モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2009年12月

日本人は餅つきで〆ましょう



道案内は 「MOCHI」 です


日系人の多いヒロの街では、クリスマス後の週末は餅つきと決まっています。 
「餅つきするからいらっしゃい」と誘われたら、ポットラックのランチを持って行けばいいのです。 
パック餅がスーパーで買えるようになった外国でも、日系移民が今も続けている日本の文化、蒸すところから始めて搗いて丸めるところまでやる本格的な餅つきは、私もハワイで始めて体験しましたよ。

日系人宅で親戚ご近所が集まって行われる餅つきの日は、夜明け前から何十キロものもち米を次々と蒸して、男性陣が餅をつき、女性陣は熱々の餅を丸めていきます。 
親しいお宅だったら事前にお米を渡しておけば、この日一緒に搗いてもらって、お正月用に持ち帰ることができるのです。 

今年は、ハマクアコーストにあるワイレア・ビレッジの餅つきに行ってきました。 
ここも最初はご近所のために、とAkiko’s B&Bが始めた餅つきだったらしいけど、ビレッジの中心とあって、いつの間にかそれが村の行事となり、近隣のコミュニティーの恒例のイベントになったのです。 
ハワイらしく、フラ&ハワイアンミュージック、沖縄太鼓と獅子舞、合気道デモンストレーション、手相に易占い、アート&クラフトのセール などなど、多国籍エンターテインメントが用意されているので、観光客もやってきます。 

薪でせいろを蒸すなんて、本格派




代わる代わる餅を搗かせてくれます




搗きたての餅を丸めている コミュニティの方たち




名前を漢字で書いてくれます  トム = 「都夢」 だって




沖縄も文化の保存に力をいれてますよ



お天気に恵まれてストリートは人でいっぱい。 日本のお祭りみたいでした。


★ところで、パック餅を美味しく食べる方法をTVで見たので、忘れないように、ここに書いておきます。
封を切った餅は、そのままフライパンで焼くべし!

カロリー過剰の日々 トマトサラダとかぼちゃ揚げワンタン



HAPPY HOLIDAYS


日本は寒いクリスマスのようですね、それもハワイに住んでいると懐かしいんです。 
ウールのセーターにロングコート、ブーツをはいて街を歩きたいな〜

さてここちらはクリスマスパーティーたけなわ、
今月は毎週週末を迎えるごとに、ギフトラップとポットラックのメニュー作り気を回しています。
日曜には会社のパーティーがありました。 
いつもはケータリングなんだけど、今年は係りを決めてポットラック 私はトマトサラダを作りました。
ホントは旬の夏にきりりと冷やして食べるのがいいんでしょうけど、
これがすごく簡単で美味しい上、彩りがクリスマスっぽくていいでしょう?ってことで、紹介します。

トマト(5〜6個を乱切り ここではハマクア スプリングスのカクテル トマト1箱を使用)
玉ねぎ(1/3個を薄切り)
吹雪タラ(20g)
ドレッシング(醤油とキャノーラ油1:1 大匙1〜2杯づつでいい)
香菜(または青ネギ、パセリなど) 適宜

ドレッシングを作り、他の材料と一緒に混ぜて容器にいれ、冷蔵庫で2時間ぐらいマリネしておく。
食べる前に 香菜をちぎって全体を混ぜる。
ローカルの友人から教えてもらったこのレシピは、マリネすることで野菜から出た水気がドレッシングと混ざって材料に染み込んで、ぺロッと食べてしまう美味しさ。
こんな感じです



この日は、前菜を食べながら、パンプキンディッシュ・コンテストがあったんです(上の写真奥)。
アイアン・シェフ(料理の鉄人)のパンプキン対決ってわけ。
ほとんどがシナモンフレーバーのデザートを作って来た中、2人の日本人社員はそれぞれ かぼちゃコロッケとかぼちゃ揚げワンタン(私です、餃子にするはずが、皮が売り切れててワンタンに余儀なくされたの)。
かぼちゃって アメリカ人はデザート、日本人は野菜と考えてるわけね。 
社員以外のゲストが試食しながら点数を入れていった結果、大人のチョイス1位は”かぼちゃのスープ、トースト添え”を作った社長、なんと子供のチョイスは私が1位でした。(わかる気がする?)
最後に総合優勝は ”かぼちゃのクリームパフ” 
なかなか スープにオカズにデザートと、ちゃんと食事になってましたね。

