モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2012年5月

ハワイの生活必需品



カリフォルニアで生活していた時は必要ではなかったのに、ハワイに来てから必要なものが増えました。その一つが野球帽です。

その野球帽も、別にコレクションしているわけでないのに、いつの間にか1ヶ月毎日替えても余りある数になりました。それぞれに思い入れのある野球帽です。

昨年11月にテキサス州サンアントニオで手に入れたのが、アメリカ・メジャーリーグ(MLB)のテキス・レンジャーズの「T」が刺繍してある青い野球帽です。今年日本からレンジャーズに入団したダルビッシュ投手の人気と共に、日本でもこの野球帽を被っている人がいることでしょう。

私のイニシャルでもあるこの「T」の野球帽は私のお気に入りです。難点は、ブルーの色は私の色ではないので、ファション・コーディネーションが簡単ではないことです。

本来、私は帽子を被るのは好きではありませんが、ハワイでは、必要に迫られて被るようになりました。強い日差しを避けることが第一ですが、野球帽を被るのは屋外だけではありません。車を運転する時も、サンバイザー以上に強い日差しから私を守ってくれます。

野球帽は、シャワーの小雨が落ちてくる時も、直接頭が濡れることを防いでくれます。公園を歩く時には、鳥たちの粗相からも守ってくれます。野球帽を被っていいて、何度も鳥の糞害から逃れたことでしょう。

あれほど帽子を被るのが嫌いでしたが、今では好き嫌いではなく、服装の一部として使用するようになっています。そして、今はその日の気分と服装とのコーディネーションで、その日の野球帽を選んでいます。

もちろん、ハワイ大学などのスポーツ観戦には大学のロゴ「H」の野球帽とダークグリーンのTシャツを着て行きます。さぁ、明日はどの野球帽にしましょうか?

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ





ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

4337

安くて美味しいコスコのホットドッグ



世の中にはお金を出せば、もちろんこれより美味しいホットドッグも存在するでしょう。私が思いつく限りで、世界で一番安くて美味しいホットドッグは、やはりコスコで食べるポリッシュ(粗挽肉のソーセージ)ホットドッグです。

のっぺりした食感の通常のホットドッグを好む人もいますが、私はポリッシュドッグの粗挽肉のポッキとした歯ごたえと味が好きです。それぞれ2本を味比べしても、その差は歴然です。窓口でオーダーする人たちを観察していても、ポリッシュドッグが圧倒的に売れています。

ソフトドリンク付きで1.5ドルのコスコのホットドッグに勝てるホットドッグを私は知りません。このホットドッグに刻みオニオンをたっぷり乗せ、レリッシュ(ピクルス)、ケチャップとフレンチ・マスタードで味付けします。ホットドッグの具を載せる場所には置いてありませんが、注文する時に好みでサワークラウト(塩漬け千切りキャベツ)を別容器でもらう事ができます。最後に、少し酸っぱいこのサワークラウトを乗せて、ポリッシュ・ホットドッグの出来上がりです。

手ごろに食べられて美味しいときたら、近くに来たならば食べずに帰れません。そんなわけで、今日のランチはコスコのホットドッグでした。デザートのアイスクリーム(1.5ドル)を食べても、わずかに3ドル。懐にやさしく、お腹には満足なコスコのホットドッグ。20年近く食べていても、まったく飽きません。そうそう、帰るときにはドリンクのリフィルを忘れずに。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ








Sauerkraut

ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

4505

パンチボールのメモリアルデー



日本からのハワイのパッケージツアーは、午後のチェックインまでの時間つぶしにパンチボウル巡りがあった時代がありました。もちろん、私の初めてのパンチボウルは、そんなツアーでの大型バスでの観光でした。

メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)の今日、本当に久しぶりにパンチボウル(国立太平洋記念基地)を訪れてみました。普段は静かなパンチボウルですが、一年で一番訪問者が多い特別な日です。今日は午前8時半から、遺族や軍関係者などが集まり、厳粛な式典がありました。式典では、空軍のF22戦闘機4機がパンチボウルの上空を''Missing Man Formation'(慰霊飛行)'で低飛行しました。

今日のメモリアルデーを前に、約5万の数のレイとアメリカ小旗が用意され、ハワイのボーイスカウトの少年らの手によって、パンチボウルの丘で眠る戦士の墓に、レイと小旗が捧げられました。レイは一般市民からのドネーションがほとんどです。今年も例年同様、ボランティアの人々が、ホノルルハレ(市役所)でたくさんのレイを作るなど、金曜までに3万以上のレイが集まりました。

私の母の兄(伯父)は1945年終戦2日前に、満州で戦死しています。日本では戦争は過去のものになっていますが、アメリカでは今でも毎日のように中東でのアメリカ兵の戦死者のニュースが伝えらています。伯父を始め世界の戦争で亡くなった人たちの冥福を祈らせてもらった、私のハワイのメモリアルデーでした。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ















ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

ワイキキ未知の世界



ハワイに10年住んでいても、ワイキキさえまだ知らない場所がたくさんあります。先日、ワイキキを歩いていてそんな空間に出会いました。

ビーチフロントやカラカウア通りの賑やかさとは違ったハワイを感じられる、古きよき60年代のハワイが存在する空間がワイキキにまだ存在する場所があります。そこには高層ホテルもなく、60年代の古いハワイで撮影されたテレビドラマ「ハワイ・ファイブ・オー」でも見られる低層の建物があります。

日本人の私たちにはあまり馴染みがありませんが、アメリカ本土やカナダからの長期滞在者に人気のある「ハワイアン・キング」。この古いホテルは、今流行のコンドホテルとして部屋が個人の持ち物になっている物件もあるようです。

並びにある「ホワイト・サンズ・ホテル」もいかにも60年代の古い建物です。こちらも立地がいいので、低料金のアパート感覚で宿泊する日本からのお客さんも少なくないようです。ロビーで、関西弁のおばちゃんに遭遇しました。

どちらのホテルも、緑の多い中庭には小さなプール脇にデッキチェアが置かれ、白い肌を夏の強い日差しにさらしている滞在者の姿があります。ハワイらしいビーチもダイヤモンドヘッドも見えないホテルですが、ワイキキにはまだ私の知らない世界があるのだと改めて知りました。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ









ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

4412

マクドナルドの新商品



先週の日曜の新聞の折込チラシに入っていたマクドナルドの夏に向けての新製品「チェリー・ベリー・チラー(冷却製品)」のプロモーション無料クーポン。

新製品のプロモーションに、マクドナルドは新聞広告によく無料クーポンを提供します。一昨年、去年も、この時期に夏向けののプロモーションがありました。さっそく、ダウンタウンのマクドナルドで試しにいただいて来ました。

マクドナルドによると、100%フルーツジュースです。まず最初の一口、氷のような冷たさが唇に感じられます。2口目には、チェリーとラズベリーのフルーツの甘さが舌に伝わります。三口目には、その美味しさに圧倒されるでしょう。

その宣伝どおり、チェリーとラズベリーのフルーティーな甘さがあるスムージーなっています。シェイブ・アイスとはちょっと違って手軽に冷たいものを口にすることができます。2ドル69セント(小)とお値段は昨年より70セントアップしています。マグドナルドのHPから、来月15日まで有効の1ドル割引のクーポンを利用できます。

これから頻繁にテレビコマーシャルも始まり、暑い夏に向けてヒットさせることでしょう。この新製品は季節限定品になるようです。日差しの強いハワイの夏、マクドナルドの宣伝どおりの暑さを冷ます製品なのか、是非一度試してみるのもいいでしょう。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。マハロ







ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

4813

ハワイ夏の一日



ハワイに住んでいながら、もったいないことをしています。久しぶりにコンドのプールに浸かりました。今年になってわずか2度だけ。本当にもったいないことです。

この数日、はっきりしない日が続いています。風が強く、曇りがちで、時折小雨も落ちてきます。でも、肌を射す日差しは夏の強いものです。冬に感じたプールの水の冷たさがありません。

わずか1時間ほどプールに浸かった後、プール脇にある日陰のビーチチェアで身体を乾かしていただけで、日に焼けてしまいました。油断していました、肩がピンクに焼けています。少しひりひりします。

健康のために、ほとんど毎日ジム通いをしています。さらにこれからは、日焼けに注意しながら、少しづつプールにも足を向けようと思っています。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。マハロ






今日のWレインボー

ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

4897

ハワイ州立美術館中庭完成



イオラニ宮殿にかつて国王が住んでいた頃、このハワイ州立美術館の建物が建てられる前に、ハワイ王国を訪れるロイヤルゲストを迎えるホテルが存在していました。

時が過ぎ、王国が崩壊すると、古いロイヤル・ハワイアンホテルは、1928年アメリカのYMCAに建替えられました。戦時中にはアメリカ軍が利用したり、バブルの頂点では日本企業が所有する建物になりました。そしてハワイ州が所有することとなり、ハワイ州立美術館(ハワイ・ステート・アート・ミュージアム)になりました。

YMCA当時に作られた中庭にあるプールは、オリンピック競技もできるほど立派なものでした。このプールも、長く使用されないまま放置されていました。そのプールがあった中庭が一昨年末より手が入り、1年半の工事が今月4日に終わりました。美術館を訪れる人が楽しめる彫刻画廊庭園(Sculpture Garden)に変わりました。

誰も足を踏み入れなかった無用のプールは、まるで水を張ってあるかのように芸術作品のタイルの空間になっています。中庭を囲む空間の壁も、新たなペンキに塗り替えられています。贅沢な空間には、壁絵、彫刻作品などが置かれています。建物2階にある美術館の作品を見終えて、その延長上に1階に下りていく屋外の展示場となっています。植えられたばかりの木が、すぐに大きく育ってくれればさらに見栄えのする庭園画廊になるでしょう。

この建物自体、1978年国の歴史的文化財として登録されています。数あるダウンタウンの建物の中でも、私が好きな空間の一つです。中庭が完成して、また新に人を招く魅力的な美術館になりました。1階のレストラン「ダウンタウン」でランチを取って、ゆっくり美術作品を味わうのもいいでしょう。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ


工事前のプール

生まれ変わった中庭
















45年間使用された古いロイヤルハワイアンホテル


旧YMCA



ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

チャイナタウンは猫天国



毎日のように足を運ぶチャイナタウンの楽しみに、チャイナタウンに住む猫たちに会うことがあります。猫の中には顔馴染みの猫もいて、なでられたいために足元に寄ってくる猫もいます。

チャイナタウンの店先には、街行く人たちを見ている看板猫たちをよく見ます。私のお気に入りのオス猫の「キティ」はとても人懐っこく、名前を呼ぶとニャ〜ンと返事をして擦り寄ってきます。足元で寝そべり、ゴロゴロ喉を鳴らします。

チャイナタウンの多くのお店では、猫が飼われています。ひと時、問題になったネズミ対策でしょうが、どの猫もネズミを捕りそうもなくのんびりしています。店先に猫の大好物の魚の干し物があっても、ガツガツしていなく見向きもしません。 チャイナタウンの猫たちは、自由でとても幸せそうです。

チャイナタウンには、画家ベギー・ホッパーの作品のモデル猫もいます。画廊ロイ・ベンダースの15歳になる「ラット・キャット」です。ベギー・ホッパーの何作もの作品に、ロイの「ラット・キャット」が描かれています。

