モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2012年8月

ハワイの大統領選



今日のアメリカの話題は3500万人がテレビの生中継を見た共和党の全国大会のスピーチ一色です。私も仕事の手を休め、生中継を見ました。28日から開幕していた党大会が、共和党の大統領候補に指名されたミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事の演説で閉幕しました。

ミット・ロムニー氏の指名受諾演説の直前に、俳優のクリント・イーストウッド氏がとても面白いスピーチを披露しました。映画「続・夕陽のガンマン」のスクリーン・ミュージックが流れ、ガンマン姿のイーストウッドの巨大な写真が映し出されて、アメリカンヒーロー、クリント・イーストウッドが登場しました。会場に集まった5万人の聴衆はスタンディング・オベーションで迎えます。

クリントイーストウッドは、先回の選挙では他のハリウッドの俳優同様オバマ大統領の支持をしました。変化(チェンジ)を約束したオバマ大統領に失望したイーストウッドは、今回は自身がチェンジしてロムニー候補の支持をしています。彼は、カリフォルニア州カーメル市の市長を務めたこともある人です。

演台の隣に空のイスを用意して、見えないオバマ大統領に語りかけるようにスピーチを始めます。さすが役者、1人芝居をしながら見えないオバマ大統領と会話を始めます。とてもわかりやすい明確なスピーチです。

「この国は我々のもので、政治家のものではない。政治家は我々に仕える者だ。仕事ができなければ、去ってもらわなければならない (We own this country. Politicians are our employees. When someone does not do the job, we have to let them go)」会場は割れんばかりの大喝采で、イーストウッドは首をはねるジェスチャーをします。

オバマ大統領出身のハワイに住む私の周りの人たち(中小企業)は、現政権に大きな不満を持っています。オバマ大統領の変化(チェンジ)は大きな負担を強いられ、財政を悪化させただけだと不満を持つ人が少なくありません。

共和党の全国大会が終わって、来週は民主党が党大会を開きます。再選を目指すオバマ氏を大統領候補に正式に指名します。11月6日の投票日に向け、これから2ヶ月にわたって本格的な大統領選が繰り広げられます。まずは、現大統領とロムニー候補とのディベートが楽しみです。


*いつも応援クリックありがとうございます。 ブログを続けられるのも、みなさんの応援があるからです。
*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
 応援クリックよろしくお願いします。マハロ







 ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

5318

ハワイのセイバーズでお宝発見(占領下日本製品)



アメリカ文化、アメリカの庶民の生活を知る場所の一つにスリフト・ストア(中古衣料雑貨店)があります。庶民の中古百貨店です。運がよければ、お宝に出会えます。

月に何度か、掘り出し物を見つけにストア内を巡るのが趣味の一つになっています。私のセラビーであり、ヒーリング(癒し)になっています。お馴染みのカリヒ地区にあるセイバーズで、こんなものを見つけました。およそ60年以上前の戦後直後の日本で造られた陶器です。

第二次世界大戦後、日本はGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の統治下にありました。貿易が再開された1947年から1952年までのおよそ5年間は、日本製の輸出品には「Made in Japan」の表示をつけることができませんでした。

GHQの統治下に義務付けられた輸出用の日本製品には「Made in Occupied Japan」の刻印がされました。戦後の日本で製造された「占領下日本製」の特別刻印が表示された製品は、決して品質がいいわけではありません。陶磁器や玩具は希少価値があり、コレクターが多くなかなか見つけられるものではありません。

古い昭和製の「Made in Japan」の中華鉢の中に、「Made in Occupied Japan」の中華鉢を1杯見つけました。3ドル99セントの値が付いています。値をつけた人は、違いのわかる人なのでしょうか?他の中華鉢には2ドル99セントの値がついているのに、1ドル高い値が付いています。久しぶりのお宝にワクワクしました。戦後の混乱した日本で製造された珍品です。白黒の記録映画で見た戦後の日本が、この中華鉢の背後に見えます。横浜港からホノルル港にやってきたのでしょう。

ずいぶん前ですが、、「Made in Occupied Japan」の陶器の置物を見つけました。私のお宝の一つになっています。どこで製造されて、どのように私の手元にやってきたのかを考えるだけで、さまざまなストーリーが想像できます。そんな製品に会えるのがスリフトショップです。いつ訪れても飽きない、私のスリフトストア巡りはまだ続きます。

*いつも応援クリックありがとうございます。 ブログを続けられるのも、みなさんの応援があるからです。
*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
 応援クリックよろしくお願いします。マハロ











 ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

5349

大統領が住んでいたハワイのコンド



11月6日の米大統領選に向けた共和党候補ミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事が、ある調査によると支持率でオバマ大統領に2パーセント差まで迫る勢いをみせています。両者が支持率でほぼ互角となっています。

フロリダ州タンパで、昨日より共和党の全国党大会が開かれ、ロムニー候補が今日正式に大統領選の候補に指名されました。しかし、共和党の中でも保守系をはじめ、ロムニー氏を好ましく思わない人たちがいます。

オバマ大統領の現政権には、失業率の高さなど経済政策に対して不満などを持つ人が少なくありません。オバマ大統領は、低所得者層に未だかつてないほどの数の生活保護の「フードスタンプ」をばら撒いていると共和党は指摘しています。働かなくても失業保険が長期に渡りもらえて、生活保護で国から保護されれば、誰もが働く意欲を失います。

ワイキキから遠くないカラカウア通りを北上してセントラル・ユニオン・チャーチまで行くと、その向かいに4年前に一躍有名になったコンド「プナホウ・サークル・アパートメント」があります。オバマ大統領が、1971年から1979年まで(10歳から18歳)の少年時代を母親の両親と過ごした場所です。コンドの入り口には、オバマ大統領の出身を誇るように大統領の写真が展示されています。住民の中には、幼年期の大統領を知る人がまだいるのかもしれません。

支持率が互角の場合、現職が再選される可能性が高いと言われています。現政権に必ずしも満足していない人が少なくない今、実業家のミット・ロムニー氏がどこまで票を取れるかはあと2ヶ月もすればわかることになるでしょう。民主党も共和党も、どこかの国のように政権を取ったとたん堂々と公約を破ることがないよう願います。

*いつも応援クリックありがとうございます。 ブログを続けられるのも、みなさんの応援があるからです。
*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
 応援クリックよろしくお願いします。マハロ









 ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

5561

リリハにある「癒しの泉(Kunawai Springs)」



1943年の映画「聖処女(The Song of Bernadette)」で「カサブランカ」のイングリッド・バーグマンを退けアカデミー主演女優賞を受賞したのが、清らかで美しいジェニファー・ジョーンズでした。素朴で純粋なベルナデッタの人生を演じるジェニファー・ジョーンズは言葉にならないくらい美しく、彼女のアカデミー賞の受賞は当然でした。

ナポレオン3世の第二帝政期の時代1858年、フランスとスペインの国境になっているピレネー山脈のふもとにある小さな村ルルドでいくつもの奇跡が起きました。伝説の少女ベルナデットが造った泉は霊泉になり、現在でも多くの巡礼者が訪れる「ルルドの泉」になっています。わずか人口1500人ほどのルルドに、年間500万人もの人が訪れるそうです。

ダウンタウンからも歩いていける距離にあるリリハ地区に「伝説の泉」があると聞いていました。昨日のリリハのイベント会場に、この地区の歴史が説明されていました。その一つ「伝説の泉」は、リリハ・ベイカリーから、人一人通れる獣道のような細い道を抜けて歩いて3分もかからない所にありました。静寂の公園の中の泉の湧き水は冷たく、しばらく瞑想の時間を過ごすことができました。

泉を守る古代ハワイの「モー」と呼ばれる神からの使者の子孫と云われる女性カフナ(神官)が、1880年代になると癒しの泉を管理しました。この地域には幾つもの泉が存在していて、有名な6つの泉がありました。泉の底の粘土層と湧き水には治癒効果があるとして知られていて、湧き水に浸かると、病の邪悪を流し落としてくれると信じられていたようです。また当時湧き水は、ヌアヌの下域のタロイモ畑への水の供給をするものにもなっていたようです。

現在は、開発によってこの「クナワイの泉」しか残っていません。「クナワイの泉」は、1960年代に整備され公園になっています。底の大部分はコンクリートで固められていますが、今も冷たい水がこんこんと湧いています。泉脇のブッシュからも透明な水が湧いています。コウラウの山で降った雨が、土の中を流れここに湧いているのでしょう。

かつて「イオラニ・ルアヒネ」と呼ばれた有名なフラダンサーが、この泉でオリ(チャント)を唱えた時に突然水が湧き上がり、水量が増えて、その場にいたたくさんの人を驚かせました。リリハの「クナワイの泉」には伝説があります。

