ふーん。。


IMG_1214 (1)
州庁舎のどこかに
環境放射線測定装置が
あるんでつね。。


IMG_1215

カフルイにもありますた。。


赤道に近いので
放射線量は少しは高いのかと思ったら
日本並みにすくないでつ☆



こんな記事が
ありますた。。


ハワイ州、「2050年100%再エネ化」への苦悩


2050年の段階で、再生可能エネルギーで
電力をすべて賄うという目標は“正しい”のだろうか?
正解は、簡単にはでないはずだ。
しかし、決断をしなければならないこともある。


ハワイ州議会で、2050年までに
電力のすべてを再生可能エネルギーで賄う
という法案が検討されている。


この法案が検討されている理由のひとつには、
現在のハワイ州が消費しているエネルギーが、
輸入された化石燃料に大きく依存しているということがある。
より強い地域経済を確立するには、
外部への資金流出を防ぐためにも
地元の再生可能エネルギーにシフトするべきだという考え方だ。


また、近年代替エネルギーの技術は目覚ましい進歩を遂げていて、
新しい市場や雇用や地域のエネルギー源の創出が
起きているということもある。


そういった情勢を踏まえて、
ハワイではすでに2030年までに
再生可能エネルギーの割合を40%に増やそう
という目標を立てている。
そして今回は、より長期的な視野に立って、
再生可能エネルギーの割合を2035年までに70%、
2050年までには100%にするよう義務づけるというものだ。


しかし、ハワイのニュースサイト『CIVIL BEAT』によれば、
シェラトン、ロイヤル・ハワイアン、ウェスティンなど
同州の最大規模のホテルを擁するスターウッド・ハワイが
この法案に反対する陳述書を提出したという。
彼らは、電力コストを抑えるために
天然ガスで独自の発電を行っているのだ。
そして、それによって効率的に電力を作ることができ、
利用客にとってメリットが大きいコスト削減が
できているのだという。



扱いきれない電力を捨てている


また、『CIVIL BEAT』は、併せてこうも報じている。
現在ハワイで風力発電、
太陽光発電を行っているデベロッパーは、
一定量の電力を捨てているのだという。
それは、ハワイ州電力会社のひとつである
HECOの配電網がそれを扱いきれないからだ。

そして、マウイにおいては実に風力発電の
40%が捨てられていたという。
HECOはその廃棄電力の量は
減らしているといっているし、
新しい蓄電池の導入で、
将来的に問題は解決するとしている。


単純に、「化石燃料をやめて再生可能エネルギーに転換する」
という面だけをみるなら、
ガス会社や石油会社は別としてだれでも賛成だろう。


しかし、現実はそう単純ではない。
再生可能エネルギー100%にすることが可能だとしても、
その設備を作る工程、
設備が寿命に達したときにリニューアルする工程、
バッテリーや太陽光パネルを廃棄する工程までを見たときに、
全体で環境負荷が大きくなってしまうのであれば意味がない。


また、エネルギー転換のためのコストを
だれが負担するのか?
最初は大企業が負担するような形にしても、
それは電気料金や雇用や賃金といった形で
一般市民に押し寄せてくる。
あるいはハワイの場合、宿泊料金が上がれば、
観光客がそのほかのアクティビティにかける費用を
削らなくてはならなくなる可能性もある。
そういった場合に往々にして
ダメージが大きくなりがちなのは、
低所得者層だ。
可処分所得が少ないからである。


最近、ホテル代も高いですが
大手はがんばってるとこも
あるんでつね。。