ちなみに”かぼちゃ揚げワンタン”は、やわらかく蒸してつぶしたかぼちゃと、ツナ、マヨネーズ、パルメザンチーズをよーく混ぜて、皮に包んで揚げてあります。 
焼き塩と黒胡椒を混ぜたものをつけてどうぞ。


ハワイの人も ほんとに食べるのが大好き、でもデザートひとつでも 材料と量を考えたら、私の1食分のカロリーオーバーしてる???
とてもとても全部を食べられないよ。 平気で食べられた若き日が懐かしい。。。


そして〜、明日はいよいよクリスマス・イブ これで今年は最後と思いきや、当然 来週の新年会へと続くわけですが。。。
明日は日本人ばかりのパーティー、これまた中身の濃〜いポットラックになるはず
私はローストチキンを焼きま〜す

では 温かいクリスマスを!

初めてのリボン・レイ



今週はこれにはまってました。
というもの クリスマス・パーティーのシーズン、 
今週末はラウハラ編みのクラブのパーティー、来週末は会社のパーティーと 予定が続いているんです。

こういうパーティーでよくやるのが 「シークレット・サンタ」  
誰からプレゼントをもらのか、それがシークレットのゲームなんです。
値段などの簡単な決め事をしておいて、各自がプレゼントを用意します。 
先に、クジなどであげる相手を決めてからプレゼントを選ぶこともあるし、選んだプレゼントが誰にいくかはゲームで決めることもあるし・・

明日のパーティーは、「5ドル以内のもの、または手作りのもの」 というルールです。

私は手作り派、最初は例のオーナメントをもっといい素材でつくろうかなーーーと思ったり・・・・
とにかく何か作りたいなー と考えてるうちに、気になり始めたのが リボンレイのストラップ。
そう、モーハブログでも時々お目にかかる あれです。

作ったことがないけど、日本のように詳しい解説本があるわけじゃなく、ウェブで検索 
最初は簡単なブレードタイプの作り方を見つけて作ってみたけど、
これじゃあ3ドルぐらいでしょう。。という感じでさらに検索
サークルウィーブなるものをみつけました。 

なんとこれは3ミリ幅のリボンで作るなんて知らなかった〜 
細かいことをやるのは好きだけど、指が、というか私は手がデカイ 
だから3mm幅のリボンなんて最初から手に取らなかったんだけど・・・
試しに最初に買ってブレードを作った7ミリ幅でやってみたら、それはやっぱり太すぎっていうか、かわいいストラップは3mmじゃないとダメとわかって、とにかくやってみることに。。。

実際は思ったほど難しくはなかったです。 
リボンがすべるかと思ったけれど、手加減を入れて絞めればきちっとまとまります。
ただ、根気だよね。。 これがレイを作るんだったらダメだった。
10センチにも満たないからなんとか編み上げましたよ。

けっこうかわいくできたでしょう?
本当はもっと綺麗な赤のリボンが欲しかったんだけど、売り切れ。
ヒロには材料を売ってる店が1軒しないから仕方ない。。 
ちょっと落ち着いた色目だけど、3色揃っただけでも奇跡なんだなぁ、
最後にククイナッツを付けて 完成です。

栗ごはんとお赤飯



どうですか この栗・・・! みごとでしょう?
多分韓国産かなぁ? すごい大粒なの (ホントは大粒ばっかり選って買ったんだけど)

サンクス・ギビングのディナーには この栗で栗ごはんを作って持って行ったんですよ。
人生で初めて作った栗ごはんは、なかなか美味しかったよ。

栗はダウンタウンのKTAで買いました。
もう一度作ろうと思って買いに行ったときにはもうなかったんだけど、昨日の仕事帰りに寄ったらまたあったので また買ってしまいました。

その間の1週間、もち米が残っても・・・と思って、3回もお赤飯を炊きました。

ヒロに住み始めた頃、ダウンタウンに 「赤福せんべい」というお店があったんです。 
場所は朝市からすぐ近く。 でもまだ朝市も始まる前の、昔のヒロです。 
日系人がやっている店なんだけど、赤福を売ってるわけでもなく、おせんべを売ってるわけでもなし、 饅頭とか餅粉で作ったハワイの餅菓子を売ってました。 
赤福って名前をつけたのは伊勢から来た人だったからなのかな? もう今はないので、名前の由来を知る術もありません。。

その「赤福せんべい」、毎週土曜日の朝はお赤飯を作って売ってたんです。
1パウンド2ドル50セントぐらいだったかなぁ。。。
はっきりと覚えていないけど、外側をピンクの包装紙で包んでくれて、「はい、2円50銭ね」て言うの。 炊きたてのお赤飯、美味しかったなぁ。
まだ日本から来てそんなに年月が経ってたわけでもないのに、とっても懐かしい感じのする食べ物でしたね。