チャイナタウンに住んでいるのは、飼い猫だけではありません。ビルの谷間を自由に行き来している野良猫たちもいます。猫おじさんがいて、チャイナタウンの街角に、毎日のように餌を置いていきます。野良たちも、のんびりハワイを楽しんでいるようです。寒暖の差が激しい環境にいる日本の野良猫に比べたら、ハワイの野良たちは楽園にいるようです。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ














チャイナタウンの有名モデル猫

ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

5392

高橋果実店のおじいちゃん



ダウンタウンで生活しているとなかなか行けないワイキキがあります。10年ハワイに住んでいて、トランプタワーができた機会に、たった一度だけお邪魔したことのあるヘンリーズ・プレイス(高橋果実店)。

愛嬌のある日系二世の看板おじいちゃんが人気なお店でした。ブログスポンサーのモーハワイ田中編集長によると、高橋さんが亡くなられたそうです。一度お邪魔したのは1年半以上前で、今度人気のサンドイッチを食べたら、感想をブログにしようと思っていました。

日本人には、フルーツやアイスクリームーだけでなく、サンドイッチが人気があるようです。外国人にはアイスクリーム&シャーベットが人気のようです。確かにアイスクリームは、濃厚でとても美味しいものでした。

今年90歳になる高橋のおじいちゃんとは、アイスクリームを食べながら少し話をさせてもらいました。はにかむ表情で言葉少ない高橋さんでした。自分の親と重ねながら、高橋さんの悲報を聞きました。高橋のおじいちゃんからサインドイッチをいただきたかった。もう一度だけ、お話をしたかった。それも今はできなくなりました。

「高橋果実店のおじいちゃん」の名前がぴったりの高橋さんでした。一度でもお話できてよかったと思いましょう。高橋さんのご冥福をお祈りします。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ







ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

4889

カウアイ島のまた行きたいカラヘオ・カフェ



すぐにアップしようとしていたのに、ぐずぐず延ばし延ばしになっていた去年カウアイ島で利用したカフェレストラン。カウアイ島に何度も行ったことのある人に連れて行ってもらった気になるカフェです。

カウアイ島の南部を通るHWY50に出てワイメア渓谷へ向かう途中、KALAHEO(カラヘオ)という町の手前にこの気になるカラヘオ・カフェがあります。ハイウェイのすぐ脇にあって、金色の太陽マークの看板が目印になります。カラヘオには4000エーカーものコーヒー園があり、そのカラヘオ・コーヒー・カンパニーが経営するカフェです。1994年から営業している、人気のカフェです。

地元の人たちだけでなく、ワイメア渓谷に向かう観光客も利用して、よくお客さんが入っています。朝食、ランチもディナーも4.95ドルから12.95ドルと、とてもお値打ちに食べられます。安いだけでなく、美味しいのでお客さんが入れ替わり入るようです。入り口を入ったレジで注文をして、テーブルで待っていると、注文したものが運ばれてきます。

私たちが、カフェに入ったのが11時過ぎ、ちょうどランチメニューが注文できる時間でしたが、朝食も11時半まで注文できました。地元で採れる新鮮な野菜いっぱいのデリ・サンドイッチからBLTS(ベーコン・レタス・トマト・スプラウト6.75ドル)とサラダを2人でシェアしていただきました。オアフ島では食べられない、美味しいものでした。

私たちのテーブルの隣席に運ばれてきたのが、朝食メニューからの料理2品。パイナップル&マカデミアナッツがたっぷり乗ったフレンチトースト、数種類のフルーツが乗ったパンケーキ。私の脳裏に鮮明に焼き付けられた、気になるカフェのメニューです。このカフェは朝食が一番人気のようです。次回には、あのフレンチトーストを必ず食べてみたいと思います。

食事だけでなく、カウアイ島で採れる新鮮なカラヘオ・コーヒーもいただけます。ガーデン・アイランド、カウアイ島のワイメア渓谷に行く途中、一度は寄ってみてもいいカフェだと思います。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。マハロ









ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

3934