モーハワイ☆コム

20170616鶴亀領有権争い暫定措置


R60★亀(亀次朗)であります。
R60☆鶴(鶴弥)です。


ハワイ他海外旅行の話題と鎌倉ネタは「R60☆鶴亀敬老会」で書いて行きます。
4鶴弥 ヘッダー201

国内旅行と居酒屋探訪は「心はいつも旅の空」をご覧くださいご覧ください。201509亀次朗

201805ハワイ島♪マウカメドォウスの散歩道


R60☆鶴(鶴弥)です。
UCCに用事のある亀次朗と別れてマウカメドゥウスにやってきました。
この記事は2018年(平成30年)05月11日のものです。
20タイルハワイ島


今回のお宿はケアラケクア付近の急な坂道の先だったのと滞在中ずっとレンタカーでの移動だったので自分の足で歩く機会が少なかったです。だから歩く機会があれば背積極的に歩くよう心掛けていました。
01P5100135


亀次郎にマウカメドゥウスの駐車場まで送って貰って一人で歩き始めます。下の売店(?)までの道のりはまるで植物園のように色々なお花が咲いていてとっても楽しいウォーキングになりました。
02P5100161



日本のスズメのような小鳥がいっぱい。鮮やかな黄色でとても可愛らしい♪なんていうお名前なのでしょう?
03P5100136c



パイナップルの噴水の周囲にはお花がいっぱい♪
04P5100140


こんな素敵な処でガーデンウェディングしてくれないかな~。期待していますよ、長男くん、三男くん。(只今お嫁さん募集中~)
05P5100142

201805ハワイ島♪やっぱり行きます!マウカメドォウス


R60☆鶴(鶴弥)です。
UCCコーヒー農園からお隣りのマウカメドゥウスにやってきました。
この記事は2018年(平成30年)05月09日のものです。
20タイルハワイ島


既に大勢の皆さんが記事にされているマウカメドゥウス。そのゆったりとした景観をモーハワイの画面で拝見していてずっと行ってみたかった場所です。
01P5100130

とは云え、ワイキキ乗り継ぎでは万一の時の緊急帰国を考えると二の足を踏むばかりでした。ハワイアン航空と日本航空の直行便が就航した事でわたしの夢が実現可能になりました。
02P5100165


思い描いていた通り、いえ想像以上の絶景を見る事が出来ました。この風景を眺めながらコーヒーを頂くのがわたしの楽しみになりました。一週間の滞在中に三回もお邪魔してゆっくりと過ごさせて頂きました。
03P5100167


わたしがマウカメドゥウスでゆったりとした時間を過ごしている間、亀次朗はUCC農園でアイスクリームを舐めながらネット三昧していました。留守宅とのホットライン連絡が主な目的ですがモーハワイの記事も書いたり読んだりしていた様子です。お蔭でわたしはマウカメドゥウスで美味しい珈琲を頂いて過ごす事が出来ました。
04P5100172

201805ハワイ島♪わしらがUCC農園に寄る理由


R60★亀(亀次朗)であります。
今回の旅行記は鶴弥の担当なんですが、鶴弥が「お部屋Wifiについて書け」というんで一席設けます。
この記事は2018年(平成30年)05月09日のものです。
20タイルハワイ島


今回のハワイ島滞在の直前に義母(つる姫さま)の容態が一時悪くなって、それこそ出発当日までキャンセルするかどうかの瀬戸際だったんです。義妹(便乱女)の「思い切っていってらっしゃい」という一声に勇気つけられて飛んできたものの最悪何かあったらコナ空港で航空券を当日購入してJALに飛び乗って帰る覚悟でやってきました。
11P5100120


んだから日本(留守宅)との緊急連絡手段を確保する必要がありました。処が今回の宿(ケアラケクア付近)はSBは完全に圏外です。止むを得ずタブレットを宿のWi-Fiに接続してみたものの小さな宿のWi-Fi機器の容量は余りに小さくって他の誰かがWi-Fi接続し始めると途端にスローになってしまいます。大勢がWi-Fiを使っている時間帯には殆ど機能しなくなってしまいました。
12P5100122


そこで思い出したのが滞在二日目にコーヒー農場の見学予約で訪れたUCC農園の事であります。(多分)広い農場の連絡網にWi-Fiを活用しているのでしょう。かなりの大容量で多回線対応の機器をお使いになっている様子です。その空き容量で訪問客に「無料Wi-fiサービス」をされているのだと思います。
13P5100128


