モーハワイ☆コム

20170616鶴亀領有権争い暫定措置


R60★亀(亀次朗)であります。
R60☆鶴(鶴弥)です。

ハワイ他海外旅行の話題と鎌倉ネタは「R60☆鶴亀敬老会」で書いて行きます。
4鶴弥 ヘッダー201

国内旅行と居酒屋探訪は「心はいつも旅の空」をご覧くださいご覧ください。201509亀次朗

おっとこのお気に入りのベンチの話もそろそろ書かねばなりますまい。
P6081548

20170619鎌倉中央公園は花菖蒲が満開(^^)/


20170619鎌倉中央公園は花菖蒲が満開(^^)/
タイル鎌倉
R60☆鶴(鶴弥)です。
鎌倉もいよいよ梅雨入りしました。と言っても良いお天気が続いています。紫陽花の様子を見ようと鎌倉中央公園に行ってきました。
この記事は2017年(平成29年)06月19日のものです。


鎌倉中央公園は鎌倉市の中心部からはちょっと離れた場所にあります。鉄道なら湘南モノレールの湘南町屋が一番近いのですが急坂を10分程登らなければなりません。大船駅から京急のバスが出ていますがわたし達はおうちからてくてくと30分以上かけて歩いて行きます。
01P1181000

JR鎌倉駅西口から出ている京急バスに乗れば園内まで入ってくれます。これが一番便利かな。可愛らしいミニバスが運行されています。
02P1180997

とても広い公園で綺麗に整備されている区画の他、自然豊かな遊歩道や実習用の田んぼまであって四季折々に楽しめる市民の憩いの場です。梶原口から出ると源氏山公園に抜けられます。わたしのお気に入りの散歩道です。
03P1180991

梅雨入り宣言がなされてからも良いお天気が続いて中央公園の紫陽花はまだまだ色付いていませんでした。
04P6190345

でも今の時期は花菖蒲がとても綺麗に咲いていました。
05P6190342

「淡路島」という名前なのだそうです。
06P6190341

木陰のベンチに座って静かなひと時を過ごせました。
07P6190343

【おまけ】ゆったりとした初夏のお昼前、おかあさんが子供たちと遊んでいます。何か釣れるのかしら?
08P6190335

20161204食べ納めに鎌倉山ランチ(^^♪-1/2


20161204食べ納めに鎌倉山ランチ(^^♪-1/2
タイル鎌倉
R60☆鶴(鶴弥)です。
慌ただしく過ぎた2016年。年の瀬に思いっきり贅沢なランチを楽しみに出かけてきました。そうっ!あの「ローストビーフの店・鎌倉山本店」です!
この記事は2016年(平成28年)12月04日のものです。

タイルレストラン
晩秋の鎌倉山。お昼前の「ローストビーフ鎌倉本店山」の入り口は意外とひっそりとしていました。この日のランチは予約で満席。それも11時からの二時間と13時からの二時間の二交代制。一番安いランチで6500円もするのに二交代全席満席には恐れ入ってしまいます。
01PC040566

タクシーを降りてレストランまではやや登りの石畳の小路がつづきます。山あいのとても静かな環境。これから始まる美味しいランチに期待が高まります。ふと気になって案内係のスタッフに車椅子での来店に着いて伺ってみました。それによりますとこの石畳のエンタランスには車椅子用の迂回路は用意されていないのだそうです。レストランスタッフが数名で車椅子ごと本館まで運び上げてくださるそうです。てっきり食材搬入用の車道を使うのだと思っていました。
02PC040568

少し早くに到着したので玄関脇の待合室に案内されました。居心地の良い椅子に腰かけてお席が整うのを待ちましょう。
03PC040600

中庭を臨むテーブル席。中庭にもテーブルが並べられています。天気の良い暖かい日にはお庭で頂くのも気持ちよいでしょうね。
04PC040572

ここでガーデンウェディングなんて素敵です。誰かお嫁さんに来て下さらないかな~。
05PC040595

暖かい日なら、あんな風に二人っきりのランチも楽しそうです。
06PC040598

さあ、お席が整いました。ずっと以前から楽しみにしていた鎌倉山ランチ。中でもこのテーブル席は鎌倉市内(笛田方面だけど)を見下ろす一番人気のお席です。
07PC040573

