やはり一年で一大イベントであるクリスマスはいいものです。もうクリスマスは宗教を越えた世界のイベントになっています。世界中で「ホワイト・クリスマス」のメロディーが流れていることでしょう。

アメリカ全土のラジオから流れてくるクリスマス・ソングにハワイがテーマになったクリスマス・ソングがあります。全世界でヒットした「ホワイト・クリスマス(1954)」を歌っているビング・クロスビー(1903-1977)が歌っている曲で、ハワイでもよく流れています。ビング・クロスビーの「ホワイト・クリスマス」というアルバムに入っている「メレ・カリキマカ」は、本土ではよく知られたクリスマス・ソングです。50代以上の平均的なアメリカ人ならば誰でも知っている曲です。

ビング・クロスビーは歌だけだなく、演技のできる当時50年代のスーパースターでした。ハリウッド・スターとして、アカデミー主演男優賞も受賞。ハワイが大好きで、ハリウッド映画の撮影でハワイにも来ています。その時の定宿がロイヤルハワイアン・ホテルでした。ホテルでは、写真で見るハワイのハリウッドスターの写真展が開催されています。今年いっぱいの展示なので、年末にハワイを訪れる人は見ることができるチャンスがあります。

ブルー・ハワイと言えば、エルヴィス・プレスリーの映画「ブルー・ハワイ(1961)」ですが、このオリジナルは、ビング・クロスビーがハワイ映画「ワイキキ・ウェディング(1937)」でブルー・ハワイを歌っています。ブルーハワイを最初に歌ったのは、エルヴィスではなくビング・クロスビーでした。この映画の主題歌はアカデミー主題歌賞を受賞して、クロスビー最初のミリオンセールになっています。

軽快なスティールギターの南国ハワイを連想させるイントロで始まるビング・クロスビーの「メレ・カリキマカ」は、一度聞くと忘れられないシンプルなメロディーです。YouTubeの音源に合わせて、一度口ずさんでみて下さい。
(注:メレ・カリキマカはメリー・クリスマスが訛ったもの)

Mele kalikimaka is the thing to say
On a bright Hawaiian Christmas day
That's the Island greeting that we send to you
From the land where palm trees sway

Here we know that Christmas will be green and bright
The sun to shine by day and all the stars at night
Mele kalikimaka is Hawaii's way
To say Merry Christmas to you

「メレ・カリキマカ」とは、太陽がギラギラ輝く
ハワイのクリスマスの日に言う言葉です。
ヤシの木がゆれるハワイの島から、
ハワイのクリスマスの挨拶の言葉を贈ります。

ハワイのクリスマスは、雪のない緑溢れる明るいもので
昼は太陽が輝き、夜は星がきらめいています。
ハワイ風のメリークリスマスは、
「メレ・カリキマカ」と言います。(迷訳:tigger)

ロイヤルハワイアン・ホテルの写真展

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
 応援クリックよろしくお願いします。マハロ


映画撮影の合間にフラガールと歓談(写真展より)

ハワイでマヒマヒを釣りあげたビングクロスビー(1936)(写真展より)


映画「ワイキキ結婚」(写真展より)



 ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

4413