滞在している宿のWi-Fiがあまり(かなり)当てにならないので止むを得ずUCCさまにおすがりして一日一度はここに寄って日本との定時連絡をさせていただきました。ほんまに助かりました。ありがとうございます。あ、ちゃんとスタッフさんに了解していただいていますよ。
14P5100129



とは云え、高齢者夫婦が無料Wi-Fiに毎日ただ乗りするのは見苦しいものです。毎日必ず(有料の)コーヒーとアイスクリームや珈琲豆などを購入して駐車場脇のベンチでタブレットをいじくっておりました。
15P5100126


ちなみにこのコーヒーアイスクリーム。美味かったです。空港にある無料ガイド冊子に「UCCでコーヒー豆やクッキーを買うとこのアイスクリームがタダでもらえるクーポン」がありましたから探してみてください。
16P5100127

201805ハワイ島二日目♪やっぱり行きます!UCC


R60☆鶴(鶴弥)です。
わたし達の結婚40周年でハワイ島に行ってきました。滞在二日目、朝ごはんをお宿で軽く済ませてドライブに出発です。
この記事は2018年(平成30年)05月09日のものです。
20タイルハワイ島


直前まで旅行出発をためらっていたので殆ど下調べなどしてありません。予約が必要とHPに明記されていたUCCの農場見学には成田出発直前に予約を入れました。お宿からUCC農園まではレンタカーで凡そ15分位の道のりでした。
01P5100120


朝10時の予約時間には既に数台の車が駐車していました。
02P5100121


いよいよ農場見学の始まりです。わたし達の他に若い男性三人組と新婚さんもご一緒です。
03P5100109


ハワイ島にコーヒー農園が作り始められた背景の歴史や自然環境など、また実際の栽培から収穫までの苦労話など教えて頂きました。
04P5100110


この時期は海から湿気の多い風が吹いていて遠くが霞んでしまいます。この湿気もコーヒーの栽培には好条件なのだそうですから仕方ありませんね。受付からかなり下った処にあるUCCの看板の辺りまで歩いてきたらようやくコナの海岸線が見えてきました。
05P5100116


案内所まで戻ってお買い物タイムです。珈琲豆は勿論ですが、試食させて頂いたコーヒー味のクッキーも美味しかったのでおうち用に買い求めました。亀次朗はその間ずっとタブレットをいじっていました。
06P5100107


美味しい珈琲とアイスクリームを頂いてゆったりと過ごす事が出来ました。
07P5130502

201805大変だ!携帯電話が使えない!


R60★亀(亀次朗)であります。
無事にケアラケクアの宿に辿り着いた老夫婦。一息ついて大変な事態に気が付きました。
この記事は2018年(平成30年)5月8日のものです。
20タイルハワイ島


ケアホレ空港からカイルアコナを通ってキャプテンクックに至る⑪HawaiiBeltRd.はカイルアコナを過ぎた辺りから徐々に登り坂になっていきます。「てしまレストラン」の付近では標高500m位になっているのでしょうか。(晴れていれば)宿のラナイから太平洋に沈む雄大なサンセットが観られます。でも「てしまレストラン」の処から脇道に入って急坂を約1kmも走った先なんです。
31P5150643


お陰様で静かな滞在が楽しめた訳なんですが、この間取りを見て何か足りないって思いませんか。ゆったり過ごすには充分な広さがあって快適な宿なんですけども。。。。そうなんです。テレビが無いんです。東京オリンピック疎開には絶好なんでしょうし、今回は短い滞在だからどうしてもテレビが無いと困るって事はないから気にしないんだけど、よくよく見まわしてみればセーフティーボックスも無いのに気が付きました。今回はお土産を買う予定もないし宿代も到着日に現金で払っちゃったから余分な現金など持っていないから貴重品はパスポートと国際免許証、クレジットカード位のものです。これらは身に着けていれば問題ないでしょう。
32部屋見取り図


処が、宿に着いて一息ついて日本の留守宅や便乱女(義妹)に無事到着の報告を送ろうとして大慌てになってしまいました。ケアホレ空港で自動ローミングを確認してからカイルアコナまでは携帯電話はちゃんとアンテナが三本立っていたのに、ここケアラケクアでは完全に圏外なんです。元々亀次朗の携帯はauガラケーなんで今年の四月からは海外では使えません。今回のハワイ島滞在では鶴弥のSBガラケーのみが日本との唯一の連絡方法だったのですが、義母(つる姫さま)の容態とか自宅からの緊急連絡を受ける方法が無くなってしまったんです。あらら。。。困った!困った!
33P5090098


