当初オバマ大統領は、12月17日から1月2日まで17日間、クリスマス・バケーションをハワイで過ごすことを、ホワイトハウスが発表していました。

長くもめていた給与税減税延長法案が、今日23日可決したことでやっとオバマ大統領が夕方ハワイにやってきました。1週間前からカイルアのバケーションハウスで、大統領を待っているミッシェル婦人と2人の娘さんと週末はハワイでクリスマスを過ごします。

バケーション中は過去のバケーション同様、オバマ大統領は公式行事への出席は行わないということも同時に発表されています。でも、メディアはオバマ大統領のハワイでのバケーションをレポートしてくれるでしょう。

大統領のバケーションは最低でも1.5ミリオンドル(1億2千万)かかると言われていますが、一般的庶民は「アメリカの大統領なのだから、それくらいは当然だ」と好意的です。アメリカ大統領の17日間のバケーションが10日ほどに短くなりましたが、日本の首相はどのくらいのバケーションを楽しむのでしょう。

これからハワイ入りされる日本からの観光客のみなさんは、どこかでオバマ大統領一家がバケーションを楽しむ場面に出くわすかもしれません。あるいは、今晩のH3が封鎖されたように交通規制にあうかもしれません。また、ホノルル国際空港に着陸する旅客機のAB席からは、ヒッカム空軍基地に駐機するエア・フォース・ワン(大統領特別機)が見えるかもしれません。

近年ハワイのクリスマス・シーズンの行事の一つにもなったオバマ大統領のハワイバケーションも、来年の大統領選を考えると、今までのようにオバマさんはバケーションを楽しむことができないかもしれません。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
 応援クリックよろしくお願いします。マハロ


エア・フォース2





 ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

2857