「伝説の泉」と聞いて、私は「ルルドの泉」を連想しました。フランスとハワイはずいぶん離れていますが、時はほぼ同じ頃。場所は違っても、当時の人々に何かを訴える目に見えない魔力がそれぞれの泉にあったことは確かです。世界から年間500万人も訪れる「ルルドの泉」と違って、ハワイの「癒しの泉」はひっそりとした住宅街にたたずむ公園になっていました。

*いつも応援クリックありがとうございます。 ブログを続けられるのも、みなさんの応援があるからです。
*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
 応援クリックよろしくお願いします。マハロ




















 ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

5914

リリハ愛フェスティバル(I Love Liliha Festival)



今年で9回になるダウンタウンの隣町「リリハ」のブロック・パーティが今日ありました。行きたいと思いながら毎年行けなかった、小さな町のブロックパーティでした。

リリハベイカリー前の道路をワンブロック封鎖して、近所に住む人たちが日曜のイベントを楽しんでいました。ワイキキのイベントと違って、ローカル色一色ののんびりしたイベントです。ローカルのイベントですがロイヤル・ハワイアン・バンドの演奏もあります。

大きなテントでは健康フェア、コミュニティ活動の紹介が開催され、ゲームなどに参加するとボールペンやエコバッグなどの景品がもらえるので人でにぎわっています。動物愛護団体「ヒューメイン・ソサエティ」では、ドネーションをするとゲームに参加できます。我家の子猫が喜びそうなオモチャのボールをもらってきました。

喉が渇いたり、お腹が空いたらシェイブアイス、ランチトラック、目の前にはココパフが人気のリリハベイカリーがあります。私は、ガーリック・シュリンプ($7)で腹ごしらえ。

子供たちに人気の古い消防車で街を一周したり、クライミングにも挑戦できる子供たちも楽しめる年に一度のリリハの街のイベントでした。

*いつも応援クリックありがとうございます。 ブログを続けられるのも、みなさんの応援があるからです。
*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
 応援クリックよろしくお願いします。マハロ



















 ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

5370

ノースショアのエルヴィスの豪邸



オアフ島一番の大きさと言われるヘイアウ(Pu'u O Mahuka Heiau プウ・オ・マフカ・ヘイアウ)が、ノースショアにあります。ワイメア湾を望む神聖な丘の上に位置し、かつて神々への崇拝と儀式に使われた神聖な場所として知られています。

ノースショアにあるスーパー「フードランド」横の山に向かって行くププキア通りを上がって行くとこのヘイアウに行けるわけですが、この近くに高台からノースショアの海を見下ろす広大な敷地を持つ大邸宅があります。そこはハリウッド映画「ブルー・ハワイ」のエルヴィス・プレスリーのハワイの別荘でした。

その後、スーパー「フードランド」の実業家が購入してサリバン・エステート(The Sullivan Estate)と呼ばれるようになり、現在の自然化粧品の10倍以上のオーガニック化粧品「ジュリーク」の創始者が2007年に大掛かりなリノベーションをして、さらに豪華さを増しているようです。

エルヴィスの別荘地としてここは有名になっていますが、現在はここに世界でもトップクラスに入るといわれるスパ&マッサージ「the Sullivan Estate & Spa Retreat」があることはあまり知られていません。

5.5エーカー(6300坪)の広大な敷地には、噴水が湧き、敷地は花で覆われていて、まさにオアフ島の中でもトップクラスの空間を提供しています。隠れ家の夢のバケーションホームでは、オーガニックなスキンケア(JK7)をコンセプトにスパ&マッサージを受けられます。

マッサージの過程では、シャンペーングラスを片手に、ノースショアの海を見ながら体にやさしいオーガニックな食事も出来るようです。死海の塩が45%のプールで浮力に任せ、体も心もリラックスした後に受けるマッサージは、ワイキキのどんな高価なサローンでも真似のできないものでしょう。世界のスパ&マッサージを経験した人によると、世界でもトップクラスに入ることは確かなようです。2人以上の貸切予約で、最低のメニューでも1人$500以上の価格も世界トップクラスです。

まだゲートを開けてもらえるチャンスはありませんが、いつかこのエルヴィスも住んでいた大豪邸でノースの海を見ながら世界のトップクラスのスパ&マッサージを受けてみたいと思います。人の虚しい体験談ではなく、自分自身の体験をお知らせできる機会があればと思います。

*いつも応援クリックありがとうございます。 ブログを続けられるのも、みなさんの応援があるからです。
*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
 応援クリックよろしくお願いします。マハロ





 ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

5469

ロスで買ったパジャマ



長年愛用してきたフルーツ柄のパジャマがルームメイトの子猫のティギィに盗られてしまいました。弱った繊維がティギィの引っ掻く爪に負けて、破れ破れになってしまったのです。今は、キャット・コンドの敷物になっています。

ダウンタウンの庶民のオフプライス・デパート「ロス」で新しいパジャマを見つけました。100%コットンの涼しいそうなスカイブルーのパジャマです。ハワイの気候にぴったりの薄い生地のラルフ・ローレンのポロのパジャマです。通常価格が$32.50が$6.49になっています。

ラルフ・ローレンのドレスシャツは、ほどんど胸ポケットが付いていません。個人的には、胸ポケットの付いていないシャツは嫌いです。普通は胸ポケットには何もいれません。が仕事着として、ちょっとした名刺やメモを入れておくのに重宝します。胸ポケットがあるとなぜか安心するのです。ジャケットを着用する気候の地ならば、ドレスシャツにポケットは必要ないかもしれません。ハワイでは、ジャケットを着ることはほとんどないので、アロハシャツに胸ポケットが付いているように、ドレスシャツにもポケットがほしいものです。

私にとってドレスシャツにポケットのないのは、購入の選択から除けらる運命にあるものです。とは言うものの、何枚かのラルフ・ローレンのポケットのないドレスシャツを持っています。ハワイの気候にぴったりの薄手の上質のコットン地が気に入っているのです。ラルフ・ローレンのドレスシャツにポケットが付いていたならば、私のワードローブでもっとポロマーク入りのシャツを見つけることになるでしょう。

新しく「ロス」で購入したラルフ・ローレンのパジャマには大きなポケットが付いています。仕事着にも愛用する人たちが多いドレスシャツにポケットが付いていなく、パジャマにポケットが付いています。眠っている間に着用するパジャマにポケットが必要なのでしょうか?

ドレスシャツに胸ポケットがないのは、英国の歴史が背景にあるようです。ラルフ・ローレンのロゴにもなっている「ポロ」は、イギリスの文化の一つになっています。でも非実用的なパジャマにポケットを付けるならば、ドレスシャツにも胸ポケットのあるものを作ってくれてもよさそうですが・・・

*いつも応援クリックありがとうございます。 ブログを続けられるのも、みなさんの応援があるからです。
*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
 応援クリックよろしくお願いします。マハロ










 ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

5535

一つの節目ミリオン



おかげさまで、一つの目標にしていたアクセス数が昨夜100万ヒットしました。一つの通過地点にすぎませんが、ミリオンのアクセスは嬉しいものです。

ブログを始めて半年ほどでFC2のカウンターを設置したので、およそ3年ほどで達成できたことになります。利用しているブログのカウンターとはだいぶ誤差があります。FC2のカウンターでは昨日は2484、モーハワイのカウンターでは5438。モーハワイとは倍以上の誤差があります。昨日の忍者ツールのカウンターは2310、フラッグカウンターは2359を示しています。

モーハワイ  5438
FC2     2438
忍者     2310
フラッグ    2359

モーハワイのカウンターは誤差にしては、倍以上のアクセス数です。誤差の域とは考えられません。モーハワイの1ヶ月のアクセス数が15万アクセスを超えています。これが事実ならば、6ヶ月少しで100万になります。モーハワイ風にアクセス数を考えるなら、すでに200万以上のヒットになっています。どう考えても、その数はあまりに多いので、現在は毎日2400前後のアクセスがあると考えるのが妥当でしょう。

FC2を正当なアクセス数と考えて、この100万アクセスを正直に喜びたいと思います。これからもみなさんにアクセスしていただけるようなブログを続けていきたいと思います。もちろん、1日1アップ、自分のペースを守りながらのんびり続けていきます。今まで以上に応援よろしくお願いいたします。

画像は昨日のワイキキです。

*いつも応援クリックありがとうございます。 ブログを続けられるのも、みなさんの応援があるからです。
*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
 応援クリックよろしくお願いします。マハロ




 ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

5471

ハワイ・ファイブ・オー(Hawaii Five-O)シーズン3撮影開始



ハワイでこの2年撮影されているCBS放送の人気テレビ番組「ハワイ・ファイブ・オー(Hawaii Five-O)」のシーズン3の撮影が先月9日から始まっています。9月24日(月曜)からのシーズン3の番組開始に向けて、着々と収録は進められています。

昨日からダウンタウンでセットが用意され、今日の早朝から夕方6時半過ぎまで撮影がありました。ダウンタウンのこの界隈ではこれまで何度も撮影が行われています。セットはフォート・ストリートモールの一角にテントのお店が何軒か用意されました。

