モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2012年3月

The Descendants 子孫



”ジョージ・クルーニーがハワイに撮影に来てるよ”

って聞いてたけど
その映画のこと、すっかり忘れていました。

The Descendants(子孫)です。

日本ではファミリーツリーってタイトルでもうすぐ公開になるみたい。

カメハメハ大王の血を受け継ぐ一族のお話しです。

ジョージ・クルーニーがカメハメハ大王の子孫?!

って思ったけど映画を見てみたら
アロハなんかもローカルらしく着こなしていて
結構はまり役でした

ストーリー的にはとても悲しくて
そしてちょっといい話し

私はハワイ在住の友人と一緒に見たので
知っている場所が出てくるたび

「あ、これはあの辺りだよね!」

「きっとここはあの辺だね!絶対あそこだっ!」

「あ〜あれあれ!!!」

って、映画を鑑賞する暇もなく
かなり盛り上がりました。

ハワイ好き&ハワイ在住者にはたまらない映画です

高い勉強代



ある晴れた午後

家のお掃除をして、いらない物を寄付しに
ダウンタウンにほど近いベルタニア通沿いのGood Willに行きました

ストリートのコインパーキングに車を停め、荷物を運ぶと
不用品の受け取りはここではなくてヤング通りで行なっているとのこと。
おまけに歩いてはちょっと遠いらしい。

不便だな〜

せっかく1時間分くらいのコインを入れて車を停めたので
ちょっとGood Willの中を徘徊
30分くらいしてから外に出ると


あ〜〜〜


大きなローカルのおじさんが私の車を運ぼうとしている〜〜〜!!!

「ちょっと待って〜!」

走ってって止めたけど、一度動かしたらもう逃せないって
はい、レッカー移動です。

「どこまで持ってくつもり?たっぷりコイン入れておいたのに・・・」

するとおじさん曰く
コインの問題じゃなくて、ベルタニア通りは3:30〜5:30PMはTOW ZONE(駐車禁止)なんだって。
滅多に来ないから分からなかったよぉ。

UH近くのアイゼンバーグ通りまで持って行くというので
一緒に乗っけてってもらうことにしました。

助手席に座りながら怒りが収まらない私

あとちょっとだったのに!何で見逃してくれなかったのよ!一体いくらかかるのよ?!

「$130位だよ。」

ナニ〜?!そんな大金私に払わせるなんてひどすぎるじゃない!!!

「あ・・・それに君、チケットも切られてるからプラス$50だよ・・・」

なんだって〜〜?!どうしてくれるのよ・・・OMG・・・
怒りからショックに変わってしまいました

「君にとってそんなに大金なの? 旦那さん呼んで払ってもらえばいいだけでしょ。」

それならいいよ、それなら。 私はね、独身で一人でなんとか生活してるのよ。
$130なんて大金も大金、どうしていいか分からないわ!

「え?そうなの・・・」

急におじさんの態度が一変。
お客を得た喜びからショックに変わってしまった様子。

「ごめんね、ごめんね、あそこで君の車を持ち上げるの
仲間に見られちゃって・・・。後でどうだったか聞かれるから
どうしても見逃してあげられなかったんだよ。」

え???そうだったの?じゃあ一度動かしたって見逃せたんじゃん・・・。

いろんなお話しながらレッカー場所のKuni's Auto Motiveに到着。



来てる、来てる、たくさんの車が
3:30〜5:30は皆さんの稼ぎ時なのね



以前にレッカーされた時は空港の方まで持っていかれちゃったから
それに比べれば今回はまだましか・・・。
タクシー呼ぶ手間も省けたし・・・。

ここも(エアポートの方も)支払いは現金のみ。
窓口の横にはご丁寧にATMが設置されてます。



私の前に並んで支払いをしていたのはアメリカ人の観光客夫婦でしたが
これも旅行の記念だわ、って自分たちを納得させていました。

私もサインを読まなかった私のミスだから仕方ないよね、と自分を納得させ
しぶしぶ$130を支払い、自分の車へと戻りました。

すると
レッカーしたおじさんが待っていました。

「本当にごめんね。大丈夫?」って、申し訳なさそうにしていて
何かこっちが悪いことしたみたいに感じてきちゃったし

もういいよ、あなたはあなたの仕事をしただけなんだから。

それだけ言って帰ってきました。

あ〜あ〜
たまたま寄付しに行こうなんて思ったのが間違いだったわ。
レッカー代$130+チケット代$50=$180

勉強代にしては高くついちゃった。
「寄付した」と思うしかないな・・・。



Kuni's Auto Motive
820 Isenberg St, Honolulu
944-0009

友人からのラブリーなプレゼント&emojipresent;