201703鎌倉クロスケでパスタランチ


R60★亀(亀次朗)であります。
月一回の通院日。帰り道に「鎌倉駅前怪しい寿司居酒屋えにし」でヒルメシ喰おうと思っていたんですが病院の会計で手間取ってしまってタッチの差でえにしに入れなかったんです。たった六席だけのお店だから最近は昼でも予約せねば入り辛いようです。仕方ない、何喰って帰ろうかなあ。
この記事は2017年(平成29年)3月7日のものです。

タイル鎌倉
大勢の観光客で賑わう鎌倉駅周辺ですが、駅前ロータリーの南側は比較的静かです。長谷や極楽寺に向かう人たちは裏駅の江ノ電乗り場に行っちゃうし八幡宮を目指す人の流れは小町通りに向かうから、東急より南側は殆ど地元民ばかりです。
01鎌倉クロスケ地図

去年までは違うお店だった処に新しいテナントが入っていました。ここはまだ突入してなあいなあ。お店の前には生ビールのボンベがゴロゴロと置かれています。街を歩いていると「うちはこんなにワインが売れているんです」ってイタリアン風居酒屋さんの前にこれ見よがしに空き瓶並べているのを見かけるでしょう。そんな見えっ張りディスプレイかと思って覗き込んでみたら、日本各地の地ビール工場から直送された宅配便のラベルが残っていました。スミマセン失礼しました。ちゃんと仕入れて沢山売れているようです。こんな店なら安心して突入できそうです。
02P3070950

最近やけに値上がり傾向にある鎌倉駅前ランチ事情。駅直近にしてランチ1000円は嬉しい存在です。ポタージュ・サラダ・バケットにパスタ、食後のドリンクも付いていますおまけにランチを食べるとビールが300円引きになるのは嬉しい限りです。
03P3070952

お店の中はこんな感じ。二人掛けのテーブルが四つ、カウンターに五席。シンプルなバーです。
04P3070960

栃木県下野市の「うしとらブルワリー」産の手作り生ビール「これから何する?」1/2Pint680円がランチタイムなら300円引きの380円で呑めるシアワセ。草の香りたっぷりの濁りビールが本日の主役であります。おっと!「新ごぼうのポタージュ」も「バケット」も忘れてはなりませぬ。
05P3070953

サラダはほぼ鎌倉産。鎌倉市北郊の植木地区や関谷地区の地野菜を使っています。
06P3070955

メインのパスタは「桜えびと春キャベツのアラビアータ」最近食の細った老人には充分なボリュームでありました。
07P3070956

壁には旨そうな本日の献立が並んでいます。
「昼でも呑めるしタパスも出せます」
これからも足繁く通いましょう。
08P3070959

20170406鎌倉二階堂の隠れ家ランチカレーでお腹いっぱい(^^♪


20170406鎌倉二階堂の隠れ家ランチカレーでお腹いっぱい(^^♪
タイル鎌倉
R60☆鶴(鶴弥)です。
ようやく咲き始めた桜を楽しもうと鎌倉のあちこちを歩いてきました。さて、お昼ごはんは何を頂きましょうか?
この記事は2017年(平成29年)4月6日のものです。

タイルレストラン
二階堂の桜のトンネルを過ぎて荏柄天神さまに左折する手前の角にある一軒家。とっても可愛らしい建物でしょう。きっと美味しいスウィーツや紅茶が楽しめると思いました。
21P4061239

こっちが入り口のようです。ちっちゃな椅子に座った小熊さんが御出迎え。どんなお店でしょう?
22P4061244

今日のお昼はここでカレーランチです♪カレー各種600円からって安すぎませんか!?
23P4061243

建物に入ると普通のおうちの玄関のよう。靴を脱いでスリッパに履き替えます。お店のママさんの案内で廊下の突き当りのお部屋に入ってみたら、まるで応接間のような広い空間が現れます。四人掛けの丸いテーブルが三つだけ。壁一面に大きなオーディオセットと沢山のLPレコードがコレクションされています。やっぱ、コーヒーとケーキを楽しむ雰囲気なんですけど???
24P4061249

