DSCF3938

噂には聞いてたし、写真でも見てたけど、
本当に登山口がこんな感じだったとは・・・。

カイルアビーチから1kmほど歩いた所が登山口なのですが、
少し速く歩いたので既に疲れ始めてからのスタートです。

DSCF3939

入り口からすぐに足下の悪い急な雑木林がありそこを登って行きます。
木陰になっているのとまだ体力が十分なので大丈夫。
でもダイヤモンドヘッドと比べたら、
もうこの時点で父なら断念していたと思います。

DSCF3940

雑木林を抜けるともうラニカイを見下ろせます。
ここで満足しそうな気持ちを抑えて上を目指し
進もうとしたら下から登ってくるカップルが見えたので、
写真を撮りつつ先に譲りました。

DSCF3944

軽装なカップルと、カメラとビデオを持つ自分。
明らかに違う点が目につきました。
カップルが手に持っているのはカメラではなく、
ペットボトルの水!

そう、自分は水分を何も持たずに登ってたんです。
どうりで喉が渇く・・・。

DSCF3946

風は強いけど、日陰は無く熱い暑い・・。
上を見るとまだまだ先は長く、やっぱり暑い。