今年になってハワイでは、2種類の二階建てバスがホノルル市内を走っています。ずいぶん前に「アロハ・バス」の無料乗車券が手に入っていたのになかなか乗れませんでした。期限が今年いっぱいなので、クリスマスの雰囲気いっぱいのホノルルを先週の土曜に走ってみました。

ワイキキのイリカイホテルを午前8時半に出発する始発バスを、ダウンタウンのキングストリートのバス停で待ちました。時刻表では、午前10時にバスはやってくるはずです。ちょうど10時に2階建てバスがやってきました。おっとと、このバスは「アロハ・バス」ではありません。ハワイでは先発の「ホノルル・シティ・ツアー」のバスです。ダウンタウンのバス停には、アロハ・バスのバス停の標識がないので心配になってきました。10分ほど遅れてバスはやってきました。

ダウンタウンのキング・ストリートをワイキキに向けて走り始めます。乗客は私たち2人を含めて、7名。乗車してみると、思っている以上に高さがあります。いつも見慣れているダウンタウンの街並みが違って見えます。車体に描かれたカメハメハ大王は見上げることなく、同じ目線に建っています。カメハメハ大王前の観光客の視線を受けます。見下ろす快感があります。カメハメハ大王はいつもこんな風に像前の人たちを見ているのですね。

バスはイオラニ宮殿を過ぎると、パンチボール通りを右折してアラモアナ通りを走ります。沿道に植えられたシャワー・ツリーが目の前に迫ってきます。オープンカーのハワイの爽やかな風を感じられる観光は、思った以上に楽しめます。乗車時に渡されるイヤホンの音声ガイドを聞きながら観光ができます。日本語のガイドチャンネルもあります。

バスはヒルトンホテル角を右折して、フォート・デルーシ公園に入っていきます。人気レストラン「エッグスン・シングス」前にくる頃には乗客席が、半分以上埋まっています。レストランの2階席にいる人が目の前に見えます。

カラカウア通りを、市バスの天井以上の目線から見るのは気持ちのいいものです。ワイキキのビーチが見えてきました。今日の予定は、ワイキキでランチをすることです。ビーチに建つデューク・カハナモクと同じ目線で挨拶して、バスを降車しました。

ランチを済ませ、再びバスに乗車しました。乗車券は一日有効なので、何度も乗り降りできます。観光だけでなく、移動手段のバスとして利用ができます。昼は20分おき、夜は30分おきにバスがやってきます。クヒオ通り沿道の並木のシャワツリーは、夏ならばいっそうきれいに見えることでしょう。道路標識や信号は少し手を伸ばせば届きそうです。

アラワイ運河沿いの爽やかな風を感じて、バスは再びアラモアナ通りからアラモアナSCに入っていきます。建物にバスが入ると、天井が目の前に迫り、思わず首を引っ込めてしまいます。ワードアベニューからベレタニア通りとダウンタウンに帰ってきます。キャピタル、セント・アンドリュース大聖堂を通り過ぎ、ビッショップ通りでダウンタウンのビジネス街に戻ってきました。

ダウンタウンの街を過ぎ、アロハタワーを回りニミッツのお土産やさん「ヒロハティ」で小休憩です。無料のパイナップルジュースを飲んで、トイレを利用してバスの出発を待ちます。簡単なショッピングもできます。ここ・でバスを乗り換えて、パールハーバーまで足を延ばすこともできるようです。私たちは次のダウンタウンの出発点であるバス停でこの日の乗車を終えました。

しっかり2時間の乗車は、観光客気分で違った目線でホノルルを観光できました。2階建てバスに乗って、ワイキキでランチをして帰ってくる予定は満足のいくものでした。明日はクリスマスの電飾を楽しみながら、夜のホノルルを2階建てバスから見てみようと思います。

記:朝、虹を見る

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
 応援クリックよろしくお願いします。マハロ































. ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

3869