モーハワイ☆コム

カテゴリー:ワイン

オーストラリアワイン&emojiwine;



早速、一人ワインテイスティング

宿泊ホテル近くにあるワイン屋さんで
いろいろと希望を言って選んでもらった1本、
Hunter Valley(ハンターバレー)の

Scarborough
(イエローラベル) 約$23

毎度お馴染みのシャルドネです。

なるべくこの近くのワイナリーの物を・・・
って言ったのにホテルに戻ってHunter Valleyを調べてみたら
シドニーに近いんじゃん・・・

やっぱり自分で選んだYarra Valley(ヤラバレー)のにすれば良かった。

でも味はオーキーでなめらかで結構おいしい♪
オーストラリアワインも案外やるじゃん

ワインは3本まで&emojimark_warning;



すっかりワインは赤派→白派になりました。
年齢と共に・・・。

私の最近の普段飲みワインClos du Boisのシャルドネです
(>ちなみにこれは2010年物)

クロ・デュ・ボア と読むらしいのですが、私は簡単に”クロードボー”と言ってます。
(>それで通じるし)

わりと黄色めでコクがあって私好み

名前からしてフレンチワインかと思うけど、カリフォルニアワインです。

ハワイではスーパーなどで$13、4で売られていますが
セールになると$10で買えるので普段飲みとして


このワイン、里帰りの際には3本持って帰ってきます。
なんせ実家の近くでは安くておいしいワイン(>私好みの!)が買えないのでネ。

でも、毎晩父と晩酌するので3本なんてあっという間

もっと持って帰ってきたいんだけど
日本にワインを持ち込む際の免税範囲は「一人760ml程度のもの3本まで」。。。
それでいつも750mlのワイン3本です。

では、それをオーバーして持ってきた場合どうなるのか?

ワインの場合は1リットルに付き200円の課税だから
1本オーバーする毎に200円×0.75=150円・・・。

あまり気にすることないか(^^;

※その他の免税範囲についてはこちら → 


Clos du Bois (Chardonnay) 2010

濃いめの黄色。甘みとは違うコクとまろやかさがある。
値段からしてかなりお得なワインです。


赤城山



今年の新年のお供はコレ

赤城山大吟醸

とてもフルーティーで女性らしいお酒です
(>ワインで言えばすっきりとしたリースリングかな)

実家からほど近い
群馬県みどり市大間々町
で造られています。

そして
ラベルには私の実家、桐生市の
桐生和紙が使われています。

なんともジモティ〜なお酒だぁ
(>もちろん両親からの貢物です。)

ワイン テイスティング #2



生意気にもわたくし、たーとる美の「ワインテイスティング」も2回目を迎えました

実は、この2回目を迎える前に、既に数々のおいしいワインを飲み干しているのです・・・
でも、飲むことだけに夢中になり、味わうということをしないままにボトルも捨ててしまいました。
深く反省している次第です。

さてさて、記念すべき第2回目のワインはメルローでやんす。
なぜか・・・
それは安かったから。

ある日の仕事帰り、既に家にワインがないことを思い出し、泣く泣くABCに寄って買った逸品です。

ABCでいいワインなんて買いたくないじゃない?安いものでもそこそこ高いし、高いものなんて更に高いんですから。

そこで、取あえず飢えがしのげれば・・・と買ったのが
ロバートモンダヴィWOODBRIDGE、なんとセールで$6.99です。
(>やっす〜)
ABCで$6.99ってことは、スーパーマーケットなどでは、$5後半くらいかな。

普段はカベルネが好みですが、このランクのカベルネは飲み辛そう・・・
この際、メルローです。(株の仕手みたいだな・・・)

ナパバレーにあるロバートモンダヴィのワイナリー、行ってきました。
とても広くて「これぞワイナリー」って感じ。
ワインテイスティングはグラスで$7くらいからで、おいしいワインをいっぱい飲んできました。
ワイナリーのワインテイスティングが$7なら、このABCでの$6.99はなんぞや!と、お思いでしょうが、ロバートモンダヴィのワインはピンきりなのです。
VIPのため、そして一般ピープルの為に日夜ワインを造ってくださってるに違いありません!

ま、そんなことはどうでもいいですね。
はい、評価です。

WOODBRIDGE(Melrot)2004

意外にも星2つです。
さっぱりと飲みやすいが、少々薬くささがある。
香り?あったかな〜?

ワイン テイスティング #1



この頃、お腹が出てきたこともあって、大好きなビールは極力飲まないようにしているの

代わりに飲むのがビールの次に好きなワイン
だいたい普段飲むワインは決まってるけど、せっかくなので、どんなワインを飲んで幸せになってるのか、どんなワインを飲んで怒ってるのか、どんなワインを飲んで泣いてるのか?!ご紹介していきましょう。

※まず最初にお断りをしておきますが、私のワイン評価はあくまでも『私』が中心です。
5つが最高、1つが最低とします。
私がおいしいと言ったものがおいしくなかたりすることもありますが、その辺は個人差もありますのでご理解下さい。


今日飲んだのはフランシスコッポラROSSO SHIRAZ 2003
お値段は$10くらいだったかな。
コッポラと言えば皆さん聞いたことのある名前でしょう?!
あの「ゴッドファーザー」で有名な映画監督のコッポラです。

ロサンゼルス、マリナ・デル・レイに住んでいた頃、近所に日本人の映画監督が住んでいました。彼の家に行くと、よくコッポラのワインが置いてあり、飲ませていただいてました。それ以来、好んで飲むようになり、2001年にはカリフォルニア・ナパバレーにあるコッポラのワイナリーにも行ってきました

さすがコッポラ。
映画監督というだけあって、彼のワイナリーはエンターティメント性があってとても楽しかったです。ワインだけでなく、あらゆるロゴグッズも揃っていて、誰でも購入出来るショップを併設しています。

ちなみに私はワイン数本とグラス2つを買ってきました。(>1つしか使わんだろが!)

はっきり言ってワインは飛行機に乗ってハワイまで持ち帰る労力を考えれば、ハワイで購入した方が安かった

ROSSO SHIRAZ  2003

香りはかすかに紹興酒のよう。
数種類のベリー(果肉)が入っているためかドライでかなりクセがある。