昨日突然現れたテントでは、シェイブアイス、八百屋、花屋、弁当屋、ポップコーンとワイアルア・ソーダも販売されています。教会の横には屋外のカフェまで出現していました。ウイークデイの昼時で、背景のエキストラの数が集まらなかったのでしょう。今日のロケには、臨時のエキストラを路上で募っていました。今日は仕事があり、残念ながら参加は出来ませんでした。

主役のスティーブ(アレックス・オローリン)とダニー(スコット・カーン)を見かけました。夕方にはダウンタウンから聞こえてくる大きな銃声に招かれるように、撮影現場を覗いてみました。最後のダニーが犯人を追い詰めて銃を放つシーンの収録を見ることができました。シーズン3の第3話の収録です。10月中旬にはこのシーンが全国放映されるはずです。

番組のプロダクションの建物がある区画が、地元のディベロッパーに売却されることが先日決まりました。高層コンドの建設が計画されています。この建物は、物語ではホノルル警察本署であり、内部にはカメハメハ大王像の背後の建物にあるファイブ・オーの作戦本部のセットがあります。また大きな駐車場には、番組制作に必要な多くの車両が駐車されています。

シーズン1は24話、シーズン2は23話、新しいシーズン3は19話とエピソードが少なくなるのは、そろそろ番組の終了がやってくるのを示唆しているのかもしれません。いずれにしても、近く製作プロダクッションの大掛かりな引越しが迫まれることは確かです。

全国放送に先駆け、ハワイでは来月23日(日曜)にレッドカーペットのプレミアショーがワイキキのビーチで行われます。過去2年は私もプレミアショーを見せてもらいましたが、さて今年はどうしましょう。

*左下のカウンターが間もなくミリオンになります。たくさんのアクセスありがとうございます。


*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
 応援クリックよろしくお願いします。マハロ










スコット・カーン


Five-Oの愛車 2010シボレー・カマロLT−RS

 ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

5438

ジム友の老人



ダウンタウンの住家を決める要素がいくつかありました。24時間オープンのスーパー「セイフウェイ」と「ロングス・ドラッグス」が歩いていける距離にあり、郵便局も銀行も、各種役所もすべて歩いていける距離にあるのも大きな要素でした。

そして、私にとってコンドで利用できるアメニティが大きな魅力でした。当時、ワイキキを含め多くの物件を見ましたが、健康維持のために利用できるジムはどこもお粗末なものでした。我家のジムは営利目的でオープンしているハワイのどのジムにも負けないほどの施設を持っています。

この10年、ほぼ毎日のように利用しているジムのおかげで、健康を保つことができています。続けることは決して容易ではありません。顔馴染みが何人かでき、言葉を時々交わすようになりました。その顔馴染み(ジム友)の一人に97歳の老人がいます。私が引っ越してきてすぐにジムで見かけるようになった老人ですから、もう10年になるでしょう。

この老人の驚くことは、決して97歳に見えないことです。しっかりした足取り、見かけも77歳と言われてもおかしくありません。80前後にしか見えません。毎日、ジムで器具を利用しながら簡単なワークアウトを時間をかけて、ゆっくり楽しんでいるようにみえます。決して無理はしません。彼の目的はあくまでも現状維持。目的は達成されて、20年前から歳を取っていないようにみえます。

37年前、老人は60歳になって中国上海からホノルルに移住してきました。上海では医師をしていたそうです。そんな話を、シャワーを浴びた後、ロッカー室で交わしたりします。時に一緒にシャワーを浴びながら、言葉を交わします。肌の張りは、顔だけでなく全身にわたり97歳の老人のものではありません。皺がほとんど見られません。聴力も驚くほどしっかりしています。90歳の奥さんと2人住まいだそうです。

アメリカ本土に3人の子供がいて、ワイキキには娘さんが近くに住んでいるそうです。37年前の中国は毛沢東が亡くなる前で、周恩来・鄧小平の時代です。アメリカに移住するのは決して簡単ではなかったはずです。老人の話す表情は穏やかそのものです。

また明日、彼は黙々とジムで「老けないトレーニング」をするのでしょう。無理をしないで、続けることが一番だと言う老人の「老けないトレーニング」方法を私も見習いたいと思います。せっかく楽園で暮らすのですから、老人のように一日も長く元気に生活したいと思います。


*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
 応援クリックよろしくお願いします。マハロ









 ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

5325