お赤飯を食べたらそのことを思い出しちゃって、なんだか思い出にひたるようにして3回も炊いちゃったのです。
明日また 栗ごはん作ります。

Hiloのアロハなランチ プカプカとルイジ



ヒロの街でホームメイドの美味しいランチを提供している、アロハなキッチンの紹介です。

プカプカ・キッチンはもう モーハの皆さんの間でも有名ですよね

ホリデーシーズン突入のパーティー三昧でちょっと食べすぎ。。
そんなときに嬉しいのが、野菜+たんぱく質 のメニューです。 
そう、炭水化物は抜きで・・・たっぷりの野菜の上にグリルド・アヒの乗ったアヒ・サラダです。 グリルド・チキン・サラダもあります。

ここのホームメイドのドレッシングはお醤油系で美味しいんです。
日本人にはお醤油系のドレッシングって慣れた味だけど、プカプカやミヨズが人気なのもこのドレッシングの支持者が多いのではないですかね?
プレートの上でご飯やお魚と味が混ざると、まさに丼物的なお味でしょう? 1番人気のアヒドン・プレートとは まさにピッタリの名前ですよね。

最近 日替わりでちょっと安く食べられる新メニューに チキンカツ・カレーとベジドン・バーガーが加わりましたよ。
日本式チキンカツ・カレーは “懐かしい味” だそうですよ。(夫談)
ベジドン・バーガーは、野菜天を丼物の味付けにして、バンズにはさんであるんだって。 これは是非試してみたいですね。


今日はもう一軒 アロハ・ルイジも紹介します。


場所はプカプカの角からマウカ(山側)へ 1ブロック上がったケアヴェ・ストリートにあります。
ここでは日本人にあまり会わないので、まだ知られてないみたい。

イタリアンとメキシカンの定番メニューが中心のランチ処です。
ここのサラダはロメインレタスのシーザーサラダに徹していて、ここもやっぱりホームメイドの、ガーリックの効いたシーザードレッシングが美味しいんです。
写真はマヒマヒ・サラダ・ラップ その日によって、魚はアヒだったり オノだったりします。
トルティーヤなしのサラダバージョンもあるけど、このフラワー・トルティーヤがまた美味しいのです。
包むとすごいボリュームだけど、レタスたっぷりなので消化もよく、けっこう食べられちゃいます。

ここはスープもホームメイドなの。
ミネストローネやフィッシュチャウダーに、サラダとガーリックブレッドが付いたのも 好きなメニューです。。


2軒とも、いつでもフレッシュな魚と野菜たっぷりのサラダが食べられるのが 私にとっては一番の魅力。
仕事に合間のヒロのダウンタウンでのランチは、この2軒が圧倒的に多いです。

クラフト紙のオーナメント



    またしても社長命令が下りました。
「木曜の夕方までに クラフト紙のオーナメントを一人10個作ってくること」
今回のはクリスマスツリー用です。

以前にちょっとオーナメントのことを考えていたことがあって、その時に検索していてみつけた素敵なオーナメントがあったので、それを作ってみましたよ。

クラフト紙なので飾りっけに欠けるけど、見本にしたものは色紙を使っているのでもっときれいです。 かわいいプリント紙を使って作ったり、ペイント・スプレーを施したり、グリッターをふりかけたりしたら、けっこういけるんとちゃう?

作り方を参考にしたブログは、他にもかわいいクラフトのアイデアが沢山載ってますよ。
写真左のはここ。 中央のはここ。 右側のは左のモチーフ一つを拡大したものです。

みんながどんなオーナメントを作ってくるか、楽しみです。

推して知るべし



今日はひどい目に遭いました。

ヒロのダウンタウン、Kaikodoのあったところに11月初めにオープンした Oxxxx Grill。 
オープンしてすぐの頃に1度ブレックファストを食べに行ったけど、普通かなって感じだったので書かなかったけど、ランチはサラダバーがあるって知って、そのうち行ってレポートしようかと思ってましたの。 

先週バッタリ会った友人と、たまには一緒にごはんでも食べようってことになり、お昼は混んでるらしいと聞いて、今日は11時半に行ったのです。

「スープ&サラダバーもいいね、どんなサラダバーなのかチェックしてくるね」と友人。 ところが、まだ準備ができてないというの。