モーハワイ☆コム

カテゴリー:仕事

お久しぶりね〜&emojinote_eight;あなたに会うなんて



久しぶりにお会いしましたよー、この一部分透けてる所があるお札!

きゃ=========(^0^

オーストラリアのブリスベンに来ていま〜す。

残念ながらブリスベンのお天気はいまいちで雨が降ったりやんだり・・・

でも飛行機の中からはこんなキレイな景色が見えましたよ!
(>グレートバリアリーフと思われる)



思わず
「わ〜、キレイ!!!」
って歓声あげちゃった
(>私が歓声あげてどうする)

ナント、オーストラリアに足を踏み入れたのは5年振り!
ブリスベンには・・・16,7年振りです!!!
入国と同時にオーストラリアの匂いがしてワクワクしちゃいました

この10日間ほどいろいろと忙しかったので
ちょっと小休止です。

遅刻寸前&emojibomb;



鹿児島出身の友人が
ホノルル→福岡便で実家に帰るというので

どうせだったら私が乗る便に乗ってよ!

と、私が乗務する便に半ば強制的に乗せてしまいました(^^;

到着後、夜は福岡で一緒にご飯を食べようってことになっていたので
すごーく楽しみにしていたのに
その日は家を出た瞬間から何かおかしかった・・・


いつものように余裕を持って、仕事が始まる1時間10分以上前に部屋を出たけど
5分過ぎてもエレベーターが来ない。

まさか、またエレベーターが停まっていて、
20数階から下まで荷物担いで階段で降りることになったりしないでしょうね?!
とひやひやしたけどエレベーターが動いてる音がしてるのでそれはなさそう・・・。

待ってるうちにトイレに行きたくなっちゃって急いで一旦部屋に戻り、用をたしてからすぐにエレベーターホールに戻ると既にエレベーターが行ってしまっていた

もう一度下行きのボタンを押してみたけど、またなかなか来ない!
しばらく待ってエレベーターが来た時には仕事まであと1時間

でも、一時間あれば余裕なので大丈夫。

と、H1目指しMcCully通りを走っていると途中で急に進まなくなり、
一回信号が青になっても3台進むのが精一杯。
しばらく待ちつつ時計を見ると
仕事開始まであと45分!

この辺でかなり焦ってきた私。

今、ここでこのまま待ってH1に乗るか、きっと乗ってしまえばすぐに空港だけど
でももしこのままひたすら待つことになったら・・・

そこで別の道を行くことを決断!

McCullyから細い道を左に折れた。

ところがその道ったら途中で左に大きくカーブして
まるで元へ戻って行ってるし
何でこんな道に入ってしまったんだ・・・と後悔しながらもびゅんびゅん飛ばして
何とかベルタニアまで行けた。

ダウンタウン近くになった時、時計を見ると
もう30分をきっていた

やばい!!!やばすぎる

このまま下の道を走っていたのでは完全に遅刻。

それでH1への入り口を探そうとダウンタウン近くで山側に曲がってみた。

が、空港へ向うのはH1のEast? West?
それさえも良く分かっていない私

まずは今いる位置を確認しなきゃ。
i-phoneでMapを開けてみたけど
ロケーションサービス(だっけ)をオンにしてないし!
オンの仕方も良く分からないんだけど、適当にいじっていたら
オンになったみたいでピンのようなものが現れた!
やった!!!これで分かるハズ!
と思ったら、光が眩しくて全然i-phoneの画面が見えな〜い

何で今日なんだ、何でこんな日に行き先を阻むようなことばっかり起きるのよぉぉぉぉぉ〜

めっちゃイライラしながら空港だと思われる方向に適当に走り、やっと見覚えのある場所に出た。

そこは以前、空港に向かいながら迷って迷ってやっと見つけたH1の入り口

助かった・・・かもしれない・・・。

でも時計を見たらあと15分

会社の駐車場で車を停めるスペースを探して(>この時間一番混んでる)車を停めて、
空港の裏口まで歩いて、それから従業員用のシャトルに乗って・・・
なんてしてたら絶対遅刻してしまう。

多少お金がかかっても空港のターミナルに停めてしまえっ!

と、インターアイランド・ターミナルの駐車場に入ると
LOT FULL(満車)の文字がぁぁぁぁぁ

警備員に誘導され、送られたのはインターナショナル・ターミナル。
OMG! もう絶対絶命、第一、空いてるスペースないし!!!
タイヤをきゅるきゅる言わせながら駐車場内を駆けずり回っていると
一つ空いてるスペース発見

急ブレーキにバックで何とかそのスペースを確保しました。

で、走ってブリーフィングが行われるラウンジに行くと

3分前!

