モーハワイ☆コム

カテゴリー:その他

すみません・・・



いつもいろんなコメント、ありがとうございます!

一生懸命返事を書こうと思っていたのですが
仕事の合間にブログ書いているもので
これからは時間がなくて返事出来ない場合も多々あると思いますが
どうか許して下さい

ギター壊された&emojiface_angry2;<



ある航空会社のフライトにに搭乗した際、
機内から窓越しに自分のギターが投げられるのを見た乗客がいました。

そのせいで彼の大切なギターは壊れて(折れて)しまいました。

彼はその航空会社にクレームしたのですがまともに取り合ってもらえず
この曲を自分で作りYou Tubeに載せたらこれが大ヒット☆
一躍有名になっちゃったそうです

会社側も相当後悔したでしょうね。

言ってることは
「○△×!!!あなたがたが僕のギターを壊したんだから
あなたがたが直すのが当然でしょう!!!」

ってクレームなんですが
この曲もリズミカルで、出演している当人も何だか愛嬌があって・・・
結構・・・笑えます





そして最後は
「他のエアラインで行くか車で行くべきだった」
と締めくくっています。。。

インディペンデント



independent = 独立の,自立の,独立心に富む,他にたよらない

ユーアーソーインディペンデント
You are so independent

最近よく同僚から言われる言葉。

私のステイ先での一人行動について
「すごすぎるわ〜」という意味合いも込められている

そしていつもこう言い返す。

「当たり前じゃん!
一人行動くらい何でもないよ。
日本からスーツケース一つ持って
一人でハワイにやってきて
外国人としてこうやって一人で生活してるんだから。
みんなとは基礎が違うのよ。」



もともと私は探索心旺盛なので
仕事でどこかへ行くと一人でぶらぶらと
街を見て歩くのが好き

一人で旅行に行くのも好きだし
一人で食事するのも大好き

もちろん同僚たちと連れだって
近くのモールに買い物に行ったり
ランチやディナーを一緒にするのも楽しいけど
毎回同じ(ショッピング)モールだったり
毎回ステーキやバーガーだったりするので
たまには自分の好きな場所に行って
自分の好きなもの食べたりしたい。



テイクアウトしたベトナム料理のPHOと生春巻きを抱え
真っ暗なシアトルの寒空の下をホテルに向かって歩いていた時
ふと
幸せ〜
と思った

ホテルに戻るとロビーのバーで
ドラフトビール(生ビール)をテイクアウト。
お部屋のベッドに料理を広げると
最高のディナーセッティングの出来あがり

幸せすぎるぅ〜

こんな場面で「幸せ」と感じてしまうのは
やっぱりインディペンデントなのかな・・・。
(>ってか変わってる?)

天国と地獄



皆さま、お元気でしょうか?

しばらく日本&シンガポールに行っておりまして
すっかりご無沙汰になってしまいました。


旅行と寝ることが趣味の私。

月に数回は旅行しています。

そんなことが出来るのも会社のベネフィットのお陰です。
私にとってはまさに趣味と実益を兼ねたお仕事です。

たくさんあるベネフィットの中でも
特に助かっているのは航空券の費用です。

自社便はもちろんのこと、航空会社同士での取り決めで他社便にも格安で乗せていただけるのです。

ありがたいことです。

但し
条件があって

当日、席が空いてれば乗せてあげるよ、

というもので
そのフライトに乗れるかどうかは
その日・・・いえ、出発時刻真近までわからないのです。

今回は他社さんに
ホノルル-成田-シンガポール-成田-ホノルルと
4便ほど乗せていただきました。

成田-シンガポール間は乗務員さんのご好意で
なんと!ビジネスクラスに乗せていただき
機体に対して斜めになっているフルフラットのシート、初めての体験です。
それはそれは快適でまさに天国

十分な睡眠をとって余裕でシンガポール到着です。

当たり前だけどやっぱりビジネスクラスはいいな〜


そして・・・

その時はやってきました

成田-ホノルル便。

1日に何便も出ているので大丈夫!とタカをくくっていました。

ところが!

