モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2013年2月

ハワイ島 “プラスチックバッグ(レジ袋)禁止法”のお話



1月17日から、カウアイ郡マウイ郡に続いてハワイ郡にも、“プラスチックバッグ(レジ袋)減少条例”が発令(!)され、1ヵ月になりました。
ホノルル市郡は2015年7月1日から発令、ハワイ州は全米で最初の“プラスチックバッグ禁止の州”となります。

プラスチックバッグは・・・・
軽くて風にのって飛んでいってしまうため、ゴミが散らかる原因になる。
バッグが魚や亀、鳥、珊瑚などに絡みついたり、食べて窒息してしまったりすることがある。
土に埋ると、分解する段階で安全でない化学物質へ変化する可能性がある。
埋め立てゴミを減らすというハワイ郡のゴールに寄与しない。
というのが理由です。

海に囲まれた美しいハワイだから、環境保護や美観を考えれば当然の策ですよね。
海や道端に捨てられたレジ袋を見るのは見苦しいですから。

スーパーだけではなく、全ての小売店、食料品店、レストラン、ファーマーズマーケットも含め、使い捨てのプラスチックバッグと、再生紙40%以下の紙袋を無料配布すると罰金となっているので、買い物客が「バッグ下さい」と言えば、無料ではなくお金を払うということになりました。(値段は店によってまちまちだけど、だいたい10セントぐらいのようです)

これは1年先の“レジ袋全面禁止”への足がかりで、再利用可能なバッグ(マイバッグ、エコバッグ)を使うことでゴミを減らし、環境を保護する目的の法律を消費者に浸透させていこうという動きです。

スーパーによっては50ドルぐらい買うと店名入りのエコバッグを無料でくれるところもあるけど、まったくバッグを用意していない店もあって、何も言わずに包装なしでポンと渡されるところもあります。
地元の人は知ってて当然だとしても、ツーリストは慌ててしまうかもしれないですね。
これからは、ハワイ島でのお買い物には、マイバッグを持って行きましょう。

この1ヶ月、マイバッグを持ってスーパーへ出入りする人が圧倒的に増えました。
しかしーーー、スーパーのレジ付近などで売っている安いエコバッグは、要注意。
一応、「全部これに入れていいですか?」と聞かれるんだけど、けっこう大きいのでいっぱい入るんです。
先日、ガレージに入れた車から肩にかけて家の中に入ったところで、持ち手がばっさり切れてバッグが床へドスン!! ガレージのコンクリートの上だったらワインのビンが割れていたところです。
切れちゃったバッグはまんまプラスチックゴミ? なんか意味なさないなぁ・・・
安いしデザインがかわいいと思ってつい買ってしまうけど、もうあれを買うのはやめにします。
丈夫な布バッグを使うことにしましょう。



トップのポスターと下のバナーは、ハワイ・カウンティによって配布されている資料です、使いたい方はご自由にどうぞ。

たまにはマウイもいいですね



先月マウイへ3泊遊びに行ってきました。
ずいぶん久しぶりですね、5〜6年行ってなかったかも。

インターアイランドのトラベル事情が変わってから、ちょっと遊びに行くには飛行機代がとても高くなってしまったので、行く?どうする? で終わってしまうことがしばしば。。。
だってねー、昔の話だけど、島間の飛行機が2社、3社あって、オイルも安かった頃はね、クーポンっていうのがあったんですよ。1枚だと$30ぐらいなんだけど、6枚まとめて買うと$150。それって今は片道一路の値段でしょ?
カフルイ・エアポートのダラー・レンタカーのお姉さんとも、この昔懐かしい話をしてしまいました。

ヒロ−カフルイは、1日2本直行便があります。ホノルルを経由しなくていいのはとっても楽。
ヒロからマウナケアをまわるお馴染みの空路だけど、大好きな景色なので毎回写真を撮っちゃいます。

空港を出て町へ直行。バケーション・レンタルへ泊まるので食料の仕入れです。
5年の間に新しいショッピングセンターができていて、Whole Foodsが入っていたのは嬉しかった。

それからワイルクのオールドタウン、マーケットストリートへ・・・
この写真のお店がわかる人は、かなりのマウイ通かも。。。



ここは昔 Sig Zane だったところです。今は Ha Wahine というブティックになっていました。
このストリート、アンティークショップ、中古のCD屋さん、いい感じのカフェもあって、昔から好きなところなので、オールドタウンのまま残してもらいたいなぁ。

マウイ島でちょっと困るって言うか、まぁ多分ヒロに来る人たちもこういう感じなのかな?と思ったのですが、ホテルをどうするか?
カアナパリとか、キヘイ、ワイレアなんかに泊まる気はまったくないし、カフルイも便利だけど街中に泊まる意味もないし、好きなマカワオ辺りでと思っていたのものの、予約のタイミングがかなり迫った頃になってしまって、バケーションレンタルの空きを見つけるのが大変でした。
この時期、メインランドからの旅行者が多いのですよね。

みつけたのはハイクの住宅地にある1ベッドルームのコッテージ。 お隣とは塀を隔てただけの、日本の住宅地とかわらない立地。
といっても家が密集しているわけではなくて、2階のベッドルームからはハイクの山側の景色が広がって、風が気持のいいところでした。
狭い庭ながらもジャグジーがあって、お値段も$95とリーズナブルで、ここに2泊しました。

おりしも日本の寒波の波がホオキパビーチに届いていて、ハイクからパイアへ出るまでの間、車からでもビッグウェーブの波乗りを見ることができたのは、おまけでしたね。


パイアの町をぶらっとしていたらインド料理と書いてあるカフェがあったので、迷わず入りました。
まずはマルガリータ(ってメキシカンだけどね笑)。
本格派のインドではなく、地中海料理とミックスのカフェごはん。
チキンカレーのラップを頼みました。 美味しくて、早くもお腹いっぱい。
まぁ、旅の多くは食べることが楽しみの私ですから


実は今回の旅行は、友達でプロのカメラマンと一緒でした。
はっきり言って、自分の写真よりもプロの撮った写真を見る方がよっぽど楽しみで、彼女にまかせっきり。
私はiPhondでちょっと撮っただけでした。 もうちょっと撮っておけばよかったなぁ。。