ワイキキからホノルル空港へ行く途中、ニミッツ・ハイウェイを右に曲がると私の好きな空間が広がります。ラグーン・ドライブの行き先ははデッドエンド。

ラグーンドライブは、空港の敷地の中を海側の一番長い滑走路沿いに約1000mほどまっすぐ伸びています。ここは、週末になるとニミッツ・ハイウェイ沿いにある何軒もの自動車販売店のテストドライブ場になります。フロントガラスに大きく値段の付いた車が、何台もやってきます。

ラグーン・ドライブの途中には、空港貨物の会社や商業用セスナの会社があります。オアフ唯一の営業水上飛行機も海上に泊まっています。

ちょっとした駐車場が行き止まりに用意されていて、ここは飛行機マニアが憩う場所です。望遠レンズを持った飛行機オタクが、飛行機の離陸の瞬間を撮っています。

1903年ライト兄弟が初めて有人飛行に成功して以来、わずか100年ちょっと、この100年の世界の発達は目に見張るものがあります。そんな今も、私たちは空を飛ぶ憧れを持っています。100年後は、ハワイ東京間が2〜3時間で飛べる時代になっているかもしれません。

空港ビルは、別れのイメージが強く私はあまり好きではありません。でも、ラグーンド・ライブの駐車場で行き先もわからない飛行機が飛び立つのを見るのは、私は好きです。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。マハロ













ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