モーハワイ☆コム

カテゴリー:ハワイの家

Beach Front House


BDSC_9659








































Hanalei Bayでの通りすがり

何だか気持ちの良さそうな木陰の奥に広がる庭

そして平屋の家

家のドアをパタンと閉めて、そのままビーチへ小走りに。。。。

ああ。。贅沢すぎる

次回はそんなバケレン借りてみたい
BDSC_9691









































沢山の窓

夜にはどんな雰囲気なんだろう?

Hanaleiの昼下がり、もう何処にも行きたくないよね

こちらもどうぞ
http://blog.livedoor.jp/umi3life/

例えLavaに埋め尽くされても


BDSC_5048

とうとうPahoaの住宅2棟が飲みこまれてしまいましたね。。。

毎日そんな記事ばかり見たり検索したりしています

そして、考えます

自分がその立場だったら、諦めが付くのだろうか

そして。。。またその地に家を建てるのか

建てる気持ち、ちょっと理解出来る

だって、そこはどういう状態であれ自分の土地だからね

殆どの人は別の土地に移り住むことを考えると思うけど

ここに住む!って決めたら、もう譲らなくなるのかも

BDSC_5058また一から家を建てるって、凄くエネルギーが要る事だ

そして、また同じ事が起きるかもしれないと予測はしていても

やっぱりその人にとって、そこが住むべき場所なんだと思う

家なんて、ただの入れ物に過ぎない

暮らしとは、自分たちが作りだすものだ

自然と共存することだって

そんな風に思って居るんだろうな

 

こちらもどうぞ

http://blog.livedoor.jp/umi3life/

 

 

大きな木のその奥には


BDSC_7310

何度かこのお宅の前に車を停めさせて頂いた

とは言っても、実は...路駐だった

お気に入りにしたのには理由が有って

この道路側には可愛いプルメリアが咲いて居たから

というのも理由の一つではあったが

この家の前の大きな木に魅了されたから

そしてこの奥行き感にも

決して綺麗な家では無く庶民的な感じ

でもこの素朴さが何だか羨ましかった

ちらっと見えたのだが、ビーチチェアを外に出して

水着姿の女性が日焼けを楽しんでいた

近くには素敵なBayがあるのに、あえて此処なんだ?

でも、何だか分かる気がするよ

冷たい飲み物は家の中まで取りに行けば良い

本に読み飽きたら、違う本を家の中に探しに行っても良い

お腹が空いたら何か作っても良いし

この大きな木陰はビーチには無い魅力

海に入りたくなったら、歩いて近くのBayに行けば良いし

凄く凄く贅沢な立地だぞ!!

良いなー

 

 

 

 

BDSC_7784こんなプルメリアが咲いてました

ちょっと可憐で頼りな気で

今日も頑張って咲いてるかな?ってチェックしたくなる

あの家も、心地よさそうにしてるかな?って

確認したくなるんだよね

 

こちらもどうぞ

http://blog.livedoor.jp/umi3life/

Punaにわざと迷い込んでみる


BDSC_5110

いつもは真っ直ぐ通り抜けてしまう道を

その時は左へ曲がってみた

後続車も普通は真っ直ぐ行く

ここで生活している人でない限り、曲がることは無い筈だ

細い舗装された道をノロノロと走らせる

途中すれ違った女の子達

皆海へ行くんだろう、もうあんな所に見える

ゆっくりドキドキしながら走って来たけれど

この覆いかぶさるように茂って居る植物たちに圧倒された

道を覆い尽くしそうな勢いで、かろうじて道が存在しているかの様で

BDSC_5107途中見つけた一軒の家

植物に囲まれるようにして佇んでいた

窓が大きくて開放的な家だ

アンテナがある、こんな所にも電波は届くんだろうか

幾つかそんな家を見過ごしながら

こんな所に住みたいなっていう思いと

住んだら大変だろうなっていう現実的な気持ちと

二つの気持ちを戦わせ

でも羨ましい気持ちの方に軍配が上がってしまう

そう言えば、確かこの辺りは水道は通って居なく

井戸水を汲み上げて居るか、雨水を貯めてるらしい

BDSC_5112雨は恵みの雨となり、毎日雨が降らないかなーなんて

考えながら生活するんだろう

(下水はどうなって居るのだろう?浄化槽は付いて居るのだと思うが。。。)

そんな経験した事が無いが、水の有難味を身を持って感じることだろう

自分でわざと迷い込んだものの、行き止まりになってしまったので

人様の敷地でUターンさせてもらって引き返した

一旦車を停めて、もう一度振り返って見た

何度も振り返りたくなる、そんな場所

凄く惹きつけられるんだよな

 

こちらもどうぞ

http://livedoor.blogcms.jp/member/

 

 

 

 

 

崖っぷちジャングルの中の一軒家


BDSC_7475KEANAEにて

 