でもテーブルに置かれたメニューにはカレーしかありません!!!例えばサイドメニューにサラダや食後のコーヒー紅茶があっても良さそうだと思いませんか?第一値段が安すぎます。場所は清泉小学校から荏柄天神さまに向かって3分程の距離。観光地鎌倉相場から大きくかけ離れた価格設定。
「きっと量が少ないんでしょ」
「カレー単品じゃきっと足りないよね」
なんて思ってしまいました。

25P4061248

期待もせず亀次朗が注文したのは「ロールキャベツカレー」950円(+消費税)何だかとってもボリュームあります。新鮮なサラダもちゃんとついていました。これで950円はお得です。
26P4061250

カレーがたっぷりと掛かったお皿の真ん中のこんもりとした処にロールキャベツが隠されていました。ロールキャベツって小さな俵状に巻いたキャベツの中に挽き肉がちょっぴりと入っているイメージだったのですがお饅頭より大きい挽き肉の塊にキャベツの皮が一枚だけまとっただけでとてもボリュームたっぷり!
27P4061256

私は「シーフードカレー」1050円(+消費税)を注文したのですが、まさかこんなに大盛りだとは思いませんでした。丸々と大きな帆立や海老、烏賊が沢山入っています。サラダもただのグリーンサラダではなくトマトや茹で卵も入っていてとても豪華です。ラッキョウや福神漬けも各々に一皿づつ。
28P4061254

凄いなあ~。亀次朗に無理やり三分の一位食べて貰ってようやく食べきりました。おなか一杯です。
29P4061255

ようやく食べ終わって一息ついていたら紅茶がサービスされました。あら?注文してませんけど?どうやらカレーのお値段の中に入っているようです。だとしたらあの一番安い600円のカレーってとってもリーズナブルではありませんか!
30P4061257

2017亀次朗の妄想ハワイ計画-12/いっそスマフォにしたら?とそそのかされました


R60★亀(亀次朗)であります。
「ハワイは遠くにあって想うもの」と言います。訳あって遠くに出掛けられる状況でない老夫婦もの妄想を綴ってみました。
この記事は2017年(平成29年)5月21日のものです。

タイルハワイで何もしない話
前に「ハワイに行くのにタブレット持って行くの面倒」って書いたら「いっそスマフォに替えちゃったら」と突っ込まれてしまいました。鶴亀老夫婦は二人ともガラケー愛好者なんです。それもわざわざ会社を変えて(特に日本の山奥の温泉地でも)どちらかの携帯が通話圏外にならないようにしているんです。だって病院や老健から緊急の呼び出しがあっても電話に出られる体勢だけは整えておかねばならないと思ってるから。それと日常的に考えれば、しがない年金生活者にとってはスマフォは贅沢すぎます。普段自宅でディスクトップ生活しているから不便感じないのもありますね。
81DABUS

んでも「スマフォにしたいなあ」って感じていない訳ではないんです。前述のエアラインからの緊急連絡をYahoomailかGmailで受けられるようにしておきたいとは思っているんです。それよりもホノルル滞在中の行動がTheBUSを前提にしている老夫婦には「DaBUS]というアプリがとっても気にはなっているからなんです。例えばラニカイで遊んでいて一時間に一本のカイルアに戻るバスの通過予定時間がリアルタイムで分かるって夢のようです。でもきっと使いこなせられないだろうな。やっぱ爺いには無理だな。
82DABUS

2017亀次朗の妄想ハワイ計画-11/旅先にパソコン(タブレット)は必要か?


