ハワイ到着から、
朝晩、肌寒い日が続いていたのですが、
この日(滞在3日目)から、お天気も良くなり、
朝市で暑かったことあり、みな、ちょっとバテ気味でした。

アコモでのんびり思い思い過ごした後、
子どもたちは、ゲーム、私は多分読書だったと思います。
主人は…、何でしょう。テレビかな?昼寝かな?


モクレイアの路の行き止まりまでドライブしようということに。
その途中、ワイアルアコーヒーと、
ソープファクトリーに寄って行くことにしました。

この日は日曜だったのですが、
ノースの海岸沿いの道、
びっくりするほどの混雑。渋滞。

…ですが、ハレイワアリイビーチの方に抜けると
また、いつもののどかな田舎路に。

ソープファクトリーの白いとんがり帽子、
遠くからでも見えて、すぐ分かりました。



記念撮影をしていると、観光バスが到着し、
バスから降りて来た人の列が、
そのままとんがり帽子に吸い込まれて行きます。
まるでサザエさんの最後のシーンみたい。

かなりの人が入って行ったので、
私たちは、同じ敷地にある、
ISLAND X HAWAII (ワイアルアコーヒー)を先に見ることにしました。
(↑これが正式な名称みたい)



カウアイコーヒービジターセンターみたいなのを想像していたら、
ちょっと違った。
何屋さんかよく分からない、雑多なお店でした。

コーヒーの試飲コーナーがありました。



実はこの右のEXITを出たところで、
コーヒーの作り方やチョコの話を聞いたのですが、
何分、英語なのと、暑かったのであんまりよく分からなかったのですが、

コーヒー豆をそのまま乾燥させる方法と、
洗ってから乾燥させる方法があるみたい。
…で、味も確かに違うんです。

お土産には、冒頭にも貼りましたが、
こちらのコーヒーを買ってみました。



グリーンのシールが、地元ワイアルアコーヒーで、
試飲の結果、ナチュラルドライプロセス(自然乾燥製法)に。

他の島のコーヒーも売っていたので、
飲んだことのない、モロカイコーヒーを買ってみました。(オレンジラベル)



シェイブアイスがありました。
混んでいて中々食べれないマツモトシェイブアイス。
一足お先に、こちらで、初シェイブアイスとなりました。



次男がコーヒー味。
さすがコーヒー屋さん、美味しい。



長男は、マンゴー。
こちらも、生のマンゴーを食べてるみたいに美味しい。
思いがけず、大当たりでした。



今になって写真の中の説明書きを見ると、
地元ノース産のフルーツから作ってて、
人工の着色料や香料が入ってない。
 って書いてあります。

あらためて、美味しかったな〜って思っているところです。



アイスを食べながら、ふと上を見ると、
シャークツアーの檻が。
「あれに入って、サメを見るツアーなんだよ。行ってみる??」
息子たち、もちろん「NO

のんびりアイスを食べていると、
お店の人なのか、近所の人なのか、
生のオゴをこんなにたくさんくれました。(主人が手にしているもの)



オゴは、ポキなんかに入っている海藻です。
「お豆腐やトマトにあえるといいよ。」と教えてくれたのですが、
実際は食べる機会がなく、
アコモのオーナーに食べてもらうことにしました。
(ごめんね、おじさん。心の声

ここ、埃っぽいし、
仏像とか、苦笑いしてしまうようなものが売ってるし、
蚊にさされて痒いし、
ほんと変な所なんですが、

コーヒーの作り方を英語のよく分からない私たちに一生懸命話してくれるし、
その一生懸命話してくれたおじさんが、アイスも作ってくれるし、
どこかのおじさんは、オゴを気前よくくれるし、

ノースの人のあったかさに出会えた、
とっても素敵な場所でした。
 
ほんと、今でも、近所の店に行って来た感覚です。

こちらでのんびりしている間に、
なんと先ほどの観光バスはもういません。
ソープファクトリーだけの見学で、
もうどこか次の見学先に行っちゃったんですね。

おじさんのお店を訪れないなんて、
もったいないな〜。

■追記  シェイブアイス、ひとつ4ドルでした。