先日、友人がベルベット地にレースがあしらわれた
とても素敵な洋服で現れ、

「わ〜素敵なの着てるね、とっても似合ってるしめっちゃ可愛い

って褒めちぎったところ

ナント!

お揃いの洋服を頂いちゃいました
(>私が彼女のように素敵に着こなせるか・・・は疑問ですが

年齢と共に趣味が変わってきて
最近はガーリー&ラブリー系が好きです。

彼女のは黒で私のはネイビーで色違い。
日本で買ってきたそうです。 
(>やっぱり日本の物は可愛いね

そしておまけに



ウサギ付きの靴下も頂いちゃいました

これもまたまたすごく可愛い〜
ロクちゃんを飼って以来、ウサギの物も大好き。

お誕生日でもないのにこんな素敵なプレゼントを頂いちゃって
何か申し訳ないなぁ・・・。

両方大切に使わせてもらおうと思います

身体にいい1日&emojisun;



今日3月26日、ハワイはプリンス・クヒオ・デー(クヒオ王子の誕生日)で祝日です。

何でクヒオ王子は王子のまま(王にはならなかった)だったのか・・・
クーデターが起こりハワイ王朝が崩壊した1893年1月、クヒオ王子は21歳。
だからずっと王子なのかな〜

プリンス・クヒオ・デーにはパレードもあり、
王子が住んでいたクヒオビーチ周辺は
朝から家族連れで賑わっていましたよ〜。

私は・・・といえば朝からケールサラダの下ごしらえ。

野菜の王様とも言われているケール。
栄養価が高くて身体にいいんだけど
固いし苦いし好きじゃない、って人も結構いるんですよね

私はケールのちょい苦加減が好きなんだけどな〜。

さて、とる美流ケールサラダのレシピです

茎から葉っぱの部分だけをちぎってよく洗い、更に細かくちぎります。
(茎は捨てるか他の料理に使います)
今日は色が鮮やかになるので一瞬熱湯に通しましたが、生のままでもOK
ケールをジップロックに入れて、そこにレモン汁、塩、こしょう、砂糖、ガーリック、だし醤油を加え
冷蔵庫で寝かせます。
食べる少し前に人参と紫キャベツの千切りを加えてもよし。
(分量はすべて適当
これで夜にはシナ〜っとしたおいしいケールサラダが食べられるよん♪

そして午後は
ここのところいまいち体調が良くなかったので
久しぶりにマッサージを受けてきました
(>身体を癒してあげることも必要!)

ワイキキの中心から徒歩15分くらいのところにある
センチュリーセンターというビルの21階で
マッサージ学校の生徒さんたちのマッサージが受けられるんです。

この生徒さんたち、実は私が以前マッサージライセンスを取る為に通っていた
ハワイマッサージアカデミーの生徒さんたちです

さすがにまだまだ経験が浅いせいか
「う〜ん、そこはもっと長いストロークの方が・・・」
「そこはちょっとツボがずれてる・・・」
とか、ちょっと物足りない気もしますが
(>ちょっと先輩面しすぎ?!)
生徒さんたちによるマッサージって一生懸命さが伝わってくるし、丁寧だし
私は結構好きです

私も10年前は・・・って懐かしく思ったりして。

今日はたっぷり90分受けてきましたよー。

60分で$30、90分で$45と料金は破格
(※チップは別)

サービスとか雰囲気はどうでもいい、
安くて長い時間受けたい!という方にオススメです。


Hawaii Massage Academy
1750 Kalakaua Ave. #2102
(808) 955-4555
月〜金: 10AM〜9PM
土: 10Am〜6PM
日: 11AM〜6PM

