モーハワイ☆コム

鶴亀ダイヤリー2016


鶴亀ダイヤリー2016
01タイル鶴亀
R60★亀(亀次朗)であります。
R60☆鶴(鶴弥)です。
気が付けば「R60☆鶴亀敬老会」として再スタートして二年半以上の年月が経っていました。そろそろ旅行記の整理を始めておこうと思います。
この記事は2016年(平成28年)3月2日のものです。


R60☆鶴(鶴弥)です。昨年(2015年)12月のホノルルマラソン応援出発直前のドタキャンからようやく三ヵ月が経過しました。旅行のキャンセル、年末年始のドタバタ(年賀状さえ書けなかった)を乗り越える事が出来ました。今年(2016年)1月には久し振りの箱根旅行が楽しめました。(亀次朗が3月下旬に書く予定です)残念な事に、これから当分の間長い旅行は出来そうにありません。
02鶴201602



R60★亀(亀次朗)であります。これから先の記事について鶴弥と「棲み分け」(=つまりは書く内容のジャンル分け)を考えました。ハワイ他外国の旅行記や鎌倉散策は鶴弥、鎌倉以外の国内旅行や食べ物屋さんの話は亀次朗が受け持つ事にしました。
03亀201602

とは言え、その境界線部分に関わる記事はどうしたらよいでしょう?鎌倉の隠れ家レストランや秘密にしておいた小田原のスウィーツのお店紹介はどちらかというと鶴弥の得意分野です。もっと困るのは、「昼は甘党喫茶・夜はおやぢ居酒屋」という怪しいお店も鎌倉には存在しているんです。では鶴亀どちらが記事を起こすか!?只今、老夫婦は熾烈な縄張り争いを繰り広げているであります。
04PA210657

いかに年金暮らしの老夫婦とはいえ何かと用事があるものです。そうそう毎日のアップは出来ません。使うパソコンは息子(三男)がディスプレイを壊してしまったノートパソコンに古いディスクトップのディスプレイを接続した一台限り。この一台を老夫婦は奪い合いながら使っています。
そんなんで、月水金は鶴弥火木土は亀次朗がパソコンを使う日としました。ハワイ関係の記事は一日おきになりますがご容赦ください。ちなみに日曜日は休養日としました。余裕が出来て来たら、今までの記事を再編集して長文記事を何処かで発表しようと思案中です。
05P3040378

20160303ホノルル七日目。とうとう帰国日になってしまいました-6/ 帰国便はお楽しみの映画三昧(^^♪


20160303ホノルル七日目。とうとう帰国日になってしまいました-6/ 帰国便はお楽しみの映画三昧(^^♪
タイル年寄ハワイ
R60☆鶴(鶴弥)です。
楽しかった2016年3月のホノルル滞在も最終日です。今日は日本に戻らなければなりません。
この記事は2016年(平成28年)3月8日のものです。


今回の帰国便のフライトはとっても揺れました。せっかく楽しみにしていた映画もしょっちゅう中断されてしまいました。
31P3090865

このジャズ映画。怖い位の迫力。二度も観てしまいました。
32P3090880

映画のお供はやっぱりアイスクリーム(^^♪
33P3090875

でも時々赤ワイン(^^♪
34P3090868

乱気流で機体が揺れて、こんな風に中断されると笑ってしまいます。
35P3090869

20160303ホノルル七日目。とうとう帰国日になってしまいました-5/ お席は真ん中ゆったりシート(^^♪


20160303ホノルル七日目。とうとう帰国日になってしまいました-5/ お席は真ん中ゆったりシート(^^♪
01タイル鶴亀
R60☆鶴(鶴弥)です。
楽しかった2016年3月のホノルル滞在も最終日です。今日は日本に戻らなければなりません。
この記事は2016年(平成28年)3月8日のものです。


いつも思うのですが、帰りのゲートって何って寂しく感じてしまうのでしょう。
21P3090859

亀次朗がネットで選択した座席はセンターの二人掛けの席でした。私は左の窓側が好きなのですが、亀次朗は「帰国便は長丁場だから両側が通路の席の方がお手洗いに行くのに楽」という理由でこの席にしたそうです。
22P3090861