何とか・・・間に合った・・・。

へなへなと床に倒れ込んだ私。

「どうしたのとるみちゃん?」

そ、その日一緒に乗務する友人たちが不思議に思ってる様子。

「もうーーー、遅刻しそうで大変だったのぉぉぉぉぉ

って訴えたけど

「な〜んだ、まだ時間あるし、全然大丈夫よ

ってどんだけ大変だったか全く分かってくれない・・・。

でも、本当に良かった、間に合って。
だって友達にわざわざこのフライトにしてもらったのに
彼女一人で行かせることになったりしたら・・・ねぇ(^^;

札幌で出迎えてくれたのは・・・



かわいい雪だるまたち

千歳空港国際線ターミナルの
税関審査を出たところで待っていてくれますよ〜。

仕事の疲れも一気に吹っ飛び
同僚と写真撮影

いやぁ〜
癒されるわぁ

雪国からの帰還&emojisnowman;



あ〜、北海道は寒かった(^^;

札幌ももちろん寒かったけど、千歳空港に到着した時は
更に寒かった・・・。
(>札幌と千歳ではかなり温度差あるんじゃないかな?)

出発前には飛行機の翼の凍結を溶かすためのデアイシングも行いました。

窓からは、暗闇の中、お湯のものすごい噴射とオレンジのライトの点灯だけが見えて、
なんだか夢の中にいるような光景です
機会があったら見てみてね。

そんな雪国から7時間半したら・・・・・・・・・

ホノルル到着です。

飛行機を降り、入国審査&税関を抜けて
到着ロビーの外へ出ると・・・

Welcome to Hawaii

の垂れ幕と

フラダンスでのお出迎えが待っていました〜
(>別に私のための垂れ幕&フラダンスじゃないけどね)

帰って来たヨ、ハワイ!
やっぱりハワイがいいね

ずわい蟹と共に帰国&emojiairplane;



ずわいガニと共に、札幌から帰国しました〜。
個人的にはたらばガニよりもずわいガニの方が肉が繊細で好きです

それにしても
今回の旅(ってか仕事)は結構長かった。

自社便でホノルルから福岡に入り福岡に数日ステイした後、
JA◯さんで札幌に飛んで札幌ステイ。
それから札幌→ホノルルという日程で日本を縦断!

福岡はまだまだ暖かくて、日中は半袖で過ごし
札幌は寒くて、コートを現地で購入。
数日のうちに初夏と冬を経験しちゃったよ。

お陰でお土産&洋服の量が尋常じゃないし

普段、仕事の時はチェックインする荷物はないんだけど
今回に限っては2つもチェックインしました

ハワイに到着し、荷物を全部受け取り、カスタムを出ると
何だかほっとした・・・
楽しかったけど・・・疲れた(^^;
やっぱり帰るところはハワイなんだね〜。

ハワイに戻った翌日はこんなブレックファースト
(>ホームメイドだよん)



日本食が大好きな私も
毎日日本食が続くと
たまにはこんなのが食べたくなるみたい。

ベーグルにピンクサーモン入りオムレツ♪
ベーグルにたっぷりクリームチーズを塗って
オムレツとケイパーを挟んでいただきました。

ふふふ、おいしい

機内食&emojiknife;



「機内食食べてると太っちゃうでしょう・・・」

なんてよく同情されるんですけど
機内食は食べてないです

私が働いている航空会社では機内食はオーブンで蒸し焼きにするのですが
もうこの「蒸し焼き」ってのが好きじゃなくなりました。

多分、いつも同じ匂いを嗅いでるからなんでしょうね。

クルーミールと呼ばれる乗務員用の食事もあったりするのですが
こちらも飽きちゃったというか・・・。食べる人はほとんどいません。

じゃー何を食べてるかと言うと
仕事中は食べないか、食べるとしたらだいたい勤務の前にテイクアウトしたりして買って行きます。

私はどちらかと言うと食べない派で
陸地に到着してから食べることが多いのですが
たま〜に仕事中に食べたくなることがあります。
お腹がすいて食べたいのに食べたい物がないってホント辛いです。。。

先日は、おにぎりとおかずを買って行ったのですが
これが不思議と「食べ物を持ってきてる」という安心感からなのか
お腹がすかないんです

同僚に
「食べ物持ってくると食べたくなくて
持ってこないと食べたくなってギャレーのあちこち漁ったりするんだよね」
と言うと

「僕もそうだよ。今日なんてリブでしょ、チキンでしょ、海老でしょ・・・・
BBQセットまるまる持ってきたのに食べたくないんだよね。」

これは一体何人分のBBQなんだろう・・・?
っていうすごい量の食料を見せてくれました

他の島からホノルルに通っている彼・・・。
これだけ持ってくるだけで大変だっただろうなぁ・・・と同情してしまいました。
(>ちょっと笑えたりもしたけど;)

私なんておにぎりとおかずくらいだから
まだマシな方だったみたいネ

ハワイベースかも?フライトアテンダント募集&emojiairplane;



2012年7月2日現在募集中のフライトアテンダントの募集です。

デルタ航空 → 
・日本語が話せる人

ハワイアン航空 → 
・日本語、マンダリン(北京語)、広東語のいずれかが流暢に話せる人


最近、日本で話題のTATOO問題ですが
どちらも見えるところにあるTATOOがない人、というのが条件に入っています。

どちらもアメリカ労働許可がある人向けだと思いますが
詳細はご自分でお問い合わせ下さい。

譲り合おうよ!