すべて満席

ついに最終の1便も私を置いてホノルルへ向け出発してしまいました。



ポツ〜ンと成田空港に残された私とアメリカ人カップル。

一旦ゲートまで入っているので出国手続きは終わっちゃっています。
係員さんが私たちのパスポートを持って、出国手続きの取り消しをしに行きました。
初めて私のパスポートにVOIDの判が押されました



アメリカ人カップルはどうしたのか分かりませんが
私は成田まで送ってくれた両親と弟がずっと待っていてくれたので
またみんな揃って群馬の実家に帰ることに・・・。

両親と弟には申し訳ないけど
一旦お別れをした両親と弟ともう1日過ごすことが決まったので
内心うれしかったりして

「可哀想に。。。何でうちの娘にたったのひと席もくれないよねぇ」

怒りというより今にも泣き出しそうな母親。

いえいえ、お母様、同情して下さるのはありがたいのですが
もともとそういう取り決めなんです。
いい時もあれば悪い時もあるんです。


そして翌日再度挑戦!

既にオンラインで調べ
この日も満席に近いことは知っていましたが
とにかくハワイに帰るしかないので成田に戻ってきました。

さすがに2日続けて車で送ってもらうのは気がひけ
エアポートバスで上京しました。

そして前日に続きことごとく満席

ついに最後の1便がやってきました。

既に全員搭乗したようでゲートを閉める準備をしています。

今日こそは一人で成田泊かぁ・・・
どこに泊ろうかな・・・
ってか一生ハワイに戻れなかったらどうしよう・・・
今更だけど普通にチケット買っちゃおうか・・・

いろんなことが頭をよぎりました。

あ〜〜〜地獄だぁ〜〜〜

と、突然地上係員に呼ばれました。

「ちょっとまだ分かんないけどもしかしたら1席空いてるかもしれないから
ゲート内に入って最終のセキュリティーチェック受けておいて下さい。」


え〜〜〜うそうそ〜〜〜
乗れるかも?でも空いてないかも?どっち???

ボディーチェック受けながらも
地上係員の方を目で追う私。

どっちなの〜

「では急いで機内に入って下さいね。」

え???それって搭乗していいってこと?
もしかして乗れちゃうんですか?
本当に???

「はい、乗れますよ。」

本当に1席空いてたことが判明した様子。

あ〜〜〜天国だ〜〜〜

最終便の最後のひと席を獲得し
無事にハワイに戻ってきました
(ゲートに残ってたみなさん、ごめんよ〜

後で知ったのですが
この時期は日本は祝日が続いてたみたいですね。

知らなかったなぁ・・・。

編集長とお茶&emojicup;



かつてこんなに違和感のある光景を見たことがあったでしょうか?!