R60★亀(亀次朗)であります。
「ハワイは遠くにあって想うもの」と言います。訳あって遠くに出掛けられる状況でない老夫婦もの妄想を綴ってみました。
この記事は2017年(平成29年)5月19日のものです。

タイルリゾート
勤め人時代、鶴亀夫婦のハワイ旅行は三泊五日の強行スケジュールが多かったです。正味二日半の滞在中にホノルルマラソン走って宴会やってお土産を買いまくるんですからリゾート生活を楽しむ処か疲れに行ってきたようなもんだったんです。不毛な勤め人生活から解放された途端に訳の分からん病気に三つも襲われてハワイに行く機会など全く縁遠いものになっています。次回ハワイに行けたならほんまにゆっくりと過ごしたいもんです。一日中アラモアナパークでゴロゴロして過ごしたいなあ。朝ごはんは毎朝リケリケで食べましょう。昼は街角のプレートランチ、早めの夕ごはんはハッピーアワーの看板を見つけて今迄行った事の無いお店に飛び込みましょう。だから全くのノープラン。調べる必要なんか無いんだからパソコンもタブレットも必要ありません。
71P3240039

しいて心配事と言ったら帰りの飛行機の出発時間。日本のJRみたいに正確に運行するだなんってありえません。少しぐらい遅くなるなら空港で待っていればいいんだけど、急に出発時間が早くなった場合には予約の際登録したメールアドレスに連絡が来るのだそうです。スマフォなんって持っていないから連絡受けようもありません。う~~。。。。やっぱタブレット持って行こうかなあ。でも手元にあればついつい使ってしまいそうです。気が付けば一日中ホテルでウェブ三昧だったなんってヤダなあ。
72P3090852

2017亀次朗の妄想ハワイ計画-10/国際的産廃業者の屁理屈


R60★亀(亀次朗)であります。
「ハワイは遠くにあって想うもの」と言います。訳あって遠くに出掛けられる状況でない老夫婦もの妄想を綴ってみました。
この記事は2017年(平成29年)5月17日のものです。

タイル亀次朗
Tシャツは旅の思い出に欠かせない存在であります。お友達から頂いた地元のTシャツ、よれよれになっても完走を果たしたマラソン大会の記念Tシャツ、かけがいのない宝物です。それ以外にも旅先で衝動買いしたTシャツ類も山ほどあるから亀次朗の日常はTシャツとともに暮らしているんです。どんなに愛着のあるTシャツでも何年も着続けているとヘタってきます。お気に入りでしょっちゅう着ているもんだから、お気に入りのTシャツほどヘタるのも早いかもしれません。いつか別れの日が来ます。そんな長い相棒Tシャツやハーフパンツ、サンダルなんかは生まれ故郷のハワイに連れて行ってあげましょう。鮭は生まれた川に戻るといいます。ハワイで買った衣類はすべてハワイの土地に戻してあげましょう。
61P4150475

そんなんで亀次朗翁の旅の荷姿は殆ど使い古した衣料品ばかりです。殆どがウォールマートやロス、セイバースで買い込んだ思い出深い品物です。今生のお別れにハワイにお連れしましょう。お別れが済んだら空いたスペースには新たにお土産が入って帰路に着くというのが老夫婦の荷造りであります。
62P4150512

2017亀次朗の妄想ハワイ計画-9/アラモアナ裏ホテルの老人割引


R60★亀(亀次朗)であります。
「ハワイは遠くにあって想うもの」と言います。訳あって遠くに出掛けられる状況でない老夫婦もの妄想を綴ってみました。
この記事は2017年(平成29年)5月15日のものです。

01タイル鶴亀
さて、楽しみにしていたロイヤルクヒオでの滞在が出来なくなってしまった老夫婦。一体どこのホテルに泊まりましょうか。勿論、ワイキキには星の数程の沢山のホテルやコンドミニアムが存在しています。
今まで泊った事があるホテルを思い起こせば、
ハワイアンリージェント(現マリオット)
ホリデーイン(現ワイキキビーチH)
レアレアハレ(廃業)
ハワイアーナ(廃業)
マリヒニ(廃業)
ホブロン(廃業)
ビッグサーフ(廃業)

