先月の19日にリリハで全国放送の人気テレビ番組「ハワイ・ファイブ・オー( Hawaii
Five O )」の撮影があったのを見てきました。その撮影された場面が、この月曜に放映されました。ちょうど撮影後4週間ほどでテレビ放映があったことになります。

ワイキキの沖でヨットが海賊に襲われます。犯人が金目の物を質屋で換金したのかチェックします。そこから犯人の手掛かりが掴めてきます。リリハの空屋のテナントが、セットによって一夜に立派な質屋になりました。この建物の界隈が、月曜放映された場面で何箇所出てきます。スワットと民家に押し入る場面は、この質屋の隣の民家です。そして、サンドアイランドの倉庫の窓を破って走り去りトローリーに乗り込む場面は、さらに隣の駐車場です。カットをうまく繋いで番組が作成されています。黒い覆面の犯人が逃げさる場面では、しっかり予定通り、ハトたちも登場していい演技をしていました。

先月23日のプロボウル終了後の日曜に、「ハワイ・ファイブ・オー」の特別放映がありました。CBS放送の力の入れ方がわかります。この日は1930万人が番組を見ました。月曜9時の通常放映が平均1325万人なので、CBSの思惑通り、新に視聴者を獲得したようです。

先日、ダウンタウンでバスを待っていると、70歳を越えている夫婦に話しかけられました。二人は寒いイギリスのロンドンを逃れて、ハワイに数週間の旅行に来ている方でした。リタイアー後、夫婦で世界のさまざまな国を訪れ老後をエンジョイされているようです。ずっと、イギリスで「ハワイ・ファイブ・オー」をテレビで見ていて、いつかハワイを訪れたい願っていて、その願いをかなえてのハワイ旅行です。もちろん、夫婦が見ていたのはジャックロードの古い「ハワイ・ファイブ・オー」です。海外でも相当人気のあった番組だったようです。新番組は、まだロンドンでは放映されていないそうです。

月曜のオープニングで出てきた車があります。タンタラスの丘をエンコした古いフォード社のマーキュリーをマックギャレット警部とダニーが押している場面がありました。旧「ハワイ・ファイブ・オー」で、主役のマックギャレット警部が乗っていたのがフォードのマーキュリーでした。このマーキュリーは実際に、旧「ハワイ・ファイブ・オー」でマックギャレット警部扮するジャック・ロードが乗っていた実物です。

旧番組終了後、ジャック・ロードが実際に所有していましたが、その後、番組でジャック・ロードのダブルをしていた人物に譲渡されました。その人が、大切に今まで保存してきて、そして今回、新番組での登場が決まりました。新番組になってスポンサーがフォードからシボレーになっても、現存するマックギャレット警部の父親の大切な形見の車を登場させることになりました。これからもたびたび登場するはずです。

CBSのサイトでは、この日の放映第17話がすべて見られます。ワイキキビーチ、ワイキキのホテル群、ダイヤモンドヘッド、アロハタワー、カメハメハ大王像など馴染みの場面が背景に撮影のあるテレビ番組が、日本からでも見られます。毎週月曜の放映もたとえ見逃しても、ネット時代では好きな時間に番組が見られるので、ありがたい時代になったものです。

ハワイファイブオー撮影現場のブログ

CBS2月14日放映 第17話

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ









ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

2024