亀のアダプション



ハワイにはHumane Society(ヒューメインソサエティ)という
動物愛護団体があります。

日本で言う保健所の役目(動物に関してのみ)もしていて
野良犬、野良猫の保護から里親探し、去勢手術、
マイクロチップを入れたり等など
動物に関するあらゆることを無料または安価で行なっています。

最近までHumane Society(ヒューメインソサエティ)をずっとHuman Society(ヒューマンソサエティ)だと思い込んでいて、何で動物愛護団体なのに人間団体って名称なんだろう・・・って考えてたお馬鹿な私です


さて、先日のこと。

獣医をしている友人から
ヒューメインソサエティにトータス(陸ガメ)をアダプト(養子縁組)しに行くけど来る?
と連絡がありました。

ヒューメインソサエティも陸ガメも大好きなので
喜んで同行しました。

実はこの陸ガメちゃん、ワケアリでした。

2週間位前、犬に噛まれ瀕死の状態で友人の所に連れて来られたらしいのですが
飼い主さんがあまり治療費にお金を使えないということで
家で出来る治療を教えて帰したそうです。

ところが数日後の再診の時、あまり良くなっていなかったので心配していた所、
ヒューメインソサエティから連絡があり、飼い主さんが手放したことが分かったそうです。

ハワイでは治療費が払えず(払いたくなく)
ペットを手放す人が結構いるんです。
悲しいけど現実です

ヒューメインソサエティには1日にたくさんの動物が運ばれてきます。
重症の陸ガメに十分な治療を受けさせるのは難しいだろう・・・
ひょっとすると安楽死させられてしまう可能性も・・・
ということで友人が引き取ることにしたのです。

引き取りの手続きをする為、ヒューメインソサエティの受付に行くと
既に何人かの人が並んでいました。

私たちの前の人はミニチュア・ピンチャーらしい子犬を抱えてきていました。
おもわず

「か〜わいい

というと、いかにもハワイローカルって感じの
大きなおじさんがそれはそれは辛そうな顔で

「家に迷い込んで来たんだけど、うちじゃ飼えないから・・・
Feel so guilty・・・」

って

マイクロチップも入ってなくて飼い主不明だとか。

どれくらいここに置いてくれるの?と受付の人に聞くと
2〜8日とのこと。 
すぐにもらい手が見つかるといいんだけどね。。。

そして私たちの順番。

友人が前もって連絡していたので亀の受け渡しはすぐに完了。
箱を開けて覗いてみると全く動かない亀ちゃんがいました

ずっと建物の中にいて日光を浴びていないに違いない

すぐに敷地内のドッグパークの芝生の上に置いてみました。

すると・・・

歩く、歩く
ちゃんと見てないとどこか行っちゃうくらい歩く
やっぱり太陽が欲しかったのね。

「この子は助かる

と確信しました。

亀ちゃん(>ポーリーと命名)を連れて帰ろうとすると
さっきのミニピンチャーがもうケージに入って他の動物たちと一緒に並んでいました
(>はやっ!)

ケージには
この子の引取料は既に支払われています
というサインが付いていました。

きっとさっきのおじさんがこのわんちゃんに申し訳なく思って
せめても、と、引取料(アダプションフィー)を払っていったんでしょう。
迷い犬をここまで連れてきて、引取料まで払ってくれるなんて
やっぱりハワイの人は優しいネ


ハワイ生活で何が重要か・・・



ハワイに戻ってきました〜

日本を出る時はすっかり家族や親戚と一緒にいるのが心地良くなってしまって
ハワイに帰るのイヤだったんだけど。。。
戻ってみればやっぱりハワイは常夏の楽園だよね〜

あっという間に気分が変わっちゃいます
(女心は変わりやすいのだ)


