DSCF3473

またまたまたまた久しぶりの投稿です。

父が倒れてバタバタしていてので投稿出来ていませんでした。
と、父のせいにして言い訳をしておきます。
心臓が悪いにも関わらず昨年ダイヤモンドヘッドに登頂した父ですが、
不整脈が原因でアチラの世界のドアをノックしていたようです。
今は無事一時退院をしていて以前と変わらない感じなんですが、
来月早々にペースメーカーを埋める事になっています。

・・・で、
我が家の今年のハワイは予定変更無しであと39日(かな?)で出発です。
それまでに退院しなきゃ置いてくよ〜。

置いて行くで思い出しましたが、
昨年置いて行ったというより、
チケットも用意したのに自ら行かないと言って留守番した祖母(89)。
自分たちがハワイに到着して3日目に日本から電話で
「喘息で死にそうなから今すぐ帰ってきて」
と無茶な事を言って困りました・・・。
確かに喘息で大変だった様なのですが、付き添いの親戚曰く、
医者はそこまで心配する様なほどじゃないとの事でした。

そこで今年は祖母を強制的に連れて行く事にしました。
寒くなると喘息が出やすいのでハワイなら安心。

ここで面白いのが2人の体力。

父は心臓が弱いため普段は歩みが遅くすぐ疲れてイスを探します。
祖母は89歳ですが元気で何でも自らし、人の世話までします。
ただ、父はハワイに行くと普段全く動かないのに人の荷物まで持ったり率先して動くのです。
さて、今回は祖母が父を見るのか、父が祖母を見るのか・・。