友人のお家のパーティーにしんご21と一緒に呼んでいただきました。

まずはおいしいお酒と手料理をい〜っぱいいただいて・・・
お腹が落ち着いたところで「竹の子ゲーム」でもやろうか、ということになりました。

「竹の子竹の子にょっきっきー」
1ニョキ」
2ニョキ」
ってあれでございます。

日本からのゲストに加え、ハワイのプロサーファーやフットボール選手など様々な方入り混じったパーティー、「竹の子ゲーム」って言ったって・・・ねぇ。

わからんだろが〜!

ところがですよ、ローカルの一人が「それってサバイバーってゲームと同じだよ。」と、他のローカルたちに説明したところ、皆でやろう!ってことになっちゃったの。

でも、日本語じゃフェアじゃないので、勝手にハワイバージョン

「バンブーバンブーOh,Yeah!」
ワンニョキ」
ツーニョキ」
という新しいルールが出来上がりました。
このルール、ハワイで流行るかも・・・

日本人&ローカル合わせて約10人でゲームを始めてびっくり!
英語で数えるというルールなのに、
「いちニョキ」
「にニョキ」
「さんニョキ」
と、日本語で言ってしまうローカル続出!!!

次々と、面白いようにローカルの方々が負けていきます。
ハワイでは数字くらいは日本語で言えちゃうローカルが多いのでこんな現象が現れるようですね。

ゲームと言えども、「泡盛いっき」または「一芸」という罰ゲームもあるので皆真剣です。

「ワン・・・ニョキ」
「ツー・・・ニョキ」

しんご21が結構負けちゃってますがさすがモーハワイの戦闘員!ここには書けないくらいのめっちゃ下品な「一芸」でなんとかその場を切り抜けてます。

しんご21「よ〜し、いいか、いくぞ〜、バンブーバンブーOh〜,Yeah!」
真剣な面持ちで、微妙なタイミングで自ら1ニョキをいくようです。

しんご21「ファースト・ニョキ〜!!!」

全員「アウトっ!」

緊張しすぎでやっちゃいましたね。「ワンニョキ」でした。
残念