珍しく仕事に専念しております。

遊ぶ時は遊び、働く時は働きます
(>当たり前か。。。)

今日のフライトはほぼ満席、そしていつもよりも飛行時間が短かったのでサービスが忙しかったです。

そんな中、お食事サービス中の出来事。。。

ある初老のご夫婦が
「前の人の倒してあるシートを元の位置に戻して欲しい」
とジェスチャーで伝えてきました。

一応、お食事サービスの前には、
後ろのお客さまがお食事しやすいようにシートを元の位置に戻して下さい
と、アナウンスするのですが、このサンドラ・ブロック似のお客さまはお休み中で聞いていなかった様子。

「お客さま、申し訳ありませんがシートを上げていただけますか?」

とお願いしました。

すると

NO!

あれ〜、起きてたんやんか!

と思いました。

「お食事の間、たった20分くらいですからご協力お願いします。」

と再度お願いしましたが

「信じられない!他のエアラインではそんなこと言われなかったわよ
何で私が窮屈な思いしなくちゃならないの?!」

と、二人の子供たちとご主人の前でご立腹。

「後ろでお食事してる人のことは考えられないんですか?悪いとは思わないんですか?」

と言うと

一瞬シートをガッと動かして

「ほら、上げたわよ!!!」

・・・って、上がってないじゃん!ま〜意地悪だわぁ

でも、強制的にシートを上げてもらうワケのはいかないので
後ろのお客さまに謝りました。

「すみませんね〜。食べ辛いようでしたらお食事の間、一番後ろに空席があるので使って下さいね

後ろのお客さまはとても良い人だったので
いいの、いいの、って目で合図してくれて事は収ました。

何があったか分からないけど、譲り合いはもちろんのこと、年長者を敬って欲しいものです。

お子様に注意&emojimark_warning;



日本はGWウィーク真っ只中ですね!
ハワイに来ている方も多いことでしょう。

私はハワイーアメリカ本土便で働いているので
GWはほとんど関係ないのですが
ここのところ、お子様連れが多いように感じました。

先日のフライトでのこと。
機内を走り回っているお子様がいました。

同僚が母親に何回も注意していたのですが
「走らせておかないと騒ぐから・・・」
と、あまり真剣に聞いていないようでした。

そしてやっぱり・・・起こってしまいました。

サービス中にカートと衝突

幸い怪我はありませんでしたが本当に危険です。

また、あるフライトではお子様を膝に乗せて
立たせているお客様がいました。
危険なので何回か注意し、その後はちゃんと守ってくれているようでした。

ところが、飛行機が着陸しゲートへ向かっている途中、
(>その間は危険なので私たちも着席しています)
また膝に乗せて遊ばせ始めました。
着陸したから大丈夫だと思ったのでしょう。

「あ、危ない」

と思った途端、急ブレーキが

と同時に女の子がふわっと浮いて前の席に落ちました

セーフティーを一番に考えて欲しいな〜、といつも思うのですが
残念ながらあやしたり、寝かせておいてあげる方が大事だと思っているお客様も多いように思います。
本当に可愛い大事なお子さんだからこそしっかり守ってあげて欲しいものです。



お客さまからの頂き物&emojipresent;



シアトルから戻りました

寒かったよぉ〜

シアトルと言えば
アメリカで住みやすい都市の上位に入ってるけど
「何で〜?!」
って感じ。 冬は寒いし雨は多いしなんだか暗い・・・。
気分的に寂しくなっちゃうし。

そしてシアトル出発の日の朝。
空港近辺は真っ白というかグレー。
この写真撮ったの朝8時すぎですよ。
これじゃまるで吹雪だよ

もしかしたら飛べなくなるんじゃないか・・・
って期待(?!)しちゃったくらい
(>もう数日ステイしてもいいかな、って思ったりして)

でも、予定通り無事に
暖かいハワイに戻ってきました。
やっぱりハワイは明るくていいわ♪


さて、仕事の話しのついでに。

拠点が「ハワイ」という土地柄だからだと思うのですが
フライト中、よ〜くお客様から頂き物をします。

こちらはお客様から頂いたイチゴの鍋敷きと
プルメリアのピアス ↓


以前、CA全員にスパムむすびを作ってきてくれたお客さまがいて
「こんなことしてくれなくていいですよ。大勢いるから大変でしょ。」
と言うと
「これが楽しみなのよ」
と言っていらっしゃいました。
ありがたいです。

他にもスイーツや手作りギフトなんかもたくさん頂きます。
やっぱりハワイだからアロハスピリットなんでしょうね。
お客様と私たちの関係がまるでご近所さんみたい。

ちなみに・・・
以前働いていた別の航空会社(イギリス系)ではこんなこと滅多にありませんでした。
日本の航空会社でもこんなことあまりないのではないでしょうか?
どうなんだろう