今日は早速、お友達がお弁当持って
うちに遊びに来てくれました☆

うちに入るなり
「わ〜、いい景色
って感激してる友だちを見て
ちょっと考えてしまいました。

と言うのも、
もう景色なんてどうでもいいし、
マンションの設備なんてどうせ使わないし
他のアパートに引越ししようかなぁ・・・って考えていたからです。

私が考えていたのは
景色なし
プールなどの設備なし
でも新しい
低層階のアパートへの引越し。

迷っていたんだけど
改めて景色に感激されちゃうと
「やっぱ景色は重要よね
と、単純な私はすぐ考えが変わっちゃうのです。

景色を取るか・・・
新しさを取るか・・・

う〜ん、やっぱり引越しやめようかな〜
面倒くさいしね・・・
と、お部屋からの夜景見ながら考えているのであります。。。

お小遣い?!もらっちゃいました&emojiface_settledown;



弟から
「はい、これあげる」
とお札を渡されました。

いくらか?と考えるよりも先に
私にお小遣い?!とちょっとびっくり


「ニ千円札、見たことないって言ってたでしょ。」


うん、言ってた言ってた
それでくれたワケね。

ふ〜ん、これがニ千円札・・・。



意外に趣あるじゃん


紫式部がひょっこり覗いてる

でも、こんな珍しいものもらっちゃっていいのかしら・・・。


「いいの、いいの、結構入ってくるし。」

と弟。

一緒にいた義妹曰く
このニ千円札、自動販売機で使えないためとっても不便だとか。
スーパーのレジなどで使うと、イヤな顔をされる時さえあるらしい。
皆さんもそんな経験されてますぅ

私にとっては何かニ千円・・・という価値より
「物」という感覚。。。

私はコレ使わずに大事にとっておこうと思います

がんに負けない、あきらめないコツ☆



鎌田實氏の「がんに負けない、あきらめないコツ」という講演を聞いてきました。

鎌田氏とは・・・

現在は諏訪中央病院の名誉院長でもあり、チェルノブイリやイラクに医師団を派遣したり、薬品を送ったり、様々なボランティアー活動の傍ら、執筆活動や講演などもされているというマルチな先生(内科医)です。

鎌田氏のブログはこちら → 

父がこの講演会の申し込みをしたのですが
どうせなら私も聞いてみたい、と思い
当日、チケット無しで父に付いて行きました。

この講演会、私のイメージとしては、
会議室のようなところで70〜80人で意見交換しながら・・・ってな感じに思っていたのですが
会場(ベーシア文化ホール)に近づくに連れ、それはどんどん変わっていきました。

「誰のコンサート?」ってくらいの人なのです

会場も小ホールから大ホールに変更になったそうで
つくづく癌について聞きたい人が多いんだなぁ、と思いました。

「たまたまキャンセルが出たのでどうぞ。」
と、入り口にいた係員の方に入れてもらえ
私も講演を聞くことが出来ました。



講演を聞いて、現在病院で現実を見ている私には
「すごく感激したぁ〜」
ということはなかったけど
母を含め、私たちがやっていることは間違っていない、と再確認することが出来ました。

特に興味深かったのは
他の誰かに何かをしてあげたときに分泌される
「相手を幸せにするホルモン」オキシトシンの話。

このホルモンはストレスを緩和させ
体の機能を活性化させる効果があるらしいのです。

諏訪中央病院に入院していたある末期がんの患者さんが
「若い研修医たちに死を目前にした人間が何を思っているか、話してあげる。
それで心の優しい医師が一人でも多く育ってくれれば・・・」
と、ボランティアをかってでてくれたそうです。

そして鎌田さんは彼女のご好意に甘えて
出来るだけ多くの研修医を彼女に会わせたそうです。

するとその患者さんはどんどん元気になっていき
血液の数値こそ悪かったけど
生き生きとして明るくなっていったそうです。

人を助けよう、人に何かをしてあげよう、という気持ちが
結局はめぐりめぐって自分に返って来る。。。
母についても確かに思い当たる節があります

母が入院している病院には被災地から一人で来て入院している人たちや
家族の方があまり面会に来れないという方も多くいらっしゃいます。

母はそういう方々を手助けしよう、という思いがとても強いようです。

抗がん剤治療中は食べれる物が限られてしまい、何が食べられるかは抗がん剤治療中の人にしか分からないそうで、母が「あんぱんが食べたい」と言えば家族の者がすぐにいくつか買っていきます
一つは自分で食べ、残りは同じく抗がん剤治療中の患者さんに配っているようです。
(>母には自分で全部食べるなり何なり自分の好きなようにして、と言っています

