モーハワイ☆コム

カテゴリー:OAHU道

1990年 DOWNTOWN



初ハワイ、友人に連れられてDOWN TOWNにやってきた

女の子3人がウロウロ…あの頃は可愛かったかどうかは置いておいて….

親切な外人男性が写真を撮ってくれて

窓ガラス越しに見えたCHINA TOWNの食べ物や

ワイキキとは違う雰囲気に、驚かされたものだった

(何と言っても初海外旅行だったから)

この旅行、初めてなのに、誰も何も教えてくれなかった

小銭の1ダイムは10セントだという事は教えてもらった

まだ若かったから、使いこなすのも早くて「感覚掴むの早いね!」なんて言われたっけ

夕飯はマクドナルドで、他の友人と合流したのは良いけど

友人の一人がTAKE OUTが言えなかったらしく、部屋で食べる筈が店で食べる事になったり

色々あったなーって懐かしく思ったりして,,,,

そういえばこの建物、まだ健在

まだまだこれから先も健在だろう

自分も年を取る、街は歴史を重ねる、当たり前といえば当たり前なんだけど

前はここはこうだったのに…と思う事が多くなってきた

自分にも歴史があるからな

ALA MOANA BLVD★1990



懐かしい写真を見つけました!!

初めてハワイに行った1990年2月の写真です

人生初めての海外旅行でした

誰も細かい事教えてくれなくて、入国審査の時に戸惑いましたけど

この時の楽しさが忘れられなくて、翌年は自力で友人を引っ張ってバリ島へ

そのまた翌年は、一人海外旅を実行

それから一人旅は何度も実行し、今に至ります

ここまでこれたのも初海外がハワイで最高だったお陰!!かな



ALA MOANA BLVDですよね、ココ

確かワードに買い物に行きましたっけ…

遠い記憶です….

でも、昔の写真って良いですよね

今こうして行く度毎年撮っている画像、20年も経ったらいい思い出になるでしょうね

その頃もまだ現役でハワイに行ったり来たり(永住??)したいものです

色あせた画像に、年代を感じる車

昔を振返るのも悪くないですね

雑踏の中、カラカウア通りの夕焼け



静かな夕焼けも好きだけど、こんな雑踏の中に見る夕焼けも好き!!

ハワイの夕焼けにあって、日本の夕焼けに無いもの

それはヤシの木のシルエット

そのシルエットが赤く染まった空を効果的に引き立ててくれる

そして、カラカウア通りの人影もそう

わさわさとしている感じが、またぴったりで

これぞワイキキ!!と叫びたくなる

いつもは砂浜からのショットだけど、この日は通りのこちら側から

ちょっと離れてみてみると、いつもと違う一面が見えてくる

そう思いつつも、なかなかいい写真が撮れました

カパフル通り



いつも、自転車で通り過ぎてしまうだけだったその道

夕暮れ前に歩いて行って見る事にした

歩いていく….東側に滞在しているからの成せる事かな??

バニヤンからの道のりは、それでもそれなりにあったと記憶します

歩いてみると、見えて来る…見えてくる…見えなかったものが

密かに夢見ている、オアフ自転車一周の旅

歩いて回ったら、一体どういう事になるんだろうか

ALOHA MARKETの看板に出会い、

何だかがつーーんとやられた気になるカパフル通り

山側の重たそうな雲を目掛け

目標としているレナーズを折り返し地点として歩くのでした

カラカウア通り



楽しく過ごした時間がゆっくり過ぎていく

これからまた違う時間がやってくる

ハワイって、朝も昼も夕も夜も楽しくて

活気あるカラカウア通りを眺めながら

夕日を見に海まで繰出すのだった

この時間になると車も人もそれなりで

でも、顔から笑みが出てしまうって….

やっぱりハワイが好きなんだよな

ここはとある裏通り



ここはワイキキ裏通り

自転車で迷い込んだ

何故かそのまま素通り出来ない雰囲気だった

そこは観光客の居ない世界が広がっていて

思わず息を飲んだ

観光客が足を踏み入れてはいけないような、そんな雰囲気が

私はそこに何か特別なものを感じた

ワイキキにだって、住んでいる人が居る

よそ者に、入って来られたくない世界だって有る筈だ

それからと言うもの、その場所は気になるけど通らないようにしている

彼らの場所であると思うから

でも、時々気になって、また覗いてみたくなる

ここの時間の流れを感じに、また行きたくなってしまうんだ

夕暮れDOWNTOWN STREET



いいよなあ〜この時間

沢山の光の中でゆっくりと日が暮れて行く時間

ふと、振り返った瞬間がこれだもの

立ち止まりたくなっちゃうでしょ

楽しかった今日一日と、これからやってくるワクワクしちゃう夜への期待と

そんな気持ちが入り混じる時間だから尚更かな


仕事が忙しすぎて、心が栄養失調のようです

昔の写真を眺めて栄養を与え、日々をやり過ごす

そんな毎日です

Road…..



男前な背中に惚れた

波乗りで少し疲れた背中から

ロコの魅力的な香りが漂ってくる….

DIAMOND HEAD BEACH PARKからのRoad……

ゆるゆると長い、疲労感を感じている時にはちょっと辛い坂道

照りつける太陽が出ているのなら、裸足では危険すぎて歩けない道

行きと帰りでは雰囲気をガラリと変える道

私もいつかはワイルドにピックアップトラックで乗り付けて

ここのポイントにチャレンジする日を…

サーフボードを抱えて、満足げな笑みを浮かべて

この坂道を登る日よ…

DIAMOND HEAD ROAD-2



以前も同じ場所の写真を載せました

ここに来ると、どうしても写真を撮りたくなっちゃうんですよね…

この日は去年の5月、一人でハワイに来た時でした

この時の私の足は自転車

いつものレンタルバイク屋で借りて、目指す先はハワイカイ

この時の気持ちは、未知の世界へのワクワク感

何年も前にハナウマベイに連れて行ってもらったことがありましたが

車だったし、その時の景色って全く記憶に残っていないんです

だから、それを少しずつ自転車で所々立ち止まって、やり直そうかと思って…

体力的にタフな方なので、長距離でも全く問題なく

ワイキキから自転車で1時間程度の場所なので、大した事はなかったですが

相棒と一緒だと、嫌だと言われてしまうので、一人の時にここぞとばかり探検しております♪

この時の私の気持ちが少し写真に反映されているような…

そんな雰囲気を感じていただけたら嬉しいですね

ダイヤモンドヘッドの麓、名も無い小道



ラニカイの小道を見てしまってから

細い名も無い道が物凄く気になって仕方が無い

前を通ってしまったら、立ち止まって

その先には何があるのか確認したくなる

プライベートなのか分からないけど

この雰囲気、わくわくせずには居られない

ハワイですることの一つに、名もない小道を探す事も加わったのだった