ハワイカイのウォーターフロントでのんびり水とそよ風に癒されてきました。ハワイカイ・ショッピングセンターにある「ブルー・ウォーター・グリル(BluWater Grill ) 」でランチをするなら、自然と向かえるテラス席に限ります。

どのレストランでも、自分のお気に入りのテーブルがあるものです。運良く、いつものお気に入りのテラスのテーブルが空いていました。2005年にハレ・アイナ賞ベスト・ニューレストランに、ワイキキのチーズケーキ・ファクトリーと並んで選ばれました。テラス席の目の前はココマリーナが一望でき、ココヘッドにココヘッド・クレターが見えます。そんな開放感のあるレストランです。

テーブルに着くと、陸に上がったばかりの仲のいい鴨のツガイが私たちを迎えてくれました。カラマ・ヴァレーの渓谷から降りてくる風が水面を渡って、心地よいそよ風になります。そんなそよ風を感じながら、ランチと会話を楽しみました。今日はマヒマヒ(シイラ)とサーロインの2品を頼み、2人でシェアすると言うと、サーバーのお姉さんが気を利かせて、2皿にそれぞれを分けて出してくれました。ハワイのカジュアルなレストランではよくしてくれることです。

料理はそれぞれ、グリルでよく焼かれ美味しくいただくことができました。食事が終わる頃、テーブルに迎えてくれた鴨に代わって、今度は鴨の親子が現われました。11匹のコガモは必死に母親に遅れまいと泳いでいます。コガモの必死さがほほえましい、時間がゆっくり流れる午後のランチでした。

ハワイカイでのディナーはロイズ、ランチはブルー・ウォーター.グリルが最近の私のお決まりになっています。大自然の前にいるだけで癒されるますが、その上にお腹まで満たされると瞼が重くなってきます。満たされた後の帰りのドライブは、しっかり注意し、マカプウ岬経由の遠回りをしてダウンタウンに帰ってきました。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ













ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

5092