現在は毛糸で帽子を編んでは抗がん剤治療をした方に配っているようです。
これもどういった帽子がいいか、というのは治療を受けた人にしか分からない、と母は言います。

最近は私も考えて、いろいろと違う色の毛糸を差し入れるようにしています。
だって・・・
病院内に同じ帽子被った人がいっぱいいたら怖くないですか(^^;

現在抗がん剤治療11クール目が終わろうとしている母ですが
こういう助け合いの気持ちが母に返ってきているようで
びっくりするくらい生き生きとしています。

母が他の患者さんを助けていると思っていたのが
実は母が助けられていたんですね〜

おかげで今回は抗がん剤投与後の体調も良く
あさっては免疫治療を受けに東京まで行けそうです


※トップの写真は鎌田氏がボランティアしている「鎌田實と○○へ行こう」というバリアフリーのツアー。 今年はハワイみたいです。なんか運命感じるわ〜。

編み物に燃えております&emojifire;



ちょっと時期的に遅いだろう・・・と思われるかもしれませんが
今更ながら編み物に燃えています。
(>母の影響でもあります)

ハワイに住んで11年・・・ってことは少なくとも11年以上振り。

編み始めてみると案外覚えているものですね
自分用にマフラーを編み始めて
現在約半分仕上がってます


今日は私が編み物をしていると
7歳になる甥が遊びにやってきました。

「とる美おね〜ちゃん、何やってるの」

編み物してるのヨ。

「何コレ?」

マフラー。 首に巻くの。

「わ〜、すっげぇ!オレに?!」

ってすっごい笑顔
可愛すぎて違うとは言えませんでした(^^;

こんな修正だらけのマフラーにこんなに感激してくれるなんて
おねーちゃん、大感激だよ

ハワイで賃貸物件を探している方、要注意&emojimark_warning;



友人がハワイで引越し先を探しているので
私も時間がある時はCreigs Listをチェックしたりしています。

びっくりするくらい安くて良い物件がいくつかあったのですが
確か同じ写真を別のADでも見たような・・・

ワイアラエイキの4BRが $980?!
普通、$3000,$4000近くするでしょう〜?!

面白いのでいくつかメールを出してみました。

返事は

今、ウエストアフリカに仕事で来ていて会うことが出来ないが
鍵は自分が持っている。もし物件をみたければ住所はこれです。
是非あなたに貸したいがお互い信頼が第一。
下記のフォームに必要事項を記入して送り返して下さい。


というもの。
不思議と全く別の物件のオーナーの二人から似たり寄ったりの返事が。
どうも二人ともウエストアフリカにいるらしい
電話番号も書いてあるけど一体誰が出るんだろう・・・。
私はこの時点で返事はしませんでした。

物件を探し中の友人もいくつか問い合わせたらしく
「あの英語自体がおかしい」
と言っていました。
(>私には英語の違いは分からなかったけど

そしてまずはDEPOSITを送るように、鍵は後で送ると言ってきたそうです。
コレ、確実に詐欺です


他の方でもっと踏み込んで突き止めようとした人もいるようで
その手口の詳細を書き込んでる人もいます → 

この詐欺の手口としては他人の空き物件を使ってDIPOSITを先に送らせ、そのまま消える、というものらしいです。
私の場合はアフリカだったけど、だいたい「ナイジェリアにいる」と言っくてる人が多いらしく
ナイジェリアの詐欺軍団のボスが下の人にやらせていて、成功すると報酬(分け前)を払っているようです。
(>アフリカにもいるで〜)

今日もこんな物件が出ていました → 
(>これが本当に詐欺がどうか確かめていませんが・・・だいたいこんな感じ)

この写真も何回か見たな〜。

特徴としては
1.やけに安い。
2.住所が出ていない。
3.ペットOK。

そして返事には「今ハワイにはいないけど鍵は自分が持っている」ことが書かれています。
母国語が英語じゃないと分かりづらいってのもあります。

皆さん、くれぐれもお気を付け下さいね!!!