ううむ。。。残っているのは
バニヤン、ヒルトンハワイアンビレッジ(説明会に出るだけで安く泊まれるプラン)サンドビラ、ちょっと離れてニューオータニでしょうか。

でもワイキキの喧騒は老夫婦にはちょっと荷が重いんです。そりゃハッピーアワーから始まる夜のワイキキの楽しさは比類なきものですけど、市バスでハレイワやカイルアに行く利便性、ドンキやウォールマートまで徒歩圏という好立地のアラモアナ北ホテルが老夫婦にとって一番の選択肢なんです。

91pagoda10%

思い起こせば鶴亀家とパゴダホテルの付き合いは、まだ長男が小学校低学年の頃からに遡ります。確か一番最初に泊まったのはまだ三男坊が生まれてくる前に家族四人でハワイ島に行った帰りにホノルルから帰国する前の一泊だけの滞在でありました。その後ホノルルマラソンの宿として、また安物買いの鶴亀家がホリデーマート(ダイエー・ドンキ)ロス、ウォールマートに通うベース基地として、今は無きKaiとのお付き合いも忘れられません。
そんなパゴダホテルのHPを久々に開いてみたら何とシニア割引がるではありませんか!通常レートよりも10%引きで泊まれるんだそうです。やっぱわしらはパゴダに泊まろう。
92pagodahotel senior

20170602ツバキ文具店⑧最終回


20170602ツバキ文具店⑧最終回
タイル鎌倉
R60☆鶴(鶴弥)です。
NKKの金10ドラマ「ツバキ文具店」あっという間に最終回になってしまいましたね。
この記事は2017年(平成29年)6月2日のものです。


毎回楽しみに観ていた「ツバキ文具店」でしたが、とうとう最終回になってしまいました。なるべくセットを使わずに鎌倉市内でロケしたと聴いて夫婦で場所当てを楽しんでいました。わたし達の生活サイクルでは真夜中に近い時間帯の放映だったのでうつらうつら眠い目をこすりながら毎回観ていました。
01P4151199

ここは皆さんお分かりだったでしょうね。海沿い134号滑川交差点に程近い「鎌倉海浜公園」。広々と芝生の広がっています。
02P6031247
ここでは毎年二回「鎌人いち場」というお祭りがひらかれています。鎌倉でお店をしている人とか趣味のサークルや個人の出店が並んでとても楽しいお祭りです。
以前の記事⇒http://www.mo-hawaii.com/tsurukame/1306.html

03IMGP8607

鎌倉駅から若宮大路を海に向かってクアアイナで国道134号線に突き当たります。のんびりと海を眺めながら芝生に寝転んでお昼寝するのも楽しいです。
03海浜公園地図

 

こちらのシーンはどこなのか分かりましたか?JR鎌倉駅から歩いて5分位の場所なんですが。。。
04P6031246

この付近は昔からの住宅地で南北に滑川が流れている為に非常に分かり辛い場所です。その分静かに散策するのに最適の場所。こじんまりとした蛭子神社で静かに読書するのも楽しみの一つです。
05橋

JR鎌倉駅から若宮大路を突っ切って比企が谷の山門の処を左折するのが一番わかりやすいと思います。おんめさま(大巧寺)、鎌倉ヱビス(本覚寺)、ドラマに出て来た「魚福魚店」(魚七商店)、「鎌倉駅前怪しい寿司居酒屋えにし」など見所満載のエリアです。
06橋シーン地図


先代役の倍賞美津子さんの迫真の演技にずっと見惚れているうちに最終回になってしまいました。最後のシーンはあのお寺さんでした。やはり「海を見下ろせる広い境内」は画面栄えするお約束なのでしょう。考えてみたら参拝者には一時的に不便をかけるけど山門を閉じてしまえば広い敷地を自由に使えるのですから撮影にはうってつけの場所ですね。ここは鎌倉市の広域避難場所に指定されている高台ですが緊急の時に固く山門を締め切られてしまっては近隣住民が困ってしまいます。五年ぐらい前にそんな事があったかな。。。
07P5271279