編集長とケーキ

似合わないな〜。
それもオンザビーチだし。

この日は編集長とヒルトンハワイアンビレッジのTropicsにお茶をしに行きました。

なんで

<続く・・・>

今朝のハワイ



めっちゃさむぅ〜

お騒がせ&emojisunadokei;バルーンボーイ



今日のホノルル、
風はあれど生ぬるくて
めちゃめちゃ暑いです

話か変わって・・・

ここ数日でTVに一番多く映った画面はコレじゃないでしょうか・・・。

バルーンボーイ、気球とともに空へ・・・


「空に飛ばされてしまった気球に子供が乗っている!」

という通報で
大騒ぎとなりした

結局
家族ぐるみの大芝居だったらしいのですが
なんともアメリカらしい狂言ですよね。

日本でも以前
風船おじさんがいましたよね。

でもアメリカ版の主役は子供。

この気球がまるでUFOのような形をしていることと
お母さんが日本人なのが私的には気になってしまいましたが
まぁ、ある意味「夢」のある話ですね。

一躍有名人となった名演技のご家族。
これからもまた何かやってくれるのかしら・・・

パワースポットを訪れて



日本から遊びに来てる友達の希望で
オアフのパワースポット
『クカニロコのバースストーン』
を見に行ってきた。

800年ほど前に王族が出産をしていたとされるところだ。


———————————-


場所はワヒアワ。
一般道から少し入った
赤土の畑の中にある。

パームツリーが立っているので分かりやすい
と聞いていたけど
パームツリーは道路からは見えないので
要注意

結局通りすぎちゃって
何度も道を訪ねて
やっと辿りついた。



「ここがパワースポットかぁ。」

赤土がむき出しになっている道を奥へ。

右には土が盛り上げられ丘にようになったものが、
左にはサンゴ礁のような?石のような?ものが
積み上げられていて、ヘイアウのよう。

その先に畑の中に森のようなものが見えてくる。
この木々の辺りに大小のバースストーンがいくつも横たわっている。
※一番上の写真。



パワーを感じるか感じないかはさておき
その壮大な風景を見るだけで感動
なんだか急に風が強くなった気がしたりして・・・



友人も私もそれぞれ
たくさんパワーをもらって帰ってきた

明日から何かが変わるかもしれない・・・




*行き方
ワイキキからH1で西(空港方面)へ
空港を過ぎ、H2に乗り換えノースショア方面へ。
Wahiawa右折、North Shore左折の標識がある
信号のある交差点をWahiawa方面へ右折。
一つ目の信号を右折。
この右折の道は畑の中の道で見過ごしがちだが
この信号手前にはハワイの史跡を表示するカメハメハ大王の
小さな看板が立っているのでそれが目印になる

UHのジャパニーズ・ガーデン



「UH(ハワイ大学)にあるジャパニーズガーデンが見てみたい。」

ローカルの友人に誘われて行ってきました

ハワイ大学には1年近く通ったことがあるけど、そんなのあったかな〜
それにあんまり興味ないし・・・(>どうせなんちゃってだし・・・)

こういうのって『日本人以外』の人の方がかえって興味を示すんですよね。

※場所は説明が難しいので入口で地図をもらって下さいね。


ガーデンはお茶室と小川のような池があって一応鯉がいて、ま〜こんなもんでしょって感じでした。



ところが突然友人が
「とるみちゃん、この木、日本の現在の天皇陛下が植えたんだって。」

???


木の根元にある岩に説明書きがありました。



ピンクシャワー
1964年5月16日にプリンス・AKIHITOとプリンセス・MICHIKOによって植えられました。


って、すごい木じゃないの〜〜〜


大きな大きなピンクシャワーの木です。
1964年といえば、さすがの年長者である私も生まれてないよーーー!
そんな昔にハワイにいらしてたのか。


そしてまた友人が
「こっちの木は清子さまが植えたんだって。」

その木は小さな木でしたが、天皇&皇后さまが植えた木の前にあり、まるで素敵な親子の象徴のようでした。
清子さまの木もこれからどんどん大きくなって行くんでしょうね。

意外な発見でした。




ジャパニーズガーデンを堪能しいい気分で帰ろうと思ったら、UHのキャンパス内で駐車違反のチケットきられてたし

キャンパスに入る時、駐車料払ったのに
こんなのあり

機内&emojiairplane;のおまわりさん



飛行機は一旦ボーディングドアを閉めたら密閉された巨大な箱
もちろん事故も怖いけどハイジャックなど、機内で起こる犯罪も本当に危険です。

でも機内の安全を守ってくれるおまわりさんたちがいるのをご存知でですか?

映画フライトプラン(ジョディーフォスター主演)には彼らエアーマーシャル(航空保安官)の仕事が分かりやすく表現されています。

彼らの仕事は普通の乗客として飛行機に乗っていること。
見た目には普通の乗客となんら変わりはありませんがおまわりさんであることも事実。
拳銃を所持しています。

そしていざという時には乗客&フライトの安全を守らなければならないため、フライト中のいねむりは許されていません
仕事とはいえ大変だな〜と頭が下がります。

ちなみに・・・
私たち乗務員は、事前に彼らがおまわりさんであることは知らされています。
そしてもしも彼らが寝ているのを見つけたら起こすように言われています。


特に夜中のフライトでは寝たいお客さまのために機内の照明をめいっぱい暗くします。
その中で何時間も座席でいねむりせずに起きているのは大変なことだと思います。

絶対に寝てはいけない場面でも、眠気だけはどうすることも出来ませんからね〜(>コレは私の場合ですが)
なので私はちょくちょく見回って、時にはコーヒーをおすすめしたりしています。

先日は降りる際に、
「気にかけてくれてありがとう。」
と、記念のピンをいただきました。
うれしかったです

こちらこそ、私たちをいつも守ってくれてありがとうです。
おかげで巨大な箱の中でも安心して仕事が出来るのですから。