モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2012年8月

福岡ちょい満喫



久しぶりの更新です(^^; 

仕事が続くと疲れが

どっ

と出てしまい、ブログをサボリ気味になります。。。
やっぱ歳には勝てませんなぁ〜


さて、先日の私の福岡ステイ。
東京から日帰りで友人が遊びに来てくれました

お昼すぎに友人到着
タクシーで天神にあるひょうたん寿司に直行

このお寿司屋さん、雑居ビルの2F&3Fにあるのですが地元の人にも大人気で、
ランチタイムには行列が出来ています。

私たちが着いたのは午後1時半近くでしたがやはり少し待ちました。
でも活き鮑・・・お寿司からこぼれてるイクラ・・・中トロ・・・あら汁・・・
美味しかったよ〜

私は夕方から仕事だったので飲めなかったのが残念だけど
ノンアルコールビールでも飲んだ感を十分味わえたからOK

お腹がいっぱいになったのでちょっと観光でもしようか、ってことになり
バスに飛び乗って福岡タワーへ行ってみました



最近はスカイツリーばっかり取り上げられてるけど
海辺に建つ福岡タワーもそれなりに良かったヨ。


タワーからの景色

日本の夏が大好きな私。

日本の海で海水浴したい!
海の家で食事したい!
海の家のシャワー浴びてみた〜い!

まだまだやりたいこといっぱいだよぉぉぉぉぉ

1日で、しかも午後だけでかなり福岡を満喫したけど
是非今度はお休みにゆっくり観光してみたいな〜。



ひょうたん寿司
福岡市中央区天神2丁目10−20
新天閣ビル2F、3F
TEL: 711−1951

ハワイの植木剪定職人



ちょっと前のニュースだけど・・・

植木の剪定職人がワイキキのホテルで落下して
死亡したそうです

このニュースを読んで思い出しました。

私がホテルのスパで働いていた頃・・・やはり同じようなことがありました。

その時は死亡事故にはならなかったけど
大怪我になってしまいました。


ある晴れた日の昼間、剪定職人の方が来て、ホテルのお庭にある椰子の木に登っていました。

チェーン(鎖)を木肌に引っ掛けながら登っていくんだけど
上まで行くとかなりの高さなんだよね。

私は仕事があったのでその場を離れてしまい、それからどうなったかは見なかったけど
同僚の話しによると、上まで登った後、木を抱えたまま下まで落下し
木肌でスレてしまった彼の肌は血だらけだったそうです

救急車を呼んだのかと思ったら
「こんなところにいるのは恐ろしい!」
と言って、血だらけのまま慌てて帰ってしまったそうです。

ワイキキにはいろんなゴースト・ストーリーがあって
私が働いていたホテルにも様々な目撃証言があります。
(>それだけいろんなヒストリーがあるってことなんです)

彼が何かを見たのかどうか・・・は不明ですが
椰子の木の剪定は命がけです。
だってホテルの部屋から見たら3階くらいでも葉が真ん前に見えたりするほど。

それを剪定するってことは
鎖1本でビルの3階くらいは軽く登って
葉と剪定したり、椰子の実を切り落としたり
かなりの力仕事をするわけです。

これだけ技術が進んでる今日・・・
剪定職人さんにも機械を使うなりしていただいて
安全に働いて欲しいものです。

京急空港線エアポート急行



お盆のUターンラッシュの日・・・

電車で羽田空港まで行ったのですが
電車自体乗るのが久しぶりで
なんだか遠足みたいでワクワクしてしまいました

が、荷物を持っての移動は大変・・・

小さめのスーツケースをゴロゴロひっぱりながらの長旅でした。

乗り換え、乗り換えで最後は京急蒲田駅から
京急空港線エアポート急行に乗りました。



座席の模様が飛行機

「やっと羽田空港に着く〜」

ってうれしくなりました

ハワイの手長海老



アロハ〜

ハワイに戻って来ました

いつも実家から羽田空港までは弟の車で送ってもらっているのですが
ちょうどお盆のUターンラッシュに当たってしまい
久しぶりに電車で羽田空港まで行きました。

荷物を最小限にしたつもりだけど
それでも電車の乗り換えやらなんやらで疲れたぁ・・・

ハワイに戻るとすぐに友人から
「知人が手長海老たくさん捕ったから
今晩は手長海老ディナーだよ�」
って連絡が!