多分、ここに住んだら波の音と風の音しか聞こえないだろう

結構荒い波が打ち寄せて居たし

潮が上げて居たり、嵐の時は結構凄いことになるだろう

でも、この地でひっそり暮らすのを選んだ事、理解出来るな

暮らして行くには不便な事は多いだろうが

車が解決してくれるし、時間に追われて生活する人は

こんな所には暮らさないだろうし

 

私も将来、不便でも良い、不便さを楽しみながらこんな静かな所に暮らしたい

 

こちらもどうぞ

http://blog.livedoor.jp/umi3life/

毎日MAUIを見下ろし


BDSC_7106Haleakaraに行く途中に有った家

B&Bなのかな?そう思わせるようなロマンチックな外観

それよりも何よりも。。。眺めが良い家

Mauiの首にあたるエリアも見えるし、西Mauiも見える

私達はいつもあの先の辺りに滞在しているのよねえ

こうして見ると結構な距離を走って来たのよねえ(車で)と思うと

感傷深くなったりする

さて。。。それはさて置きこの眺めの良さ

毎日MAUIを見下ろす生活ってどんなんだろう?

SUNSETはばっちり見えるだろうし、この場所に家を建てられたことが素晴らしい

今の場所からでも良く見えるけれど、ラナイにお邪魔して、風を受けながら景色を見てみたい

 

ちょっと霞んだ空と同じ色の外壁

部分的にペイントの色が変えられている

このちょっとした色の差、景色に溶け込んでいて素敵~♪

この辺りまで来ると、下界とは植物が変わってくる

そこがまた面白くってね

山生活、夜は寒そうだけど憧れる♪

夢のまた夢だけど、ビーチサイドの家、山の家と二つあったら

楽しいだろうなあ~(あ、行き来しなくちゃならないから、大変か?!)

 

こちらもどうぞ

http://blog.livedoor.jp/umi3life/

パラソルへの憧れ


BDSC_5267パラソルへの憧れがある私

パラソルがあると、ついそちらの方へ吸い寄せられる

ここには2つ

ちょっとオリエンタルな香りがする建物に

パラソルが似合う

それにしても気持ちよさそうなラナイが奥に見える

シーリングファンもあるのね

ラナイで食事して、パラソルの下で食後酒なんて良いな

プルメリアの香りも漂ってきそう

パラソルだけではなく、全体が憧れだわ

こんな家に住みたいわ

 

こちらもどうぞ

http://blog.livedoor.jp/umi3life/

 

 

 

Vacation Rental こんなお家良いなあ~


BDSC_5985たまには大手リゾート系会社のコンドミニアムではなく

Vacation Rentalにしてみたい・・・

定宿はあるけれど

とある出来事で気持ちが薄れつつあり(お気に入りには変わりないのだけど)

他に気持ちが動き始めている事は事実。。。

誰にも会わない個人で借りるこんな家はどう??

 

たまたま歩いていて見つけた可愛らしい海辺の家

ゴージャスさは無いけど、このこじんまり感が良い

プライベートプールだってあるぞ!裸で入っても誰からも怒られないぞ!

(まだヌーディスト引きずってます)

この赤茶の木の感じが一度で気に入ってしまった

BBDSC_5985椰子の木とお山(もしや。。Mauna Loa??不明。。。)

が出迎えてくれる

ニクイなあ~このデザイン

時々Geckoが遊びに来ちゃったりして

真剣に調べようかしら♪

 

こちらもどうぞ♪

http://blog.livedoor.jp/umi3life/

 

Lahainaって大きなMangoの木が多い


BDSC_7859Lahainaの外れを歩いていました

住宅しかないような所

そこで気が付いたのが、大きなMangoの木がある家が多い事

最近は実が成って居なくても、Mangoの木だって分かるようになりました

これだって、家に覆いかぶさる様に

Mangoの木がワサワサとしている

凄いな~、大きいな~

 

Lahaina Mangoが有名なのよって教えてもらったことがある

宮崎のMangoに負けないくらい美味しいんだって

Lahainaのあの厳しく照りつける気候が、美味しいMangoを育てるのかもしれない

BDSC_7820ほらほら。。。同じ葉っぱの木があるでしょ。。

Lahaina歩いていると、Mango盗るなってサインあるでしょ

 

いやあ。。。圧巻

そして、うらやましいのだ

 

 

こちらでも書いています

http://blog.livedoor.jp/umi3life/

 

 

何だろう?



何だろう?

この家に妙に惹かれてしまう

ティーリーフに守られるようにして存在しているからなのか?

何故か不思議な安堵感ある

植物に囲まれたFront Yard

広々としていて理想的

子供たちが駆けずり回って遊んで居る姿が想像出来る

そしてきっとBack Yardは想像を超えてもっと凄いんだろうな。。。と伺わせる気配

さりげなくプライベート感も保たれているし

うーーん。。。完璧!

ローカルスタイルのMauiのお宅

私もこんな所で暮らしたいな

不便でも辺鄙な所でも良いから

こんなの希望!