋タイプで予約いただきましたので、極力お部屋のご移動が生じないよう、リゾート側へ報告させていただきます。
但し、確約はできませんので予めご了承ください。」
との事でした。

覚悟はしているのですが、
出来るだけ早く行ってチェックインの時にもお願いしようかと思います。

さぁ引っ越しだ


DSCF3907

2012年のハワイはワイキキアンからラグーンタワーへの引っ越しがありました。

荷物をスーツケースに詰め直し、
食料品も冷蔵物は前日までに消費して残った物だけ車に持って行きます。
行きは一人2往復だったけど、
今回は1人1回運ぶだけで済みました。

10時にチェックアウトで、
16時にチェックインだから、
6時間暇つぶしをしなきゃいけません。

これ、今年は2回引っ越しがあるんですよね・・。
全部同じクラスの部屋への引っ越し。
引っ越さなくて良くなる事を願うばかりです。
3日毎に荷物を持って暇つぶしをしなきゃいけないって面倒です。

DSCF3893