この機体は2-2-2のゆったりとした座席配置でした。いつもの2-4-2のすし詰め機材とは随分と雰囲気が違います。新しい機体なのかなと思っていたら、これは旧コンチネンタル航空の持っていた機材なのだそうです。合併していずれは2-4-2のユナイテッド航空のスタイルに改良(改悪)されるのだそうです。絶対この機材の方が居心地良いと思いませんか。
23P3090863

日本への帰りの便はとても長い時間のフライトです。しっかりと頂きましょう。
24P3090867

滞在中あまり生野菜は食べなかったかな。大雑把な切り方のグリーンサラダがご馳走に感じます。
25P3090870

でも全体的にはちょっとしつこいお味。空港に着く前にスーパーで何かお弁当買って来ればよかったのにと思いました。
26P3090874

20160303ホノルル七日目。とうとう帰国日になってしまいました-4/ ラウンジで一休みしましょ(^^♪


20160303ホノルル七日目。とうとう帰国日になってしまいました-4/ ラウンジで一休みしましょ(^^♪
タイル2016カイマナビーチ
R60☆鶴(鶴弥)です。
楽しかった2016年3月のホノルル滞在も最終日です。今日は日本に戻らなければなりません。
この記事は2016年(平成28年)3月8日のものです。


空港のテナントさん達には申し訳ありませんが、わたし達のお買い物は殆どドンキやウォールマートなどで済ましています。帰国の日に空港に到着してタクシー代を払ってしまうと残金は殆どありません。もとよりブランド品には縁遠い老夫婦はまっすぐサテライトに向かいます。
11P3090844

あ~あ。もう帰らなければならないんですね(涙)人気の少ない連絡通路がとても寂しく感じます。
12P3090847

ユナイテッド航空のラウンジにやってきました。
13P3090856

出発までかなりの時間がありました。コーヒーを頂いて久し振りにパソコンを開きます。
14P3090853

さあ、そろそろゲートに向かいましょう。
15P3090855

20170317北鎌倉にも春の兆し(^^♪


20170317北鎌倉にも春の兆し(^^♪
タイル鎌倉
R60☆鶴(鶴弥)です。
三連休ですね。いかがお過ごしでしょうか。お彼岸前にお墓のお掃除に出掛けました。辺りにはちらほらと春の兆しを感じてきました。
この記事は2017年(平成29年)3月17日のものです。


台公会堂のお地蔵さま。いつもご近所の方々が折々の花を飾っています。
北鎌倉早春1

鎌倉中央公園の一番奥にある梅園では白梅が真っ盛り。私のおうちの白梅はもう散ってしまったけど、谷戸の奥にある梅園は今が見頃を迎えていました。
北鎌倉早春2

でも山裾のあちこちに春の兆しを見つけました。
北鎌倉早春3

まだ早いんじゃないの?
北鎌倉早春4

日当たりの良い垣根にはもうこんなに咲いていました。これで杉花粉さえなければ鎌倉散策ももっと楽しめるのですけどね。
北鎌倉早春5

私の鎌倉散歩道/大町祇園山トンネル


私の鎌倉散歩道/大町祇園山トンネル
タイル鎌倉
R60☆鶴(鶴弥)です。
三時のおやつ工房から鎌倉駅に戻るには普通来るときに通った大寶寺・安養院 から八雲神社・比企ヶ谷経由で帰ります。でもこの日はとっても天気が良かったので思い切って祇園山トンネルから八幡宮に抜ける道を選びました。
この記事は2017年(平成29年)1月25日のものです。


「三時のおやつ工房」から坂を下って途中を右に曲がります。そこから先は長い登坂。夏の暑い時期には絶対通りたくない一本調子の坂道が続きます。
21P1250808

やれやれ、トンネルが見えてきました。登坂はここまでです。
22P1250811

亀次朗によりますと、昔は素掘りのトンネルだったそうです。鉄板で補強して照明が付いているだけでもありがたい事なのですね。横幅が2mちょっとしかないので車は絶対すれ違う事が出来ません。
23P1250814