色々考えて最後の手段としてタブレットを使う事を思い付きました。亀次朗の持っている安物のタブレットはインターネット契約などしていないスタンドアローンな奴です。もっぱら旅の資料箱として地図や記事を切り取ってファイルに入れて来たんです。こいつを宿のWi-Fiに接続すればPCのメールアドレスが使えるかもしれません。知らない土地で知らないWi-Fi機器に接続するのにはちょっと躊躇したけど連絡が取れないままで一週間も過ごせません。思い切ってアクセスして無事留守宅とのホットラインが繋がりました。やれやれ。。。
34ハワイ島地図集

201805キッチンはこんな感じ♪+キッチン関係で持って行った物たち


R60☆鶴(鶴弥)です。
わたし達の結婚40周年旅行記です。ようやくお宿に到着しました。 キッチンはこんな感じです。
この記事は2018年(平成30年)5月8日のものです。
20タイルハワイ島

次回の為に忘備録的にキッチンの諸設備をまとめてみました。機能的にレイアウトされたL字型のキッチンカウンター。背の低いわたしにはちょっと高い位置です。
21P5090092

ビルトイン焜炉ではなくコンセント接続のIHヒーターが二台。コーヒーメーカー、電子レンジ、トースター。これだけあれば何とかなります。ちなみにコーヒーミルは共用キッチンにしかなくって滞在中のコーヒーはセーフウェイで粉(約200g)を買いました。コーヒーフィルターもスーパーマーケットで購入しました。使い切れなくって残りは日本に持って帰って自宅で使っています。
22P5090092b

丼やお皿。食器用洗剤はシンクにビルトインされていました。スポンジはあったけど、おうちから使い古しを持って行ってハワイに永住してもらいました。
23P5090093

スプーンやナイフ、フォークも揃っています。おうちから持って行って重宝したのは割り箸と爪楊枝でした。布巾はありませんでした。古いタオルを何枚も持って行ったので切って使いました。そうそう、おうちで使いかけのラップやアルミフォイルも役に立ちましたよ。
24P5090094

鍋やフライパン。日本から持ち込んだ食材は蕎麦・饂飩・レンチンご飯を合計で毎日の朝食分。調味料類は塩・胡椒・山葵(チューブ)・昆布出汁など。他には海苔・乾燥ネギくらい。今回は最小限の食材で済ませました。
25P5090095

ワイングラスやビアジョッキ、コーヒーカップ。使わなかったけど炊飯器も用意されていました。
26P5090096

今回の滞在では部屋にいる時間が長かったので、この共用ラナイはとっても居心地の良い場所でした。亀次朗は夕方になるとここでビールを飲んでいました。
27P5090101

201805わたし達のお部屋はこんな感じ♪


R60☆鶴(鶴弥)です。
わたし達の結婚40周年旅行記です。ようやくお宿に到着しました。 早速お部屋に入ってみましょう。
この記事は2018年(平成30年)5月8日のものです。
20タイルハワイ島


お部屋に入ると、そこはとても広いリビングが広がっていました。ゆったりとしたソファー、四人掛けのダイニングテーブル、一泊120ドルとはとても思えません。5月8日から7泊の料金は$827、94(TAX込み)にクリーニング費用$50(但しチェックアウト時に什器備品をちゃんと元の場所に戻してくれれば$20返金)でした。
11P5090087


横長のソファーはお昼寝用、もう一つのソファーは亀次朗の荷物置場になってしまいました。四人掛けのダイニングテーブルの奥にある小さなテーブルは亀次朗のパソコンデスク。この角が一番Wi-Fiの電波が強かったそうです。
12P5090091

広いL字型のキッチンに大型冷蔵庫。あまり使わなかったけどそれなりに重宝しました。
13P5090092


洗面台も素敵です。バスタオル、ハンドタオルも用意してあります。
15P5090088


充分に広いバスタブ。ツムラの温泉の素を持ってくればよかったと思いました。
15P5090088


リビングからは共用のラナイに直接出られます。何故かお隣の部屋の方は殆どラナイに出て来なくって、わたし達はここでフルーツを食べたり読書をしたりと楽しませて頂きました。
16P5090099


亀次朗にお願いして部屋のレイアウトをエクセルで作って貰いました。わたしの記憶ではリビングはもうちょっと正方形に近かったような気がします。いずれにしても夫婦二人だけの滞在には充分過ぎる広さでした。
17部屋見取り図

201805お宿に到着しました♪


R60☆鶴(鶴弥)です。
わたし達の結婚40周年旅行記です。ようやくお宿に到着しました。
この記事は2018年(平成30年)5月8日のものです。
20タイルハワイ島