きゃ〜ん

海老、カニなどの甲殻類大好きよ〜

で、まだ生きている手長海老をケアモク通り沿いにある
パンダという中華料理屋さんに持ち込んで
それはそれは豪華なディナーとなりました。

この手長海老、養殖もあるけど、これはノースショアの方(というとカフクかな?)の沼に仕掛けをして野生のを捕ったらしい。

肉厚でプリプリ!!!まるでウィンナーみたいだった
でも淡水だからかな、ちょっと生臭い感じもしたなぁ。。。

でも、細い手のところまで食べれて美味しかったよ

無菌室の怪&emojiwaves;



ちょっと怖いお話・・・。

抗がん剤の副作用で血液のいろんな数値が低下し
個室に監禁されてしまった母

どうせ病院食が食べれずお腹をすかせているだろうと
差し入れをしに行ってみると・・・
その個室というのは
母がとても怖がっている無菌室のことでした。

普段はその部屋は腎臓移植後の患者さんが使っているのですが
他に普通の個室の空きがないと、自動的にこのお部屋に入ることになります。

以前にも一度だけ母がこの部屋に入れられたことがありました。

その翌日は顔色を変えて

「一晩中チリーン、チリーン、って鈴だか鐘だかの音がして恐くて眠れなかったの。
すぐにお部屋を変えてもらって


と言うではないですか。

この時は幸運にも他の部屋が空いたのでそちらに移してもらったのですが、そうでなければ眠れない日が続いたことでしょう。

その後、別の患者さんにその話しをすると
その方もこのお部屋に入ったことがあり
一晩中お経が聞こえてきたとか

でも・・・
だとすると夜勤の看護婦さんにも聞こえてると思うんですよね
ナースコールだってあるしねぇ。

それに、このお部屋に入る時は必ず容体が悪い時。
うなされたり、抗がん剤の副作用で幻聴が聞こえたりしたんじゃないのかなぁ、と私は思ってますけどね。
(※実際抗がん剤の副作用に”幻聴”は含まれています)

今回またこの部屋に入って、眠れるのかどうか心配でしたが

「眠れたよ。だって、腎臓移植して元気になっていく人が入る部屋なんだから怖いワケないじゃん。

って。

母は母なりにポジティブ志向に切り替え
自分で恐怖を克服したようです

全身がん政治家 



与謝野馨先生の書籍「全身がん政治家」はうちの母の励みになっている

というmercy-kさんのコメントを読んですぐにamazon.comでオーダー、
昨日届きました☆

まだ読み始めたばかりですが
もうすでにエネルギーが湧いてきています

まぁ、私にエネルギーが湧いても仕方なんですけどね(^^;

昔はガンというと死に直接繋がる病気だと思われていたので
周りには自分がガンであることを隠して政治活動をしていらしたとか。
一人でガンを受け止めて、一人で闘っていたなんてすごいな〜

しかも転移、再発を繰り返して計4つのガンを経験されているんですよね。

母もまだまだいける!

あけらめず根気よく治療を続けるしかない!

と改めて思いました。

早くこの本、母に届けないと。

サンパラソル



昨日の夜病院に戻った母・・・よく眠れたのかな。。。

今朝の血液検査の結果、白血球数が急に下がり、個室に監禁されたそうです

やっぱり昨日家に帰れていたのが不思議だったんだよなぁ。


トップの写真は母の大好きな花、サンパラソルです。

母は入退院を繰り返していてなかなか外出出来ないので
代わりに注文しておいた苗をお花屋さんに取りに行くように言われていました。

数ヶ月ほど前だったか、そのお花屋さんに行ってみると
一旦入荷した分は全部他の予約した人たちに引き取られた後で
サンパラソルの苗は一つ残っているだけでした。
それも母が注文したのとは違う色
母の分は次回入荷した時に。。。ってことでした。