このトンネルの中は小町側に向かって緩やかに登っています。ようやく出口までやってきました。
24P1250816

小町側はトンネルまで住宅が出来ています。土地が少ない鎌倉では山の上の方まで開発されてしまうのは仕方のない事です。
25P1250818

トンネルを小町側に出て見晴らしの良い処までやってきました。木立の間の遠いところに大きな屋根が見えてきました。
26P1250821

鶴ケ岡八幡宮の大きな屋根が遠望できます。ここまで来ればあと一息で鎌倉駅です。
27P1250822

トンネルを出て坂道を下れば滑川にかかる東照寺橋です。橋の袂には私の大好きな一軒家レストランOMOTEが静かに建っています。ここのお料理とっても美味しいし雰囲気が良いんですよ。以前に書いた記事「鎌倉小町で家族記念日ランチ(^^♪」をご覧いただけたら幸いです⇒
http://www.mo-hawaii.com/tsurukame/11189.html

28P1280484

亀次朗にお願いして地図を作って貰いました。花咲地蔵から三時のおやつ工房、祇園山トンネルを抜けて八幡宮に至る散歩道。坂道ばかりですが私にはとても楽しい鎌倉散歩道です。
29大町三時のおやつ工房地図

私の鎌倉散歩道/大町3時のおやつ工房


私の鎌倉散歩道/大町3時のおやつ工房
タイル鎌倉
R60☆鶴(鶴弥)です。
花咲地蔵から鎌倉駅に帰ります。花咲地蔵さま(前回の記事)から鎌倉駅に戻る途中の細い小路の奥にお洒落なケーキ屋さんがあります。
この記事は2017年(平成29年)1月25日のものです。


すっごくご無沙汰になってしまった「三時のおやつ工房」さん。おうちの近くに新しいマルシェが出来て最近ハマってしまったのと、中々大町まで来られないのも確かです。でも花咲地蔵に来た時にはやっぱりここに来ないとね。この黄色いガードレールが目印です。
11P1250791

あと80m(^^♪。でもここからが登坂です。頑張れ!わたし。ちなみに日曜日から火曜日まではお休み。週四日だけの営業です。おまけに夏の間は長期にお休みを取るのでタイミングを失うと中々ここまで来れません。
12P1250792

坂道をゆっくりと登ります。ようやく到着。
13P1250796

はい、ここが「三時のおやつ工房」です。蒼い三角屋根がとても印象的ですね。
14P1250802

手前の三角屋根が売店スペース。ケーキが入ったショーウィンドウと焼き菓子、手作り小物もあって楽しい雰囲気です。
15P1250801

この日の午後、おうちにお友達が来て下さるのでケーキを買いにやってきました。でも色々あって目移りしてしまいます。
16P1250798

16P1250799

16P1250800
本日の戦利品はこの四種類。どれも作り立てでとても美味しかったです。お友達四人で少しづつ分け合って頂きました。おうちまで歩いて帰りますって言ったら、お店の方が詰め物を工夫してなるべく動かないように包んでくださいました。

17P1250860

鎌倉駅から見ますと祇園山の丁度裏側になります。スワニーから逗子に行くバス通りの安養院の先で左に回ってください。
18三時のおやつ工房地図

私の鎌倉散歩道/大町花咲地蔵


私の鎌倉散歩道/大町花咲地蔵
タイル鎌倉
R60☆鶴(鶴弥)です。
良く晴れた冬の一日、鎌倉大町の住宅街を散歩してきました。
この記事は2017年(平成29年)1月25日のものです。


鎌倉駅から常栄寺・八雲神社を経て元八幡神社に行ってきました。その先の病院に行く亀次朗と別れて逆川沿いに遡ります。住宅街をさらさらと流れる小川はとても綺麗。お住まいになっている皆さんが大切にしているのでしょう。
01P1250783

小路は途中から小川と離れて更に細く坂道を登り始めます。ここからちょっと歩くだけで私が大好きな花咲地蔵に到着します。
02P1250781

ここは足利尊氏の子直冬の菩提寺があった場所だそうです。既に廃寺になって長い年月が経っているのでしょう。花ヶ谷のお地蔵さまとしてご近所の皆さんに親しまれ大切にされています。
03P1250784

いつもきれいに掃き清められ季節の花々が植えられているとても静かで心落ち着く私の大好きなお地蔵さまです。
04P1250788

1月下旬という寒い時期だったのでお花は期待していなかったのですが、こんなに大きなお花が咲いていました。お花の名前は存じませんが周囲の静けさと明るいお花がとても良く合っていました。
05P1250787

