ハレイワのハンバーガーショップ・クワアイナの向かいにある、レストラン「ロージーズ・キャンティーナ」が日曜で閉店しました。28年にわたって人気を保ってきたメキシコ料理レストランです。私が、3週間前に行った時、何か閑散としていたのは、もう閉店が決まっていたからでしょう。

閉店は、店舗スペースのリース契約問題が理由だそうですが、本当の理由は観光客の数が減って、十分な利益を上げる見込みがなかったのでしょう。あるいは、ノースショア・マーケットプレイスの同業者「チョロス」に客を取られてしまったのでしょうか。「チョロス」は相変わらず、人気があるようです。お昼時には、長い列ができています。食事事態の質には、あまり変わりないだけに、やはりローケーションとマネージメントの違いでしょう。

メキシカン・レストランは本土の観光客には、とても人気があります。この地には、12月に新しいカリフォルニアを拠点とするメキシカン・レストランが開店するそうです。「ロージーズ・キャンティーナ」の最終日には、長年通い続けた地元住民らが、閉店を惜しんで詰めかけたそうです。





http://www.mo-hawaii.com/tigger/wp-content/uploads/sites/243/line-51.bmp