オアフ島でホヌ(ウミガメ)で有名なノースショアのラニアケ・ビーチ。チャンスがあれば、カメハメハ・ハイウェイの路肩に車を停めてビーチを覗きます。

昨日の金曜のノースショアはあまり人が出ていませんでした。ハレイワの松本シェイブアイスにも長い列が出来ていませんでした。亀ビーチのラニアケ・ビーチ近くはいつもは亀渋滞があるのですが、この日はすんなりビーチに到着。道路わきの駐車スペースもがらがらです。

亀ビーチも、人はまばらです。いつも浜に上がって甲羅干しているホヌはいないようです。まばらな人は、ビーチではなく波際を見ています。ビーチに下りないで、路肩から海を見下ろしよく見ると、岩場の岩が見え隠れしているのと思ったものはホヌでした。波際に生えているリム(海藻)を美味しそうにむさぼっているホヌが何頭もいます。ビーチの30mにわたり、少なくとも20頭が波際で見え隠れしています。

今までに、このラニアケア・ビーチに上がったホヌを何頭か見たことがありますが、20頭以上のホヌを一度に見たことは初めてです。また、自然のホヌが海藻を食べているのを見たのも初めてでした。人から餌を与えられる動物園や水族館の動物を見慣れた私たちが、野生の動物たちが自然の中で自ら食を求めている姿を見ることは貴重です。ラニアケアビーチのホヌの姿に感動しました。まだ自然が多く残っているハワイに住めることに感謝の一日でした。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ











ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

3576