私が歩いた小路は逆川沿いの狭い道でした。躑躅で有名な安養院から大寶寺に向かう道の方が分かりやすいと思います。亀次朗はこの途中にある「楓」が大のお気に入り。私も「楓」のビーフシチューが大好きです。
06花咲地蔵地図

20160303ホノルル七日目。とうとう帰国日になってしまいました-3/ あっという間に空港到着(^^♪


20160303ホノルル七日目。とうとう帰国日になってしまいました-3/ あっという間に空港到着(^^♪
タイルハワイ
R60☆鶴(鶴弥)です。
楽しかった2016年3月のホノルル滞在も最終日です。今日は日本に戻らなければなりません。 ホテルをチェックアウトして空港に向かいます。
この記事は2016年(平成28年)3月8日のものです。


今回、わたし達はレンタカーは使いませんでした。帰りの空港まではホテルの前に待機していたタクシーを利用しました。ワイキキ中心部のホテル滞在ならコンベンションセンター辺りから北上してH-1に入る事が多かったのですがニューオータニカイマナビーチから乗車したタクシーはカパフルを北上してH-1に入りました。このルートならH-1に乗る前にマラサダを買う事も出来ますね。
01P3090838

タクシーは一度も渋滞する事なくあっという間にホノルル国際空港に到着しました。以前帰国日にH-1に入る前から大渋滞でタクシーメーターはコトコト上がるしチェックイン時間ぎりぎりになってしまって焦った事があったけど、すんなりと空港に着いてしまうのも何だか寂しいものですね。
02P3090839

時間がたっぷりあったので空港の中をホロホロしてみました。あら?ここは何なのでしょう?
03P3090843

USOですか!USOって?「嘘」ですか?じゃないでしょ?ここは一体何のお店なのでしょう?ご存知の方、教えてくださ~い。
04P3090842

20160308さよならカイマナビーチ(涙)


20160308さよならカイマナビーチ(涙)
タイルリゾート
R60☆鶴(鶴弥)です。
ニューオータニ・カイマナビーチ・ホテル滞在の最終日です。朝ごはんを食べたらチェックアウトして空港に向かわなければなりません。パッキングは夕べの内に終わらせています。出発までの僅かな時間を惜しんでラナイからビーチを眺めてみました。
この記事は2016年(平成28年)3月8日のものです。


朝早いのにビーチにはちらほら海水浴客の姿が見えてきました。いいなあ。
11P3080682

ワイキキからとても近い場所なのにとても透明度の高いカイマナビーチ。波も静かだしゆっくりするには最適です。
12P3080687

そろそろパトロールの時間でしょうか。でもここの海は平和すぎますね。
13P3080684

2017年は来れるかな~?来たいな~。だって結婚40周年になるんですよ。遠くの島には行けそうもないけどワイキキから近いこのホテルなら何とかなる(かな?)
14P3080686

と、云う訳で2016年3月のホノルル滞在は終わりました。お読み頂きありがとうございました。これから空港に向かいます。次回のハワイは。。。。。残念ですけど、まだまだ未定です。
15P3090814

20160303ホノルル七日目。とうとう帰国日になってしまいました-2/ハウツリーラナイから朝の海を眺める


20160303ホノルル七日目。とうとう帰国日になってしまいました-2/ハウツリーラナイから朝の海を眺める
タイル2016カイマナビーチ
R60☆鶴(鶴弥)です。
楽しかった2016年3月のホノルル滞在も最終日です。今日は日本に戻らなければなりません。朝ごはんを頂きながらビーチを眺めます。
この記事は2016年(平成28年)3月8日のものです。


朝八時前のカイマナビーチ。まだまだ海水浴客の姿はまばらです。それでも何人かの人達が思い思いに過ごしています。
11P3080672

この男性はずっと海を眺めていました。きっとここが一番のお気に入りポイントなのでしょう。波の動きを見ているだけでも飽きません。遠くにアメリカ軍の移動レドームが曳航されているのが観られました。
12P3080668

沖合には沢山のコンテナを積んだ貨物船やヨットの姿も見られます。いよいよ一日の始まりの時間です。
13P3080674

時折大きな波がやってきます。3月上旬のダイヤモンドヘッド沖でこんな形の良いチューブが観られました。
14P3080675

さあ、そろそろホノルル空港に向かう時間です。まだまだ居たいな。
15P3080677