「てしまレストラン」の前で幹線道路から脇に逸れます。ここからは一本道ですから間違えようもありません。それでもセンターラインが無い狭くってとっても急な坂道です。さすがに亀次朗も慎重にゆっくりと運転しています。
01P5110200


  宿からのご案内によりますと、「てしまレストラン」から0.6マイル(=約1km)、マサシさんなどの日帰りツアーバスは「てしまレストラン」でピックアップ(宿までは入って来てくれない)で徒歩約15分との事でしたが、こんな急坂がずっと続きます。わたし達は日帰りツアーは申し込まなかったのですが、こんな坂道を暗くなってから歩くのはちょっと無理かなって気がしました。
  日本出発前には亀次朗は「宿からてしまレストランまで歩いて行って夕ごはんを食べて晩酌したい」って思っていたようですが実際にこの道を通ってみて断念していました。「てしまレストラン」から宿まで街路灯が一つもなくって暗くなってから歩いて帰るのはちょっと怖いと感じました。
02P5110202



「てしまレストラン」から0.6マイル(=約1km)。亀次朗は今日初めて運転するレンタカーで慎重に運転して5分以上かけてお宿に到着しました。周囲はコーヒー畑ばかり。この宿で一週間暮らします。
03P5110198


【おまけ】亀次朗が断念した「てしまレストラン」の日本酒メニュー。このお店で呑むのを楽しみに宿を決めてたみたいでしたけど残念でしたね。
04P5090082b

201805到着日のお昼ごはんは「てしまレストラン」♪


R60☆鶴(鶴弥)です。
わたし達の結婚40周年旅行記です。
無事ケアラケクアまでやってきました。
この記事は2018年(平成30年)5月8日のものです。
23タイルハワイ島


朝10時頃コナ空港に到着しました。入国審査・預け荷物受取・税関と順調に進んだのですが、レンタカー会社のバスがなかなか来なくって結局レンタカーをスタートさせたのは11時過ぎになっていました。途中セーフウェイで食料品を購入してケアラケクアまでやってきました。ここまで来ればお宿まであと少しです。機内では全然食べていなかったのでお腹が空いています。チェックインまで少し時間があったので「てしまレストラン」でお昼ごはんを頂きました。
11P5090086


「ドライブインレストラン」というより「食堂」といった佇まい。とても落ち着いた雰囲気です。
12P5090085


午後一時を回っていたのでお客さんは誰も居ませんでした。
13P5090083


亀次朗はA定食。スキヤキとサシミのコンビネーションです。ちょっと甘辛のきつい感じのスキヤキ風煮込みと新鮮な鮪のお刺身。お刺身のツマは大根の細切りではなくってキャベツの千切りでした。ごはんは半分に減らして頂きました。
14P5090081


わたしはサイミン。日本で食べる醤油ベースのラーメンよりも海老出汁のサイミンの方が懐かしく感じて大好き。
15P5090080


わたし達のお昼ごはんにしてはチョット奮発してしまったかしら?でも長旅の疲れを癒す素朴な味わいでした。
16P5090084

201803充行くんの初ハワイ-27/ハッピーアニバーサリーはチャーハンからのサプライズ


R60★亀(亀次朗)であります。
ヤキメシ親子の初ハワイ。四日目は夢の国で過ごしました。この時チャーハンはひとつのサプライズを用意していました。
この記事は2018年(平成30年)03月26日のものです。
タイル2018藤充行の初ハワイ


マカヒキ – バウンティ・オブ・アイランド(島の恵み)と名付けられたレストラン。ネズミーランドのキャラクターと一緒に美味しい朝ごはんが食べられると人気なんだそうです。朝ごはんでもちゃんと予約してから行かないと入れないというんです。
21MG_0375


このお店はおり姫さまが「ハワイに行ったら絶対行きたいレストラン!」とノミネートしていたそうです。そんな人気のレストタンだからヤキメシ夫婦は日本から出発する前に抜け目なく予約をいれてあります。愛する妻の為にチャーハンはもう一つサプライズな予約を入れておきました。
22P1040339


<<HappyAniversary>>
そうです。今回のハワイ旅行は結婚三周年記念でもあるんです。モーハワイにも登場して貰いましたね。
「2015ハワイで結婚する話」⇒
http://www.mo-hawaii.com/tsurukame/7719.html
あれからもう三年経ったんです。

23P3270120


一番喜んでくれたのは、勿論おり姫さまでした。この笑顔を見れただけで充分幸せな気分になれたチャーハンでありました。
24P1040349