モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2015年12月

Mele Kalikimaka!


ヒロは雨で寒いクリスマスです。

遠くにいる家族や、友達にクリスマスのメッセージを送りながら過ごしてました。

 

ホノルルで食べたのは。。。


仕事で行ったホノルル、食事はみんなでするのか、個人なのか、スケジュールに書いてありました。
最初の晩は個人で、ということだったので、9時にイベントが終わって片付けてだから、遅くまで開いているところを探さないとならないかなーと、思っていましたが、
3ヶ月前に日本から移って来た友人が時々食べに行くというので、「とりあえずサモサだけオーダーしといたから」と10時ギリギリに飛び込んだのが、カイムキにあるインドカレーの店、ヒマラヤン・キッチン。
場所はマグロ屋の駐車場側のはす向かいのビルです。 ビルの2階にオープンスペースがあって、席数も多いので普通の食事時間は混むのでしょうかねぇ。。
遅くに入ってもまだお客さんが何組か残っていたからか、食べ終わるまでせかされることもなくサービスしてくれました。
ラムのカレーとシュリンプと、サモサとナンで、お腹いっぱい! 
Curry

次の日のランチも個人で。 と言われても、コンベンションセンターから歩いて行って、1時間以内に食べてくるとしたら、近くに行くしかありませんよね。 でもよくわからないし。。。
同僚と、どこに行こうか~?と話していたら、「向かいにある 678 っていうコリアンが美味しいらしいよ」 という話、で行ってみることに。。。
店の中はカフェっぽい雰囲気に作ってあって、女子2人でも違和感なく座れます。 窓に沿って4人がけの丸テーブルが並んでいて、その真ん中に焼き肉グリルがあります。 焼肉は一皿2人前なので、2人では何種類も食べられないのがちょっと残念。
頼んだのは 石焼ビビンバと、リブと野菜のみそ蒸し焼き(?)。 持ってきてくれたところで、はさみで肉を骨からはずしてくれました。 お肉がすごく柔らかく、辛さはミディアムにしたのものの見た目よりは全体にマイルドで、いくらでも食べられちゃいます。
焼肉もいいけれど、味付けされた肉料理もいいですね。

Korian

そして、2日目の夜はみんなでディナー キパフルのサイド・ストリート・インかな? と思っていたけど、予定していたところへ行くには遅すぎたらしく、アラモアナの裏あたりの Million という焼肉やさんへ。 
ローカルなお店のローカルなサービスは、その速さといい量といい、すごかった~! 写真は2人前の豚バラ。まだちょっと凍ってます。
テーブルには男女の比率5:3の8人で座っていて、ハラミとタンと豚バラと野菜をそれぞれ2人前、ミートジャン、シーフードジャン、エビフライ、サラダ、すべて2人前、他にも何かあった気がするけれど、これだけでも16人前です! 30代男子の食欲はすごいですね。

そういう女子も、よく食べました。 ヒロには焼肉を焼きながら食べられるところがないので、大満足。 昼と夜続けての韓国料理でも全然よかったです。

最初の晩に、ワイキキで遅くまで開いて、女子2人で食べにいけるようなところ ということで教えてもらったのが、Heavenly Waikiki おしゃれなところのようで、もしまたワイキキに泊まる事があれば、、、ということでリンクしておきます。 


ちら泊まり、Moana Surfrider


先月仕事でホノルルへ行きました。 スポンサー様のおかげで、なんとMoana Surfriderに泊まりました。
ワイキキの歴史あるホテル、一度は泊まってみたかったので、喜んだものの。。。

残念なことには、ブログねたにもならないほど、寝ただけの滞在でした。
その日はホノルルもヒロも雨。 ホノルルからの飛行機が遅れてヒロ発2時間!の遅れ。
仕事の準備を終えてランチ、ホテルにチェックインして、そこで2時間ぐらいは過ごせるはずだったのが、それどころじゃなく、テイクアウトのランチを持ってチェックイン。 そして仕事を終えて食事をし、ホテルに戻ったのはもう夜中過ぎ。
朝もゆっくりできはしないので、結局 ロビーとそのすぐ上にある2階の部屋を往復する間だけの、ちら見、ちら泊まりでした。

写真を撮る時間といえば、車待ちの間ぐらい、そのときに居合わせたのが、長いトレインのあるウエディングドレスで階段に立ち、写真を撮ってもらっているカップル。 まさしくこの場所で写真を撮るために選んだドレスなのでしょうね。 
こちらのホテルは、1時間に一組のウエディングがあるそうで、ロビーにはそれらしきカップルやグループ大勢いました。

IMG_7781

マウイ島へ ⑬


あららら、下書きしたまま忘れてました。

マウイ最終日。
朝から冷蔵庫の片付け。 残り物ご飯を作って食べて、最後にもう一度お庭を見て周り、オーナーにご挨拶。 
マウイ島へ⑥で書いた岡山からハナへ逃げてきたお侍さんの孫に当たる人(私の知人の父親)のことをきっと知っているのではないかと訊ねてみると、「あの人は素晴らしい名士だったのよ」と懐かしそうに話してくれました。 そう言うオーナーさんも、このあたりではよく知られたアーティストのようで、ハナとの縁が少しだけ見えて来たのが嬉しかったです。 そして、「あと3年で80なのよ~ それまで続けるつもりだけど、できるかしらね~ またいらっしゃいね」 と送り出してくれました。

この日はできればキパフル経由、ハレアカラの南側を回ってカフルイに戻りたかったのですが、時間の予測がつかないので、飛行機の時間を考慮してハナ ハイウェイで戻ることにしました。

途中ハイクからマカワオへ寄り道。 ここもアップカントリーの好きなエリアです。
おしゃれなギフトショップを2~3件覗いて、友人を連れて行きたかった”石”のお店へ。 オーナーのおじさんが集めた石を自らアクセサリーにしています。 特にラリマーという水の中のような模様のある水色の石のコレクションが、私をここへと惹き付けるのです。 が、だんなさんと一緒に来ても買えないでしょう?こういうものって。。。 
これどお? あれどお? と見ているうちに、友人が「先祝いだよ」と言って、数ヶ月先の誕生日プレゼントを買ってくれました。 
そのお店がここです。
IMG_3995 (1)

というわけで、あとはヒロまでの帰路、帰りはこともなく、ヒロへ戻りました。