モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2010年7月11日

ハワイを意識して。。。



採れたてのトウモロコシ

直ぐに皮をむいて、直ぐに蒸して熱々を頬張って

あまーい♪瑞々しい♪

皮むき途中で虫と出会ったり。。うぎゃー

芋虫系は苦手也。。。ゾクゾクっ

採れたてだから、葉も茎も水分がたっぷり

八百屋やスーパーで売っているのはこんなんじゃない

実家の畑での収穫物です。。。

紫玉ねぎに真っ赤なトマトにぷりっぷりの茄子に香りの良い枝豆に

そんな今日のランチは夏野菜パスタを



パスタ少な目、野菜がメインで

トマトソースのトマトも勿論採れたてを使用して

実家がもっと近ければ、こうして毎日瑞々しい野菜が食べれるのだけれど

月に1回大量に貰ってきて、無くなる頃にまた行ってを繰り返す

昨夜は夕飯をご馳走になりながら、ハワイの話で大盛り上がりだった



今度こそは父を連れて行こうと思い

パスポートの準備をするようにと話しておいた

死ぬ前に一度は行ってみたいと言う願いを

叶えてあげるのは少しばかり遅い気がするが

母は残念ながら行かないと言う

たまには別々で行動したいという願い

こちらも叶えてあげようではないか

初ハワイへ心ときめかせている父に

煩い父が居ない間に羽を伸ばせる期待へワクワクする母

何だかな・・・・って



基本自炊のハワイなんだけど

こんなような私が作る食べ物で果たして良いのか??

きっといつもの感じでは駄目なんだろうな〜と

少しばかりハワイを意識した今日の昼だった。。。。

ちょっとばかし不安。。。色々工夫が必要かも

環境適応能力



昨夜、ハワイの昆虫を特集した番組を見ていた

その数数万種類(だったかな?)数を言われてもピンと来ないが

風や海流に乗って辿り着いた生命たちが進化して

環境に合わせて能力や姿を変え

今に至り、そしてまだまだ早いスピードで進化しているのだと言う

溶岩で断絶され、取り残された環境の中で進化していったり

洞窟の中の光の無い中での獲物の収穫の術

進化していった能力、退化していった能力、そして体の色までもが

当たり前だけれど、環境適応能力のある者が生き残っていると言う事に

非常に興味を惹かれた

(マウナケアに居る蜘蛛、寒さに耐えられる蜘蛛が居るんだよ!)





でもそれは昆虫に限らず植物も人間も同じな筈

ハワイでは特有の植物に出会えて、いい被写体になってくれるし

その形や色、何でこんな形なんだろうか

進化の過程で一体どう言う事があったのだろうかと想像してみたり

とても神秘的で興味を掻き立てられてしまう

この豆だって、こんな風にカーブした形で絡まった姿は

強い風に吹き飛ばされないような進化だったのかもしれないし

想像は尽きない



豆の割れ目をUP。。。

あーーなんか生きてるなあ



エキゾチックな島。。。と一言では片付けられないが

人間もそうだとしたら(そうなんだけど)

現在の自分の置かれている環境に適応しつつ生きているって事

上司や部下にやんや言われる環境にも適応しているって事

そう考えると、自分がより良い方向に変化する為には。。。と逆に考えると

今がどうあるべきか?って真剣に考えたくなる

がみがみ言われる環境に適応しているってことは

それに耐えられるように自分を合わせているのか、変化をしているのか

果たして良い方向に向かっているのか・・・と考えると、そうじゃない気もするし

毎日を疎かに出来ないんだなって結論に達する訳なんだけど



昆虫→植物→人間→自分と随分と飛んだ話になりましたが。。。。

面白い!と聞き流して頂ければ。。。

自分への悔い改めでもあったりする