でも、その近くに似たような・・・というかほぼ同じ苗があったので
「ここにありますよ
と言うと、
それは似ているけどサンパラソルじゃないんだってさ

よくよく聞いてみると、サンパラソルはマンデビラとほぼ同じなんだけど多少葉っぱ違うらしい。
そして、サントリーが品種改良したブランド花でサントリーが作った苗だけがサンパラソルと名乗れるらしい。
サントリーが故にサンパラソル

サントリーと言えば・・・
お酒かロイヤルハワイアンセンターにある鉄板焼きレストランしか浮かばなかったけど
植物にまで手を広げていたとはね〜

祖母が亡くなりました。



今日の午前11時45分、祖母(母の母)が亡くなりました。

92歳でした。



抗がん剤で下がり始めた母の血小板数。
何故か急に増加し、外泊許可が出たのが昨日。

今朝、家で寝ていた母に祖母が入院している病院にすぐに来るよう連絡が入りました。

母と叔父と叔母が見守る中、祖母は旅立って行きました。

お盆で仏様が帰ってくるというのに逆に逝ってしまった祖母・・・。
でもこれでもう苦しまなくてすむよね。
祖父にも会えたんじゃないかな。


悲しんでいるヒマもなく、あっという間にお通夜やお葬式の日程が決まりました。

どうしても両方参列したいけど、ハワイに戻る日が数日後に決まっていたのでどうしよう。。。と思っていたら
ちょうど私がハワイに戻る日がお葬式。

それならお葬式を終えてから夜の便でハワイに戻ることが出来ます。

そして先程、外泊許可が今日の夜9時までだった母を病院まで送って行ってきました。

母親が(母の)亡くなった日に一人で病院に戻すのは可哀想ですが
明日朝一番で血液検査があるので致し方ないです

でも、不思議と母の血小板数が増え、母が外泊出来ていて良かった。
そうでなければ母は自分の親を看取ることが出来ず、一生後悔していたことでしょう。

そして私がハワイに戻る日がお葬式の日で良かった。
そうでなければ私は祖母のお通夜やお葬式に参列出来ず、やはり一生悔やまれたことでしょう。

これって偶然なのかな?

何か別の力が働いたのでは?と思えてなりません。。。

日本でのお買い物



昨日はモーハブロガー仲間のナナクリさんと
近所でランチ&お買い物してきました

そしてとっても分厚い本をいただきました。

「へそくり貯めてね☆」

って。

これ、小物入れなの〜かわいい

でも、私に「へそくり」なる物は存在しないのよねぇ・・・

理由その1.へそくりを作る余裕がない
理由その2.一人暮らしなので隠す必要がない

う〜ん、何入れようかな・・・。思いつかない・・・。


さて!

二人でランチした後に地元のモールに行ったのですが
私が買い物する度にナナクリさんが笑うんですよね。

ダイソーで大人買いした私を見て
「まるで私がロングスで買い物する時みた〜い」って。

巨大な買い物袋下げて次の買い物している私を見て背後から
「おい、サンタクロース!」って。

これ、可愛くない???!!!
という私に無言で苦笑いしたり・・・。

まったく興味がある物が違っていて
二人での買い物って面白い

また日本でお買い物する際には
お付き合いいただきたいわ

新婚さんいらっしゃいだ〜い好き&emojiheartsmall;



日本に帰ってきてのお楽しみは
父が録画しておいてくれた「新婚さんいらっしゃい」を見ること。

梓みちよ時代から千昌夫の元奥さんのジェーン・シェパード、片平なぎさ、岡本夏生、そして現在の山瀬まみちゃん、それぞれのアシスタントぶり、ずっと見ています。

夢は新婚さんいらっしゃいに出場すること!

だった私ですが、かなり歳をとってしまい
今出場しても
出てきた途端に桂三枝さんにひっくり返られちゃうんだろうな〜

夢は夢で終わらせた方が良さそうです(^^;